日本バプテスト 福岡城西キリスト教会

福岡市城南区別府5丁目10−28(中村学園大学の裏手になります)
ホーム 教会のご案内 教会の信仰告白 牧師室 アクセス・交通 西福岡のぞみ
キリスト伝道所

HOME

ようこそ福岡城西教会のホームページへ

 城西教会の四季「(8月)

城西キリスト教会主日礼拝

7月31日
10:15〜 12:00
メッセージ(説教) 原田賢神学生
 
「変わらない神の思い」
聖書:旧約聖書 サムエル記下24章25節  よ
24:25 そこに主のための祭壇を築き、焼き尽くす献げ物と和解の献げ物をささげた。主はこの国のために祈りにこたえられ、イスラエルに下った疫病はやんだ。

今月の予定7月31日欄参照 (クリック)


8/14(日)13:30〜憲法問題講演会(仮題)
憲法学者徳永先生
2016認知行動療法の学び
〜自分を大切にする新しい生き方〜
   今年は9月20日開始予定 講師ラン・ハンキンス先生(西南学院大学講師)
   年間予定欄に毎日の学びスケジュール例が詳しく出ています。(ここをクリックしてください)








      

  次のページへは(右側の > をクリックしてください)






西福岡のぞみキリスト教会(伝道所

のぞみキリスト教会のページへ

西福岡のぞみキリスト教会(伝道所主日礼拝

7月31(10:30〜 12:00
 メッセージ(説教) 亀井良雄協力牧師 
「型破り」
 
聖書 新約聖書 マルコによる福音書10章42節〜45節 より
10:42 そこで、イエスは一同を呼び寄せて言われた。「あなたがたも知っているように、異邦人の間では、支配者と見なされている人々が民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。
10:43 しかし、あなたがたの間では、そうではない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、
10:44 いちばん上になりたい者は、すべての人の僕になりなさい。
10:45 人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである。」
 

のぞみ教会7月31日礼拝欄参照(ここをクリック) 






      
「戦後70年に関する信仰的声明」
                                          2015 年 11 月 13 日
                      
日本バプテスト連盟第61回定期総会


 日本バプテスト連盟第 61 回定期総会は、 「戦後」70 年を経て、主イエスにある信仰にもとづい て以下、平和に関する声明を行う。

1. わたしたちは、侵略戦争に協力した罪責を告白し、自らの戦争責任を覚え続け、継承する。

 1940 年、日本のキリスト教界全体を戦争遂行体制に組み込む「宗教団体法」が成立し、日本バ プテスト連盟の前身・バプテスト西部組合は同東部組合と合同、「日本バプテスト基督教団」を結 成し、翌年に組織された日本基督教団に第 4 部として編入された。以来「敗戦」までの 4 年余り にわたって、わたしたちは日本基督教団の内部にあって戦争に協力し、アジアの諸教会にも日本 への服従を強要した歴史をもつ。
 
 わたしたちは主イエスのみに従うべき信仰と教会を天皇崇拝、 国家の絶対化、そして戦争そのものに隷属させた。わたしたちは今、改めてこの罪責を告白する。
 
 安倍晋三首相は、「戦後 70 年談話」において「先の大戦では、三百万余の同胞の命が失われま した」「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、 謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」「私たちは、国際秩序への挑戦者となってしまった 過去を、この胸に刻み続けます」と述べた。
 
 ここではアメリカを中心とした「国際秩序」と戦っ て自国民の命が失われた事への後悔は表明されていても、アジア各地で日本軍が殺戮した数千万 もの人々のことや、 「従軍慰安婦」という名の下に性奴隷とされた女性たちをはじめ、アジアの人々 の中にその後 70 年にわたって残されてきた傷跡は無視され、戦争責任の継承は拒否されている。
 
  「時は満ちた。神の国は近づいた。悔い改めて福音を信ぜよ」
(マルコ による福音書1:14 口語訳)。わたし たちは平和の主イエスの十字架と復活における赦しと贖い、伴いと導きを信じるがゆえに、自らの罪責に向かい合い、これを負い、継承する。
 「戦後」70 年にあたり、わたしたちは和解の福音 を信じ、日本が自らの戦争責任を負い、自らが深く傷つけたアジアの人々との和解を実現してい くよう祈り、求め、行動する。

