○組織規則

平成26年3月25日

規則第2号

事務局規則(平成17年規則第11号)の全部を次のように改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、理事会の統轄する事務を処理させるための組織に関し、必要な事項を定めるものとする。

(班の設置)

第2条 課設置条例(平成26年条例第2号)により設けられた次の表の左欄に掲げる課に同表右欄に掲げる班を置く。

総務課

総務班、人事班

財政課

財務班

業務課

業務班、施設班

(会計班)

第3条 会計管理者の権限に属する事務及びこの規則で定める事務を処理させるため、会計班を置く。

(班の分掌事務)

第4条 前2条に規定する班の分掌事務は、次のとおりとする。

総務班

(1) 黒川地域の振興整備計画の策定に関すること。

(2) 地域振興整備計画に基づく事業の実施についての総合調整に関すること。

(3) 広報及び統計に関すること。

(4) 組合史編さんに関すること。

(5) 渉外に関すること。

(6) 儀式、交際、行事及び会議に関すること。

(7) ほう賞及び表彰に関すること。

(8) 公印の管理に関すること。

(9) 文書の収受、発送、編さん及び保存に関すること。

(10) 議会に関すること。

(11) 理事会及び専門委員会に関すること。

(12) 庁議に関すること。

(13) 内部機関の連絡調整に関すること。

(14) 監査に関すること。

(15) 条例案、規則案、訓令案その他成案文書の審査に関すること。

(16) 組合例規集の編さんに関すること。

(17) 情報公開及び個人情報保護に関すること。

(18) 電算管理業務に関すること。

(19) 他の課及び班の所管に属さない事項に関すること。

人事班

(1) 行政組織、職員定数等に関すること。

(2) 職員の任免、異動、分限、懲戒、服務その他勤務条件に関すること。

(3) 職員の給与及び旅費に関すること。

(4) 職員の研修及び教養に関すること。

(5) 職員の福利厚生及び衛生管理に関すること。

(6) 職員の公務災害補償並びに共済及び退職手当に関すること。

(7) 臨時職員等に関すること。

財務班

(1) 予算の編成及び予算の統制に関すること。

(2) 関係市町村の分担金及び負担金に関すること。

(3) 地方債に関すること。

(4) 一時借入金に関すること。

(5) 補助金に関すること。

(6) 財産、公の施設及び契約の総合調整に関すること。

(7) 庁舎施設の維持管理及び営繕に関すること。

(8) 庁用自動車の管理運行に関すること。

(9) 物品調達検収並びに不用決定に関すること。

(10) 契約及び検査立会に関すること。

(11) 財政全般の連絡調整に関すること。

(12) 病院事業及び訪問看護ステーション事業の会計に関すること。

(13) 財政計画及び財政運営の総合調整に関すること。

業務班

(1) 一般廃棄物処理業の許可に関すること。

(2) 浄化槽清掃業の許可に関すること。

(3) し尿処理施設及びごみ処理施設の管理運営に関すること。

(4) 火葬場の管理運営に関すること。

(5) 病院事業及び訪問看護ステーション事業の推進に関すること。

(6) 老人ホーム入所判定委員会に関すること。

(7) 地域医療、保健福祉とのネットワーク事業に関すること。

(8) 介護認定審査会に関すること。

(9) 障害支援区分認定審査会に関すること。

(10) 所管する職印の管理に関すること。

(11) 教育委員会に関すること。

施設班

(1) 所管する施設の整備に関すること。

会計班

(1) 支出負担行為の内容を示す書類等の審査及び債務確定の確認に関すること。

(2) 支出命令及び収入調定の審査に関すること。

(3) 現金(代用納付証券及び基金に属する現金を含む)の出納及び保管に関すること。

(4) 小切手の振出し及び償還並びに公金振替書等の作成に関すること。

(5) 歳入歳出外現金及び保管有価証券の出納通知の審査並びにその出納保管に関すること。

(6) 現金及び財産の記録管理に関すること。

(7) 決算の調整に関すること。

(8) 会計管理者の職印の管理に関すること。

(9) 指定金融機関等に関すること。

(10) 会計事務の指導に関すること。

(11) その他出納事務に関すること。

(環境衛生センター及び環境管理センターの分掌事務)

