2010年秋季レースまでの管理と強制舎外

8/31
(火曜日)

昨夜は、予定通り選手鳩、若鳩種鳩用作出鳩全鳩に、アデノウィルス対策で、、ニューカッスル生ワクチンを点鼻しました。

さすがに一人で、300羽以上を鳩舎内で掴まえ、放鳩籠に詰めてから、一羽、一羽点鼻をするのは大変なので、従兄弟夫婦に手伝ってもらい、どうにか2時間で終了する事ができました(#^.^#)

最初は途惑っていた物の、徐々に慣れてきてスムーズに作業は進みました(#^.^#)

今朝は昨夜、放鳩籠に詰めた鳩達を陸前高田より10K訓練に持っていきました。

20分ほど休ませてから、放鳩(^_-)-☆数回旋回したものの、箱根山方面へ向かい消え去っていきました。


訓練・・・・・陸前高田からの10K訓練

予定では、あと5Kほど遠い所でしたが、若干ガスり気味だったので、近くしました。

餌の量・・・・朝、羽数×17g、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・朝、大麦5割、配合5割
 夕方、とうもろこし4割、配合5割、大麦1割

飲水器・・・・
玄米黒酢入り飲水器



標高447mある箱根山からの訓練を2回行っていたからでしょう。

6:00に放鳩してから数分で、箱根山方面へ消え去った鳩達を眺めてから籠を片付け車を走らせ自宅へ・・・・・

6:30に到着し、鳩舎へ行ってみると訓練に参加した鳩は、その時点で帰還していませんでしたが、6:40に上空へ姿を見せ、、殆どの鳩がまとまって帰還してくれました(^_-)-☆

40分程度の時間がかかったのは、Naisuな訓練となりおました。

明日からは、連合会訓練から秋季レース勝利法のページに変ります。
8/30
(月曜日)

日中の気温は、30℃を超える日々が続いていますが、朝、夕は秋の気配を感じさせる涼しい風が心地良く気持ちいいです(#^.^#)その分夜の明けるのも遅くなってきましたネェ〜〜。

今日と、明日で2010年強制舎外も終了(^_-)-☆7月26日より開始した強制舎外にて、若鳩はバッチリ!!秋季レースをこなせる体力を身につけてくれたでしょう。

ハイ鷹、オオタカと交互に襲撃されながらも、1時間以上の舎外を頑張って飛んでくれていた若鳩達でした。


舎外・・・・1時間20分の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

アデノウィルス対策を実施!!

生ワクチンを、若鳩全鳩に、点鼻しました(#^.^#)

汗抱くになりながらの作業でしたが、無事に終了です。
これで連合会の会館に多くの鳩が集まっても大丈夫!!アデノウィルスには感染しないでしょう!!!たぶん・・・・・・(@_@;)
8/29
(日曜日)

今朝は、天気は最高だったのですが、4番仔の疲労もピーク^_^;1番仔、2番仔、3番仔に混ざって1時間以上飛んでいる4番仔が可哀想なので、舎外を中止しました。

朝の給餌時間は、いつもと同じ時間に与え、コンディション維持に努めた一日となりました。

7:30には、家を出発、連合会会館の大掃除作業でした。



舎外・・・・ストップ(休養を与えました。)

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

会館の中にある備品等をすべて外に出して、ウィルス除去の消毒毒薬を、2台の噴霧器にて、天井、壁面、床、ゲージ、放鳩籠等に・・・・・・完璧(^_-)-☆

これまではクラブ単位で半年に一度行なっていたのですが、一年に2回、会員全員参加での作業を今年から行う事にしました。


8/28
(土曜日)

4:15のアラームで、バッチリと起こされて、顔を洗い、鳩舎に灯りを点けて鳩舎へ・・・・・

鳩を飛ばしたのは、4:50でした。


今日もハイ鷹に追われながらも、1時間10分の強制舎外で、しっかり飛ばしこみを行いました。

襲撃されると、見える範囲内にはいなくなって遠征へぶっ飛んでいきます。
舎外・・・・1時間10分の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器
いよいよ来週土曜日9/4には、連合会訓練が開始されますので、ニュー三陸連合会会員の皆さん、個人訓練を行なっているようです。

近場の訓練でも、猛禽の襲撃があり、鳩が方向判定を行なっている間に、襲撃されている方達も多いようで、い一日がかりで帰還しているところもあるようです^_^;


8/27
(金曜日)

今朝は珍しく、寝坊(ーー;)いつもの時間にアラームがなったのですが、また寝てしまったようです(ーー;)

焦って起きたのが、5:00でした。顔も洗わず鳩舎に行き、全鳩を舎外に出しました。

それから、目玉風船を立てて1時間の強制舎外です。

15分ほど上空高く飛んだところで、ハイ鷹の襲撃!!旋回しながら急降下してきて、一発目の襲撃は見事かわし、遠征へ・・・・・はぐれた鳩を追い掛け回していたハイ鷹も、途中で諦めたのか?山のどこかへ消えていきました。


