日本公民館学会【学会活動】研究大会

第16回研究大会のご案内
2017年12月9日-10日(土・日)
(佐賀大学・佐賀市青少年センター)

第16回研究大会についてのお知らせ

第16回研究大会について、下記の通り開催スケジュールが決まりましたので、お知らせいたします。
なおプログラムの詳細については、10月理事会において協議の上決定し、通信にてお知らせいたします。
飛行機や宿泊の手配など、お早めにお願いいたします。
また11日には現地実行委委員会よりエクスカーションをご準備いただいております。
こちらもぜひご参加ください。
(車の手配等の都合のため、エクスカーション参加予定の方は10月末日までに事務局までご連絡ください。)

日時・場所:
12月9日(土)  佐賀大学教育学部1号館
12月10日(日)  佐賀市青少年センター
12月11日(月)  エクスカーション

スケジュール:
12月9日  10:30~ 理事会
12:30~ 受付  
13:00 開会
≪懇親会≫

12月10日  9:30~ 受付
10:00~ 開会  ~16:00 閉会

12月11日 エクスカーション
      【午前】佐賀駅発 → 佐賀市内の公民館見学(館は未定)
      【午後】道の駅 太良 → 武雄市図書館 → 佐賀駅着

第16回研究大会 自由研究発表エントリー募集のお知らせ

2017年12月9日-10日 佐賀大学

自由研究発表の募集について

 第16回研究大会において自由研究発表を希望される方は、以下の要領をご理解のうえ、必要事項を記入のうえ申し込み下さい。【申込書pdf】【申込書xls】
◎申込み締切 8月31日(木)≪消印有効≫    
◎申込み先 日本公民館学会事務局宛(郵送かE-mailにて)
 ①発表形態(口頭/ポスター)②発表タイトル ③氏名/所属  ④連絡先(住所、Tel、メールアドレス)
◎申込み資格 2017年度までの会費を完納している会員。共同研究発表の場合も該当しますので、発表時に登壇しない方も会員であり会費を納入していることが必要です。
◎発表内容 発表は未発表のオリジナルなものに限ります。
◎発表形態 
 1) 口頭発表
   個人研究および共同研究で発表者が一人の場合は発表時間20分、その後の質疑応答も含めて25分。
   登壇者が二人の場合は40分、三人以上の場合は50分。
 2)ポスター発表
  ①発表者は自己のポスターの前で質疑応答を行う。
  ②ポスターの大きさは、788mm×1,091mm(模造紙大)程度の用紙一枚とする。
  ③OHP、スライド、VTR等は使用できないが、発表内容を記した印刷物を別途配布してもよい。

第15回研究大会のご案内
2016年12月3日-4日(土・日)
(千葉大学教育学部 2号館)

 大会プログラム LinkIcon大会プログラム(PDF版)はこちらLinkIcon参加申込書

第1日 12月3日(土) 13:00~19:30 開会式、公開シンポジウム(千葉県公民館70年)、総会、懇親会
第2日 12月4日(日) 9:30~16:00  課題研究、自由研究、プロジェクト企画(九条俳句)、閉会式

 大会参加費 

大会参加費 2,000円(学生・院生は、学生証を提示の場合に限り1,000円)
12日の公開シンポジウム(千葉県公民館70年)のみ参加の方は無料です。
懇親会参加 4,000円(学生・院生は、学生証を提示の場合に限り3,000円)
※昼食は、事前申込制です。

 会場アクセス

会 場 千葉大学教育学部2号館1階2111教室
    千葉県千葉市稲毛区弥生町1-33(JR西千葉駅から徒歩12分)

宿 泊
宿泊については各自手配を原則とさせていただきます。なお、千葉駅周辺のホテルが便利です。

第14回研究大会のご案内
2015年12月12日-13日(土・日)
和歌山大学松下会館(和歌山大学地域連携・生涯学習センター)

 大会プログラム LinkIcon大会プログラム(PDF版)はこちらLinkIcon参加申込書

第1日 12月12日(土) 13:00~19:30 開会式、公開シンポジウム(生涯学習フォーラム)、総会、懇親会
第2日 12月13日(日) 9:10~16:30  課題研究Ⅰ、課題研究Ⅱ、プロジェクト企画(九条俳句)、閉会式

