仕 事 の 紹 介


各画像をクリックすると拡大表示します

☆火事を起こさないようにする仕事

・消防水利の点検

 消火栓や防火水槽が常に使用できるように定期的に点検したり、道路工事個所の調査をして、万一のために備えます。

・地区防災訓練

 地震や火災等の災害に備えて地区住民が協力して初期消火や応急処置 ができるように訓練のお手伝いをします。

・危険物施設及び防火対象物など
の立入検査

 ガソリンスタンド等の危険物施設、デパートや学校、病院の 消防用設備等の維持管理や防火管理などの状況をチェックし、災害の未然防止を図ります。

☆火事や救急、救助の仕事

・消火活動

 火事が起きると消防車が出動し消火活動にあたります。火事の大きさにより第1出動から 特命出動まであります。

・救急活動

 交通事故でけがをした人や急に具合が悪くなった人を救急隊が応急処置をし、素早く安全に病院まで搬送します。 

・救助活動 

 交通事故で車体に挟まれて出られない人や川で溺れた人などを救出する為に活動します。主に救助隊が中心となり救急隊、消防隊と連携して 活動にあたります。 

・火災の調査

 どうして火事が起こったのか、損害はどのくらいなのかなどを調査して、同じような火災が起こらないよう原因を解明し今後の 火災予防に役立てます。 

・消防活動訓練

 消防職員はいろいろな災害を予測し、いつでも出動できるよう訓練を積み重ねています。訓練は救助訓練、救急処置訓練、火災防御訓練などを実施し、災害現場活動を安全確実、さらに迅速に行えるよう昼夜問わず実施しています。

・消防車両や装備の点検

 災害現場で確実に使用できるように、毎日朝・夕点検を実施し異常が無いことを確認します。