重機購入の特命帯び、カラチへ行ってきました 

PMSワーカ 近藤真一
ペシャワール会報79号より
(2004年04月14日)

このように色々な重機が売られています
一か八かの買い物

今回、私は灌漑用水路工事に必要な重機購入の為、2度、計1カ月ほどパキスタンの南に位置する大都市、カラチに行って来ました。

私達の病院があるペシャワールからカラチまで、バスで約25時間。トイレ休憩、食事休憩、お祈り休憩が道中何度かありますが、一度だけ食事休憩の無いバスに出会ってしまい、1日中何も食べられなかった事がありました。

今回購入したユンボ(油圧ショベル)に
同じく購入したジャックハンマーを装着
カラチには大きな港があり、日本や中国等、外国から色んなものが入って来るそうです。私達が探し求めているものはユンボ(油圧ショベル)、ジャックハンマーにホイールローダの3種類で、日本からシンガポールを経由してカラチにたどり着きます。

生まれて初めてのカラチ旅行で、初めての重機購入です。初めはどうなることかと心配しましたが、どうにかなるものです。なによりも今回の旅は本当に幸運が付きまとっていました。

一番の幸運は私達が本当に人のいいお店と出会うことが出来たということです。普通パキスタンで重機を購入するには理不尽なことが多いのです。

今回、重機購入の為、私と一緒にカラチに行った現地スタッフが以前訪ねたことのあるお店ではまず、自分の欲しい重機をお店側に伝え、写真を見せてもらいます。写真を見て気に入れば前金を払います。実際に重機が港から届いたときに初めて実物を見ることができます。

ペシャワールに送るために積み込んだ
ユンボ(油圧ショベル)とジャックハンマー
この時点で残りのお金を払うのか、払わないのかを決めなければなりません。もちろん試運転なんてものはさせてもらえません。お店に着いた時点で目的の重機がまったく使えないもので、これは要らないと言っても、前金は返してもらえません。一か八かの買い物です。

それが、私達がカラチで出会ったお店は交渉の末、前金は要らない、試運転も気が済むまでしてよい、と言ってくれましたし、値段に関しても相場だろうと思われる価格を提示してくれたのです。カラチで訪ねた他のお店ではなかなか状態の良いものは見つからないし、見つかっても値段を相場より相当高く見積もられたりで、散々でした。

それが、このお店では近く日本からホイールローダが新しく届くから、それを私達の為に用意しようとまで言ってくれたのです。カラチに着いて2日目の事でした。


日本から届いた中古ホイールローダを購入
手前はPMS現地スタッフ
「あれならもう売れた」

しかし、それからが長かった。約束の日に再度同じお店に行ったのですが、「明日来る」と言われ、次の日に再度訪ねると、「2日後に来る」と言われました。それからも毎日そのお店には顔を出しました。

「2日後に来る」と言われてから当日、彼らの返事はこうでした。「あれならもう売れた」。このお店は自前のホームページを持っているのですが、そこに載っている写真だけを見て購入した人がいたそうです。パキスタンでは実物を見ずに重機を購入するのが普通なのだそうです。椅子に座りながら「そうか売れたのかぁ」と落ち込んでいると、この店の主人が「そう言えば」という感じで、「新しくユンボが届いたけど買うか」と一言。昨日もその前の日もユンボについては何にも言ってなかったのにと思いつつ、私達はホイールローダのことなぞ忘れて、すぐに試運転、エンジンのチェックをし、ペシャワールの病院に連絡を入れました。エンジンの状態は良く、オイル漏れもなく、これといった故障箇所も見つからず、現地スタッフも今まで見てきた中で一番良い、と評価しました。今回の買い物で何よりも一番欲しかった物が手に入った瞬間です。


ユンボ修理中の石橋ワーカ(左)と中村医師
あと数日遅かったら…

2つ目の幸運はこのユンボです。ユンボを購入しエンジンオイルなどを入れ替えている作業中、見慣れない人が私達の近くに寄ってきて話し掛けてきました。

「このユンボを私に譲ってもらえないか」
この人は以前、ユンボを紹介して欲しい、とこのお店に問い合わせたところ、満足のいく写真を受け取り、そのユンボを購入する為、7ラック(70万ルピー)もの大金を前金としてお店に支払っていたそうなのです。しかし、お金を払った後にしばらくお店の方に連絡をしなかったため、いざカラチに来てみると、すでに目的のユンボは他の人が全額払って、買ってしまっていたと言うのでした。

彼はその事実をお店の主から聞いた後、どうにかならないかと相談したそうです。主曰く「譲ってもらえないかどうか、自分で直接聞いてみろ」。

そして、彼はしぶしぶ私達の所に来たのでした。そう、私達が購入したユンボこそ、彼が前金7ラックも払ったユンボだったのです。もちろん私達が譲るわけはありません。

彼はおとなしく帰っていきました。あと数日、私達がこのユンボと出会うのが遅れていたら、きっとこの人のものになっていたのでしょう。
 
また、ジャックハンマーやホイールローダに関しても、お店の人から数日後に届くという情報を聞き、無事購入することができました。今では立派に灌漑用水路工事にて、お役目をはたしていると聞いています。生まれて初めて、いい買い物をしたんじゃなかろうかと、思っています。

続けて79号鈴木ワーカーの記事へ>>
79号の中村先生の記事へ戻る>>
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
78号を読む  ○会報一覧へ○  80号を読む
ホームへ 連絡先 入会案内