日本バプテスト 福岡城西キリスト教会

福岡市城南区別府5丁目10−28(中村学園大学の裏手になります)
ホーム 教会のご案内 教会の信仰告白 牧師室 アクセス・交通 西福岡のぞみ
キリスト伝道所

HOME

ようこそ福岡城西教会のホームページへ

 城西キリスト教会の秋(9月〜11月


このページの案内

○城西キリスト教会9.25主日礼拝メッセージなどの案内
○第九回認知行動療法の学び(城西キリスト教会にて)9.27開始の案内
○「グリーフケア」/やさしい風の会(城西キリスト教会にて)の案内
○城西キリスト教会の信仰告白
○西福岡のぞみキリスト教会(伝道所9.25主日礼拝メッセージなどの案内
○7.26相模原事件に対する日本バプテスト連盟理事会声明
○城西キリスト教会・日本バプテスト連盟の信仰告白・総会決議・宣言・声明などの案内
○城西キリスト教会・西福岡のぞみキリスト教会(伝道所)住所
電話番号などの案内更新情報




城西キリスト教会主日礼拝
10月2日10:15〜 12:00
メッセージ(説教) 梅崎良則 牧師
 
「故郷忘れがたく」
聖書:旧約聖書 エゼキエル書1章1節〜3節  よ
1:1 第三十年の四月五日のことである。わたしはケバル川の河畔に住んでいた捕囚の人々の間にいたが、そのとき天が開かれ、わたしは神の顕現に接した。
1:2 それは、ヨヤキン王が捕囚となって第五年の、その月の五日のことであった。
1:3 カルデアの地ケバル川の河畔で、主の言葉が祭司ブジの子エゼキエルに臨み、また、主の御手が彼の上に臨んだ。
今月の予定10月2日欄参照 (クリック)


10月23日(日)
讃美礼拝
みんなで楽しく賛美歌を歌いましょう。

第九回認知行動療法の学び  
〜自分を大切にする新しい生き方〜
   今年は9月27日開始 毎週火曜日 10時〜12時
   講師ラン・ハンキンス先生(西南学院大学講師)
   年間予定欄に毎日の学びスケジュール例が詳しく出ています。(ここをクリックしてください)

グリーフケア/やさしい風の会
〜もう一度、希望をもって人生を歩いていけるように〜

  ……愛する者を失うということは、 言葉にできない悲しみ、辛さ、悲嘆の気持ちがあります。
 この会では、そうした気持ちを「心の金庫」にしまっておくのではなく、気持ちの導きのままに話したり、沈黙したり、そして人の話に聞き入ったり、帰るとき、あなたにいくらかでもやさしい風が吹きますように……。
 自らも連れ合いと息子について同じ経験を持つ梅崎牧師がご一緒します。電話してください。  ( 092.831.6882 : 080.1539.3638 )
(詳しくはここをクリックしてください)










      

  次のページへは(右側の > をクリックしてください)






西福岡のぞみキリスト教会(伝道所

のぞみキリスト教会のページへ

西福岡のぞみキリスト教会(伝道所主日礼拝

10月2日(10:30〜 12:00
 メッセージ(説教) 亀井良雄協力牧師 
「ガリラヤからもう一度
 
聖書 新約聖書 マルコによる福音書16章1節〜8節 より
16:1 安息日が終わると、マグダラのマリア、ヤコブの母マリア、サロメは、イエスに油を塗りに行くために香料を買った。
16:2 そして、週の初めの日の朝ごく早く、日が出るとすぐ墓に行った。
16:3 彼女たちは、「だれが墓の入り口からあの石を転がしてくれるでしょうか」と話し合っていた。
16:4 ところが、目を上げて見ると、石は既にわきへ転がしてあった。石は非常に大きかったのである。
16:5 墓の中に入ると、白い長い衣を着た若者が右手に座っているのが見えたので、婦人たちはひどく驚いた。
16:6 若者は言った。「驚くことはない。あなたがたは十字架につけられたナザレのイエスを捜しているが、あの方は復活なさって、ここにはおられない。御覧なさい。お納めした場所である。
16:7 さあ、行って、弟子たちとペトロに告げなさい。『あの方は、あなたがたより先にガリラヤへ行かれる。かねて言われたとおり、そこでお目にかかれる』と。」
16:8 婦人たちは墓を出て逃げ去った。震え上がり、正気を失っていた。そして、だれにも何も言わなかった。恐ろしかったからである。

