2008年秋季レース100K〜500Kまで

10月21日
(火曜日)



気分を一新!!!(^^♪昨日サボった分の鳩舎掃除も済ませて鳩の管理に集中!!!

今日一日だけ休養をとらせて明日から次回レジョウナルに向けて調整を開始しします。

舎外・・・・・・ストップ!!


朝の餌・・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合飼料80%、大麦20%

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲料

夕方の餌・・・・羽数×17g 餌の内容は朝と同じです
気持ちが切れそうでしたが、どうにか気分を変えて鳩の管理を行いました。

残っている鳩で、行けるところまで行ってみましょう。

10月20日
(月曜日)



今日は気分が乗らないので、二階部分の掃除だけをして、一回部分はさ!!ぼ!!り!!ました^_^;

なんだか重症の飼育者です。考える所も多く・・・・鳩をこのまま飼い続けていいのでしょうかねぇ〜〜。
猛禽の餌食になり、レースでは失踪してしまいこれでいいのでしょうか????


舎外・・・・・・ストップ!!


朝の餌・・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合飼料60%、大麦40%

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲料

夕方の餌・・・・羽数×17g 餌の内容は朝と同じです
(@^^)/~~~
10月19日
(日曜日)



今日も、いつもの如く朝早くから起きて鳩舎掃除をし、新聞を読んだり、本を読んだりしながら、鳩の帰還を待っていましたが、午前中に一羽帰還しただけで、後の鳩は帰ってきませんでした。

午後から七五三参りに行った従兄弟達が寄ったので、子供たちと遊んだりしながら、時折鳩舎に行ってみるものの帰ってきていない状況にがっかりしました。


舎外・・・・・・ストップ!!


朝の餌・・・・・羽数×17gの9割

餌の内容・・・・・配合60%大麦40%

飲水器・・・・・ビタミン投与!!

夕方の餌・・・・羽数×17gの9割餌の内容は朝と同じです。

作出時期から、あれほど頑張って管理してきた鳩が、こうも無残に帰還しないとやる気がうせてきますねぇ〜〜<m(__)m>

春のレースまでに54羽の鳩達で、どう戦っていくのか??思案のしどころです。
10月18日
(土曜日)


放鳩地は薄くガスがかかっているが鳩を飛ばすのには問題が無いとの報告を受けたので、現地の放鳩者に任せて放鳩!!8:00茨城県水戸市からの300Kレースは飛ばされました。

予想分速は1250mとし外に待って鳩を待つものの、さっぱり鳩が帰還しません。分速1100mをきった所で、一羽目を確認!!

いつものパターンだと次ぎの鳩が来るのですが、この日は何故か後が続きません。(ーー;)いやな予感(ーー;)
舎外・・・・・なし

朝の餌(帰還時・・・・・羽数×17gの8割

餌の内容・・・・・配合50%大麦50%

飲水器・・・・・ビタミン投与!!

夕方の餌・・・・羽数×17gの8割餌の内容は朝と同じです。

前回に続いての厳しいレースに暫く立ち直れません(ーー;)

鳩レースもこれだけ鳩の帰還が悪いとストレス!!が〜〜〜たまります。
10月17日
(金曜日)


予定より一日早い持ち寄りとなった今日も舎外不足の感は否めないので、9:00より飛ばしました。飛ばすと直ぐにオオタカに襲撃され、上空高く逃げ回り1時間は飛んででしょうか?

