イーハトーブ賞(宮沢賢治学会主催)受賞に寄せて
わが内なるゴーシュ 愚直さが踏みとどまらせた現地

PMS(ペシャワール会医療サービス)総院長
中村哲
ペシャワール会報81号より
(2004年10月13日)
*本文は、去る9月22日、岩手県花巻市で行われた
宮沢賢治学会主催イーハトーブ賞授賞式において、欠席した中村医師に
代わり出席した福元広報担当理事によって代読されたものです

イーハトーヴ賞は、『宮沢賢治が“理想郷”の意味で名付けた』ことで
知られています。その他、2003年受賞のマグサイサイ賞は、
『アジアのノーベル賞』と呼ばれています。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

灌漑用水路の掘削作業員たちとともに
(最前列左から7人目が中村医師)
取水口に集結するPMS職員一同(04.08.29)>>
セロ弾きのゴーシュ

みなさん、お元気でしょうか。  
まず授賞式に出席できなかったことを深くお詫び申し上げます。現在アフガニスタンでは未曾有の旱魃が更に進行し、数百万人が難民化していると言われています。この旱魃で数え切れぬ人々が飢餓に直面していました。実際、多くの人々が私の目前で命を落としました。

しかし、4年前の「アフガン空爆」以後、華々しい「復興支援」の掛け声にもかかわらず、 徒に政治情勢や国際支援のみが話題となり、人々の本当の困窮はついに国際世論として伝わらなかったのです。そこで私たちとしては、国民の8割以上が農民であるアフガニスタンで、何とか現地の主食である小麦の植付け前に、多くの土地を潤そうと、1年半前から用水路建設に着工、今この挨拶を現場で書いています。小生が居ないと進まぬことが余りに多く、どうしてもここを離れられません。おそらく「ヒデリノトキハナミダヲナガシ/サムサノナツハオロオロアルキ」というくだりをご記憶の方ならば、理解いただけるかと、非礼をば省みず、書面で受賞の辞をお送りします。

小生が特別にこの賞を光栄に思うのには訳があります。

この土地で「なぜ20年も働いてきたのか。その原動力は何か」と、しばしば人に尋ねられます。人類愛というのも面映いし、道楽だと呼ぶのは余りに露悪的だし、自分にさしたる信念や宗教的信仰がある訳でもありません。良く分からないのです。でも返答に窮したときに思い出すのは、賢治の「セロ弾きのゴーシュ」の話です。セロの練習という、自分のやりたいことがあるのに、次々と動物たちが現れて邪魔をする。仕方なく相手しているうちに、とうとう演奏会の日になってしまう。てっきり楽長に叱られると思ったら、意外にも賞賛を受ける。

私の過去20年も同様でした。決して自らの信念を貫いたのではありません。専門医として腕を磨いたり、好きな昆虫観察や登山を続けたり、日本でやりたいことが沢山ありました。それに、現地に赴く機縁からして、登山や虫などへの興味でした。


天から人への問いかけ

幾年か過ぎ、様々な困難―日本では想像できぬ対立、異なる文化や風習、身の危険、時には日本側の無理解に遭遇し、幾度か現地を引き上げることを考えぬでもありませんでした。でも自分なきあと、目前のハンセン病患者や、旱魃にあえぐ人々はどうなるのか、という現実を突きつけられると、どうしても去ることが出来ないのです。無論、なす術が全くなければ別ですが、多少の打つ手が残されておれば、まるで生乾きの雑巾でも絞るように、対処せざるを得ず、月日が流れていきました。自分の強さではなく、気弱さによってこそ、現地事業が拡大継続しているというのが真相であります。
 
よくよく考えれば、どこに居ても、思い通りに事が運ぶ人生はありません。予期せぬことが多く、「こんな筈ではなかった」と思うことの方が普通です。賢治の描くゴーシュは、欠点や美点、醜さや気高さを併せ持つ普通の人が、いかに与えられた時間を生き抜くか、示唆に富んでいます。遭遇する全ての状況が―古くさい言い回しをすれば―天から人への問いかけである。それに対する応答の連続が、即ち私たちの人生そのものである。その中で、これだけは人として最低限守るべきものは何か、伝えてくれるような気がします。それゆえ、ゴーシュの姿が自分と重なって仕方ありません。

私たちは、現地活動を決して流行りの「国際協力」だとは思っていません。地域協力とでも呼ぶ方が近いでしょう。天下国家を論ずるより、目前の状況に人としていかに応ずるかが関心事です。

世には偉業をなした人、才に長けた人はあまたおります。自分のごとき者が賞賛の的になるなら、他にも……と心底思います。しかし、この思いも「イーハトーブ」の世界を心に刻んだ者なら、「この中で、馬鹿で、まるでなってなくて、頭のつぶれたような奴が一番偉いんだ(「どんぐりと山猫」)」という言葉に慰められ、一人の普通の日本人として、素直に受賞を喜ぶものであります。
どうもありがとうございました。

続けて81号ズィア副院長の記事へ>>
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
80号を読む  ○会報一覧へ○  82号を読む
ホームへ 連絡先 入会案内