[給付事業]  

1.申請方法 『平塚市勤労者共済会給付金請求書(様式第1号)』に必要書類(コピー可)を添付して
       提出してください。
       申請用紙は毎年4月にお送りしますが、こちらからもプリントアウトできます。

     
給付金申請書ダウンロード(PDF)

2.請求期限 事由発生日から3年以内です。

3.受領方法 @現金による受領
        窓口での署名・捺印が必要となりますので、印鑑をご持参ください。
        代理者による受領は、請求書の委任欄の記入及び捺印が必要となります。
       A口座振込による受領
        振込口座は原則として請求者本人の口座に限ります。

4.給付金の内容

 (1)お祝い金

 給付事項 給付事由  給付金額  必要添付書類 
結婚祝 会員の結婚  20,000円  戸籍謄本又は受理証明書等 
出産祝 会員又は、会員の配偶者の出産  10,000円  母子手帳の『出生届出証明』
又は健康保険証等
小学校入学祝  会員の子の入学  10,000円  なし 
中学校入学祝  会員の子の入学  10,000円  なし 
還暦祝 会員の還暦(満60歳の誕生日)  10,000円  なし 
銀婚祝  会員の銀婚(結婚25周年)  10,000円  戸籍謄本 
金婚祝  会員の金婚(結婚50周年)  20,000円  戸籍謄本 

 (2)死亡保険金・弔慰金

給付事項  給付事由   給付金額  必要添付書類 
本人死亡 会員が疾病により死亡した場合  65歳未満 80,000円 
・医師の死亡診断書又は
 死体検案書等

・全労済協会が必要とする書類


65歳以上 40,000円 
会員が交通事故により死亡した場合
(不慮の事故の給付分が合算されます。)
  100,000円 
会員が不慮の事故により死亡した場合   100,000円 
会員が交通事故、不慮の事故、
 疾病以外により死亡した場合
 
65歳未満 80,000円  ・医師の死亡診断書又は
 死体検案書等
65歳以上  40,000円 
配偶者死亡 会員の配偶者が死亡した場合    20,000円  ・医師の死亡診断書又は
 死体検案書等  
子死亡2  会員の子(会員の子の配偶者を含む)が死亡した場合    20,000円 
親死亡※1 会員の親(会員の配偶者の親を含む)が死亡した場合   10,000円 

※1 親死亡の「親」とは
   会員の父母、及び会員の配偶者の父母も含みます。
   (同居・別居は問いません。)
※2 子死亡の「子」とは
   会員の子(実子・継子・養子)及び、会員の子の配偶者も含みます。(同居・別居は問いません。)
   妊娠7か月を経過しての死産は「子の死亡」に該当します。

  (3) 退会せん別金

      在会期間が5年以上の会員が退会されるときに給付されます。
      該当される方は『平塚市勤労者共済会退会届書(様式第5号)』の提出と併せて請求してください。
      ただし、死亡による退会は対象となりません。

 給付事項  給付事由  給付金額  必要添付書類 
退会せん別金   5年以上 5,000円 なし  
10年以上 10,000円
20年以上  20,000円

  (4)お見舞い金

給付事項  給付事由  給付金額  必要添付書類 
傷病休業見舞金 
  ※1
 
会員が傷病により、連続して仕事を休んだ場合 
 休業期間        7日以上
 休業期間       14日以上
 休業期間       30日以上
 休業期間       60日以上
 休業期間       90日以上
 
 5,000円
 10,000円
 20,000円
 25,000円
 30,000円
・医師の診断書又は健康保険の傷病手当金請求書等、傷病名及び休業期間が確認できる書類 
住宅災害 
  ※2
  
会員の居住する建物又は家財が
火災で損害を被った場合
上限額 200,000円 ・修理業者による見積書
・消防署等が発行するり災証明書
・全労済協会が必要とする書類  
会員の居住する建物が、自然災害で
損害を被った場合 
上限額  60,000円
床上浸水 12,000円
重度障害
後遺障害
交通事故により、会員の身体に障害が
残った場合
(不慮の事故の給付分が合算されます。) 
 上限額 100,000円
 〜下限額 4,000円
・交通事故・不慮の事故証明書
・医師の重度・後遺障害診断書
・全労済協会が必要とする書類  
不慮の事故により、会員の身体に障害が
残った場合
 上限額 100,000円
〜下限額 4,000円
疾病により、会員の身体に重度障害が
残った場合
65歳未満 80,000円
65歳以上 40,000円

※1 請求は、仕事に復帰された以降となります。
※2 全労済協会による住宅調査が必要なため、り災後速やかに事務局へご連絡ください。         


                                ページトップ