受信日2010年01月25日



事務局のみなさん、

週末ではありませんが、試験農場の最初の収穫の第一歩。

 小麦が遅れ、アルファルファが遅れ、折角水が来たのに沙漠の寒気でなかなか発芽しない。

「この沙漠はひょっとしてホントの荒地か」、
「完工式を意識して緑を見せようと焦った罰があったのか」、

という一抹の不安。待つこと2週間、少し気温が上がったせいか、シャフタル(アルファルファ原種)が一斉に芽吹き始めました! あと2週間もすればうっすらと緑の地表となります。


写真は原寸大。播種から2週間、みなで歓声を上げました。



「白砂青松」と言いたいが、海がない。これが10か月前の棒切れのような苗木とは思えない。洪水路に沿って植えたガズの並木。(1月24日)


★Dr.T.Nakamura★
中村 哲


← 前の報告へ ○報告トップへ○ 次の報告へ →

Topページへ 連絡先 入会案内