 大会参加費 

大会参加費 2,000円(学生・院生は、学生証を提示の場合に限り1,000円)
12日の公開シンポジウム(生涯学習フォーラム)のみ参加は無料です。
懇親会参加 4,000円(学生・院生は、学生証を提示の場合に限り3,000円)
※昼食は、事前申込制です。

 会場アクセス

会 場 和歌山大学松下会館(和歌山大学地域連携・生涯学習センター)
    和歌山市西高松1-7-20 (tel 073-427-46)
    (懇親会会場 旬海 会場近く、送迎バス等で移動)

宿 泊
会場周辺には、宿泊施設がありません。JR和歌山駅周辺、南海和歌山市駅周辺に、複数の宿泊施設があります。各自で手配ください。




第14回研究大会 自由研究発表エントリー募集のお知らせ

2015年12月12日-13日(土・日) 和歌山大学地域連携・生涯学習センターほか

自由研究発表の募集について

 第14回研究大会において自由研究発表を希望される方は、以下の要領をご理解のうえ、必要事項を記入のうえ申し込み下さい。【申込書pdf】【申込書xls】
◎申込み締切 8月31日(月)≪消印有効≫    
◎申込み先 日本公民館学会事務局宛(郵送かE-mailにて)
 ①発表形態(口頭/ポスター)②発表タイトル ③氏名/所属  ④連絡先(住所、Tel、メールアドレス)
◎申込み資格 2015年度までの会費を完納している会員。共同研究発表の場合も該当しますので、発表時に登壇しない方も会員であり会費を納入していることが必要です。
◎発表内容 発表は未発表のオリジナルなものに限ります。
◎発表形態 
 1) 口頭発表
   個人研究および共同研究で発表者が一人の場合は発表時間20分、その後の質疑応答も含めて25分。
   登壇者が二人の場合は40分、三人以上の場合は50分。
 2)ポスター発表
  ①発表者は自己のポスターの前で質疑応答を行う。
  ②ポスターの大きさは、788mm×1,091mm(模造紙大)程度の用紙一枚とする。
  ③OHP、スライド、VTR等は使用できないが、発表内容を記した印刷物を別途配布してもよい。



第13回研究大会のご案内
2014年12月6日-7日(土・日)
木更津市立中央公民館

 大会プログラム LinkIcon大会プログラム(PDF版)はこちら

第1日 12月6日(土) 10:10~20:00 開会式、自由研究発表、公開シンポジウム(日韓セミナー)、総会、懇親会
第2日 12月7日(日) 9:30~16:10 課題研究Ⅰ、課題研究Ⅱ、閉会式

 大会参加費 

大会参加費 2,000円(学生・院生は、学生証を提示の場合に限り1,000円)
木更津市在住・在勤・在学の方は無料です。
6日の公開シンポジウム(日韓セミナ―)のみ参加は無料です。
懇親会参加 5,000円(学生・院生は、学生証を提示の場合に限り4,000円)
※昼食は、事前申込制です。

 会場アクセス

会 場 木更津市立中央公民館 大ホールほか
    木更津市中央1-15-4 0438-25-4581 JR木更津駅下車徒歩5分
    (懇親会会場 木更津ベイプラザホテル 0438-25-8888)

交 通 交通アクセス

宿 泊
宿泊については各自手配を原則とさせていただきます。なお、木更津駅周辺のホテルが便利です。また、懇親会会場となる「東京ベイプラザホテル」に宿泊される場合、お電話にて「日本公民館学会で宿泊」と予約していただければ、シングル5,400円、ツイン(1名)4,320円(税込・朝食サービス)で宿泊することができます。但し、予約できる室数に限りがあります。また、禁煙・喫煙の指定はご希望に添えない場合があります。

東京ベイプラザホテル予約/問合せ ℡0438-25-8888  http://www.tokyobayplaza.com/
宿泊案内(木更津市観光協会) http://www.kisarazu.gr.jp/kisarazuhotel/hotel.html



