トップ > 学校案内 > 学校沿革

学校沿革

学校沿革

         
昭和46年厚生大臣の指定を受け、2年課程(進学コース)の君津中央病院附属看護学院として設立した。
昭和47年校舎竣工
昭和49年時代の要請を受け、3年課程(現在のコース)へと課程変更した。
昭和53年学校教育法の規定による専修学校の認可を受け、学校名を君津中央病院附属看護学校と改名した。大学3年次編入が可能となる。
昭和58年校歌ができ、発表される(5月)。作詞は三輪清三初代学校長、作曲は音楽担当の唐木美千代先生である。
平成 元年看護師学校養成所指定規則が改正。総時間数3,000時間となり専門科目に老人看護学が新設され臨地実習5分野となる。
平成 5年校章が制定される(12月)。
平成 8年看護師学校養成所指定規則が改正され、専門科目に精神看護学、在宅看護論が新設、老人看護学は、老年看護学に変更。臨地実習は7分野となる。単位制が導入され、93単位(総時間数2,985時間)となる。
平成20年男女共学となる(4月)。
 平成21年 看護師学校養成所指定規則が改正され、看護の統合と実践分野が新設、総単位数は、97単位(時間数3,000時間以上)となった。本校では、100単位(総時間数3,075時間)となる。
平成26年新校舎が竣工し、1学年定員が35名から60名(2クラス制)となる。
平成28年新学生寮竣工。
全60室・5階建て・ワンルームマンションタイプで男女入寮可となる。
ページの先頭へ