なぞかけのつくり方    なぞかけの種類   ブログ(毎日更新中)    メルマガ(まぐまぐ)    メルマガ(melma!)    なぞかけつくります
なぞかけ教えます     ツイッター   なぞかけのつくり方の無料レポート   謎解き川柳つくります   管理人・安楽庵えのでん   TOP

   なぞかけのつくり方

公民館3 公民館4
(写真は所沢市富岡公民館での講座の模様です。)


        私・安楽庵流のなぞかけのつくり方を紹介します。
        最初は、いろいろと理屈をつけて情報商材にして高い値段で売りつけようかとも思ったのですが、
        そんなたいそうなものでないことはすぐわかりました。次の4つだけです。

       1.連想法

        例えば「北朝鮮」というお題が出たとします。
                 ↓
        「北朝鮮」から連想できる言葉をできるだけあげてください。
                 ↓
        「拉致」「ミサイル」「金正日」「核」「韓国」・・・・・
                 ↓
        その中で、他の言葉とかけられそうなものがないかを考えます。
                 ↓
        ・発音は同じで、違う別の言葉があるか?(発音系なぞかけ*)
        ・2つの違う意味を持つ言葉はあるか?(意味系なぞかけ*)
        その2点を必死になって考えます。
                 ↓
        そうすると「核」という言葉の「カク」という発音は他の言葉にもあてはまることに気づきます。
                 ↓
        角、格、各、書く、欠く・・・
                 ↓
        「角」は将棋にもあるなぁとあなたは気づきます。
                 ↓
        あとは、誰から見ても理解できるようになぞかけの体裁に仕上げればよいのです。
                 ↓
        (作成例)「北朝鮮」とかけて「将棋」ととく、そのこころは「核(角)の使い方で相手を悩ませます。」

        これが最も基本的ななぞかけの作り方です。

        でも、この例だと「将棋ととく」と聞いただけで「あっ、角と核をかけるんだな。」
        とすぐに見破られるおそれがあります。もう少し連想を続けます。

        「朝鮮戦争」「熱い戦争」「板門店」「北緯38度線」・・・・
        「38度」でピンときませんか。そうです「体温」です。私はこんなのを作ってみました。

        (作成例)「北朝鮮」とかけて「体温計」ととく、
             そのこころは「38度の線より上にいったら、危険です。」

        お題がある場合のなぞかけの作り方は、正直言うとこれがすべてです。
        あとはどれだけ言葉を連想できるかの問題になってきます。



        *発音系、意味系などのなぞかけの種類については説明はこちら


       2.ダブルミーニング法

        これは、お題の指定がないとき、こころの部分からつくる方法です。

        例えば、奥さんから「そこのゴキブリ、捕まえて外につまみ出しといて」と言われたとします。
                 ↓
        「つまみ」という言葉は、別の意味にもとれませんか。
                 ↓
        そうです。酒の肴の「おつまみ」です。「おつまみを出す」という意味にも使えることに気づきます。
                 ↓
        そこで、こんななぞかけが作れます。
                 ↓
        (作成例)「ゴキブリ」とかけて「注文した品がなかなか来ない居酒屋」ととく、
             そのこころは「早くつまみ出して〜」


       3.本やネットを参考にする

        なぞかけに関する本はほとんどありません。唯一なぞかけが大量に載っているものとしては

       ・『ことば遊び辞典』(鈴木 棠三編・東京堂出版)があります。

         広辞苑のような分厚い本です。この本ではなぞかけのことを「三段なぞ」と呼んでいます。
         その「三段なぞ」が約200ページにわたってだいたい2000個ぐらい入ってます。

         江戸時代から昭和までの作品をできるだけ集めたという感じです。
         ただ、この本の値段は7140円。ちょっと高いですね。大きい図書館には多分あると思います。

         なぞかけの部分だけコピーをとればいいでしょう。私・安楽庵もネタにつまった時、よく読みます。
         でも現代に通用しそうもないのも結構ありますし、面白くないのもかなりあります。

       ・『笑学強加書』(笑鬼会本院冗皇著・教養文庫・絶版)もかなり参考になります。
         なぞかけはのっていません。
         しかし、ここにある言葉あそび、だじゃれ、小咄はおおいになぞかけに転用できます。
         著者の言語感覚の鋭さにはただただ脱帽です。

       ・『新・【笑いながら脳を鍛える】なぞかけブログ』(私・安楽庵のブログです。)もかなり参考になります。
         意味系のなぞかけがこれだけ大量にアップされているサイトはこれ以外にないです。
         自分なりに面白いなと思ったものを参考にするとよいでょう。

       4.とにかく毎日考える

         私・安楽庵はできるだけ、毎日自分オリジナルのなぞかけをつくってブログにアップしています。
         最初はすぐにネタぎれになりそうでしたが、半年以上つづくともう大丈夫ですね。
         どんどんつくれるようになります。要は慣れです。



杉並12 林アナ2
(写真左はセシオン杉並での講座の模様。写真右はテレビのロケでご一緒した読売テレビの林アナと。)

港区高輪台 いきがい大学
(写真左は東京都港区での目のご不自由な方々との講座の模様。写真右は埼玉県・彩の国いきがい大学での講座の模様。)

ま、ともかく、私のブログやメルマガを見て、なぞかけに慣れることから始めましょう!!


各種メディアで紹介されている【笑いながら脳を鍛える】なぞかけブログはこちらから
【笑いながら脳を鍛える】なぞかけめ〜る♪のバックナンバーはこちらから






【ちょっとPR】なにより安全なのがウレシイ!!小中学生のためのインターネット学習塾





       笑いながら脳を鍛える・なぞかけらんど(トップページに戻る)