第13回研究大会 自由研究発表エントリー募集のお知らせ

2014年12月6日-7日(土・日) 木更津市立公民館


自由研究発表の募集について

 第13回研究大会において自由研究発表を希望される方は、以下の要領をご理解のうえ、必要事項を記入のうえ申し込み下さい。【申込書はこちら】
◎申込み締切 8月31日(日)≪消印有効≫    
◎申込み先 日本公民館学会事務局宛(郵送かE-mailにて)
 ①発表形態(口頭/ポスター)②発表タイトル ③氏名/所属  ④連絡先(住所、Tel、メールアドレス)
◎申込み資格 2014年度までの会費を完納している会員。共同研究発表の場合も該当しますので、発表時に登壇しない方も会員であり会費を納入しているこ
 とが必要です。
◎発表内容 発表は未発表のオリジナルなものに限ります。
◎発表形態 
 1) 口頭発表
   個人研究および共同研究で発表者が一人の場合は発表時間20分、その後の質疑応答も含めて25分。
   登壇者が二人の場合は40分、三人以上の場合は50分。
 2)ポスター発表
  ①発表者は自己のポスターの前で質疑応答を行う。
  ②ポスターの大きさは、788mm×1,091mm(模造紙大)程度の用紙一枚とする。
  ③OHP、スライド、VTR等は使用できないが、発表内容を記した印刷物を別途配布してもよい。

第12回研究大会のご案内
2013年11月29日-12月1日(金・土・日)
岡山理科大学 25号館

(注)11月29日(金)は全国理事会のみです。

 大会プログラム LinkIcon大会プログラム(PDF版)はこちら

第1日 11月29日(金)18時00分~19時30分 全国理事会
第2日 11月30日 (土)09時50分~19時00分 開会式、自由研究発表(口頭発表)、課題研究Ⅱ、総会、懇親会
第3日 12月1日 (日)10時00分~16時30分 課題研究Ⅰ、公開シンポジウム、閉会式

 大会参加費 

大会参加費 2,000円(学生・院生は、学生証を提示の場合に限り1,000円)
30日の課題研究Ⅱの公開シンポジウムのみの参加は500円。1日の公開シンポジウムは無料です。
懇親会参加 4,000円(学生・院生は、学生証を提示の場合に限り3,000円)
※昼食は、プログラムに同梱のハガキ限定の事前申込制です。

 会場アクセス

会 場  岡山理科大学 25号館 (岡山市北区理大町1-1)
交 通
岡山駅西口からのバスが便利です。
岡山駅のバス停)岡山駅の中央改札口を出て「東西連絡通路」を西(右)に行きます。
30mほど行くと通路右側が開けタクシー乗り場がありますので、その左側にある下りエスカレータで下りるとバス乗り場があります。右斜め前方に行くと22番乗り場に着きます。

乗車バス)22番乗り場から「岡山大学経由 岡山理科大学行き(47番)」岡電バスに乗って終点「岡山理科大学」で降車してください。
※料金は200円。1つ手前の「理大町」では降りないでください。

駐車場)車でお越しの場合は、坂道一番上の(プログラムP4参照)の駐車場を利用することができます。
(バスの時刻)[土日ダイヤ(抜粋)]  LinkIconバスのダイヤ(土・日)はこちら

