株式会社中和メンテナンス アルミ洗浄


中和方式クリーニングシステム
アルミ洗浄

 最近ますます、アルミニウム・ステンレスがビル建材として広範囲に使用され先進的デザインの美しいビルが多く見られるようになりました。アルミニウム・ステンレスが持つ「金属独特の美しさ」による意匠効果と、経年変化に強い「対防錆性」が、そこには十分生かされています。長い間、挨・排気ガス・風雨等にさらされると、汚れや錆が生じます。その時、「適切なメンテナンス」を行うことが美観や錆などの侵食から建物を守る上で重要になります。
 『中和方式クリーンシステム』は、特殊洗剤と特殊工法によって、素材をいためずに汚れや錆を除去し適切なリフレッシュメンテナンスを行う建物特装技術です。私共は、『中和方式クリーンシステム』の技術を100%発揮するため、建物特装チームを編成し施工を行っています。そのビル再生の技術と経験は、必ず皆様のお役に立てるものと確信しています。

アルミメンテナンス専用特殊洗剤
CMクリーンエース1号
天然柑橘油(Dリモネン)から精製したタール・ニコチン等の除去を目的とした中性洗剤。

CMクリーンエース3号 PH7.7透明水溶液
主成分  陰イオン系界面活性剤
透明水溶液
  ポリオキシ・エチレン・アルキル硫酸塩(AES)
  市販中性洗剤に比較して洗浄力は強力です。

CMクリーンエース5号液
PH7.6 白色ねり状(エマルジョン)
  研磨剤(アルミナ)360メッシュ   10〜20%を含む3号液及びハイソープが主成分。


アルミニュームメンテナンス仕様

〔1〕アルマイト(陽極酸化被膜)の清掃

  1. 普通の汚れの場合
    CMクリーンエース3号液(中性洗剤)の20〜30倍希釈水溶液をウエス(布)につけて、ヘアーライン方向に沿って洗います。(作業はすべて、ヘアーラインに沿って行います。)

  2. ひどい汚れの場合(Aの方法で洗い、取れない固着部分については)
    1. 油脂性の固着物は、アルコール・ベンジン等の溶剤をウエスにつけて静かにこすり取ります。
    2. 他の固着物は、CMクリーンエース5号液(研磨剤入り)をウエスにつけて、清掃、洗いを行います。

  3. 点触及び頑固な固着物
    1. CMクリーンエース5号液(研磨剤入り)をウエス又はスコッチブライド(ベリーファイン)につけて清掃します。

〔2〕塗装製品の清掃
  1. 無色透明塗装膜(複合被膜)
    1. 塗膜は、酸化被膜に比較すると軟質で傷が付き易いので、CMクリーンエース3号液をスポンジに含ませて清掃をし、水洗いします。
    2. ひどい汚れ又は、表面劣化して腐食が生じている場合にはCMクリーン5号液を布につけて清掃し、必要に応じて塗装により、吹き付け、補修を行ないます。

  2. 有色塗膜(化学被膜)
    1. 複合被膜の場合と同じですが、着色体としての塗膜を損なわないよう丁寧に、CMクリーンエース3号液にて洗い流します。
〔3〕補修方法
  1. 表面洗浄
  2. 下塗り塗装(エポキシ系プライマー)
  3. 上塗り塗装(フッ素樹脂系又は、ポリウレタン系)
  4. 必要に応じて、クリヤー塗装仕上げを行います。

 施工写真