日本バプテスト 福岡城西キリスト教会

福岡市城南区別府5丁目10−28(中村学園大学の裏手になります)
ホーム 教会のご案内 教会の信仰告白 牧師室 アクセス・交通 西福岡のぞみ
キリスト伝道所

HOME

ようこそ福岡城西教会のホームページへ

 福岡城西キリスト教会
宮崎宗親兄撮影



このページの案内

福岡城西キリスト教会/西福岡のぞみキリスト教会(伝道所)813()主日礼拝などのご案内
「43周年記念讃美礼拝」9月3日()のご案内
認知行動療法の学び」2017年度12から10日間のご案内
グリーフケア
/やさしい風の会(福岡城西キリスト教会にて)のご案内
福岡城西キリスト教会の信仰告白
日本バプテスト連盟理事会声明 
改正組織犯罪処罰法(いわゆる共謀罪法)の強行採決に抗議する
福岡城西キリスト教会・
日本バプテスト連盟の信仰告白・総会決議・宣言・声明などのご案内
福岡城西キリスト教会・西福岡のぞみキリスト教会(伝道所)住所・電話番号などのご案内と更新情報



8
13主日礼拝
1015分〜1130
メッセージ(説教) 梅崎良則牧師
説教題「不安時代を生きる」
説教個所旧約聖書 創世記4章1節〜16節より
4:1 さて、アダムは妻エバを知った。彼女は身ごもってカインを産み、「わたしは主によって男子を得た」と言った。
4:2 彼女はまたその弟アベルを産んだ。アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕す者となった。
4:3 時を経て、カインは土の実りを主のもとに献げ物として持って来た。
4:4 アベルは羊の群れの中から肥えた初子を持って来た主はアベルとその献げ物に目を留められたが
4:5 カインとその献げ物には目を留められなかった。カインは激しく怒って顔を伏せた。
4:6 主はカインに言われた。「どうして怒るのか。どうして顔を伏せるのか。
4:7 もしお前が正しいのなら、顔を上げられるはずではないか。正しくないなら、罪は戸口で待ち伏せており、お前を求める。お前はそれを支配せねばならない。」
4:8 カインが弟アベルに言葉をかけ、二人が野原に着いたとき、カインは弟アベルを襲って殺した。
4:9 主はカインに言われた。「お前の弟アベルは、どこにいるのか。」カインは答えた。「知りません。わたしは弟の番人でしょうか。」
4:10 主は言われた。「何ということをしたのか。お前の弟の血が土の中からわたしに向かって叫んでいる。
4:11 今、お前は呪われる者となった。お前が流した弟の血を、口を開けて飲み込んだ土よりもなお、呪われる。
4:12 土を耕しても、土はもはやお前のために作物を産み出すことはない。お前は地上をさまよい、さすらう者となる。」
4:13 カインは主に言った。「わたしの罪は重すぎて負いきれません。
4:14 今日、あなたがわたしをこの土地から追放なさり、わたしが御顔から隠されて、地上をさまよい、さすらう者となってしまえば、わたしに出会う者はだれであれ、わたしを殺すでしょう。」
4:15 主はカインに言われた。「いや、それゆえカインを殺す者は、だれであれ七倍の復讐を受けるであろう。」主はカインに出会う者がだれも彼を撃つことのないように、カインにしるしを付けられた。
4:16 カインは主の前を去り、エデンの東、ノド(さすらい)の地に住んだ。
今月の予定86日欄参照 (クリック)






認知行動療法の学び 
2017年度 )912日(火)より,10時〜12時&夜の部
〜自分を大切にする新しい生き方〜もう一度、自分らしさに出会うための10日間の学び

講師:ラン・ハンキンス師(西南学院大学講師)・梅崎良則牧師(福岡城西キリスト教会牧師
) 

毎週火曜日(昼)10時〜12時  参加費(テキスト代・お茶代)昼の部 7,500円 (夜の部予定)

