119番通報

≪受付から出動まで≫

1.通報受付

119番通報を受信します。通報場所の特定が難しい場合には位置情報通知システムにより通報地点の特定を迅速に行います。(携帯電話のGPSが機能していない場合は、位置情報が正しく表示されませんので、明確な住所・目標等を教えてください)

  

119番が入電して受付を始めます

2.災害種別決定

通報内容から建物や山林などの火災種別、急病、交通事故などの救急種別を決定します。

3.出動隊編成

  出動車両運用管理装置などにより刻々と変化する車両の状態・位置情報を管理。出動車両の現在地を確認しながら最短時間で到着できる車両を自動的に選別します。

  

現場に最適な車両を自動に選別します

4.出動指令

  音声合成による指令放送と指令書出力とともに、車両端末装置に対して詳細な指令情報を送信します。

     

指令とともに指令書が出力され、隊員が情報を確認して車両に乗り込みます  

 

5.現場活動支援

  車両に搭載した端末装置に刻々と変化する情報を表示して活動支援を行います。

     

出動中も端末装置で現場付近の情報を確認しながら現場に向かいます