メインメニュー
レッスンメニュー
【スタッフ紹介】
HP制作記者が半年間の密着取材!記者が見たスタッフの素顔をご紹介

店長・リペアラー

加藤 要

You Kato

 

2001年4月ヤマハテクニカルアカデミーを卒業してすぐに楽器の店カネキに入社。

小さい頃から音楽大好きで最初に聴いたレコードはおそらくいもきんトリオ。 この曲を聴きながらよく踊ってたらしい。
小学校の頃はマーチングやステージバンドで打楽器を担当。
中学校から現在に至るまで吹奏楽でホルンを担当している。

リペアという仕事を目指したのは中学生のとき。

学校に楽器を直しにきた方がいらっしゃったときに初めてリペアという仕事があるんだと知り、たのしそうだなーと思ったのがきっかけ。

実際に仕事を始めると見るのとやるのは違うし、厳しいなと感じたとのこと。
“自分の中で思っていたレベル”

“学校で求められたレベル”

“お客様に求められるレベル”
これらはすべて違い、お客様は人それぞれなので、それを見極めてコチラから提案するというのがむずかしい。

例をあげるとお客様が求める期間、予算など。
「完璧に直すことは誰でもできるが、
可能な限りの中で最良な状態にすることが大事。
楽器が最良になることだけがお客様にとって最良な訳ではないから。」

とキリッとプロの顔でおっしゃる加藤店長。


 

リペアラーの仕事の魅力は?とお伺いすると。

「お客様とのコミュニケーションですね。 お客様との会話やおつきあいの中で、その人が演奏しやすいように、どんな癖があるか、を見極めて調整をする。

その人が恋人のように大事にしている楽器だからこそ、 一つ一つが出会いの連続。 実は人の個性と楽器の個性はほとんど一緒なんですよ」 とのこと。

吹奏楽をやっている学生さんの中にはリペアマンに憧れる人は多い。
憧れの職業に就いている加藤さんに、もしこの仕事をめざすなら・・・とお伺いすると。
「おすすめしない・・・かなぁ(笑)変な人の方が向いている」 と意外な返答が。
理由は

「リペアという職業は文句を言われない職業。 頼りなければ頼まないし、一度頼んでも駄目であればそのまま黙っていなくなる。 コミュニケーション能力を高め、お客様と一緒に仕事をするという感覚が大事。 “この人に頼みたい”がなければこの職業は成立しないのだから。 そのためにも人間としての魅力、個性は大事。 そして、仕事として成立させるためには、ボランティアの部分と仕事の部分のバランスも重要。 これら全てのバランスをとるためにはやっぱり”変な人”じゃないと大変かな。」
と自分も変な人の一員ですと笑う加藤店長。

 

店長としては、「一人一人が元気一杯やってもらえればいいな。 笑顔が集まる場所には人も集まるような店にしていきたい。」とのこと。

 

お客様へのメッセージ
お客様に寄り添っていきたいと思っています。
楽器の修理や購入のお客様が一番いいなと思うライン、「音楽」にとって一番最良な物をご提供していければいいなと思っております。。
なんのためにその楽器を手に取るのかというと「音楽」のためだから。
先を見据えたご提案ができるようつとめてまいります。
店にきて笑顔になったり、音楽によって笑顔になってくれたら嬉しいです。



教室マネージャー

市川 かおり

Kaori Ichikawa

 

2008年入社
生徒さんの募集やイベントの運営、楽器の販売等の教室運営スタッフ。
意外と外回りが多い仕事。楽器の納品から生徒募集のポスティング、 お問合せがあったお家にお伺いしたり、 イベントの準備などが重なると、いっぱい やることがあって、たまに爆発することも。

もともと音楽好きで、小学校からピアノ。 中学校ではブラスバンド、高校では吹奏楽。 今も湯沢の吹奏楽団でフルート担当として 活躍中。


実は中学校の頃から楽器の修理の仕事をしたかったとのこと。
狭き門のヤマハテクニカルアカデミーに入ることはできなかったけれど、毎年高校生が1人くらい受験の相談に来ていて、その中の一人が小松さんだったという不思議な縁も。