舎外・・・・1時間の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器



鳩だけではなく、飼育者も夏の疲れが溜まってきましたのネェ〜〜(^_-)-☆

昨夜もいつもの如く、9:00には寝たんですけどね。


8/26
(木曜日)

今朝は、4:50より、全鳩を強制舎外で飛ばしました。4番仔だけは、未だに早く降りてきてしまいますが、これは仕方ありません(#^.^#)

朝は、涼しい風が心地よく秋の気配を感じますが、日中は昨日までよりは気温が上昇しないものの、まだ暑いですネェ〜〜〜^_^;

ハイ鷹の今日もかき回されましたが、ぎりぎりのところで、上手く逃げ切り捕獲はされなかったようです。


大羽数での舎外ですから、早朝の舎外しかできません。

舎外・・・・1時間20分の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×12gを朝、夕方、羽数×20g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

今朝は、何故か入舎に時間がかかりました^_^;
すべての鳩が入舎する前に市場へ行かなければならない時間になったので、トラップのあるところの部屋を仕切って出発・・・・・・

遅れて入舎した鳩には、10:00に一度鳩舎に戻った際に、仕切りを開放して、水だけを飲ませて終了です。
猛禽に追われて、遠くまで飛びきり、夕方に帰還する鳩や、今日のように入舎の悪い鳩は、水は与えるものの、夕方まで餌を食べさせません。

これは、以前にも書きましたが、飼育者の合図に素早く反応させる為です。

レースから帰還した際に、口笛の合図で素早く入舎しなければ、どんなに早く帰ってきてても意味がありません。普段からの癖のつけ方が大切です。
8/25
(水曜日)

週間天気予報では、今日は雨の予報でしたが、朝から晴天(^_-)-☆

青果市場がお休みだったので、5:50からの強制舎外で鳩を飛ばしこみました。

7:00まで飛ばしこんでから呼び込んで給餌をしました。

いつもより遅い時間に餌を与えたので、いつもより餌の食い込みが良く、羽数×20gの量をペロッと食べきりました。

ここ数日は、自宅裏にある杉林の一番高い所に、オオタカが止まって鳩の飛ばされるのを待っています^_^;この時期は、捕獲する事は難しいので、寒くなったなら、懲らしめてやりましょう(#^.^#)

昨年同様に、飛ばすと直ぐに襲ってきますから、海抜0m地帯へ逃げて飛んでくれれば良いのですが、中々思うようには行きません。

今日も上空高く、遠征には行きますが、海抜0m地帯へ入っていません。

模擬側の画像は、低空飛行での舎外の様子です。


舎外・・・・1時間10分の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×20gを朝、夕方、羽数×13g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

さすがに朝、沢山食べたので、夕方の給餌量は、羽数×13gでした(^^♪


あと、6日間で強制舎外を終了です。その後は、吹き流しを取り付けた竿や、目玉風船を取り付けた竿を鳩舎の脇に立てる事はありません。

たとえ、鳩の舎外時間が10分であっても20分であっても、強制舎外用の道具を一切使用しないで鳩を舎外します。

それは何故か?というと、これまでの強制舎外で1番仔、2番仔、3番仔は、秋季レース時に500Kレースまでは帰還するであろう筋肉を身につけたからです。

・・・と同時に、疲労も溜まって来ています。連合会訓練約一ヶ月と、100K、200kレース終了する時点まで強制舎外は絶対におこないません。
ゆっくりとはとを休ませながら、連合会訓練をこなしていきましょう。
8/24
(火曜日)

今朝も4:50分からの強制舎外で鳩を飛ばしました。飛ばして10分ほど経過したところで、一番厄介な猛禽!!ハイ鷹の襲撃に遭い鳩はパニック(@_@;)状態に陥り、大きな集団が、チリジリ・・・・・バラバラに・・・・・・_(_^_)_

今日の猛禽!!ハイ鷹は、しつこく、いつまでも若鳩達を追い回し、舎外を眺めていてハラハラドキドキものでした^_^;

俗に、ブーメランと鳩仲間達の間で言われているハイ鷹です。捕獲するのが下手なので、いつまでも鳩を追いかけ回す厄介者です。

鳩舎の周りに鳩の姿は見えなくなり、どれくらい時間が経過したでしょう?20羽程の集団が姿を見せ、その集団を追いかけるように、80羽程の集団が出現し、徐々に大きな集団となり、いつもの如く飛んでいたものの、数は明らかに足りません。

吹き流しのついた竿から、目玉風船に切り換えての強制舎外で張り切っていたのですが・・・・

舎外・・・・1時間10分の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

朝の給餌時に、猛禽に追われたストレスで、餌を食べる量が減るかと思いきや・・・・・しっかりと羽数×17gの餌をガツガツ状態で食べきってくれました。

やはりこれだけ毎日追われていると、食べなければ身体がもたない事を、本能的に感じるのでしょうかネェ〜〜〜(^_-)-☆

飼育者も、夏バテしない様にガンガン食べている最近です(*^。^*)