その後、入舎をさせて給餌!!300Kレースへ向けての舎外としては良かったと思います。

持ちより時に鳩を一羽一羽つかんでチェックしていると、翌日帰還した鳩達は、肉のつきがイマイチ(ーー;)今回はストップさせました。
舎外・・・・・鳩なり舎外 トラップ!出舎口共に閉めて給餌するまで自由に飛ばしました。

朝の餌・・・・・羽数×20gの
5割

餌の内容・・・・・小粒飼料50%大麦50%

飲水器・・・・・黒酢入り飲料

夕方の餌・・・・羽数×20gの
8割餌の内容は朝と同じです。

一日早い持ち寄りとなったので、羽数×17gを羽数×20gに増やして餌を食べさせました。

持ち寄り字に掴んだ感触は翌日帰りを除き、まぁまぁでした。
10月16日
(木曜日)


持ち寄りが予想通り一日早くなりました。明日が300Kレースの持ちより日です。

今日は気合いを入れるために舎外時に軽く旗を振ってみました、。1時間は飛んでいたでしょう。猛禽もたまに姿を見せましたが、しつこく追うことは無くNaisu舎外だったとおもいます。



舎外・・・・・・鳩なり舎外 トラップ!出舎口共に
閉めて給餌するまで自由に飛ばしましたが軽く旗を上げて追った!!

朝の餌・・・・・羽数×19g

餌の内容・・・・配合飼料100%、

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲料

夕方の餌・・・・羽数×20g 餌の内容は朝と同じです

明日が持ち寄りとなったので、夕方の給餌量は羽数×20gまで食べさせました。

明日はいつものように羽数×17gの半分が午前中!!

籠につめる2時間前に羽数×17gの8割を食べさせる予定です。
10月15日
(水曜日)


天気もよく舎外をするのには最高の日でした。いつものように市場から帰って来た9:00に舎外を開始!!全鳩を鳩舎からだし飛ばしたところ久しぶりにハイ鷹に襲撃されました。

鳩はチリジリになりパニック!!しかし、レースに参加している鳩はどんどん上空高く逃げていました。遅生まれはチリジリになり逃げ回って夕方暗くなる直前に帰って来た鳩もいました。

日ごと寒さが増すにつれ猛禽の襲撃が激しくなりますが、レジョナル、菊花賞に向けて飛ばさないわけにもいかないので、何とか逃げ切ってもらいたいものです。
舎外・・・・・・鳩なり舎外 トラップ!出舎口共に閉めて給餌するまで自由に飛ばしました。

朝の餌・・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合飼料100%、

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲料

夕方の餌・・・・羽数×17g 餌の内容は朝と同じです
羽数×17gの量をガツガツ状態で食べていますから健康状態に問題はないでしょう。

明日から2g多い羽数×19gを食べさせて300Kレースに向けて調整します。

10月14日
(火曜日)


今日は3日目帰りは一羽もありませんでした。朝は軽く外に出た9鳩だけを飛ばしましたが、殆んどの鳩が鳩舎内にいたようでした。

昨日の11:28過ぎに帰還した鳩は、すっかり疲れているようです。
今シーズンはストップですね^_^;

鳩舎内に68羽しかいなくなり寂しい鳩舎内の雰囲気となりました。

舎外・・・・・・鳩なり舎外 トラップ!出舎口共に
閉めて給餌するまで自由に飛ばしました。

朝の餌・・・・・羽数×17gの9割

餌の内容・・・・配合飼料60%、大麦40%

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲料

夕方の餌・・・・羽数×17gの9割 餌の内容は朝と同じです
換羽の影響も考えて翌日帰りをして疲れている鳩は、そのシーズンストップするのが正解です。

無理にレースに参加させると、主翼にフレットが出ます。(節がでます。)

10月13日
(月曜日)


鳩舎に行ってヴィクトリーを覗いてみると、4羽の鳩が帰還していました。一羽目から4羽目までが7:00前に帰還していましたので、昨日よっぽど近くまで来ていたのでしょう。

その後は11:28に一羽帰還して翌日帰りはありませんでした<m(__)m>厳しいレースでしたねぇ〜〜^_^;

気持ちを入れ替えて次の「300Kに向けて頑張ります。
舎外・・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・羽数×17gの9割

餌の内容・・・・・配合60%大麦40%

飲水器・・・・・ビタミン投与!!

