パワープレイ

bayfm78がヘビーローテーションするニューソング!
3週間を1サイクルに最新の注目曲をbayfmが大量ON AIRで応援していきます。

1/22〜2/11

KinKi Kids
Topaz Love
KinKi Kids
ジャニーズ・エンタテイメント
KinKi Kids 21年目のスタートを飾る39枚目となるシングル。TVアニメ「タイムボカン 逆襲の三悪人」第2クールエンディングテーマ「Family 〜ひとつになること」以来、約7年ぶりの、光一・剛 書き下ろしによるKinKi Kidsの王道とも言えるアッパーだけれど切ないラブソング。
岸谷香
Unlocked
岸谷香
SMEレコーズ
2017年2月16日ZEPP TOKYOにて開催された、生誕50年記念前夜祭ライブに登場したガールズたちとの企画ミニ・アルバム!ガールズバンドの魅力を熟知する岸谷香が、ふたたびガールズバンドのサウンドにこだわり、完成した必聴の1枚です!
The Super Ball
MAGIC MUSIC
The Super Ball
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2人の織りなすハーモニーが大きな注目を集め、デビューから破竹の勢いで駆け抜けてきたツインヴォーカルユニットThe Super Ball(通称:スパボ)。過去最長の制作期間を設け、再度徹底して音楽と向き合って完成させた3rd Single「MAGIC MUSIC」。フォーン隊のメロディーと疾走感が心地良い1曲♪
K
ボーダー
K
ビクターエンタテインメント 洋楽部
今の時期ぴったりの、受験生、就活生など夢を追いかける人へ“どんなに高い壁が立ちはだかろうとも、それを乗り越えて前に進んでいこう”という、希望に満ちたメッセージが込められたKなりの応援ソング。2018年の年明けを告げるような鐘の音と共に始まる爽やかな楽曲に、Kの力強くもあたたかい歌声がひとつになったハートフルな楽曲になっております!
和楽器バンド
雪影ぼうし
和楽器バンド
avex trax
詩吟、和楽器とロックバンドを融合させた新感覚ロックエンタテインメントバンド、和楽器バンド。2nd Singleとなる「雪影ぼうし」は、メンバーが出演する『ガリバー初売り』CMソング。ポップロックなサウンドの中に、津軽三味線をはじめ和楽器の音色が立つ、和ロックな楽曲に仕上がってます。
坂本真綾
CLEAR
坂本真綾
FlyingDog
歌手、声優、ミュージカル、エッセイ執筆と幅広く活動する坂本真綾。今作は、いきものがかり・水野良樹書き下ろしによる爽やかなアップナンバーに坂本真綾の瑞々しい歌声が冴え渡る可愛らしくフレッシュな1曲。NHKアニメ「カードキャプターさくら クリアカード編」オープニングテーマ。3月からは初の海外単独公演を含む、ライブツアーを開催!
SUPER★DRAGON
Monster!
SUPER★DRAGON
STARDUST RECORDS
SUPER★DRAGON 3rdシングル「Monster!」は、初のラブソング!彼らの代名詞となる骨太なサウンドに軽快で刺激的なラップ、感情を爆発させた歌声がMIX され、「エモ」と「Hip-Hop(New Jack Swing)」が融合した新たなジャンル『エモHip-Hop』な楽曲が誕生!

ミッドナイトプレイ

1/22〜2/11

須澤紀信
ノイズ
須澤紀信
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
長野県出身の男性シンガーソングライター須澤紀信26才。人柄を映すような、優しく力強い歌声を武器に2017年10月メジャーデビュー。2ndシングルは“未熟な恋の傷跡”を描いた失恋ソング。永遠などない二人を、どこか憂いのある須澤紀信の紡いだ言葉がさらに胸をきゅんとさせる。この冬聞きたい名曲!
KFK
Missing
KFK
DAIZAWA RECORDS / UK.PROJECT inc.
カフカ改めKFKのデビューアルバム。彼らが日常で聴いているヒップホップやクラブミュージックを軸に制作された今作。「Missing」は、90's的なキラキラさと、ビートやサンプリングボイスをループさせた気持ちの良い楽曲!この混沌としたゼロ年代以降のディストピアシティを生きる全ての人へのラブソング。
鹿の一族
先人の教え(AL鹿の一族より)
鹿の一族
condense tune
椎名林檎との共演での鮮烈なインパクトも記憶に新しい、松崎ナオ率いる3ピースバンド「鹿の一族」1stアルバムより。グランジの枠に留まらない、シンプルかつディープなサウンドより浮かび上がる歌声。思いもかけないところから、心の襞を丸裸にする。
オメでたい頭でなにより
オメでたい頭でなにより
オメでたい頭でなにより
ポニーキャニオン
”オメでたいコア”略して「オメコア」を武器に活動する、オメでたいバンド「オメでたい頭でなにより」バンドのコンセプトを凝縮した、バンド名と同タイトルの「オメでたい頭でなにより」は、聞いた人が笑って泣けるオメでたい代表曲。2018年春にはメジャーデビューも決定しており、バンドシーン要注目の存在。