大浦酒造株式会社
戻る
明治42年創業以来、品質第一が大浦酒造の方針です。永年の酒造りの伝統と熟練の技で作る本物の味で
す。


会社概要

社名    大浦酒造株式会社 
創業    明治42年
所在地   宮崎県都城市平江町2-8
電話:    0986-22-0730
FAX:    0986-22-0766
 
代表取締役社長   原田 佳和  
  




初代 藤市(玄米焼酎)
価格 オープン価格
25度 1800ml

玄米焼酎の原酒を樫樽で貯蔵させた、類いまれな長期貯蔵の玄米焼酎です。
玄米独特の甘みと豊かな香り、長期貯蔵ならではの、南国の果実を思わせる
まろやかな風味をお楽しみいただけます。


(由来)
大浦酒造は、明治42年に初代・大浦藤市(おおうら といち)氏が、実家にて焼酎造りを始めた事がきっかけの蔵元です。
藤市氏は晩年、健康維持のため自ら栽培した玄米を食べていました。88歳の昭和50年ころ、子供や孫と共に自身の
晩酌のため、食用の一部を使い、焼酎を仕込んだことが玄米焼酎の始まりです。
玄米を食べ、玄米焼酎を飲み、93歳の長寿を全うした初代 大浦藤市にちなみ、長期貯蔵・玄米焼酎「初代 藤市」と名付けられました。
宮崎の大浦酒造の現社長である、原田佳和氏が家宝ともいえる玄米焼酎の古酒を「初代 藤市」と命名して世に送り出しました。
平成7年製造で、実はこの年で大浦酒造では玄米焼酎の製造を中止しているので、まさに幻の焼酎といえるでしょう。
焼酎の本場、九州でも極めて珍しいといえる長期貯蔵の玄米焼酎なのです。 



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 大浦の玄米焼酎
価格 オープン価格
20度、25度、35度 1800ml

都城産の玄米を、長期貯蔵(3年以上)による豊かな香り、まろやかな味、爽快な酔い心地。



--------------------------------------------------------------------------------

 都桜(イモ製)
価格 オープン価格
20度、25度、35度 1800ml

イモ焼酎特有の匂いを抑えた、フルーティな芳香、軽快な口ざわりのソフトタイプです。



--------------------------------------------------------------------------------

 なかまといっぱい(麦・米製)
価格 オープン価格 
25度 1,800ml、2,700ml、4,000ml、5,000ml

オープン価格
焼酎臭さを抑え、女性にも飲みやすく仕上げました。