公園案内
青木町公園
中青木公園
新郷東部公園
戸塚中台公園
戸塚下台公園
川口自然公園
ゴリラ公園
リリアパーク
荒川運動公園
並木元町公園
スケートパーク
前田東公園
上新田公園
公園案内

カブトムシの養殖

荒川の生き物

公園の生き物

身近な生き物」
絵画コンクール
出版物
樹木名プレート
公園案内
 当公社で管理している川口西公園は、桜の名所となっていますが、樹木が大きく生長し、過密状態となって、お互いの生長を阻害するようになったため、平成19年に間伐を行いました。
 その時の間伐材を丸太のまま約4年間じっくりと自然乾燥させ、平成23年に製材、加工して樹木名プレートを製作いたしました。

製作過程

 保管していた川口西公園の桜の間伐材を山の製材所まで運搬します。
 丸太から製材できるところは、近隣には無いのです

 到着した製材所で、丸太を板状にスライスします。
 川口市に戻り、ざらざらした板の表面を滑らかに削ります。
 公社で、必要な大きさにカット。
 樹木に取り付ける際に紐を通す穴も開けます。
 出来上がったプレートに墨で樹木名を書いていきます。
 自然な景観を損なわないよう、取り付けはシュロ縄で行いました。
 川口西公園で間伐された桜の木は、姿を変えて西公園に帰り、仲間たちの名前を紹介しています。
平成22年設置 川口西公園 40種類   72枚
青木町公園 39種類   95枚
平成23年度設置 並木元町公園 10種類   43枚
平成24年度設置 新郷東部公園 41種類   80枚
樹木名プレートは今後も必要に応じて増設する予定です。