参加申込みは城西教会 梅崎良則牧師まで 092.831.6882

詳しくはこのホームページ年間企画コーナー「認知行動療法の学び」へ





グリーフケア/やさしい風の会

〜もう一度、希望をもって人生を歩いていけるように〜
……愛する者を失うということは、 言葉にできない悲しみ、辛さ、悲嘆の気持ちがあります。
 この会では、そうした気持ちを「心の金庫」にしまっておくのではなく、気持ちの導きのままに話したり、沈黙したり、そして人の話に聞き入ったり、帰るとき、あなたにいくらかでもやさしい風が吹きますように……。
 自らも連れ合いと息子について同じ経験を持つ梅崎牧師がご一緒します。電話してください。
 (092.831.6882 : 080.1539.3638)
(詳しくはここをクリックしてください)








  次のページへは(右側の > をクリックしてください)







西福岡のぞみキリスト教会(伝道所

のぞみキリスト教会のページへ

西福岡のぞみキリスト教会(伝道所
86
日()主日礼拝
10時半〜12


  メッセージ(説教) 亀井良雄協力牧師
 

「お互いのキリストとの出会いを分かち合う」

 
新約聖書 マルコによる福音書6章34節〜44節 より

6:34 イエスは舟から上がり、大勢の群衆を見て、飼い主のいない羊のような有様を深く憐れみ、いろいろと教え始められた。
6:35 そのうち、時もだいぶたったので、弟子たちがイエスのそばに来て言った。「ここは人里離れた所で、時間もだいぶたちました。
6:36 人々を解散させてください。そうすれば、自分で周りの里や村へ、何か食べる物を買いに行くでしょう。」
6:37 これに対してイエスは、「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい」とお答えになった。弟子たちは、「わたしたちが二百デナリオンものパンを買って来て、みんなに食べさせるのですか」と言った。
6:38 イエスは言われた。「パンは幾つあるのか。見て来なさい。」弟子たちは確かめて来て、言った。「五つあります。それに魚が二匹です。」
6:39 そこで、イエスは弟子たちに、皆を組に分けて、青草の上に座らせるようにお命じになった。
6:40 人々は、百人、五十人ずつまとまって腰を下ろした。
6:41 イエスは五つのパンと二匹の魚を取り、天を仰いで賛美の祈りを唱え、パンを裂いて、弟子たちに渡しては配らせ、二匹の魚も皆に分配された。
6:42 すべての人が食べて満腹した。
6:43 そして、パンの屑と魚の残りを集めると、十二の籠にいっぱいになった。
6:44 パンを食べた人は男が五千人であった。

のぞみ教会86日礼拝欄参照(ここをクリック)





衆議院議長  大島 理森 様
参議院議長  伊達 忠一 様
内閣総理大臣 安倍 晋三 様

改正組織犯罪処罰法(いわゆる共謀罪法)の強行採決に抗議する

 2017年6月15日、政府・与党は、一方的に参院法務委員会での審議を打ち切り、委員会採決を省略した上、参議院本会議で強行採決し、改正組織犯罪処罰法(いわゆる共謀罪法)を可決するという暴挙に出た。
 この法律は、謀議段階すなわち準備の段階で処罰しようとするものであり、しかもその準備行為の認定に当たっては、個人の内心の自由に反した捜査を前提としている。それは憲法第3章に定める国民の権利及び義務の諸規定に違反し、思想・信教の自由を侵す恐れの強い法律である。
 私たち日本バプテスト連盟理事会は、かっての「治安維持法」の再来とも言えるこの法律の強行可決に対し強く抗議する。