宿 泊
 岡山駅からバスでのアクセスになるため、岡山駅周辺のホテルが便利です。


第12回研究大会 自由研究発表エントリー募集のお知らせ

2013年11月30日-12月1日(土・日) 岡山理科大学


自由研究発表の募集について

 第12回研究大会において自由研究発表を希望される方は、以下の要領をご理解のうえ、必要事項を記入のうえ申し込み下さい。【申込書はこちら】
◎申込み締切 8月30日(金)≪消印有効≫    
◎申込み先 日本公民館学会事務局宛(郵送かE-mailにて)
 ①発表形態(口頭/ポスター)②発表タイトル ③氏名/所属  ④連絡先(住所、Tel、メールアドレス)
◎申込み資格 2013年度までの会費を完納している会員。共同研究発表の場合も該当しますので、発表時に登壇しない方も会員であり会費を納入しているこ
 とが必要です。
◎発表内容 発表は未発表のオリジナルなものに限ります。
◎発表形態 
 1) 口頭発表
   個人研究および共同研究で発表者が一人の場合は発表時間20分、その後の質疑応答も含めて25分。
   登壇者が二人の場合は40分、三人以上の場合は50分。
 2)ポスター発表
  ①発表者は自己のポスターの前で質疑応答を行う。
  ②ポスターの大きさは、788mm×1,091mm(模造紙大)程度の用紙一枚とする。
  ③OHP、スライド、VTR等は使用できないが、発表内容を記した印刷物を別途配布してもよい。

第11回研究大会のご案内
2012年11月30日-12月2日(金・土・日)
法政大学 多摩キャンパス 

(注)11月30日(金)は全国理事会のみです。

 大会プログラム LinkIcon大会プログラム(PDF版)はこちら

第1日 11月30日(金)18時00分~19時30分 全国理事会
第2日 12月1日 (土)09時50分~20時30分 開会式、課題研究Ⅰ、自由研究発表(ポスター発表、口頭発表)、
                       プロジェクト研究経過報告、総会、懇親会
第3日 12月2日 (日)10時00分~17時00分 課題研究Ⅱ、新理事会、公開シンポジウム、閉会式

 大会参加費 

大会参加費 2,000円(学生・院生は、学生証を提示の場合に限り1,000円)
      公開シンポジウムのみ参加 無料
懇親会参加 3,500円(学生・院生は、学生証を提示の場合に限り2,500円)
※昼食は、プログラムに同梱のハガキ限定の事前申込制です(会員のみ)。

 会場アクセス

会 場  法政大学 多摩キャンパス 4号館・5号館(社会学部棟)
交 通
●電車ご利用の場合 
 【京王線】 新宿駅から準特急で40分(急行で50分)、めじろ台駅下車、バスで約10分
 【JR線】 中央線:新宿駅から快速で54分(特別快速で42分)、西八王子駅下車、バスで約22分
 【JR線】 横浜線:新横浜駅から38分、相原駅下車、バスで約13分
  *上記各バスで「法政大学」下車
●バスご利用の場合 
 神奈川中央交通(神奈中バス)「相原駅(JR横浜線)←→法政大学」(230円)または
 京王バス「めじろ台(京王線)←→法政大学」(56番系統ほか)(220円)
     「西八王子(JR中央線)←→法政大学」(56番系統ほか)(300円)
 が、比較的本数も多く、便利です(10~15分おき)。
●タクシーご利用の場合
 高鉄交通0120-61-7212/東日本キャブ042-632-5677/ 飛鳥交通042-661-7225
※駐車場をご利用の場合は、正門「総合案内」で、「日本公民館学会研究大会に参加」の旨を伝え、駐車券をもらって、
 4号館周辺の屋外駐車場をご利用ください。

宿 泊
 会場周辺に宿泊施設はありません。橋本、八王子など周辺駅付近の施設をご利用ください。


第11回研究大会 自由研究発表エントリー募集のお知らせ

2012年12月1日-2日(土・日) 法政大学(多摩キャンパス)


自由研究発表の募集について

 第11回研究大会において自由研究発表を希望される方は、以下の要領をご理解のうえ、必要事項を記入のうえ申し込み下さい。【申込書はこちら】
◎申込み締切 8月31日(金)≪消印有効≫    
◎申込み先 日本公民館学会事務局宛(郵送かE-mailにて)
 ①発表形態(口頭/ポスター)②発表タイトル ③氏名/所属  ④連絡先(住所、Tel、メールアドレス)
◎申込み資格 2012年度までの会費を完納している会員。共同研究発表の場合も該当しますので、発表時に登壇しない方も会員であり会費を納入しているこ
 とが必要です。
◎発表内容 発表は未発表のオリジナルなものに限ります。
◎発表形態 
 1) 口頭発表
   個人研究および共同研究で発表者が一人の場合は発表時間20分、その後の質疑応答も含めて25分。
   登壇者が二人の場合は40分、三人以上の場合は50分。
 2)ポスター発表
  ①発表者は自己のポスターの前で質疑応答を行う。
  ②ポスターの大きさは、788mm×1,091mm(模造紙大)程度の用紙一枚とする。
  ③OHP、スライド、VTR等は使用できないが、発表内容を記した印刷物を別途配布してもよい。

