トップ > 教育カリキュラム

教育カリキュラム

教育カリキュラム

基礎分野

 看護を学ぶ者として、専門基礎分野、専門分野を学ぶ基礎となる科学的思考力とコミュニケーション能力を高め、人間と生活・社会の理解を中心に幅広いものの見方・考え方を学び、広い視野からの豊かな人間理解につながる科目を学習します。
教育内容 科目名 単位 時間数
科学的思考の基盤 論理学入門 1 30
論理学 1 30
物理学 1 30
情報処理論 1 30
分子生物学 1 15
人間と生活・社会の理解 倫理学 1 15
教育学 1 30
法学 1 15
社会学 1 30
人間関係論 1 30
英語Ⅰ 1 30
英語Ⅱ 1 30
体育 1 30
小計 13 345
ページの先頭へ

専門基礎分野

 看護学を学ぶ基礎となる科目を学習します。看護者に必要なアセスメント能力を養うために、人間を系統立てて理解するための解剖生理学・生化学。また、疾病をもつ人々への個別的な看護を提供するために必要な基礎的知識となる疾病と治療・検査を理解する科目として、薬理学、栄養学を学びます。
 さらに、人間を生活者としてとらえ、その人にとって意味のある社会的支援を活用するための基礎的能力を養う基礎となる科目として保健医療論、関係法規、社会福祉、公衆衛生学を学びます。
教育内容 科目名 単位 時間数
人体の構造と機能 解剖生理学Ⅰ 1 30
解剖生理学Ⅱ 1 30
解剖生理学Ⅲ 1 30
生化学 1 30
疾病の成り立ちと回復の促進 病理学 1 30
病態学Ⅰ 1 30
病態学Ⅱ 1 30
病態学Ⅲ 1 30
病態学Ⅳ 1 30
病態学Ⅴ 1 30
病態学Ⅵ 1 30
微生物学 1 30
薬理学 1 30
放射線医学 1 15
臨床栄養学 1 30
健康支援と社会保障制度 公衆衛生学 1 15
関係法規 1 15
社会福祉 2 30
保健医療論 1 15
くらしと福祉 1 30
小計 21 540
ページの先頭へ

専門分野1

基礎看護学

 看護学の基本的なことを学習します。 人間とは?看護とは?援助とは?環境とは? そして、看護活動の基本的な知識・技術を学びます。

教育内容 科目名 単位 時間数
基礎看護学 看護学概論 1 30
看護倫理 1 15
臨床看護論Ⅰ 1 15
臨床看護総論Ⅱ 1 30
看護過程 1 30
看護行為に共通する技術 1 30
健康的な生活への援助技術 1 30
健康的な生活への援助技術の演習 1 30
生命活動を支える援助技術 1 30
検査・処置に伴う援助技術 1 30
与薬の技術 1 30
臨地実習 基礎看護学実習Ⅰ 1 45
基礎看護学実習Ⅱ 2 90
小計 14 435
ページの先頭へ

専門分野2

成人看護学
 “大人になるってどういうことか”を考え、社会で重要な役割を担っている成人が健康に生活するために必要な援助、病気になった人が健康状態を早く回復できるような援助の方法を学びます。
 実習では、多くの患者さんと出会い、看護の楽しさを体験することができます。

 

老年看護学
 自宅で生活している方、施設で生活している方、病院で入院生活を送っている方、さまざまな場で生活する高齢者とのかかわりを通して、年を重ねていくとはどういうことかを考え、高齢者が健康に生活するための援助の方法を学ぶ分野です。
 みなさんは、人生の最後をどのように迎えたいと思いますか?一緒に考えてみませんか?

 

精神看護学
 現代はストレス社会と言われ、うつ病の発症や自殺の増加が社会問題になっています。精神看護は先ず、相手を1人の人として理解することから始まり、健康な人もよりよい精神状態で生活するためにはどんなことが必要か、また精神疾患を持つ人の看護の方法を学びます。実習では生活者としての対象を理解し、関わりを通して生活援助の方法を考えるとともに、デイケア、作業療法などを通して支援の実際を学びます。

 

母性看護学
 母性看護学は生命の誕生から老年期にわたる女性の一生を対象とし、セクシャリティ・女性の健康と権利を考えていきます。妊娠・分娩・産褥婦各期の母子の看護について学ぶ分野です。

 

小児看護学
 こどもの成長・発達を促し、健康の保持推進を図るための援助の方法を学んだり、健康障害のあるこどもとその家族が置かれている状況を理解し、変化する社会の中で健康回復を促進するための看護師の役割を学ぶ分野です。

教育内容 科目名 単位 時間数
成人看護学 成人看護学総論 1 30
急性期にある人の看護Ⅰ 1 30
急性期にある人の看護Ⅱ 1 30
 障害の適応と社会復帰への看護 1  30 
慢性的な経過をたどる健康障害を持つ人の看護 1 30
 がん看護 30 
終末期にある人の看護 1 30
老年看護学 老年看護学総論 1 30
老年看護学各論Ⅰ 1 30
 老年看護学各論Ⅱ 30 
認知症看護 1 15
小児看護学 小児看護学総論 1 30
小児看護学各論Ⅰ 1 15
小児看護学各論Ⅱ 1 30
小児看護学各論Ⅲ 1 30
母性看護学 母性看護学総論 1 30
母性看護学各論Ⅰ 1 30
母性看護学各論Ⅱ 1 30
母性看護学各論Ⅲ 1 15
精神看護学 精神看護学概論Ⅰ 1 15
精神看護学概論Ⅱ 1 30
精神看護学各論Ⅰ 1 30
精神看護学各論Ⅱ 1 15
臨地実習 成人看護学実習Ⅰ 2 90
成人看護学実習Ⅱ 2 90
成人看護学実習Ⅲ 2 90
老年看護学実習Ⅰ 1 45
老年看護学実習Ⅱ 2 90
老年看護学実習Ⅲ 1 45
小児看護学実習Ⅰ 1 45
小児看護学実習Ⅱ 1 45
母性看護学実習 2 90
精神看護学実習 2 90
小計 39 1,335
ページの先頭へ

統合分野

在宅看護論
 少子高齢化が進み、また慢性疾患や障害を持ったまま生活する人が増えている中で、地域において療養する患者とその家族が、在宅看護論の対象です。
対象者が住みなれた環境で、希望する生き方を実現させるための援助方法を学びます。

 

看護の統合と実践
 卒業後、臨床の現場にスムーズに適応できることを目的として、それまでに基礎分野、専門基礎分野、専門分野Ⅰ・Ⅱで学習した知識・技術を臨床実践でどう活用するかを学ぶ分野です。

教育内容 科目名 単位 時間数
在宅看護論 在宅看護総論 1 30
在宅看護活動論Ⅰ 1 15
在宅看護活動論Ⅱ 1 15
在宅看護技術 1 30
看護の統合と実践 災害看護Ⅰ 1 15
災害看護Ⅱ 1 30
看護管理 1 30
看護研究 1 30
看護技術の総合演習 1 30
臨地実習 在宅看護論実習Ⅰ 1 45
在宅看護論実習Ⅱ 1 45
看護の統合と実践 2 90
小計 13 405
総合計 100  3,060