4番仔の飛びが幼いからといって、猛禽の餌食になるのが、4番仔とは限らないのです。

ハイ鷹は、上空からはとの集団めがけて斜めに襲ってきます。パニックに陥った鳩群は、急降下してきます。その際に、電線にぶつかり、下で待ち構えている猫に持って行かれる鳩、杉山に刺さってしまい抜け出す事のできなくなってしまう鳩等がいます。

また、運悪く上空で捕獲されてしまう鳩もいるのです。

今日は、ハイ鷹の他に、杉林の中まで入っていき、鳩を捕獲するオオタカも襲ってきましたから、何羽かが犠牲になったと思われます(>_<)

8/23
(月曜日)

今日の大船渡の最高気温は、33.4℃(ーー;)日中は、暑くて・・・暑くて・・・・日向にいるだけで朝がダラダラ状態の一日でした^_^;

暑いの大好きですが、これだけ暑いと、さすがに参ります^_^;

朝の涼しいうちに鳩の舎外は行いました。4:15に起床し、鳩舎に灯りを点けて鳩を目覚めさせて、鳩舎に行ったのは、4:30でした。まず、放鳩籠3籠分の鳩を詰めて、それから残った鳩達を飛ばしたのが、4:50でした。

暫らく舎外を眺めてから、今日も前回と同じ、大船渡小学校の校庭から放鳩籠3個分の鳩を飛ばしました。

今日も作戦通り、コッペさん鳩舎の鳩と混ざり、良い飛びをしてくれたようです。

飛ばしてから自鳩舎に戻ってみると、鳩舎から飛ばした鳩達もいきよい良く飛んでいました(#^.^#)

舎外・・・・訓練に持っていった45羽以外の鳩は、いつもの如く強制舎外にて飛ばしこみました。

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

1時間10分経過後に、吹き流しのついた竿を下ろすと、一斉に屋根に降りてきます。

60羽前後の集団が、群れから離れて遠征に行ったようです。

離れて遠征に行った鳩が、放鳩籠3個訓練の鳩かどうかはわかりませんが、良い傾向ですね(#^.^#)

明日は、放鳩籠3個分訓練はやめて、全鳩を鳩舎から飛ばします。

自宅裏山の杉の上で、オオタカが待機するようになったようです。

今日の襲撃は一回でしたが、油断禁物です(ーー;)
8/22
(日曜日)

今朝も朝から晴天(^^♪昨日までは若干涼しかった朝も、今日は朝から夏の太陽がガンガン照りつけ、少し動くと汗がダラ!!ダラ!!状態^_^;

市場がお休みだったので、今朝は少し朝寝坊をして若鳩を、5:30に出舎させて、強制舎外で1時間15分飛ばしこみました。

昨日、一昨日と放鳩籠3個訓練の成果は・・・・・・残念ながら無し^_^;

それでも、東側の山際しか飛ばなかった若鳩達が、西側に遠征してくれたのがちょっとした成果でしょうか(#^.^#)


居王もバッチリ良い飛びでの1時間15分でした(^_-)-☆

舎外・・・・1時間15分の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

気温が上昇したからでしょうね。今日は32℃まで・・・アツカッタァ〜〜〜(ーー;)

14gの水が夕方には、空っぽになっていました^_^;


明日の朝も、天気は晴れ

予報が出されていますから、放鳩籠3個訓練を実施します。

明日から一週間、天気の良い日は毎日!!放鳩籠3個訓練を行い、海抜0m舎外を目指し頑張ります。

強制舎外終了まで、あと9日間です。
8/21
(土曜日)

昨日に続いて3個の放鳩籠に鳩を15羽ずつ入れて、今日は作戦通り、海抜0M地点の小学校の校庭より、コッペさん鳩舎鳩の舎外を確認してから放鳩(#^.^#)

慎重に慎重を期して、一籠ずつの放鳩にしてみました。

案の定!!コッペさん鳩舎の鳩と上手い具合に混ざり、舎外を一緒に飛んでいました。一緒に飛んでいるといっても、鳩舎の周りを飛んでいるのではありません。

コッペさん鳩舎の鳩が遠征をすれば、遠征崎まで一緒に飛んで行き、再び鳩舎まで戻ってきては、遠征に行くという繰り返しの舎外です(^_-)-☆


放鳩籠に詰めた以外の鳩は、今日も強制舎外にて飛ばしこみをおこないました。

今日は作戦成功でした(^_-)-☆バッチリとコッペさん鳩舎の鳩と混ざって飛んでくれました。


舎外・・・・訓練に持っていった45羽以外の鳩は、いつもの如く強制舎外にて飛ばしこみました。昨日と同じ(^^♪

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

訓練に行って鳩舎に戻ってきた際にも、上空高く鳩達は飛んでいました。

コッペさんの鳩舎の鳩と混ざって飛んでいた訓練を行った鳩が帰還したのは、何時頃だたのか???・・・・・それは、市場へ行ってしまったので、定かではありませんが、コッペさん曰く、「7:00には、自分の家の鳩は時報と共に鳩舎の屋根に降りてくるから、それから戻ったはずだ」と・・・・