第10回研究大会 報告

2011年12月2-4日(金・土・日) 東北福祉大学(ステーションキャンパス)

 第10回研究大会を終えて

現地実行委員一同

 公民館学会を仙台で開催できないかというお話があったということを星山先生からお聞きしたのはいつ頃のことであったろうか。「東北の社会教育」研究会が岩手県志波町で開催される直前、次は宮城県の番だけれど何をテーマにどこで開催できるかを相談していたときに、合同して開催は、という「うまい」方法が出てきた。具体的なイメージはまだ何もないまま、志波町の研究会で東北の研究会員の了承をもらい、公民館学会の了承も得て、会場の予約は早々にしたものの、中身をどうするかは未定のままであった。そこに来たのが大震災で、当初は、学会のことなど何も考えていなかった。
 5月の連休明けから授業も再開され、施設の被害も大丈夫ということが明らかになった頃から、開催も大丈夫だろうということで現地が責任を持つ「公開シンポジウム」の中身をどうするかの相談が始まった。公運審の任意設置から、指定管理者制度による委託、首長部局への移管と公民館のあり方は大きく揺らぎ、一方で志波の研究会でも出てきたように地域づくりに公民館が果たす役割が小さいとの批判もあり、東北でも公民館をめぐる状況は厳しいものがある。今回の大震災でも管理運営の委託等により起こった混乱や困難も多かった。しかし、逆に、困難な状況の中で契約にはないことであっても懸命な対応をした公民館も少なくなかった。そんなことから、その管理運営の形態はともかく、それぞれの形態の中で地域づくりに関わる努力がどのように行われているのか、また、行おうとしているのかを見てみようということになった。詳細は別項に書かれているが、「地域づくり」をこの間の一貫したテーマにしてきた「東北の社会教育」研究会として、そのような視点から公民館の問題を考えてみようということになったのである。
 さて、大会全体については、これまでの蓄積もあり、十分な事務局体制もある学会なので、内容的には何の不安もなかったが、不安の一つに天候の問題があった。例年の研究会では「雪」を考えて11月の前半までに行うことが多かった。それでも沢内村開催の時には10㎝も積って冷や冷やしたこともある。おかげさまで、雪は降らなかったが、強風で電車が遅れ、2日目の開催が少し遅れたりお帰りの際に苦労をおかけしてしまった。「落ち葉で電車が遅れるという珍しい体験ができた」という冗談に助けられもした。良かった点としては、懇親会の食事を楽しんで頂けたことであった。学生の「食育」に力を入れていることもあり、震災による影響がまだ水産物には残っていたが、充実していたとお褒めをいただいてほっとしている。例年の倍以上の参加者をえられたが、教室もちょうど良く、星山先生の見通しの確かさに感服した。特に、原発の影響からまだ大変な状況にある福島大学から例年のような学生の参加があったことが大変うれしくまた、頑張っているなと励まされた。
 今回の研究会は、「現地の実践に学ぶ」ことを主にしている例年の研究会に比して、課題研究の会にあったように、理論的な追究をされている研究のあり方を示されて、刺激的であった。東北のこれからの研究会のあり方にとって、大変有意義であったと思う。
 来年度の東北の研究会は山形県で開催される。温泉もあり、機会を作られて是非また参加され、刺激して頂きたいと思う。
 どうもありがとうございました。

 荒井邦昭(実行委員会)


IMGP0851.JPGIMGP0865.JPGIMGP0884.JPG
IMGP0939.JPGIMGP0952.JPGIMGP0959.JPG

第10回研究大会のご案内
2011年12月2-4日(金・土・日)
東北福祉大学(ステーションキャンパス)

