株式会社中和メンテナンス シポテックス紹介

シポテックス
1.シポテックスとは
「シポテックス」は特殊反応型無機質遮熱・防水コーティング材で、省エネルギー時代の画期的な商品です。 一部の溶剤系二液硬化型塗材は異なり、硬化剤の有害部分は全くなく、完全無機物質(セメントシラスバルーン)とアクリルエマルジョンの混合型です。セメントの水和反応を利用しているため施工時に加熱焼付けなどの処理は不要です。

  シポテックスの原料構成は以下の通りです。
● セメント 40%
● 無機質フィラー(シラスバルーン) 40%
● アクリルエマルジョン 20%

注) シラスバルーンとは、鹿児島県シラス台地に分布しているシリカ火山灰を発泡させ、細かな粒状に加工した製品です。この粒に空気を含むため、断熱効果もあります。

*シポテックス・クール工法

シポテックス・クール工法は30年前から、当時の三菱油化株式会社(現在の三菱化学株式会社)とドイツのBASFとの合弁会社である油化バーディッシェ株式会社(現在のBASF株式会社)と有限会社伊東産業が共同で開発したセメント系のコーティング材で、スレートや鋼板屋根、コンクリート屋上、コンクリート床、外壁など、あらゆる被着体に塗工されて、長期間の耐久性と遮熱性を保つ画期的なコーティングシステムです。


シポテックス施工後の鋼板屋根