給餌時に、鳩小屋を仕切っていったので、後から帰還した鳩の数を数えたなら、約30羽が後から帰還したようでした。

一籠分は、直線的に帰還したようですね(^_-)-☆

明日の舎外が楽しみです。

果たして遠征に行くでしょうか?それとも・・・・・まだまだこの訓練を繰り返さなければならない事になるのか?
8/20
(金曜日)

昨日は、♪〜♪の練習日であったので、更新作業を、お休みさせていたもらいました(^_-)-☆

・・・・・といわけで、朝は、予定通り、海抜0m地帯から3個の放鳩籠に鳩を15羽ずつ詰めて、
で移動・・・・・・・ところが〜〜〜^_^;海抜0m地帯の鳩舎が誰も舎外をおこなっていません(ーー;)時は既に5:15です(ーー;)「なんでぇ〜〜(@_@;)」・・・・という感じですが、仕方ありません(@_@;)

「こりゃ〜〜〜〜駄目だ!!」と思い、急遽!!コッペさんに電話をして海抜0mではないコッペ鳩舎の舎外と、ぶつける事に・・・・・・

3個の放鳩籠に15羽ずつ入れて積み込む前の画像です。45羽を詰めるのに要した時間は、15分です。

鳩舎内に残った鳩は、いつもの如く、強制舎外にて飛ばしました。


コッペさん鳩の舎外を確認してとばしましたが、こちらの鳩も高度の高い所からの放鳩だったからでしょうか?一緒に混ざることなく、我が鳩舎めがけて一直線に消え去ってしまいました^_^;・・・・・・思い描いたのとは違いガックリ・・・^_^;

舎外・・・・訓練に持っていった45羽以外の鳩は、いつもの如く強制舎外にて飛ばしこみました。

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

※・・・飼育者の思い通りにはいかないものです^_^;
コッペさんと相談した結果、我が鳩舎の鳩は、海抜0m地点にある小学校の校庭から飛ばすことにして、明日!!再び挑戦する事にしました(^_-)-☆




これまでの訓練は、都合8回とコマ目に行いましたから、今年は集団失踪という最悪のパターンは、これまでにありません(#^.^#)

1番仔、2番仔、3番仔の順に、めんどくさがらずに、頑張った甲斐はありました。

それでも、鳩舎の周りで襲撃されるのは、連日といっても過言ではない状態ですから、何とか猛禽襲撃の被害が少ない海抜0m地帯までの遠征にいってくれるようになるまで、放鳩籠3日後訓練を実行したいと思っています。

天気の良い日、市場の仕入れの少ない日、休みを利用して行い、連合会の訓練が開始される9/4頃までには、何とかしたいものです。

8/19
(木曜日)

今日は天気が悪いという予報だったのですが、目が覚めて外に出てみると、晴れているではありませんか(#^.^#)

早速鳩舎に灯りを点けてから、歯を磨き、顔を洗って、アイスコーヒーをカップに入れて鳩舎へ・・・・

4:40に強制舎外を開始!!6:10まで飛ばして呼び込み入舎させて給餌を行ないました。今日の飛びは、訓練翌日とあって、スピードもあり上空高く遠征をしながら飛んでくれました。

それでもいつものように、東側の山際を飛ぶ今年の鳩達です(ーー;)

明日は、コッペさんのアドバイスに従い、海抜0m地帯鳩舎の舎外にぶつかるように、放鳩籠3個分に鳩を詰めて、持っていきながら飛ばしてきます。

今晩の内に鳩を放鳩籠には詰めません。明日の朝、舎外の延長の格好で飛ばしにいきます。

海抜0m地帯から飛ばされた鳩達は、鳩舎に向かって帰還するでしょう。しかし、上空に鳩舎の周りを飛んでいる鳩達がいれば、鳩舎に降りることなく、それらの鳩と一緒に飛びまわります。

屋根に降りてくるのは、いつもの様に、1時間以上飛んでからとなります。
舎外・・・・1時間30分の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

夜明け前から、夜が明ける頃まで飛ばし込みます。

色々な試行錯誤を繰り返し、鳩を調教する事もレースマンにとって大切な事です。

ただ漠然と飛ばすのではなく、いかにしたなら自分の描いた舎外ができるか?スピードにのった舎外をさせるのには、どうすればよいか?
鳩が思うように長い時間飛ばないのは何故か?を・・・・いつも考え、実行してみる事が、大切です。

誰かがやっていたから・・・という真似も上手くはまれば良いですが、自分であみ出した方法こそが、常勝鳩舎になる道でもあります。
8/18
(水曜日)

今朝は、いつもの通り、4:15に起床(^_-)-☆まず、鳩舎に行って、昨晩、若鳩を詰めておいた放鳩籠を階段下まで移動させて、車への積み込み作業を行いました。

朝のうちは、涼しいので、それほど重労働とは感じませんでしたね(^_-)-☆
カゴの数は前回15個、今回は羽数が減っていたので、13個でした。

約10日間で29羽が怪我や餌食となりました(失踪も含み)

