株式会社中和メンテナンス 遮熱効果
トップ 会社概要 シポテックスの紹介 シポテックスの特徴 屋根の改修 スレート屋根
 遮熱効果 施工行程  施工価格 施工実績 写真集 

シポテックス・クール工法の遮熱効果
計算では、夏場炎天下で屋根の表面温度は、シポテックス未施工に対して、施工した場合は約20℃低下し、それが室内の温度を下げ遮熱効果を大きくする要因になります。太陽光には主として可視光線と赤外線がありますが、可視光線は色により、赤外線は物質の種類によりそれぞれの反射率が異なります。トップコートの白色で可視光線を、シポテックスの主成分であるシリカで赤外線を反射し、遮熱効果を最大にします。
下のグラフは実際の工場での施工実績前後の実績データです。
夏場の屋内の温度が外気温に比較して、施工後は3〜5℃温度が下がっています。



                    ▲ 外気温       工場内温度




 






























 










 



























 


















































 
 











 











 

 
 












 












  
 




































40
38
37
36
35
34
33
32
31
30
29
28
27
26
25
       シポテックス施工前      シポテックス施工後
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13
     7月             8月

戻る