H25年 星祭り 斎行

いよいよ護摩秘文と共に線香

護摩が焚き上げられ、心願の

お札がご祈祷されます

拝殿では、古くから伝わる修法によって星祭りの祭祀

が行なわれます

舞の奉納が終ると鈴加持が行なわれます

そして参拝者の玉串奉奠が続きます

七星如意輪観音

参拝者も大祓い祝詞を唱和の中護摩

焚き上げが宮司によって行なわれま

した

拝詞に始まり、正念誦、勧請文、迎請文と続き、祭文が読み上げられます

毎年2月8日は、星田妙見宮にその歳初めて北辰妙見菩薩様がご降臨される日です

そして拝殿に通じる霊山の参道には妙見様の加護を私達に直接授けて下さる北斗七星の七つの塚が皆様を御護りしています

山上では、ぜんざいが振舞われ、体が温まりました

午後3時半より、湯神楽が奉納され

その後にお火焚き祭が斎行されます

祭礼と祭典へ戻る