5:15に家を出発
・・・・・・・・・放鳩地である標高447mの陸前高田市にある箱根山山頂に到着したのが、5:45でした。途中、箱根山山頂は霧がかかってきていたので、心配しましたが、放鳩する時点では、何とかセーフ(#^.^#)

山頂よりも下界に霧がたちこめていました。

いつも一緒に訓練を行う、コッペさんの到着を待ち、6:15に放鳩しました。今日は前回とは違い、猛禽に追われることなく、標高447mの更に上を旋回して、横一線に高度を保ったまま、帰還地方向へ消え去って行きました。


今日の訓練は、「良い訓練だ」!!!と、ベテランコッペさんが言っていました(#^.^#)

舎外・・・・・・標高447m箱根山訓練

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

放鳩した後に、市場への仕入れがあったので、鳩舎に戻ってきたのは、10:00過ぎていました。

それから選手鳩に給餌をしました。
夕方の給餌時には、遅く餌を与えたからでしょうね(^_-)-☆羽数×17gの餌を羽数×12gまでしか食べませんでしたが、あまり気にしません(#^.^#)




さて、本日訓練に行ったコッペさんに、今年の若鳩達は、猛禽に追われても、追われても海抜0m地帯に遠征に行って飛ばない事を相談すると・・・・・・・・

「毎日、放鳩カゴ13個に鳩を詰めるのは大変だろうから、2カゴ〜3カゴに鳩を10羽位づつ詰めて、海抜0m地帯の鳩舎の舎外と混ざるように飛ばしてみろ」と・・・・アドバイスを受けました。

(#^.^#)市場の仕入れの都合もあるので、毎日とは行きませんが、試してみる価値はありそうです。

金曜日には、またまた晴れそうな予報ですから、とりあえず、30羽を籠に詰めて、海抜0m地帯の鳩舎の舎外に混ぜてみようかと思っています。
8/17
(火曜日)

いつもより早い4:40から強制舎外にて、若鳩を飛ばしこみました。

6:20まで飛ばしこみましたから1時間40分飛ばした事になります。舎外後半は、バテ気味だったので、秘密兵器を使用しながら飛ばしました。

日中は、32℃まで気温が上昇したので、予定通り水浴びをさせて爽やかに涼しくさせてあげました(#^.^#)

明日は、朝から晴天の予報が出されていたので、急遽!!訓練に行く事とに決定!!
放鳩籠に鳩を詰め終わったなら、朝だくになり^_^;更新作業する元気はありませんでした^_^;

8/6の訓練時には、215羽でしたが、今日は怪我をした鳩はストップしたものの、186羽と、またまた羽数減少でした^_^;


舎外・・・・1時間40分の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

どうしても、1時間から1時間10分飛ばす頃になると、鳩も体内時計で餌をもらえる時間になっていることを知っているので、鳩舎に降りてこようとします。

しかし、たまには根性を鍛える為に10分ほど長く飛ばしてやることも必要です(^_-)-☆
「チョット暗いなぁ〜〜」と思う頃から鳩を飛ばしたいときにはコツがあります(#^.^#)

まず、鳩舎内の灯りを点けて鳩を目覚めさせます。(約10分間)

そのご、鳩舎の出舎口を開けて、鳩を追い出してやればOKです。

とっても簡単な方法ですが、朝から晴天の時にしか行わないで下さい。

霧が出ている時や、曇っている時にはやめましょう。

電線が見える明るさであれば鳩を飛ばしても大丈夫ですよ〜〜〜(#^.^#)
8/16
(月曜日)


9:00頃までは真夏の太陽が照りつけ気温が上昇^_^;昨日と同じく蒸し暑い朝でしたが、それ以後、急に雨が降り出し、昨日は1時間ほど降ったあとに晴れましたが、今日は5時間ほど降り続いた後、蒸し暑さだけが残り、午後2:30頃より夏の陽射しが戻ってきました。

連日の蒸し暑さに、疲れ気味の鳩達の朝の強制舎外はお休みでしたが、午後に晴れたので、夕方5:00より、強制舎外にて全鳩を飛ばしました。(#^.^#)

猛禽に何度も襲撃されましたが、被害にあった鳩はい運良くいませんでした。

夕方、6:00には呼び込み入舎させて定刻に、給餌を行い、鳩の様子をゆっくりと眺めて過ごした一日でした。


左の画像、中央部分に写っているのは、オオタカです(ーー;)

舎外・・・・朝の強制舎外、休養の為にストップ
・・・・・・・夕方、強制舎外にて5:00から舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