2. 「戦後」を生きるわたしたちは、平和憲法を守り、安保法制に反対する。
 
 1946 年、日本は戦争の永久放棄を謳う日本国憲法を制定し、翌年これを施行した。
 日本国憲法 は日本が自らと、アジアの人々、そして世界に向けてなされた戦争への深い悔い改めと平和の約 束であり、戦争は二度としないという、未来にわたる永久の「終戦」の宣言だった。
 そしてそれ は日本とアジア、そして世界の人々に深く受け入れられた。
 
 わたしたちはこの約束と宣言を守る。 日本はこの憲法のもと、戦争を行わずに 70 年を経た。世界が戦火から解き放たれていない現実 の中、日本は日本国憲法によって「戦後」を生き続けてきた。
 わたしたちは今日も、明日も、 「終 戦」と「戦後」を生きる。それが平和の主イエスの赦しの前で私たちが選び取る歴史的な悔い改 めであり、信仰である。
 
 しかし「戦後 70 年談話」で安倍首相は「我が国は、…その価値を共有する国々と手を携えて、 『積極的平和主義』の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります」 と語った。
 それはアメリカとの軍事同盟を強化し、 「価値を共有する国々」以外を敵とみなし、「戦 争による平和」「平和のための戦争」を肯定し支援し、これに参加して、戦争と戦争経済への依存 を強める意思の表示であった。
 
 わたしたちはこれを拒否し、あらゆる戦争を否定する。
 わたした ちは敵を愛する信仰に生かされ、生きていく。 政府与党は、立ち上がった多くの若者たちを含め、 夥 おびただ しい人々が声を嗄 か らして「否」を叫ん だにもかかわらず、安保法制を強行採決した。
 わたしたちはこれに反対し続ける。わたしたちは これに従わない。これを認めない。
 
 憲法 9 条は戦争に支配され縛られたこの世界に差し出された対案であり、わたしたちはその破壊に反対する。わたしたちは、平和のために祈り、発言し、行 動する。わたしたちは主イエスにあって平和を創りだす者たちとして立つ。

3. わたしたちは神の国の到来を信じ、真の「終戦」「 戦後」をめざし、平和をつくりだす主のか らだとして歩む。

 日本は「戦後」、日米安全保障条約のもと、軍事経済同盟としてアメリカに追随し、その戦争へ の資金援助を行ってきた。また湾岸戦争時の 1991 年ペルシャ湾に掃海部隊を派遣したことを皮 切りに、以降米軍の後方支援などを任務として自衛隊の海外派遣をなし崩し的に繰り返してきた。
 
 日本の「戦後」は真の戦後ではなかった。
 だからこそ沖縄は「戦後」ずっと米軍基地に支配されてきた。そこから、ベトナムへ、アフガ ニスタンへ、イラクへ、世界各地へ米軍機が飛び立ち、破壊と殺戮を行ってきた。基地周辺では 米兵による暴行事件が後を絶たない。
 今このときも辺野古では新しい基地建設が県民の反対意思 を無視して推し進められている。日本はこうしてその「終戦」や「戦後」、「平和」、そして日本国 憲法からも沖縄を切り離し、疎外してきた。
 
 日本バプテスト連盟も同様に、沖縄を「伝道」の名 のもとに切り捨てた歴史をもつ。わたしたちは今改めて「沖縄『国外』伝道に関する総括」(1998) において行った罪責告白を継承し、沖縄と共に真の戦後、終戦を迎える日を目指す。
 わたしたち は沖縄・辺野古における新基地建設に、日米安全保障条約とそれに基づいて締結・運用されてい る日米地位協定に、沖縄の、そして全ての軍事基地の存続に、反対する。

