来場者の声コーナー(浅口編)


岡山県・浅口市でのペシャワール会写真展に足を運んで下さった皆様、
本当にありがとうございました。
会場で簡単なアンケートを書いて頂いた中からいくつかを、ご紹介させて頂きます。

尚、全国各地から続々と写真展開催の依頼を
戴いております。詳しくは写真展のページをご覧ください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


人は破壊もするが再生することもできる生物であるということを中村医師をはじめペシャワール会や再生にかかわった多くの人々の行動から学ぶべきものが多いと思いました。再生することができたのは、用水路を拓くことによってできた畑だけではなくそれに関わった人々の心であり、大きな希望を感じました。(男性)

以前から関心はありました。テレビ・ラジオでは見聞きしていましたが、こんなに沢山の写真は初めてです。すごい努力の過程が見られ感動しました。

用水路がこんなに長い距離とは想像もつきませんでした。

中村医師の大変な取り組みに感動しました。笑顔の子供達の写真を見させて頂き、こちらまで笑みがこぼれました。何もかも自由になる日本、もう少し今の子供達に色々な世界を知ってほしいです。

とてつもなく大きな心と気持ちと人と自然の力にただただ感動するばかりです。いまいる自分自身の幸せを痛感し、少しでも誰かのために出来る事をしていけたらと思いました。

3年4年5年と、時間と努力と協力を積み重ねていけば不毛の砂漠や大暴れする河も少しずつ人間の生活に寄り添う形に変わっていくのですね。医療と農業(土木、治水も含め)が、いのちの基礎をサポートしていることを実感しました。

いま信頼できる信用できる言葉がみつけにくい時代の中で、「誰も行かない所こそ、我々は必要とされる」という中村先生の言葉は、本当に、心の奥深く響くものです。なによりもすごいことは、言葉だけではなく行動によってそれをやってみせてくれることだと思います。どんな映像よりもそれは心に迫ってきます。感動しました。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
写真展トップに戻る

Topページへ 連絡先 入会案内