(注)12月2日(金)は全国理事会のみです。

 大会プログラム LinkIcon大会プログラム(PDF版)はこちら

第1日 12月2日(金)18時00分~19時30分 全国理事会
第2日 12月3日(土)09時50分~20時00分 開会式、課題研究Ⅱ、自由研究発表(口頭発表)、総会、懇親会
第3日 12月4日(日)10時00分~17時00分 課題研究Ⅰ、公開シンポジウム、閉会式

 大会参加費 

大会参加費 2,000円(学生・院生は、学生証を提示の場合に限り1,000円)
公開シンポジウムのみ参加 無料
懇親会参加 4,000円(学生・院生は、学生証を提示の場合に限り3,000円)
学会年会費 7,000円(2012年度分として。納入の方に年報第9号をお渡しします。過年度未納分の納入を受け付けます)
※昼食は、学会通信第30号に同梱のハガキ限定の事前申込制です(会員のみ)。

 会場アクセス

会 場  東北福祉大学(ステーションキャンパス)ステーションキャンパス館
東北福祉大学写真.JPGLinkIcon東北福祉大学アクセスマップ

交 通(仙台駅から会場まで)
●JRご利用の場合 
 JR仙台駅から会場までは、JR仙山線(愛子行き、もしくは山形行き)をご利用ください。
 「東北福祉大前駅」下車、駅を出ると正面にステーションキャンパス3階の正面玄関が見えます。
 仙台駅からの所要時間は約12分、運賃は片道190円です。
(注)「快速山形行き」には「東北福祉大前駅」に停車しない電車もありますのでご注意ください。
LinkIconJR仙台駅(仙山線)土休日発車時刻表
LinkIconJR仙台駅(仙山線)平日発車時刻表<理事会お越しの方>

●仙台市営バスご利用の場合 LinkIcon仙台市交通局
 JR仙台駅西口バスプール「15番のりば」より、
 「870 大学病院経由 貝ケ森・国見ケ丘」、
 「X870大学病院・貝ケ森経由 国見ケ丘・中山台・実沢(営)」行きのいずれかに乗車、
 「JR東北福祉大前駅」下車。
 仙台駅からの所要時間は約30分、運賃は片道250円です。
 必ず「貝ヶ森」の表示があるバスにご乗車ください。

※会場に駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。

宿 泊
大学周辺には宿泊施設がありません。仙台駅周辺に複数の宿泊施設があります。
会員各自で手配してください。学会での宿泊斡旋は特に行いません。

第10回研究大会 自由研究発表エントリー募集のお知らせ【募集終了】
2011年12月3-4日(土・日)
東北福祉大学

 自由研究発表の募集について

 第10回研究大会において、自由研究発表を希望される方は、以下の要領をご理解の上、別紙の申込書に記入し提出してください。【自由研究発表申込書はこちら】
●申込み締切 2011年10月7日(金)まで ≪当日消印有効≫ ※Eメールでは受け付けいたしません。
●申込み先  〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1筑波大学人間総合科学研究科(教育学系)生涯学習学研究室内 日本公民館学会事務局
●申込み資格 2011年度までの会費を完納している会員。共同研究発表の場合も該当しますので、発表時に登壇しない方も会員であり会費を完納していることが必要です。
●発表内容 発表は未発表のオリジナルなものに限ります。
●発表形態 
  1)口頭発表
   個人研究および共同研究で発表者が1人の場合は発表時間20分、その後の質疑応答も含めて25分。
   登壇者が2人の場合は40分、3人以上の場合は50分。
  2)ポスター発表
   ①発表者は、自己のポスターの前で質疑応答をおこなう。
   ②ポスターの大きさは、788mm×1,091mm(模造紙大)程度の用紙1枚とする。
   ③OHP、スライド、VTR等は使用できないが、発表内容を記した印刷物を別途配布してもよい。
●要旨集原稿執筆要領 2011年10月20日頃に申込者に一斉に送付します。

※現在は未会員の方で、新規入会にあわせて、自由研究発表を希望される方は、
 2011年9月22日(木)必着にて、先に学会事務局まで入会申込書をお送りください。

第9回研究大会 報告

2010年12月3-5日(金・土・日) 筑波大学(筑波キャンパス)