 改正組織犯罪処罰法(共謀罪法)は、その第6条の2において、別表4に定める行為について「その行為がテロリズム集団その他の組織的犯罪集団の団体の活動として、当該行為を実行するための組織によりおこなわれるものの遂行を2人以上で計画したものは、その計画したもののいずれかにより」「犯罪を実行するための準備行為が行われたときは、当該各号に定める刑に処する」と定め準備行為を処罰すると定めている。
 しかも政府の説明によれば、「当該団体」が「当該行為をするための組織」であるか否かは、捜査当局が認定するとしている。このことは、実行行為を処罰するという日本の刑事法の基本的な考え方に反するものであるとともに、いわば組織犯罪を目的とする団体であるか否かの認定を、捜査当局が行うと言っていることであり、これは捜査機関の恣意によって犯罪集団であるか否かが決められるといっていることに他ならない。
 また、計画に基づいて行われる準備行為がどのようなものが認定対象となるかについても、国会における審議において政府の回答が再三変化しており、具体亭に何が準備行為に当たるかは不明である。
 加えて、準備行為の着手を始めたか否かについて認定するに当たっては、捜査段階において盗聴やメール等の交信の監視も危惧され、通信の自由の侵害が当局によって行われる可能性が非常に高い。
 「一般人は対象外」と説明しているが、誰がどの時点から犯罪集団と認定されるかについても、法務大臣の答弁は変転し、定まることが無かった。
 この法律は、憲法第19条に定める「思想及び良心の自由の不可侵」の規定に反するものであると共に、準備行為の確定のために必要な証拠の収集に当たって「親書の自由」や「通信の自由」を侵害する可能性があり、憲法第21条によって保障されている通信の自由、検閲の禁止にも違反するものである。
 刑法の専門家によれば、テロ対策として政府が強弁する国連国際組織犯罪防止条約の批准にも必要がない法案が、十分な議論も経ずに立法化されてしまった背景には、警察権限の強化と米国の圧力があると思われると指摘されている。
 日本は先の戦争(1931年から1945年までの戦争)時において、民衆の言論の自由、思想の自由が国家の権力によって大幅に侵害され、その結果、状況を知ることもなく、又十分な意見の表出をすることができないまま戦争へと駆り立てられ、周辺諸国を含めて2000万人を超える戦争被害者を生じさせるとともに、国内においても、治安維持法違反として、多くの「一般の人々」が犠牲になったことを忘れてはならない。
 再び、このようなことを決して生じさせず、政治権力の暴走によって、戦争が生ずることを防ぎ、個々人の基本的人権、思想信条、信教の自由が守られる豊かな将来を手渡すために、この改正組織犯罪処罰法(共謀罪法)の強行採決に抗議するとともに、同法の廃止を強く求めるものである。

2017年6月15日
日本バプテスト連盟理事会











「城西教会の新しいの信仰告白」の全頁、や日本バプテスト連盟の重要決議のページへはここをクリック!







日本バプテスト福岡城西キリスト教会
牧師:梅崎良則 協力牧師:寺園喜基 名誉牧師:安藤榮雄
カウンセリング担当牧師:ラン・ハンキンス  主事:飛永永子
〒814-0104  福岡県福岡市城南区別府べふ 5-10-28   TEL・FAX 092-831-6882

日本バプテスト西福岡のぞみキリスト教会(伝道所)
協力牧師:亀井良雄
〒819-1129 福岡県糸島市篠原西3-3-25  電話・FAX 092-324-5794     

更新情報・お知らせ

   
2017/8/6
福岡城西キリスト教会:西福岡のぞみキリスト教会(伝道所)の8月13日主日礼拝を掲載しました。NEW
2017/8/2
福岡城西キリスト教会:西福岡のぞみキリスト教会(伝道所)の8月6日主日礼拝を掲載しました。NEW
2017/7/25
福岡城西キリスト教会:西福岡のぞみキリスト教会(伝道所)の7月30日主日礼拝を掲載しました。
2017/7/18
福岡城西キリスト教会:西福岡のぞみキリスト教会(伝道所)の7月23日主日礼拝を掲載しました。
2017/7/12
福岡城西キリスト教会:西福岡のぞみキリスト教会(伝道所)の7月16日主日礼拝を掲載しました。
2017/7/4
福岡城西キリスト教会:西福岡のぞみキリスト教会(伝道所)の7月9日主日礼拝を掲載しました。