創立者
福者アルベリオーネ神父




パウロ家族の創立者
福者ヤコブ・アルベリオーネ神父
(1884〜1971年)は
1924年2月10日の聖スコラスチカの記念日、
道・真理・いのちである師イエスを
告げ知らせるために、
キリストにおける協働者として、
オルソラ・リバータを選び、
師イエズス修道女会を創立しました。





マードレ・スコラスチカ・リバータ



わたしたちは、
「聖体・司祭職・典礼」の中に
生きておられる師イエスに仕えます。
教会において、
感謝の祭儀で受けるいのちの恵みを、
人々に分かち合います。

ミッションは、
昼夜の継続聖体礼拝、
祈りと黙想の手助け、
聖書深読、カテキズム、
司牧活動への協力、
また、
典礼センターピエタでの
聖品の頒布などをとおして
展開されています。


日本では、1950年に2名のシスターの
来日によって始められました。
現在、東京、大阪、長崎に
典礼センターがあり、
あわせて11の共同体で
使徒的使命に生きています。


わたしたちは
典礼センターをとおして
人々が神のいのちに近づき、
養われるために、
そして、
訪れる人々の霊的・精神的必要性が満たされ、
彼らが祈りを体験することができる
オアシスとして
奉仕しています。

エキュメニカル、宗教間の対話に
開かれた
福音宣教の場でありたいと
願っています

          

東京

〒160-0004 東京都新宿区四谷1−21−22
TEL 03-3351-2692 FAX 03-3351-3426

大阪

〒540-0004大阪市中央区玉造2−24−22
TEL 06-6942-0287 FAX 06-6942-0274

長崎

〒852-8113 長崎市上野町2−4
TEL 095-844-1551 FAX 095-844-1651
師イエズス修道女会は、
現在世界31カ国に存在しています。