「実は人見知りが激しく、しゃべるということがすごく苦手。 たまに会議とかで前に出て話すことがあると、心臓ドキドキ。 何を言っているのか分からなくなる時も・・・ また、日々のことに追われて、まだ仕事を楽しめるところまでは達してない」
とおっしゃる市川さん。

もっともっとよいコミュニケーションをとれるようになることが課題。
そして目標は

「何でも聞いてもらえるようになりたい。私に聞けば大丈夫だとお客さまに思っていただけるように、なんでも答えられるように勉強していきたい。」とのこと。

 

お客様へのメッセージは
外国のことは興味津々で色々と調べています。
そんなお話をみなさんとできたらいいなぁと思っています。
楽器の店カネキのいいところは、みんなお客様のことを最優先に考えていて。
これやって。と言われるとすぐやるところがいいところ。
たまに伝達が上手く行ってなくてうっかりミスをしちゃうこともありますが、

これからも楽器の店カネキをよろしくお願いします!


教室マネージャー

佐々木 紘太

Kouta Sasaki

 

2011年2月14日入社
食品関係の仕事をしていたが、吹奏楽団で一緒だった加藤店長に誘われて転職

 

楽器との出会いは中学校のとき。
小学生のときはスポーツが好きでバスケ部に入っていたが、
3月生まれで体格が小さく、どんなに頑張っても周りに勝てなかった。 そこで、中学の部活をきめる際には体格は比較的影響しない卓球部か吹奏楽部でなやむが、姉が吹奏楽部だったこともあってか、提出ぎりぎりの朝。吹奏楽部に決定

 


しかし!そこから今担当しているサックスにたどり着くまでは長い道のりがあったのだ!
決してサックスが好きだったからサックスを選んだのではなく、サックスしか吹けなかったからサックスになったのだとのこと。

最初はトロンボーン志望。
まずここでは同じく入った男の子がトロンボーンに内定。
ということで、次に志望したのがトランペット。
これは音が出ない。トランペットはクビ。
次はホルン。こちらも音が出なくてクビ。
次は打楽器。ココには小学校からマーチングをやっていた子がいて不採用。
ということで、次に志望したのはファゴット、オーボエ、フルート。
全部音が出なくてクビ。

 

最終的に行き着いたのはクラリネットとサックス。 コチラは両方とも音が出た!!!!
クラリネット陣のお姉様方が怖かったし、楽器の色的にも明るかったので サックスに落ち着く。
「サックスはいいですよ〜〜〜〜〜♪ ある程度までは簡単に上手くなれるので、人気の楽器です♪」
と明るくおっしゃる佐々木さん。

 

高校では吹奏楽をやめてフラフラしてようと思っていたら、 入った高校には中学時代の吹奏楽の先輩が多数。 勧誘に来るとわかっていたので、部活勧誘スタートの日にこそっと帰ろうとしたら・・・
教室のドアを開けると先輩が・・・・ そのまま音楽教室に連れて行かれて入部。
年上にはかわいがられるタイプのようだ。

高校卒業後、3年半位は音楽から離れていたが、 その後吹奏楽団やGOZENSAMAというグループで活躍中。 もちろんサックスで。

 

今の仕事内容は基本的には教室担当だが、その他色々多種にわたる。
ピアノのリニューアル(外装を磨き上げて新たな輝きを持つ中古ピアノ)も仕事の一つ。
急に辞めることになった先任の人から教えてもらったのは2日のみ。 その2日間で見て覚えて、次からは店舗に出荷する物を自分で磨いたという。 自分の技術が足りなくて直しきれなかったものも・・・
孤独な作業の中で、迷い、悩み、一つのところに3日くらいかかったことも。
しかし、やるしかないし、やるからにはお客様にとって一生の買い物となるピアノ。 ずっとそのお宅にいることになるであろうピアノ。もう捨てるしかないピアノで練習したりしながらも、
実際に出荷するピアノをガンガン磨いていって自分なりの技術を身につけた。
どの仕事でも同じだが、パッと見の判断が大事とのこと。

