園の紹介 園内めぐり 幼稚園の1日 通園案内
行事 日々の保育から

子育て支援

  初めに戻る  

子育てに寄り添いて

霞ヶ丘幼稚園は創立70年を迎えました。
卒園生は14000余人となり三世代にわたり ご縁が深くなり 絆も強くなってまいりました。
大切なお子様の成長に関わらせて頂けることを 大変幸せに思います。
その信頼にお応えできるよう 私に出来ることを探しながら
子育てへの応援メッセージをお届けしようと思います。
お一人で悩まず 何でもご相談においでください。

加 藤  澄 





夏休み

年々暑さが厳しくなってくる夏休み どのように過ごされるのでしょうか
毎日暑い暑いとイライラして過ごすより、ご家族で話し合って一人ひとりの希望に添えるよう計画を立てて
楽しい時を過ごしてほしいと思います

★まず夏休みの目標を立て一日のスケジュールとルールを決めて家族みんなで守ることが大切です。
★子供との約束はしっかり守ってあげてください。
★お父さんやお母さんの癒しの時も十分に確保しましょう。
お母さんの気持ちにゆとりがなければ子供に良いか関わりはできません。
★旅行をしたり、外食をしたり、おもちゃを買ったり
お金を使うことで子供に満足感を与える様なことを考えず、
一緒に楽しむ方法を考えてください
 子供とおむすびを作り、水筒を持って海や山へ出かけ自然に触れ 虫をとったり 絵を描いたり
親子で遊ぶ経験もよい思い出になると思います
仲良しのお友達と相談して ご一緒にホームパーティーやバーベキュー またお互いにお子さんを預け
恋人気分でリフレッシュのお出かけも好いのではないでしょうか
大人の買い物や用事のお付き合いに子供を連れまわるのは可哀想な気もします
★夏休みを前にして県や市、また地域で年齢に応じた楽しいイベントが計画されています。
兄弟姉妹をひとまとめにせず 一人一人との対応が大切です

思い出は心の宝石と言われています。
楽しい夏休みだったねと大切な思い出を胸に元気に2学期を迎えてほしいと思っています





誕生日
一年に1度訪れる誕生日は如何がお過ごしですか
命をいただいた大切な日です。
私の母は年の初めのカレンダーに家族全員のお誕生日に丸をつけ必ず祝ってくれました。
近頃の子供たちはお誕生日はプレゼントをもらう日と思っているようです。
ただそれだけに終わらず愛情いっぱいの中で
みんなが待って待ってこの世に生まれてきた大切な命であることをしっかり伝え
遠い先祖からのおかげで今の命があることを教え
多くの人に支えられて生きていることに感謝する日であってほしいと思います。
お誕生日を迎える人の一番好きなお料理をおかあさんの手作りで
心をこめて祝ってあげてください
もう町では新しい年のカレンダーが並び始めました。
元旦に家族のお誕生日に丸をつけていただければ嬉しいナと思います。



家族について考えてみませんか
こどもの日・母の日・父の日と続きました。
お互いに思いやりの気持ちをもち、少し家族の絆を考える機会となられたのではないでしょうか

ドロシー・ロー・ノルト博士の詩をご紹介しましょう
人生ゲームでは 家族は一つのチーム
ずるをしないで! ルールをまもって!
交替で!
いつでも手を貸す用意をして!
ベストをつくして!
持てる力をすべて出して!
失敗したらホイッスルを吹いて!
タイムアウトをとって!
チームへの思いやりを示して!
誠実に生きようと励ましあって!
フレーフレー、家族チーム!

フレーフレー、コーチ1

すばらしい家庭からよい子は育つといわれます



母の日
5月13日は母の日です
あなたはいいお母さんしていますか?
子供にとっていいお母さんってどんなお母さんなのでしょう
大好きなお母さんにすべてを委ねどんなことも受け入れてもらえるお母さん!
大きなお目めで子どもを見つめ、大きなお耳でしっかり子供のお話を聞き
優しい言葉で受け止めてもらえるお母さんは最高ですネ
健康管理はお母さんの責任です
食生活の三悪は(噛まない 片寄る 簡単)といわれています
80才まで自分の歯でしっかり食べて命を守ってゆくために
なんでもよく噛み片寄らない食べものに愛情でひと手間加えたお食事を与えて下さい
子供は日々成長し自立しょうとしておりますが お母さんが子離れできなくて
ご自分の支配下に置き 身動きできない状態の子供がいます
どうぞ子供を信じてゆったりと見守ってあげて下さい 
子供がいることで親も成長できるのです ご自分が母であることに感謝し
あなたのお母様に感謝を伝える日であってほしいと願っています



時間を大切に
新年度が始まりました。
、お子様のご入園やご入学で 御家庭の生活リズムが大きく変わられたのではないでしょうか
子供達は新しい環境の中で一生懸命頑張っています。
子供のリズムを大切に早寝早起きの習慣をつけて下さい
ストレスからお母さんへの甘えにもいろいろ変化が出てくると思われます。
お母さんにしかできない
心の抱きしめを! しっかり受け止めてあげて下さい
でもお母さんもお疲れがたまります。
家事を手早くかたずけて、ご自分の時間を作り ひとときお昼寝・お茶、読書・音楽・ゆっくりテレビなどで
少しゆとりの時間をお過ごしください。
 長いおしゃべりのお付き合いで疲れるのは、もったいないと思われませんか
お母さんはいつも御家庭の太陽であってほしいのです。
一生に一度しかない今のこの時を大切に楽しくお過ごし下さい。