本協会―東洋五術運命学協会の特色

一、中国正式の五術運命学です
 三代文明発祥の地のひとつ、中国で、長年研究されてきた、正式の運命学です。従来日本にあった、明治時代にできた神殺四柱、大正時代にできた簡略された占術の気学、ゆがめられた周易、手相、人相、家相、墓相などとは全く異なった正統のものです。

二、正確で理論的な五術運命学です
 迷信的、宗教的な従来の占術とは違って、現代社会にすぐ応用し活用できる、理論のしっかりした運命学です。

三、幅広い、体系的な五術運命学です。
 五術(命・卜・相・医・山という五種の方術:五術とは?参照)という、すばらしく範囲の広い体系を理論的にはっきりと整理。その使い分けによって、あらゆる難事に対処できる運命学です。

四、開運・成功への現実的な五術運命学です。
 この複雑で多端な、厳しい社会での競争を勝ち抜いていくための、数々の難事対処法や開運造作秘法を説いた運命学です。

五、講師陣がしっかりしています。
 その著書(百数十冊)と卓越した理論を持って広く知られた佐藤六龍師から直接伝授を受け、五術研究に三十年を越える経験豊かな講師陣が、親身になって指導に当たります。

六、参考図書も数多くそろっています。
 当協会の母胎である轄¢錘ミでは、五術専門図書出版社として、五術運命学図書を百数十冊、漢方医学図書を三十余冊、その他日本初公開の秘伝書、伝授書を出版していますから、運命学研究の参考書には事欠きません。→出版書籍一覧

Topへ