 今、わたしたちの社会では構造的な貧困問題がかつてないほどに深刻化し、若者たちが困窮孤 立状態の中で喘ぎ、憲法 25 条が保障する生存権が脅かされている。
 貧困はいのちを踏みにじり、 尊厳を剥奪する。貧困は人間を奴隷化し、若者を戦場へ駆り立てる。貧困のあるところに平和は ない。今日、貧困はわたしたちの信仰的課題である。
 
 2011 年 3 月 11 日の東日本大震災と津波は、15,893 名の死者と 2,567 名の行方不明者を出した (警察庁発表、2015 年 11 月現在)。今も 19 万人以上が避難生活を続け、8 万人を超える人々が仮 設住宅での暮らしを余儀なくされている。
 福島第一原発爆発事故で放出されてきた大量の放射性 物質は、自然環境を地球規模で汚染し、人々を被曝させ、健康被害の脅威に晒している。自殺な どを含む震災関連死者数は 3,331 名にのぼり、そのうち最も多い 1,914 名は福島県下で亡くなっ た人々の数である(復興庁発表、2015 年 3 月 31 日現在)。これは福島県下において震災で亡くな った方々の数を 300 名以上も上回る。
 
 しかし政府は改憲を含む戦争体制への移行を優先し、被災 者を打ち棄ててきた。棄民のあるところに平和はない。わたしたちは、被災地を覚え、祈り、支援を続ける。わたしたちはすべての原発の再稼動・新設・輸出に反対し、その廃炉を求める。
 わたしたちは信仰に生きる。わたしたちは主イエスに従う。
 戦争を煽り、引き起こし、利用し ようとする力が信仰と希望と愛、そして平和を脅かし、闇が一層深まるとも、わたしたちは絶望 しない。
 
 復活の主イエス、伴い先立ち給う。神の国はすでに主イエスにおいてこの世界にはっき りと姿を現した。それが完成へと向かって育つことを主イエスが示している。
 世界は真の平和の 実現へ、真の終戦へと向かう。それはやがてこの世界に生い茂り、この社会を覆い、戦争は外の 暗闇へと追い出される。主イエスご自身がその未来であり、その約束である。その日を信じめざ し、わたしたちは主イエスの身体として平和を創りだす歩みを続ける。
 
 「戦後」70 年にあたり、以上声明する。
 アァメン、主イエスよ、来たりませ。平和の主イエスよ、来たりませ。 「神の国を何に比べようか。また、どんな譬で言いあらわそうか。それは一粒のからし種のよう なものである。地にまかれる時には、地上のどんな種よりも小さいが、まかれると、成長してど んな野菜よりも大きくなり、大きな枝を張り、その陰に空の鳥が宿るほどになる」
(マルコによる福音書 4:30-32 口語訳)
                                                     2015 年 11 月 13 日
                                           日本バプテスト連盟第 61 回定期総会





「城西教会の新しいの信仰告白」の全頁、や日本バプテスト連盟の重要決議のページへはここをクリック!







日本バプテスト福岡城西キリスト教会
牧師:梅崎良則  協力牧師:寺園喜基  名誉牧師:安藤榮雄
カウンセリング担当牧師:ラン・ハンキンス
〒814-0104  福岡県福岡市城南区別府べふ 5-10-28   TEL・FAX 092-831-6882

日本バプテスト西福岡のぞみキリスト教会(伝道所)
協力牧師:亀井良雄
〒819-1129 福岡県糸島市篠原西3-3-25  電話・FAX 092-324-5794     

更新情報・お知らせ

   
2016/7/27
城西教会:のぞみ教会の7月31日主日礼拝を掲載しました。NEW
2016/7/20
城西教会:のぞみ教会の7月24日主日礼拝を掲載しました。
2016/7/13
城西教会:のぞみ教会の7月17日主日礼拝を掲載しました。
2016/7/6
城西教会:のぞみ教会の7月10日主日礼拝を掲載しました。
2016/7/5
城西教会PICを変更しました。
2016/6/29
城西教会:のぞみ教会の7月3日主日礼拝を掲載しました。
2016/6/21
城西教会:のぞみ教会の6月26日主日礼拝を掲載しました。
2016/6/15
城西教会:のぞみ教会の6月19日主日礼拝を掲載しました。