お優しいお顔とは裏腹に、意地のある一面を垣間みた。
ご本人も「私は頑固な人です」と苦笑しながらおっしゃる。

ちなみに。食べ物にはこだわりのない人。
というか、食べなくてもいいという。
実際に24時間何も食べないこともあるというが、おなかが減るという感覚があまりないらしい。
死ぬ前に食べたい物は何?とお伺いしたら「コーラ」という答えが返ってきた。
(食べ物じゃない・・・・・)

 

お客様へのメッセージ
一人でも多くの方に音楽の楽しさ、英語のすばらしさを伝えたい。
特に音楽には思い入れがある。
自分も音楽に救われた人間なので、少しでも音楽の楽しさを皆さんに伝えていきたいです。



リペアラー

小松 貴子

takako komathu

 

2013年4月入社
小さい時から音楽は好き。特に歌が好きで小さい頃は歌手になりたかった
こともあったが、小学校のときにはバスケ部で活躍。
中学に入るとバスケ部がなく、
泣く泣く吹奏楽部に・・・というのが楽器との出会い。
その後中高6年間吹奏楽部に籍を置くことになる。

リペアラーの仕事につきたいと思ったきっかけは加藤店長。
高校に店長が楽器の修理で来たときに目の前で直っていく楽器を見て「こうやって直す人がこんな身近にいるんだ」


と初めてリペアラーという仕事を知ったのをきっかけに、この仕事に就きたい!と目指すこととなる。

高校卒業後、静岡の学校で勉強し、目指していた店長のもとに入社。
実務の中でこれは困ったなという案件も。
そんな時は店長に聞くが「自分で考えてみろ」と言われる。 そして、何時間も考えてて怒られることも。
それでも、早く修理してお渡ししたときに、お客様からの「早くできてよかった」 「ありがとう」と言われることが嬉しいとのこと。

 

まだまだ店長に最後の手直しをしてもらったり、見積もりや修理期間を即答できなかったり、お客様とのコミュニケーションも今後の課題。

「色々知ってスムーズにできるようになったら、もっとあれもやってみたい、これもやってみたいと面白いことも増えると 思うけど、今は日々目の前にある仕事にいっぱいいっぱい。とにかく、がんばるしかない!」 と語る小松さんは、とにかく一生懸命。
夢でも仕事をしている夢を見てしまうという。

 

お客様へのメッセージは
重症になってからだとお金もかかるし、早め早めにメンテナンスをすることをお勧めします。少し気になったらすぐに来ていただけると嬉しいです!
色々な方と上手にコミュニケーションをとって仲良くなりたいと思っています。
色々な相談をしてもらえるように。もちろん、楽器のことは私に聞いて!任せて!と自信を持って言えるように日々勉強しています。

近々の目標はもっともっと自分から色々なご提案をできるようになることです!


総務・経理

清水 幸子

Sachiko Shimizu

 

1999年入社
イベントのお手伝い、募集のお手伝い、経理以外の重要な仕事もたくさん。
「まず、何でも屋さん。なんでもやるよー」と安心の笑顔で答えてくれる清水さん。
その清水さんが入れたお茶は格別に美味しい。その秘訣は?とたずねると 「そういってもらうと嬉しい。けど、普通のことをちゃんとやっているだけよ。」とはにかんだ笑顔でお答えいただいた。


10年以上の勤務の中で、「みんなよくしてくれるから続いている。 周りがよくなければ続かないよね」とあくまでも謙遜されるが、 周りからは「大黒柱」という声が高い。

大変なことは一つ一つのチェック。
例えば、イベントの印刷物では生徒さんの名前、時間のチェック。これは一つ一つ絶対間違ってはいけない。 秋田市での開催になれば行く時の持ち物を一つでも忘れれば大変なことになる。
「気を使うが、この緊張感があるからこそやっていける」とのこと。

 

お客様へのメッセージは
みんなで音楽を楽しんでもらえると嬉しいです。
生徒さん達も明るい声で「こんにちわ〜」と入ってきてくれて、その元気な声を

聞けるからパワーになっています。


総務・経理

伊藤 勝子

Kathuko Ito

 

