基本理念

園内イメージ

基本理念「和顔愛語」

 あたたかな表情をもって一人一人が理解できる愛情深い言葉で園児に接し、元気で思いやりのある人間性豊かな子どもを育てていきます。
 また、子どもの目線に立ち、愛情豊かで思慮深い養護を通して、保育者と子どもの相互の関わりを十分に促し、人への信頼感と自己の主体性を形成していくとともに、一人一人の子どもが現在を最も善く生き、望ましい未来を創りだす力の基礎を培います。

教育・保育目標

○ より良い環境の中で一人一人の子どもが自主性を持ち、思いやりのある人間に成長するように配慮して保育を行う。
○ 子どもが自ら興味を示し、好奇心を満たすことができるように配慮して保育を行う。
○ 子どもたち一人一人の発想や意欲を大切にし、自ら学ぶことのできる自立した子どもを育てる。
○ 食事マナーを守り、みんなで楽しく、何でも食べることのできる子どもを育てる。