 第9回研究大会を終えて

現地実行委員一同

 12月3~5日の日程で行われました第9回研究大会は、学会員各位のご協力によって盛会のうちに終えることができました。この場を借りて感謝申し上げます。大会参加者は、117名(学会員66名、非学会員34名、公開シンポジウム17名)でした。
 日本公民館学会は、創立以来、活動の着実な成果とその広がりによって、研究大会も年々盛り上がりを見せています。そのため、今大会からは全国理事会を前日に行い、自由研究発表を2室に分け、またコーヒーブレイクの時間を設けるなど、より有意義な研究の促進と交流が図れるように、大会スケジュールをやや延長して工夫をしました。
 さらに拙速な公民館の首長部局移管の動きが全国的に拡大を見せる今日的状況を踏まえ、公開シンポジウムでは、まさに渦中にあったつくば市の公民館を改めて住民と行政の立場から見つめ直す企画を行いました。岡山からも特別報告をしていただきました。現在進行中の政策動向に対して、本学会に求められる役割とは何かを、会員相互が考える機会になったのではないでしょうか。この課題については、今後、学会の特別プロジェクトとして調査研究が進められることになります。
 大会開催にあたっては、進行の段取りや実行委員の不手際など、不十分な点も多々あったかと思いますが、この経験を次回大会(東北福祉大学)の成功に向けて、つなげていきたいと思います。

 上田孝典(実行委員会事務局長)

IMGP0591.JPGIMGP0600.JPG

IMGP0616.JPGIMGP0634.JPG

第9回研究大会
大会プログラムと会場アクセス
2010年12月3-5日(金・土・日)
筑波大学(筑波キャンパス)

(注)12月3日(金)は全国理事会のみです。

 大会プログラム LinkIcon大会プログラム(PDF版)はこちら

第1日 12月3日(金)18時00分~19時30分 全国理事会
第2日 12月4日(土)09時50分~20時00分 開会式、課題研究Ⅰ、自由研究発表(口頭発表、ポスター発表)、特別報告、定期総会、懇親会
第3日 12月5日(日)10時00分~17時00分 課題研究Ⅱ、公開シンポジウム、閉会式

 会場アクセス

会 場  筑波大学(筑波キャンパス)大学会館 LinkIcon筑波大学アクセスマップafter.jpg

交 通
●つくばエクスプレス(鉄道)利用の場合 LinkIconつくばエクスプレス
つくばエクスプレス線「つくば」駅にて、関東鉄道バスに乗り換え(※)、「大学会館前」バス停にて下車すぐ。
※つくばセンター(つくば駅A3出口)バスターミナル6番乗り場より、C10系統「筑波大学循環(右回り)」または10・20・30系統「筑波大学中央」行きをご利用ください(所要約7分/運賃190円)。なお、C10系統「筑波大学循環(左回り)」も利用できますが、反対回りのため時間がかかります(所要約18分/運賃190円)。
LinkIcon関東鉄道バス/つくばセンター6番乗り場時刻表
LinkIconつくばセンターバス乗り場案内
LinkIcon関東鉄道バス/C10系統「筑波大学循環」時刻表
LinkIcon関東鉄道バス/10系統「筑波大学中央」行き時刻表

●常磐道高速バス「つくば」号利用の場合
東京駅八重洲南口JRハイウェイバス5番乗り場より「筑波大学」行きに乗車し、「大学会館」バス停にて下車すぐ。 LinkIcon高速バスつくば号時刻表
※道路状況(首都高、常磐道の渋滞等)によって遅れることがありますので、道路交通情報をご確認のうえご利用ください。


宿 泊
大学周辺にはホテルがありませんので、つくば駅周辺をご利用ください(下記はホテルの一例です)。学会での宿泊斡旋はいたしておりません。
・オークラフロンティアホテルつくば(本館)029-852-1112 つくば駅A3出口徒歩2分
・ダイワロイネットホテルつくば 029-863-3755 つくば駅A5出口徒歩1分
・ホテルグランド東雲 029-856-2211 つくば駅徒歩8分