猛禽に襲われたストレスからでしょうね(ーー;)
餌の喰いがイマイチ・・・・・・羽数×12gしか食べませんでした。

明日も晴れるという予報が出ています。朝早く起きて、朝一番に強制舎外にて飛ばしこみます。

その後、給餌をして明日は水浴びをおこないます。

朝の舎外を休ませたのには、もう一つ訳がありました。

4番仔で、朝の給餌時に入舎しない鳩は、いつも夕方まで水は飲めるものの、餌を食べない状態が続いていましたから、朝にも餌を与えられるのだという事を覚えさせる為でもありました。

夕方の舎外時には、ロケット花火にて猛禽を追い払おうと打ち上げてみましたが、一瞬!!ひるむだけで効果葉なし(ーー;)

あやつらも必至なんでしょう_(_^_)_



8/15
(日曜日)

朝のうちは、晴れていたのですが、急に空が暗くなり、1時間ほど強烈な強い雨が降ったあとは、気温が32℃まで上昇^_^;真夏の陽射しが戻り、鳩舎内も蒸し蒸し状態で、鳩も可哀想なほどの一日となりました。

今日はお店も配達も休みということで、4:50から舎外開始・・・・6:10まで強制舎外で鳩を飛ばしこみました。

東側の山際を、低空で飛翔していましたが、徐々に上空高く上がり、遠征して飛んでいました。
この高さまで上昇すると、必ずハイ鷹が襲撃してくるんですよネェ〜〜(ーー;)

ムカつく!!ハイ鷹の襲撃に(ーー;)

舎外・・・・1時間20分の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。
湿気が多く、この間までのカラッとした暑さとは違い、蒸し暑さで、チョット動くだけで、びっしょり汗が身体をぬらします。

このような状態の時には、鳩の疲労も人間同様に溜まってきます。

連日続いていた強制舎外を明日は、お休み・・・・鳩にも休養を与えます。
8/14
(土曜日)


今朝は、小雨が降っていましたが、予定通り強制舎外で、1時間20分飛ばしこみました。

4番仔は、10羽前後が、入舎しないで、トラップのところで雨に濡れていましたが、午前中のうちには入舎していました。

午前中から降り出した雨が、一日中降り続け、お盆のお墓参りも大変でした^_^;

夕方の給餌時の画像をアップします。どの鳩もガツガツ状態で餌を食べてくれています。明日も、良い飛びをしてくれると思います。

右側の画像は、餌を食べ終わり、止まり木へ戻り始めた鳩舎の画像です。

舎外・・・・1時間20分の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

飛ばして直ぐに猛禽に追われたようで、鳩舎の階段を下りていく、鳩の姿は見えず・・・・・・30分ほどしてから上空に姿を現し、1時間飛んでいました。

巣立ちしたオオタカの若鷹が、襲ってきているようですが、下手くそなので、被害はありませんでした。

8/13
(金曜日)


台風が過ぎ去った今日の大船渡は、あさから爽やかに晴れわたり絶好の舎外日和となりました。

4:50より、全鳩を舎外し、強制舎外で74番仔を除く鳩達を1時間20分間飛ばしこみました。ところが、昨日まで影を潜めていた猛禽に襲撃され、本日は、一羽が犠牲になりました。


猛禽に襲撃されてから、刺激を受けたのか?どこか遠くまで遠征に行ってしまい、暫らく鳩の姿は見えなくなりました。不安になり、いつもは舎外をはじめてから20分ほどしてから2階だけは掃除をするのですが、今日は姿を見せるまで待ってから、掃除を行いました。


舎外・・・・1時間20分の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。



程好い風が吹いていたので、鳩も飛びやすかったでしょうが、猛禽にとってもベストな風であったようです^_^;

2階の選手鳩鳩舎の糞も、コロコロしていて鳩の状態の良さを窺い知る事ができます(#^.^#)


舎外を20分ほど眺めてから、掃除をしてしまいますが、今日は遠征から帰って来た鳩の姿を確認してから2階の鳩舎を掃除しました。
8/12
(木曜日)

台風4号が、東北地方に接近中と云う事もあり、今朝は霧が立ちこめ、空は重く、どんよりとした曇り空でした。しかし〜〜〜、鳩はしっかりと強制舎外で飛ばしこみました(^_-)-☆

4:50には、すべての鳩を出舎させてました。4番仔は、昨日と同じように飛ぶ鳩もあれば飛ばない鳩も有りと・・・・ま!!暫らくは、このままの状態で外に出し続けます。

1番仔、2番仔、3番仔は、6:10までの1時間20分間竿の先に取り付けた吹き流しを立てた状態で飛ばしこみました。約1時間飛んだところで、降りてきそうな気配があったので、竿を軽く横に振りながら様子を眺め、後10分というところでは、秘密兵器を撃ち鳴らしました(^^♪

舎外・・・・1時間20分の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。
大船渡は、台風の影響も少ないようです。明日は、朝から晴れる予定ですから、気合を入れて飛ばしこみます。

明後日、8/14(土曜日)は、またまた訓練を行います。

この訓練を行ったならば、あとは、8月中に、もう一回同じ場所から訓練をかけて個人訓練終了とします。

8/11
(水曜日)

