ページの先頭
  1. トップページ
  2. 暴追センターとは
  3. 都道府県暴追センター

暴追センターとは

都道府県暴追センター

 平成4年3月に「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」が施行されました。 これが、いわゆる「暴力団対策法」と呼ばれている法律です。
 この第32条の3の規定により、都道府県暴力追放運動推進センター(略称:都道府県暴追センター)は、暴力団員による不当な行為の防止及びこれに よる被害の救済に寄与することを目的として各都道府県に一つずつ指定された公益法人です。
 県民の皆さんや各自治体が一体となって、暴力追放運動を推進する核となるための拠点として設立されました。
 全都道府県で「北海道暴力追放センター」「暴力団追放沖縄県民会議」 等の名称でこの公益法人が設立され、都道府県暴力追放運動推進センターとして活動しています。

※各種ご相談はお近くの各都道府県センターへ こちらから>>>

都道府県暴追センターの役割図


暴力相談活動

暴力相談活動暴力団に関する相談は、都道府県にそれぞれ設立されてい る暴力追放運動推進センターで受け付けており、弁護士、 少年指導委員、保護司、警察OBなど専門的な知識や経験 を豊富に有する暴力追放相談委員が対応方針についてあな たにアドバイスします。



不当要求防止責任者講習の開催

不当要求防止責任者講習
暴追センターでは、暴力団対策法に基づき、都道府県公安委員会から委託を受け、各事業所の不当要求防止責任者に対し、暴力団等からの不当要求による被害を防止するために必要な対応要領などについての講習を行っています。

ページのトップへ戻る