のぞみ教会10月2日礼拝欄参照(ここをクリック) 









    「生きる価値のない命など
     ありません」

                                          2016 年 7 月 26日
                 日本バプテスト連盟理事会声明



 2016 年 7 月 26 日、神奈川県相模原市にある「津久井やまゆり園」において、入所なさっている 方々の 19 名の命が奪われ、27 名が重軽傷を負うという、残忍な事件が起きました。

 亡くなられた 方々への哀悼の意を表すると共に、愛する人を失って苦しみ嘆く方々に主の慰めが伴うように、ま た、負傷なさった方々の回復のために、抵抗できない方々を狙った残忍な行為を目の当たりにし ながら、どうにか命を繋いだ方々の苦痛の癒しのために、お祈りいたします。

 一連の報道では、容疑者として逮捕された青年が、障害を持つ方の存在や人格を否定する供 述をしています。この事件は、容疑者となっている青年の特殊な問題ではありません。
 この事件は、 ヘイト・クライム(憎悪犯罪)であり、経済効率優先の価値観が、現代社会を蝕んでいる表れです。
 このあまりにも残忍な行為に至る「優生思想」が、ただ「労働力の担い手」や生産効率で、人を序 列化する現代社会の深部に潜んでいるのです。
 これは他ならぬ、私たちの生きているこの社会で 公然と起きた、人命軽視なのです。命よりも経済を優先する思想と、排外主義は、戦争に向かう社 会において生まれます。

 このような「ヘイト・クライム」を生みだす土壌がつくられつつある社会に在って、私たちは、声明 を行います。
 全ての人が神にかたどって造られ、神にあって命が与えられ、その命に優劣はない ことを。
 命、一人ひとりの存在は、固有であり、かげかえのない尊いものであることを。
 一人ひとりの 存在に、神は深い意味を与えておられることを。

 私たち一人ひとりは、それぞれに「違い」を持って生きています。それを「多様性」という恵みとし て、私たちはいただき、出会い、関わり合い、互いに隣人になることへと招かれています。
 ここにこ そ、神にかたどって創造された人間らしい命の在り方があります。「隣人性」の否定は、自分自身 の否定でしかありません。
 神が私たち一人ひとりに与えてくださった出会いにおいて、無用な命、 無価値な命、意味のない命は、ないのです。
 私たちは、主イエス・キリストの愛を受けて、命を喜び、 命を祝い、命を尊び、命を愛します。
「あなたがたは主を求めよ、そして生きよ」。アモス書5章6節(口語訳)
                                       2016年9月14日 日本バプテスト連盟理事会





「城西教会の新しいの信仰告白」の全頁、や日本バプテスト連盟の重要決議のページへはここをクリック!







日本バプテスト福岡城西キリスト教会
牧師:梅崎良則  協力牧師:寺園喜基  名誉牧師:安藤榮雄
カウンセリング担当牧師:ラン・ハンキンス
〒814-0104  福岡県福岡市城南区別府べふ 5-10-28   TEL・FAX 092-831-6882

日本バプテスト西福岡のぞみキリスト教会(伝道所)
協力牧師:亀井良雄
〒819-1129 福岡県糸島市篠原西3-3-25  電話・FAX 092-324-5794     

更新情報・お知らせ

   
2016/9/28
城西教会:のぞみ教会の10月2日主日礼拝を掲載しました。NEW
2016/9/23
ホームページの内容修正。
2016/9/21
城西教会:のぞみ教会の9月25日主日礼拝を掲載しました。
2016/9/14
城西教会:のぞみ教会の9月18日主日礼拝を掲載しました。
2016/9/7
城西教会:のぞみ教会の9月11日主日礼拝を掲載しました。
2016/8/31
城西教会:のぞみ教会の9月4日主日礼拝を掲載しました。
2016/8/24
城西教会:のぞみ教会の8月28日主日礼拝を掲載しました。