トップ > 学校長あいさつ

学校長あいさつ

学校長あいさつ

     
君津中央病院附属看護学校は昭和46年(1971年)の創立以来多くの卒業生を送り出し、地域医療に貫献してまいりました。平成25年度末に念願の新校舎が完成し、それを機に一学年の定員数を60名に増員いたしました。人間愛に基づいた豊かな感受性を育み、看護師としての責任を自覚し、専門的知識、技術を身につけ、社会に貢献できる看護者を育成することを目標に、教育スタッフも増員して学校を運営しております。 当校の母体病院である君津中央病院は、千葉県南部の基幹病院であり、ドクターへリを有する救命救急センターにより千葉県の救急医療を支える病院です。この病院を中心にした実習と、設備の整った新校舎での学習は、皆様の要望にこたえ、充実した学生生活を送って頂けるものと考えています。 看護師は高度な専門職で、厳しい面はありますが、やりがいのある職業です。各人が対象者の看護問題を把握し、チーム医療の一員として、他医療者、他職種の職業人とともに問題を解決し、エキスパートとしての力を発揮し任務を遂行することが求められています。更に社会の高齢化が進む中で看護師の果たす役割は、医療ばかりではなく、保険、福祉、介護にも拡大しており、看護師に対する社会の高いニーズは今後も続くものと予想されます。 多くの方が看護師を目指して本校を卒業し、社会に貢献できる人材に成長していかれることを、教職員一同期待しております。

君津中央病院附属看護学校
学校長  柴 光年
    
ページの先頭へ