夕方の餌・・・・羽数×17gの9割餌の内容は朝と同じです。

春に参加させる鳩がいなくなってしまいますよねぇ〜〜^_^;遅生まれの鳩は期待できませんからどうするか思案しなくては・・・・・

次のレースまでは我が鳩舎作出鳩は善鳩参加する予定ですが、レジョナルからは鳩を止めていきます。
10月12日
(日曜日)
200K
レース
当日


北西の風が強いものの絶好にレース日和でした。しかし、こんな日に翳って案外!!帰還がよろしくない時があるので不安でしたが、嫌な予感が的中!!

第一記録鳩が帰還してから一時間は順調に鳩が帰って来たものの、その後はバラついて一羽づつか良くて2羽の帰還^_^;

仲間の鳩舎の帰還状況を聞くと、そちらもよろしくなく、不安が増大!!

結局、61羽参加して当日37羽と厳しいレースとなりました。
前回病気の影響でジャンプした鳩舎は連騰した鳩舎より更に帰還が悪かったようです。
舎外・・・・・なし

朝の餌(帰還時・・・・・羽数×17gの8割

餌の内容・・・・・配合50%大麦50%

飲水器・・・・・ビタミン投与!!

夕方の餌・・・・羽数×17gの8割餌の内容は朝と同じです。
前回は病気の影響で参加羽数が少なかったのですが、連合会で360羽が参加しました。

若鳩は連騰が良いと昔から言いますが、ジャンプは厳しかったようで、3割、4割の帰還しかなかったようでした。
10月11日
(土曜日)



今朝は雨が降っていたので、舎外をお休みしようと思っていたら、9:00頃より晴れたので、鳩なりで舎外を行い持ち寄りに備えました。

飛びもよく200Kレースには手ごたえを感じますね。

遅生まれの鳩が一羽目の前でオオタカの餌食となってしまいました<m(__)m>

舎外・・・・・鳩なり舎外 トラップ!出舎口共に閉めて給餌するまで自由に飛ばしました。

朝の餌・・・・・羽数×17gの
5割

餌の内容・・・・・小粒飼料50%大麦50%

飲水器・・・・・黒酢入り飲料

夕方の餌・・・・羽数×17gの
8割餌の内容は朝と同じです。


持ち寄り後に鳩の数を数えたなら今週一週間で7羽の鳩が猛禽の被害にあっていました。
これから益々しつこくなってきますから、先が思いやられます。
10月10日
(金曜日)

予定通りの持ち寄りで10月12日に200Kレースが行われることになりました。我が鳩舎としてはもう一日会った方が良かったような感じがしますが、これだけは仕方ないですね(*^。^*)

しっかりと夕方の餌は満杯に食べさせましたから、明日もう一度舎外をして仕上げて参加させることにします。

今日は猛禽に追われたせいもありますが、上空高く鳩が飛びました。

舎外・・・・・・鳩なり舎外 トラップ!出舎口共に
閉めて給餌するまで自由に飛ばしました。

朝の餌・・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合飼料100%

飲水器・・・・・ビタミン投与!!

夕方の餌・・・・羽数×17g餌の内容は朝と同じです

止めるのも勇気と言いますが、明日はしっかりと鳩を観察しながら持ち寄りたいと思います。

人間で言えば首の所の喉ぼとけがでっぱていると思われる鳩はどこか異状があるのでストップさせましょう。
10月9日
(木曜日)


全鳩を鳩舎からだし舎外をさせました。遅生まれの飛ばない鳩はトラップのところでオオタカの襲撃に怯えて固まっていたようですが、選手鳩や遅生まれの飛ぶ鳩達は上手にかわしながらインターバル舎外で1時間外で遊ばせながらの舎外でした。

鳩舎内に活気が戻ってきました。餌はガツガツ状態でッ全鳩が食べています。

このまま200Kレースへ参加できればGOOD!!でしょう。

舎外・・・・・・鳩なり舎外 トラップ!出舎口共に
閉めて給餌するまで自由に飛ばしました。

朝の餌・・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合飼料100%

飲水器・・・・・抗菌剤コリーミックス投与!!