今朝は、霧が、あたり一面たちこめていて、舎外をするか?どうか?・・・・・・迷いましたネェ〜〜〜(^_-)-☆

さすがに日の出が少しずつ遅くなってきているので、今日のように霧が出ている時には、4:45からの舎外は厳しい感があります。

結局、5:00からの強制舎外を決行!!6:10まで鳩を飛ばしこみました。

4番仔は、飛んでいる鳩と、近所の屋根に止まっている鳩と様々ですが、どうにか鳩舎の周りで遊びながらも近くにいてくれています。

一週間もすれば、4番仔全鳩がと舞踊になるでしょう(^^♪

舎外・・・・1時間10分の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

吹き流しのついた長い竿を下ろすと直ぐに、1番仔、2番仔、3番仔は鳩舎に降りてきて、呼び込みの口笛の合図と共に、5分とかからずに215羽が入舎してきます。

こうなれば、強制舎外も成功といえるでしょう(^_-)-☆

以下に鳩をコントロールする事が、できるかが鍵となります。

飛ばしたくない時には、竿を立てない、ここぞ!!・・・と飛ばしたい時には、吹き流しのついた竿を立てておき、鳩を飛ばしこむ!!

これができれば、秋季レースで勝利する事は間違いありません\(~o~)/
8/10
(火曜日)

今朝は、霧が立ち込めることも無く、朝から晴天(#^.^#)・・・・・でも、夜明けが徐々に遅くなってきているので、5:10からの強制舎外の開始でした。

市場へ出発するのが、6:30ですから、朝は結構忙しい鳩の管理となります。

今朝もスピードのある良い飛びをしてくれました。

問題の4番仔達も1番仔、2番仔、3番仔と共に全鳩を無理やり外に出しました。
鳩舎の周りを低空で飛んでいる鳩、1番仔、2番仔、3番仔に混ざっては、離れて飛ぶ鳩、屋根の上で止まって動かない鳩と色々いました^_^;

遠くまで遠征に行ってしまうグループ(30羽程度)がいます。
舎外・・・・1時間10分の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

4番仔を混ぜた事により、餌の量の把握が難しくなりました。単純に羽数×17gではありません。

一応、羽数×17gを計量して、余った餌の量を量り、夕方に与える量を決めていきます。

腹8分目程度です・・・・・この腹8分目の目安は、以前も書きましたが、餌を食べるのを止めた鳩が止まり木に戻りだし、全体羽数の4割から5割程が止まり木に戻ったり、食べるのをやめたなら餌を撒くのをストップします。

4番仔達は、呼び込んでも直ぐには入舎しないので、トラップのある部屋を一坪の大きさに仕切り、餌と水をつけて、市場へ・・・・

鳩舎に再び戻った時には、数羽が入舎していました。

その後も、ポツリポツリと入舎していたようです。

ここまで来ると、あまり気を使って管理はしてられませんが、居つく鳩は居つきますし、どんなに気を遣ってもいつかない鳩もいますから、バフッと管理ですね(^_-)-☆
8/9
(月曜日)

さてさて、これまで巣立ち室に分離して管理していた4番仔たちの主翼を確認したところ、主翼3枚目までが伸びてきている鳩達が結構いました^_^;やはり舎外を行わないから換羽が早いのです。

急遽!!選手鳩鳩舎に移動させて、舎外を行なう段取りをしました。これ以上そのまましておくと、馴致をする機会を逸してしまうという判断からです。

入舎の練習もしていませんし、トラップのある部屋にも入れていませんから、おそらく舎外時には、入舎する箇所がわからなくなる鳩もいるでしょうが、鳩舎の位置だけは、覚えていますから1番仔、2番仔、3番仔達の真似をして入舎を覚えてくれるでしょう。


舎外・・・・1時間の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

サッシの部分を開放したので、選手鳩鳩舎のスペースは更に広がりました。餌と水はこれまでの場所で与えていますから、給餌時の合図で鳩はサッシの部分より移動して餌を食べます(#^.^#)
鳩舎内を更に複雑に仕切りました。4番仔の種鳩様に作出した若鳩を一坪の空間の部屋に移動。

これまで3坪のスペースに120羽程がいましたが、選手鳩鳩舎に50羽移動させましたから、このスペースでも充分です。

残り2坪は、鳩舎奥に設けたサッシを開放して選手鳩鳩舎へ変身です。
8/8
(日曜日)

朝は、霧が立ち込めていましたが、徐々に霧が晴れ、気温が上昇しました。

日曜日だったので、5:00から出舎させた鳩を6:30までの1時間30分間飛ばしこみました。後半になって降りてこようとする鳩には、秘密兵器で驚かし、スピードを上げて上空を飛んでいる大きな集団に混ぜて飛ばしこみました。

以前はロケット花火を使用していたのですが、我が鳩舎の周りは、杉が多く立ち並ぶ山奥ですから、火事の心配もありますので、最近は、これを使用しています。

朝早くからの舎外を行っている我が鳩舎では、近所迷惑になるので、1発か2発が限度です(^_-)-☆
舎外・・・・1時間30分間の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

