トップページ  はじめに 協議会の活動 都市整備方針



はじめに

 21世紀という新たな時代とともに、地球時代、高齢・少子化時代、高度情報化時代が本格化してきております。そしてこの多様な時代に対応すべく、地方分権、規制緩和、行財政構造改革などの諸改革が進められており、時代はまさに転換期にきております。
 ところで黒川圏域は、県立自然公園や吉田川などの豊かな自然に恵まれるとともに、21世紀をリードする北東国土軸を形成する仙台都市圏の北の拠点として、東北自動車道、国道4号などのインフラ整備が進む一方、仙台北部中核テクノポリス圏域として高度技術産業の集積も進んでまいりました。
 平成10年に、これまでの「テクノポリス法」などが新たに「新事業創出促進法」に改まったことに伴い、平成12年には「仙台北部高度技術産業集積活性化計画」が策定されました。
 この計画は仙台市のほか黒川圏4市町村を高度技術産業集積活性化地域と位置付け、情報通信、医療福祉、環境、住宅、バイオテクノロジーの5つの産業集積と生産力の増強を目指した新しい計画であり、本圏域においてもなお一層の産業集積が進展していくものと思われます。
 今後は、都市機能整備による産業集積の発展とともに、地域住民が真にゆとりを実感できる自立型拠点都市「緑の未来産業都市くろかわ」を形成するためにも、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げるものです。

緑の未来産業都市くろかわ建設推進協議会
会長 富谷市 市長 若 生 裕 俊



 緑の未来産業都市くろかわ建設推進協議会
  事務局:宮城県 富谷市 企画部企画政策課
  〒981-3392 宮城県富谷市富谷坂松田30番地
  TEL 022-358-0517  FAX 022-358-2365