受信日:2010年10月23日


事務局のみなさん、

カマ第二取水口、対岸の堤防2km、第二主幹水路1㎞が今冬の最大の攻防となります。ODAの協力がどうなるか分かりませんが、大事なのは書類の整合性やきれいな理念ではでなく、実際に現物ができるかどうかの問題です。諸般の情勢を考え、できるだけ早期に終えます。仕上げねば生きては帰れないでしょう。鈴木学君がきたので、3ヶ月で終えたいと考えています。これが最後の大工事となります。御協力をよろしくお願いします。

 一部重複しますが、最近の良い写真がありますので送付します。



Summary of Main Drainage Canal & Gamberi Desert(2010年10月20日現在)
※地図内の青矢印は、農場内灌漑路。 拡大画像へ>>>



変わるガンベリ沙漠 (Q2貯水池の完成)沙漠岩盤地帯は用水路工事中最も難関だったが、2年がかりで安定。漏水が激減し、やっと池らしくなってきた。
たび重なる鉄砲水を呑みこみ、異常な鉄砲水にも耐え、里を守っている。



ガンベリ沙漠防砂林の成長。水遣りの工夫が奏功して、1年で約3mの成長。



初の稲刈り。今年は2ヘクタールだったが、開拓地が増す度に少しずつ増産する。



一面の黄金いろ



綿の花。約3ヘクタールに植え、収穫すると緑肥にする。
右下は2週後に収穫された綿。



落花生の畑。大粒で質の良い豆ができる。



マドラサ宿舎の屋根うちが終わり、間もなく内装の段階。
8月の長雨で工期が1ヶ月半伸びたが、主要な工事はこれで終わった。
年内に完了予定。



カマ第一取水堰と取水口。大洪水にもかかわらず、殆ど崩壊せず水を送り続けている。第二取水口は半壊。現在急ピッチで大工事が進められている。



カマ第二取水口の全面改修。改修というよりは新設に近く、
河の水位の下がる10月から来年2月までに一挙に仕上げねばならない。



大洪水に洗われた対岸ベスード郡の護岸工事。
これも約4kmを一挙に片づけねばならない。工事開始で、
多くの農民たちが戻ってきている。



大洪水に洗われた対岸ベスード郡の護岸工事。これも約4kmを一挙に
片づけねばならない。工事開始で、多くの農民たちが戻ってきている。




★Dr.T.Nakamura★
中村 哲


← 前の報告へ ○報告トップへ○ 次の報告へ →

Topページへ 連絡先 入会案内