受 講 資 格                

* 年齢   1級・・・・・・・・・17才9月以上
        2級・・・・・・・・・15才9月以上              
        特殊小型・・・・15才9月以上              
     受講開始の前日までに上記の年齢に達していること  
     ただし、18歳未満の方については2級小型船舶操縦士の資格に係る免許証に
     5トン限定が付されます。

                                     
*身体検査合格基準に達していること             
   視 力 ・・・両眼共に0.5以上であること。矯正視力、可。             
    ただし、両眼のうち一眼の視力が、0.5に満たない方は一方の眼の視力が0.5以上で
あって、 かつ、その眼の視野が左右150度以上であること。

  その他所定の身体検査基準に達していること。
  また、弁色力に不安のある方、身体に障害がある方などは事前にお問合せ下さい。
                                     
受講上の注意

◎ 講習には必ず筆記用具(鉛筆、消しゴム)をご持参下さい。
◎ 予備身体検査証明書に疾病や身体障害等の記載がある場合受講できないこともあり
  ますので、前もって早めに当方へご相談下さい。
◎ 実技講習日程は、受講人員、天候等の都合により変更することがあります。
◎ 指定講習では、欠席が1日でもありますと修了できません。また、遅刻・早退も場合に
  よって修了できない事由となります。補講を実施する場合は、受講料の他に別途補講料が
  必要です。また、習得状況によっても補習を実施する事があります。
  なお、修了審査で合格基準に達しなかった方は再審査を行います。(その際は再審査料が必要です。)
資   格 航 行 区 域 等
1級小型船舶操縦士 総トン数20トン未満の船舶の船長免許(航行する区域の制限なし) 
沿海区域の境界から80海里を超える水域を航行する場合は、船長のほかに機関長を乗せる必要があります(帆船には特例規定あり)。機関長の資格は6級海技士(機関)以上
2級小型船舶操縦士 平水区域又は海岸(沿海区域に接する海岸)から5海里(約9キロメートル)以内の水域を航行する総トン数20トン未満の船舶の船長免許
2級小型船舶操縦士
(5トン・湖川小出力限定)
湖川及び国土交通大臣が指定する海域のみを航行する総トン数5トン未満で出力20馬力未満の船舶の船長免許
特殊小型船舶操縦士
長さ4m未満かつ幅1.6m未満の小型船舶。定員が2名以上の小型船舶にあっては操縦位置及び乗船者の着座位置が直列のもの。
ハンドルレバー方式の操縦装置を用いる小型船舶その他の身体のバランスを用いて操縦を行うことが必要な小型船舶。
推進機関として内燃機関を使用したジェット式ポンプを駆動させることによって航行する小型船舶。
操縦者が船外に転落した際、推進機関が自動的に停止する機能を有する等、操縦者がいない状態の小型船舶が船外に転落した操縦者から大きく離れないような機能を有する事。

                          
                           − トップぺ-ジへ戻る −