夕方の餌・・・・羽数×17g餌の内容は朝と同じです

鳩の主翼の換羽を注意してレースに参加させましょう。8枚目、9枚目、10枚目が抜けている状態は距離によって止める勇気が必要です。
10月8日
(水曜日)


今日は、どうにか糞の状態の悪い鳩はいないようでした(^^♪

いや〜〜〜疲れます^_^;鳩舎に行くのが恐くなってきますね。雨が強く降っているので舎外は中止し、鳩舎掃除を済ませてから給餌!!


舎外・・・・・・ストップ!!


朝の餌・・・・・羽数×17gの9割

餌の内容・・・・・大麦30%配合飼料70%

飲水器・・・・・
ビタミン投与

夕方の餌・・・・羽数×17gの9割餌の内容は朝と同じです。
明日からは大麦を抜いて配合飼料だけに切り替えて羽数×18gの量を舎外をした後に与えて餌を喰いこませます。

200Kの距離を飛ぶ分の体力をつけさせます。
10月7日
(火曜日)


今朝の糞の状態は3箇所に緑の軟便発見^_^;どの鳩か確認できないので、給餌時に観察していたなら昨日までなんとも無かった鳩が3羽餌を食べにこない<m(__)m>

掴まえてジョサマイシンを投与。鳩なり舎外で トラップ!出舎口共に開けて給餌するまで自由に飛ばしましたが、状態の悪い鳩は外に出なかったようでした。

それにしても次から次へと感染してくるので、困ったものです。

舎外・・・・・・鳩なり舎外 トラップ!出舎口共に開けて給餌するまで自由に飛ばしました。

朝の餌・・・・・羽数×17gの9割

餌の内容・・・・・大麦60%、配合飼料40%

飲水器・・・・・黒酢入り飲料

夕方の餌・・・・羽数×17gの9割 餌の内容は朝と同じです

100Kレースの帰還鳩数羽63羽のようです。ヴィクトリー時計が感知する様になったので、判明!!一羽が失踪したようです。

次回の200Kも失踪させたくないので、必至に病気と戦います。
10月6日
(月曜日)

平山師匠より電話があり、完治に近いとの事!!我が鳩舎は羽数が多い分、もう少し時間がかかるであろうとの事<m(__)m>

師匠の所ではCTCで治ったと言うことでした。


舎外・・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・羽数×17gの9割

餌の内容・・・・・小粒飼料50%大麦50%

飲水器・・・・・抗菌剤コリーミックス投与!!

夕方の餌・・・・羽数×17gの9割餌の内容は朝と同じです。

この病気は何なのでしょうねぁ〜〜<m(__)m>最初はレース帰還時に見られる白っぽいドロッとした糞で次に緑便の柔らかい糞になり、薬が効いてくると緑のコロコロ糞から普通に変わっていくようです。
10月5日
(日曜日)


翌日帰還した鳩はゼロでした。昨日のレースの疲れもあるのでしょうが、鳩が疲れを見せています。高分速だったレースなので、これほど疲れた様子を見せるはず無いので、やはり各鳩舎で罹った病気が進入したようです。餌を吐く鳩も数羽います。

昨日に引き続き、抗菌剤のコリーミックスを投与して様子を見ます。

レース前に不調だった鳩は調子が戻っているので、4日間程度で症状は消えるようですが、次から次へと症状が現れてくるようです。


舎外・・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・羽数×17gの9割

餌の内容・・・・・小粒飼料50%大麦50%

飲水器・・・・・抗菌剤コリーミックス投与!!