1999年入社
お店の楽譜、ギフト、月謝の管理、受付の担当。
「色々な方が来社されて毎日が出会い」とおっしゃる伊藤さんの 元気の源は生徒さん達の元気な挨拶。
コチラから話しかけると最初は返してくれない生徒もいるけれど、 繰り返し話しかけているといつの間にか、元気な返事が返ってくるようになるのが嬉しいとのこと。

もちろん、大変なことも色々とあるが、それはどこでも同じ。


「期日がある仕事が多いので、特に期日前は・・・
月謝は人様の口座から引き落としなので、そこは神経を使います。」 と時折はにかんだ笑顔を交えながら語ってくれた。

 

毎年楽しみなのが、システム発表会。
見所は1年ずつ成長していく生徒さん達の成長と、先生達の本気度!
「システム発表会のために1年前から準備している先生方の姿を間近で見ていて楽器の店カネキの先生方に日々感動。 発表のために、ダンス習っている先生もいらっしゃって、これが生徒さん達に対してよい影響を与えていると思う。
楽器の店カネキならではのこの連帯感、まとまり、そして、グループ皆をまとめて仕上げる。という作業を身近でみていることは自分の中で刺激になっている。」とのこと。

 

お客様へのメッセージ
是非楽器の店カネキのシステム発表会。生で見にきてください!
生徒さん達の笑顔と先生達の本気度。きっと楽器の店カネキの魅力を分かっていただけると思います。



代表取締役社長

和泉 慎太郎

Shintaro Izumi

 

平成7年7月7日。入社。
大学を卒業した後、東芝で5年勤務。
その後、狙ったかのようなトリプルセブンの日に入社。

 

楽器の店カネキの息子として音楽三昧の幼少時代を送ったかと思いきや、 意外にピアノを幼稚園年中から高校時代まで習っていたのみ、とのこと。
それでも、小さい頃にマーチングや吹奏楽の大会に父と一緒に行き、 見ているのがとても楽しく感動したそうだ。


「未だに子ども達の生の音を聞くと泣いちゃいそうなる。 だから、あまり行かない」とこちらも意外な一面が。

 

東京から帰ってきたときにはカルチャーショックをうけたという。
パソコンって物が会社になかったし、 学校に納入するグランドピアノ(350kg)は階段を6〜7人でズリズリと手であげているという状況。店は除雪のときには雪がつまり、年に4回も5回も床上浸水。
まずはパソコン入れて、パワーゲートのあるトラックに変えて。定款を作り直し、就業規則を作り直した。

力仕事も含めてなんでもやりながら、会社の現代化・インフラ整備を整えたとのこと。

転機は平成12年
四日町にあった倉庫が都市計画で売らなければならなくなったときに、 それまで全てバラバラだった店と倉庫と教室を今の店舗を買い求めて集約。 ここで現代化が大きく進んだとのこと。

 

社員に対しては「ここで働いてくれてありがとう」という気持ちが一番。
よく話すことは「明るいの大事。楽しみながら必死に」
特に挨拶されたら相手よりも声のトーンを高く挨拶を返すことが 楽器の店カネキでは徹底されている。
そして。
「人を教えるということと、お金をもらうということは対極にある。 このバランスが難しいし、このバランスを社員一人一人が持っていないと駄目。 先生でありながら、生徒さんはお客様であるというバランスが重要。 それをふまえて、うちの社員は仕事に向かうそれぞれの姿勢が プロフェッショナルである」と熱く語る和泉社長。

 

お客様へのメッセージ
うちのお店にきていただいて本当にありがとうございます。
まだまだやりきれてないところはあると思うので、要望をどんどんおしえてください。



 
ヤマハ音楽教室体験レッスン
ヤマハ英語教室体験レッスン
ラジオ番組ヤマハハッピーフルデイズ
教室一覧
楽器レンタル
Repair room 楽
Stage C
ピアノ移動
スタッフ紹介
楽器の店カネキ TEL 0182.32.3864
 
レッスン TOP 楽器販売 楽器修理・調律 音屋慎(音響サービス) イベント案内 お問合せ 会社概要 会社概要 スタッフ