来場者の声コーナー(東京都・千代田区編)


東京都・千代田区でのペシャワール会写真展に足を運んで下さった皆様、
本当にありがとうございました。
会場で簡単なアンケートを書いて頂いた中からいくつかを、
会場内の様子を撮影した写真と一緒にご紹介します。

尚、全国各地から続々と写真展開催の依頼を
戴いております。詳しくは写真展のページをご覧ください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
写真展実行委員長・松永貴明より

会場は明治大学・駿河台の校舎1階の「展示コーナー」です。福岡市での会場・アクロスに少し似た近代的なつくりの建物。

 3月11日から開催された東京・千代田区での現地報告写真展は開始4時間足らずで、東北地方太平洋沖地震のため中止となりました。
 短い時間でしたが、80名ほどの来場者があり数名の方が感想を書いてくださいました。掲載の了承を得た感想と、当日来られる予定だった澤地久枝さんからのメッセージを掲載いたします。
澤地久枝さんからのメッセージ

千代田区展は計4時間しか開催できませんでしたが、会場に足を運んでくださった皆様、また開催にあたってご尽力頂いた東京都のボランティアスタッフの皆様、ありがとうございました。

今は「東北関東大震災」で大変な時だから、落ち着いてから、また新たに考えて行きましょう。
 私の関わっている「九条の会」でお話すると、「わたしもペシャワール会です」「わたしも」と仰る方が多く、思いを共有する方は多いと思います。
 この1年、日本国内は大変で経済の心配も生じ、その余波を被っ て中村先生もご苦労なさるでしょう。お疲れになるでしょう。
 けれど、私達の思いはみな、日本国内でも遠いアフガニスタンでもつながっています。東北で言語を絶する災害に遭われた方が、被災の少なかった東京の私達の身代わりになってくれたのだと、私は思うのです。
 迷わずに頑張って行きましょう。
澤地久枝


写真展の説明をするために駆けつけてくれた
鈴木祐治・元現地ワーカ。
来場者感想

 友人からこの写真展を教えてもらい以前マスコミ(テレビ)で中村医師の事を知る機会があり、是非見させて頂きたいと思いました。現地へ行かれていたスタッフの方のお話も聞く機会があり、何もしていない自分が恥ずかしく思えました。とても良い写真展でした。ありがとうございました。(男性)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
写真展トップに戻る

Topページへ 連絡先 入会案内