夕方の餌・・・・羽数×17gの9割餌の内容は朝と同じです。
鳩舎内の雰囲気は餌もガツガツ食べているので、重症ではないようですが、数羽が餌を食べるのをやめてしまいますので、???の鳩に個別に明日からジョサマイシンを投与します。

1mlに水を1mlを入れて投与します。

10月4日
(土曜日)
100K
レース当日



あさ7:10に放鳩された100Kレースに参加した我が鳩舎の64羽は第一グループが8:55に5羽がまとまって帰還!!直ぐに2羽、そのあとに2羽と10分のあいだに28羽が帰還しました。

しかし、ヴィクトリーの時計が感知せず<m(__)m>接触不良を起こしていたみたいで、すべての配線を抜いて再び繋いだなら感知するようになりました。

まだ一回目のレースでよかった〜〜^_^;

結局、62羽が帰還しました。今から審査会場に行ってきます。

舎外・・・・・

朝の餌(帰還時・・・・・羽数×17gの8割

餌の内容・・・・・小粒飼料50%大麦50%

飲水器・・・・・抗菌剤コリーミックス投与!!

夕方の餌・・・・羽数×17gの8割餌の内容は朝と同じです。


どうにかここまで帰還してくれてホッとしています。
状態が悪く肉落ちしていなかった2羽は、やはり帰還しません。

このくらいは大丈夫と言う甘い考えはやはり通用しないです。
10/3
(金曜日)


鳩舎に行って見ると緑便のドロッとしたのが数箇所に見受けられる。また、レース帰還時によく見られる白っぽい軟便も数箇所にありました。

やはり我が鳩舎も何らかの病原菌が進入した感じがしました。しかし餌の喰いは戻ったようなので、状態のよくない鳩はストップし持ち寄りを行いました。

肉のついていない鳩1羽は止め!!これは大丈夫かな??と思った鳩2羽は不安があるものの、肉落ちしていなかったので、参加させることにしました。



舎外・・・・・・鳩なり舎外 トラップ!出舎口共に
閉めて給餌するまで自由に飛ばしました。

朝の餌・・・・羽数×17gの5割

餌の内容・・・・・、配合飼料100%

飲水器・・・・・
パラストップ投与!!

夕方の餌(午後2時頃)・・・・羽数×17Gの8割 餌の内容は朝と同じです
持ち寄り時に確認した所、どの鳩舎でも同じような症状が出ているようでした。

ただ、帰還後直ぐに発症した所と我が鳩舎のように遅く発症した所があったようです。

さて持ち寄った鳩は無事に帰還してくれるでしょうか?
10/2
(木曜日)


南あ三陸4連合合同会の競翔より電話があり、金曜日持ちよりの土曜日放鳩でレースをやるとの事(^^♪各クラブ長に連絡を入れて段取りを済ませました。

鳩は昨日と同じインターバル舎外です。

配合飼料の切り替えてから餌の喰い悪い鳩が数羽見られるのが気になる。
鳩仲間より電話があり、餌を戻している鳩がいるとの事^_^;

今シーズンは今まで見られなかったいつもの消化不良状態か?


舎外・・・・・・鳩なり舎外 トラップ!出舎口共に
閉めて給餌するまで自由に飛ばしました。

朝の餌・・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・・、配合飼料100%

飲水器・・・・・
パラストップ投与!!

夕方の餌・・・・羽数×17g 餌の内容は朝と同じです
20K、30K訓練時には帰還時に抗生物質か抗菌剤を投与していたが、今シーズンはここまで順調だっただけに投与をしていなかった。
もしやここ数年流行っている症状が出たかもしれない<m(__)m>



10/1
(水曜日)


今週は良い天気が続いています。当たらない週間予報は日曜日に今のところ
ですが、月曜日に雨マークがついているので微妙な感じですね。

今日も昨日と同じような舎外をしました。明日からは舎外後1時間トラップを閉めて舎外します。驚いて飛んだり屋根に止まっては驚いて飛んだりの繰り返しをさせます。陸上競技で言うインターバル舎外といったところです。


