平和を耕すPMS
灌漑用水路は年内6キロ完了、「沖縄平和診療所」開所

PMS(ペシャワール会医療サービス)総院長
中村哲
ペシャワール会報77号より
(2003年10月15日)

用水路掘削現場
2003年9月10日
9月29日に一時帰国しました。8月下旬に北海道からマニラ、福岡、ペシャワール、ジャララバード、ダラエ・ヌール、再びペシャワール、カラチ、さらに引き返して、ジャララバードへ戻り、ダラエ・ヌール、ダラエ・ピーチ、ワマの各診療所を回り、水路や灌漑井戸、飲料井戸の計画を再編成して来ました。まる1カ月、(マニラを除き)1カ所に2泊以上しないというすさまじい強行日程で、さすがにダウンしました。

しかし、いくつも嬉しいことがありました。現地の「緑の大地」計画は、多少見直しが必要なこともありますが、全体に成果はすばらしく、予想を超えるものがありました。


2000ヘクタール超を潤す用水路


沖縄平和診療所の開所式
地元長老とともに祈りを捧げる中村医師
2003年9月22日
規模として大きなものは、やはり用水路ですが、これは砂漠化した耕地が意外に広大で、これに合わせて川幅を思い切り大きくとり、2000ヘクタール以上灌漑を目指すようにしました。最も難所である最初の6キロメートル区間はほぼ年内に掘削完了の見通しです。
取水口の工事は、最も水位の下がる12月を目指して、全力を挙げて準備されていました。伝統工法を大幅に取り入れているため、用水路の基本要素は、石と土と植林です。柳の木が水路保護の主役となるので、とりあえず約5000本の柳、その外側には同数の桑の木を植えます。

数年後にはおそらく見事なグリーン・ベルトが、砂漠の中を延々十数キロ続くことを思うと、愉快でもあります。取水口には、大量の蛇籠1500個が使われますが、これも既に生産を完了していました。


沖縄平和診療所、10月より診療開始


掘削中の灌漑用井戸
2003年9月10日
診療の方では、ダラエ・ピーチの「沖縄ピースクリニック」が最大の懸案でしたが、同診療所のあるクナール州では米軍への襲撃が最も活発なところです。国連や外国NGOが「危険地帯」に指定して寄りつかぬため、とりあえず日本人は小生単独で赴き、9月22日に開所式を地元長老会と共に行いました。10月1日をもって移転、診療が開始されます。

また、これも大きな動きですが、縮小気味であったハンセン病診療を強化致します。最近、医師や看護師、検査技師が高給を求めて大量にカーブルへ移転、医療スタッフが半減しました。その上、一般内科診療に比重が移りすぎ、障害を抱える患者のケアが薄くなっています。加えて、パキスタン政府の「難民完全閉め出し」が徹底してきてプロジェクトへの注文が厳しく、アフガン人職員が働きにくくなってきています。また近頃、診療よりも現体制維持の膨大な事務仕事に忙殺され、本末転倒になる兆しがあります。何事も程度というものがあります。今後の事態を見据え、組織維持の努力はそこそこにして、密なケアを障害患者に集中、いざとなれば基地病院の閉鎖・移転も辞さずとの強力な覚悟で臨みたいと考えています。  

この一弾として、新任の外科医・柴田医師を訓練のためカラチのセンターに送りました。


トルハム国境井戸、予想上回るニーズ


掘削中の灌漑用井戸
2003年9月10日
飲料水源は、着実に拡大、既に作業地は今年6月に1000カ所を超えて、さらに増えています。8月に始められたダラエ・ヌールの新たな灌漑井戸4カ所は、うち2カ所で水を出し、麦の作付けに間に合いそうです。これで、既存井戸を合わせ、砂漠化したブディアライ村の7割、9000名以上が生活可能になります。

一方、国境の町トルハムでは、2基のボーリング井戸が思わぬ重要性をあらわし、1日6時間給水で全バザールの需要を満たしていました。完全な住民自治管理で、国境問題も絡んで、歴史的に画期的なことであったようです。通過する度に、住民たちが嬉しそうに挨拶します。

少しずつ、造園や植林も進んでいて、3年前の渇水地獄が嘘のようです。最近では、水をパキスタン側に持ってゆく者もいるそうです。


援助騒ぎは屁のようなもの


収穫された見事なサツマイモ
しかし、何といっても今回の最大の希望は、農業関係でしょう。これは他でもなく、サツマイモの意外な成功です。見事な大きさだけでなく、土地の人々の嗜好に非常に合っていることが確認されたのです。

担当の橋本くんからの報告を待ちたいと思いますが、昨年のサイレージによる飼料改善=搾乳量の著しい増加に次ぐクリーンヒットです。いや、場合によっては満塁ホームランになる可能性があります。
以前ペシャワールで試したことがありましたが、いずれも貧弱で、実はさほど期待されてなかった作物でした。やり方に問題があって、高橋=橋本コンビが日本式の畝で過剰潅水・過剰肥料を避けて適切な方法で行ったからです。やはり、専門家です。サツマイモはツルで簡単に増やせ、しかも水が少なくて済みますから、この大干ばつのさなか、広まれば大変な貢献になるはずです。
援助騒ぎは屁のようなもの


用水路作業現場
2003年8月27日
一昨年、拙著『医者井戸を掘る』が話題になったことがあります。橋本君いわく、「さらに『医者川を掘る』を綴った後、『医者芋を掘る』の三部作にしてはどうか。緑の木陰の水路沿いで、焼きいも屋を開いてはどうか」と提案。小生答えていわく、「その際は、君に『青木昆陽之介・芋の守・橋本康範』の号を与える。用水路完成のあかつきはイモ数百石の禄高に封ずる。『医者芋を掘る』の大団円は、芋を食って腹の張った我等が、おならを落としてスカッとする。
即ち、全ての援助騒ぎは屁のようなものであったということを悟って、終わるのだ」。

かくて、ワーカーの間で楽しい話がはずみました。   


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
アフガンの情勢は、日に日に緊迫しているように見えます。
来年6月の総選挙は今のところ、東部アフガンで見る限り机上の空論で、米兵への攻撃が次第に増加、相当数の外国軍の投入が計画されています。最近の趨勢は、復興支援に携わる多くの外国団体が、積極的に外国軍隊の地方展開を主張していることです。これは地元には奇妙に映ります。外国軍に守られてやる復興がいったいあり得るのかと思います。政治・軍事上の動きを見る限り、出口がないと言えるでしょう。しかし、暗い政治の動きとは無縁に、生きるのに必死、かつ共に汗を流すことによって、人を安堵させる平和な世界があります。

 巌流島の決闘で、佐々木小次郎に対し、宮本武蔵は「汝、白刃をとって其の妙を尽くせ。吾は木戟を携えてその秘を顕わさん」と述べたという有名な話があります。
武蔵ほど偉くはありませんが、「汝、金と武力を駆使して勝手にやれ。対する吾らは、鋤と鍬、水と植樹でその偉大な恵みを顕わそう」と述べたい心境であります。
今後とも、ご支援を心からお願い申し上げます。
 
続けて77号仲地医師の記事へ>>
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
76号を読む  ○会報一覧へ○  78号を読む
ホームへ 連絡先 入会案内