第9回研究大会 自由研究発表エントリー募集のお知らせ【受付期間終了】
2010年12月3-5日(金・土・日)
筑波大学(筑波キャンパス)

 自由研究発表の募集について

 第9回研究大会において、自由研究発表を希望される方は、以下の要領をご理解の上、別紙の申込書に記入し提出してください。
●申込み締切 2010年10月8日(金)まで ≪当日消印有効≫ ※Eメールでは受け付けいたしません。
●申込み先  〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1筑波大学人間総合科学研究科(教育学系)生涯学習学研究室内 日本公民館学会事務局
●申込み資格 2010年度までの会費を完納している会員。共同研究発表の場合も該当しますので、発表時に登壇しない方も会員であり会費を完納していることが必要です。
●発表内容 発表は未発表のオリジナルなものに限ります。
●発表形態 
  1)口頭発表
   個人研究および共同研究で発表者が1人の場合は発表時間20分、その後の質疑応答も含めて25分。
   登壇者が2人の場合は40分、3人以上の場合は50分。
  2)ポスター発表
   ①発表者は、自己のポスターの前で質疑応答をおこなう。
   ②ポスターの大きさは、788mm×1,091mm(模造紙大)程度の用紙1枚とする。
   ③OHP、スライド、VTR等は使用できないが、発表内容を記した印刷物を別途配布してもよい。
●要旨集原稿執筆要領 2010年10月20日頃に申込者に一斉に送付します。

第8回研究大会 報告

2009年12月5-6日(土・日) 高崎市中央公民館・北公民館 

 第8回研究大会を担当して

群馬実行委員一同

 研究大会を群馬でお引き受けするにあたり仲間と話し合ったことは、大会に取組むことで、今後の群馬の公民館実践に益するものとなるようにしたいということでした。そして五つの眼目を立てました。①群馬の実践を踏まえた公開シンポジウムの開催 ②群馬県内会員による研究発表 ③公民館視察は県都前橋市で ④県内公民館活動の16ミリ映画の上映 ⑤社会教育関係雑誌に掲載された群馬の実践の発掘と公開です。これらのうち、三点について述べます。
 ①「公民館の活性化を考える―群馬の実践」と題して、住民参加や成人の学びを支える公民館の役割をテーマとした職員と青年利用者の提言は今日的課題を提示しつつ核心を衝いていたと思います。
 ③前橋市中央公民館では、施設設備の充実と併せて地域の商業者と連携して地域おこしに取り組む様子、青少年に積極的にフリースペースを提供している状況を視察しました。
 ⑤社会教育三雑誌に掲載された論文・実践録などが791件あり、この一覧を参加の皆さまに差し上げることができました。これを今後の私たちの研究資料として考察を加えてゆく予定です。
 この大会は県内の自治体職員と市民・ボランティアの皆さんで取組みました。また高崎経済大学講師 佐藤進氏・片岡了氏にはお力添えをいただきました。学会事務局の皆さまには陰で大いに支えていただきました。参加者は108人(会員65人、非会員11人、公開シンポジウムのみの参加32人)でした。大会にご協力くださった方々、各地からご参加の皆さまに感謝いたします。

(文責 植原孝行)


general_conference2009_photo2.JPG本会場となった高崎市中央公民館
general_conference2009_photo1.JPG会場内の様子(課題研究Ⅰ)
general_conference2009_photo3.JPG和やかな雰囲気の懇親会

研究大会の記録

2009.12 第8回研究大会(高崎市)LinkIconご案内LinkIconプログラム
2008.12 第7回研究大会(広島市) LinkIconご案内LinkIconプログラム
2007.12 第6回研究大会(浦安市) LinkIconプログラム
2006.12 第5回研究大会(川崎市) LinkIconプログラム
2005.12 第4回研究大会(松本市) LinkIconプログラム
2004.11 第3回研究大会(さいたま市) LinkIconプログラム
2003.11 第2回研究大会 LinkIconプログラム
2003.05 第1回研究大会 LinkIcon報告