舎外・・・・・・鳩なり舎外 トラップ!出舎口共に
閉めて給餌するまで自由に飛ばしました。

朝の餌・・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・・、配合飼料100%

飲水器・・・・・黒酢入り飲料

夕方の餌・・・・羽数×17g 餌の内容は朝と同じです
餌の内容と餌の量は日々変化していますので、要注意!!です。

メリハリのある給餌で鳩の状態を維持していきましょう。
9/30
(火曜日)


朝からとても良い天気(~o~)!!久しぶりに朝から舎外をしようと思いましたが、杉山の天辺を見たらオオタカが待機中^_^;やっぱりいつもの通りの9:00から舎外でした。

月末の火曜日と言うこともあり仕事や用足しも多くバタバタした一日でした。ねぇ〜〜。

選手鳩達は遅生まれを20羽程度残して舎外を行いました。まぁこの時期としてはノンビリ飛んでいて良い感じですね。たまにオオタカに襲撃された時にはジグザグになって一瞬飛びますから程好い飛びといって良いと思います。
舎外・・・・・・鳩なり舎外 トラップ!出舎口共に開けて給餌するまで自由に飛ばしました。

朝の餌・・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・・大麦30%、配合飼料70%

飲水器・・・・・黒酢入り飲料

夕方の餌・・・・羽数×17g 餌の内容は朝と同じです

夕方の舎外について・・・・夕暮れが早くなってきたので、午後の舎外をする際に、猛禽類が頻繁に襲撃する地域は午後2:00に出舎するのがぎりぎりの時間だと思います。

Rgや菊花賞の時には午後1:00でも良いでしょう。

それ以上遅い時間だと夜間飛行の恐れがあります。
9月29日
(月曜日)


昨日の訓練の疲れは無い模様(~o~)市場から帰って来た9:00から舎外を開始しました。

出舎後直ぐにオオタカに追われましたが、遅生まれ以外の鳩はすべて帰還し、10:15には給餌することができました。

餌の喰いはガツガツ状態!!今週は実距離149Kを飛ばなくてはならないので、徐々に餌の量を増やし、餌の内容も変えていきながら調整します。



舎外・・・・・・鳩なり舎外 トラップ!出舎口共に
開けて給餌するまで自由に飛ばしました。

朝の餌・・・・・羽数×17gの9割

餌の内容・・・・・小粒飼料30%大麦30%、配合飼料40%

飲水器・・・・・黒酢入り飲料

夕方の餌・・・・羽数×17gの9割 餌の内容は朝と同じです
以前は朝早くから舎外してましたが、猛禽に追われるために市場へ行く時間までに鳩が揃いませんでした。

その為に仕入れが終わる時間9:00からの舎外に切り替えました。

一年を通じて同じ時間で管理をすれば鳩はなれるようです。
9月28日
(日曜日)
鹿島台80K
訓練


ここまで、4回の連合会訓練が行われ今日が最終訓練となる。いよいよ来週からは100Kレース!!!
秋季レースの戦いが幕を開けることとなります。

7:50に放鳩された鳩達は9:56に集団で帰還しました。第一グループが入舎した後、2番手グループが帰還!!3番手グループも直ぐに帰還し全鳩が揃ってくれました。

一番手グループが入舎している時にオオタカに追われましたが、今日はどういうわけか??しつこくはなくラッキー(~o~)

舎外・・・・・・遅生まれの鳩だけ舎外するも遊んでいるだけで飛ばないようでした。

朝の餌(帰還時・・・・・羽数×17gの8割

餌の内容・・・・・小粒飼料50%大麦50%

飲水器・・・・・黒酢入り飲料

夕方の餌・・・・羽数×17gの8割餌の内容は朝と同じです。

前回の60K中田町同様に今回の訓練の帰還状況も良かった。

昨シーズンはバタバタと鳩が落ちたが、今年はしっかりと薬も投与し万全の状態で臨んでいるからであろう。