第5条 廃棄物の処理及び清掃に関する条例(平成3年条例第39号)により設置された環境衛生センター及び環境管理センターの分掌事務は、次のとおりとする。

環境衛生センター

(1) 一般廃棄物のうち、し尿又は浄化槽汚泥の処理に関すること。

(2) 公害防止に関すること。

(3) 施設の維持管理及び環境整備に関すること。

(4) 施設の物品管理及び庁用自動車の管理運行に関すること。

環境管理センター

(1) 一般廃棄物のうち、ごみの処理に関すること。

(2) 残灰の処理に関すること。

(3) 公害防止に関すること。

(4) 施設の維持管理及び環境整備に関すること。

(5) 施設の物品管理及び庁用自動車の管理運行に関すること。

(黒川浄斎場の分掌事務)

第6条 火葬場の設置及び管理に関する条例(平成3年条例第41号)により設置された黒川浄斎場の分掌事務は、次のとおりとする。

(1) 火葬の執行に関すること。

(2) 残灰の処理に関すること。

(3) 使用料の徴収に関すること。

(4) 施設の維持管理及び環境整備に関すること。

(5) 施設の物品管理に関すること。

(職及び職務)

第7条 課に課長を置き、班に班長を置く。

2 課長及び班長の職務は、次のとおりとする。

職務

課長

上司の命を受け、課の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

班長

上司の命を受け、班の事務を処理する。

3 第1項に掲げる職のほか、必要と認めるときは、次の表の左欄に掲げる職を置き、その職務は、それぞれ当該右欄に定めるとおりとする。

職務

参事

上司の命を受け、重要事項についての調査、企画及び立案に参画し並びに特定事項を総括整理する。

技術参事

上司の命を受け、専門的技術に係る重要事項についての調査、企画及び立案に参画し並びに特定事項を総括整理する。

所長及び場長

上司の命を受け、各々の業務を処理し、部下職員を指揮監督する。

副参事

上司の命を受け、重要事項についての調査、企画及び立案に参画し並びに特定事項を整理する。

技術副参事

上司の命を受け、専門的技術に係る重要事項についての調査、企画及び立案に参画し並びに特定事項を整理する。

主幹

上司の命を受け、特定事項についての調査、企画及び立案に参画するとともに課等の事務に当る。

技術主幹

上司の命を受け、専門的技術に係る特定事項についての調査、企画及び立案に参画するとともに課等の事務に当る。

主査

上司の命を受け、特定分野における事務を企画立案整理するとともに課等の事務に当る。

技術主査

上司の命を受け、専門的技術に係る特定分野における事務を企画立案整理するとともに課等の事務に当る。

4 前3項に掲げる職のほか、必要に応じ、別表の左欄に掲げる職を置き、その職務は、それぞれ当該右欄に定めるとおりとする。

(1) 職員の職

職務

主事

上司の命を受け、事務を掌る。

技師

上司の命を受け、技術を掌る。

(2) 前号の職員以外の職

職務

主任技術員

上司の命を受け、特に高度の技能又は経験を必要とする施設等の管理業務に従事する。

技術員

上司の命を受け、施設等の管理業務に従事する。

(職に充てる職員)

第8条 前条第1項から第3項までに規定する職は、職員をもって充てる。

(職の設置等に関する規定の準用)

第9条 第7条第3項及び第4項の規定は、環境衛生センター、環境管理センター及び黒川浄斎場に置く職及びその職に充てる職員について準用する。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成26年4月1日から施行する。

(組織規則の全部を改正する規則の経過措置)

2 この改正規則の施行期日前に主任の職にあるものは、従前のとおりとする。

附 則(平成28年規則第5号)

この規則は、平成28年10月10日から施行する。

組織規則

平成26年3月25日 規則第2号

(平成28年10月10日施行)