飛ばしこむためには、いろいろな工夫が大切です。
強制舎外で飛ばなくなる原因は、色々あります。
強制舎外様の吹き流しに慣れてくると飛ばなくなる、身体が重くなりすぎると飛ばなくなる、疲れが溜まってきて飛ばなくなる、怪我をしていて飛ばなくなる等です。

鳩を良く観察して見極めながら飛ばしこんでくださいね(*^。^*)
8/7
(土曜日)

訓練翌日となった、今日の舎外は、30羽程が鳩舎の周りではなく、昨日の訓練を一緒に行ったコッペさんの鳩舎がある所まで遠征に行っていたそうです。

直線距離にして3K〜4K離れた所です。一緒に訓練を行った際に、一緒に飛んでいたからでしょうね(^_-)-☆

その他は、それほど遠くまで遠征には行きませんでしたが、スピードのある舎外で、しっかりと1時間15分飛ばしこみました。

上空高く、時折!何かに驚くのか?羽音をさせながら、スピードに乗った飛びをしてくれます(*^。^*)

猛禽の襲撃はありませんでした(^_-)-☆

舎外・・・・1時間15分間の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

朝の給餌時には、羽数×17gの餌を半分程度残しました。食べる気がまったくない様な素振りです。

前日行った訓練によるストレスですね(^_-)-☆

夕方は、羽数×17gをペロッと食べきりました。

強制舎外を連日行っていると、竿の先に取り付けた吹き流しにも驚かなくなってきます。そうなると、怠け癖のある鳩は、吹き流しが立っているにもかかわらず、降りてこようとします。
その様な時には、吹き流しの竿を横に倒したり、立てたりを繰り返して驚かせます。

大抵はこれで大丈夫なのですが、それでも降りてこようとする場合には、秘密兵器を使用します。

さて、その秘密兵器とは・・・・(@_@;)
8/6
(金曜日)

今朝は気合を入れて4:15には起床し、昨夜籠に詰めた鳩を、車に積み込もうと外に出たなら、(ーー;)・・・・・・・・昨夜降った雨のせいで霧が深く、あたり一面を覆って何も見えない状態でした(ーー;)

時間が経てば霧は晴れると判っていたので、まずは2階の鳩舎を掃除(#^.^#)

それから、籠を2階より下ろして車に積み込む準備をおこないました。

昨夜は、260羽はいるであろうと高をくくっていたのですが、一羽一羽番号をチェックしてみると、7/19から45羽も猛禽の餌食となったり、失踪したりしていました(>_<)

これには参りましたネェ〜〜〜〜^_^;

6:30には車への積み込みを終了
市場へ行こうとしたならば、鳩仲間のコッペさんより電話があり、「俺も一緒に行って訓練飛ばす」との事・・・・・・

霧が晴れ、市場の仕入れが終了したなら一緒に行く事となりました(*^。^*)


標高447mの高台からの訓練です。現地に到着してから鳩を休ませて放鳩したのが、8:30でした。

舎外・・・・標高447mの箱根山からの訓練

餌の量・・・・・帰還した時に食べれるように、撒き餌台の上に羽数×10g程度を撒いていきました。

放鳩から戻った後に、食べきる量の餌を撒き餌にて与えて終了(*^。^*)

餌の量夕方、・・・・羽数×17gの量を量ったものの、半分も食べずに止まり木へ戻ってしまったので、その時点で終了でした。

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

今日の夕方、給餌する時間を、いつもより遅くしました。
それは、夕方になってから帰還する鳩を待っていたからです。案の定!!6:30を過ぎてから帰還した鳩が2羽いました。

その前にも、4羽、3羽とパラパラ帰ってきていたので、待つ事にしたのです。

飛ばしてから直ぐにハイ鷹に襲撃されました(>_<)

しかし、標高447mもありますから、したから襲ってきたハイ鷹を上手くかわして逃げ切りました。

一緒に行ったコッペさん曰く、箱根山で襲撃されたのは今回が始めてだと言ってました。

その後は、集団が一塊となり、下の方へさがりながら帰還方向へ飛び去っていきました。

鳩舎に戻ってきた際に、若干少ない気もしましたが、仕事が忙しかったので、餌を与えて仕事へ・・・・

それにしても、猛禽類は本当に何処にでも居るようになりました(ーー;)

保護鳥(@_@;)・・・・はっ!!

どんどん増えていますよネェ〜〜<(`^´)>

保護しなくていいのに・・・・(>_<)
8/5
(木曜日)

今朝の舎外は、猛禽に追いまわされて!!追い回されて、鳩がバラバラになり、集団で何処かへ消え去ってしまい焦りましたぁ〜〜〜^_^;

あたりを見回しても鳩の姿が見えず、頭をよぎる昨年の集団失踪(>_<)

20分ほどすると、小さな集団が姿を見せ、その後、大小さまざまな集団が姿を見せて無事に鳩舎へ帰ってきてくれました(^_-)-☆

いやはや・・・・・久しぶりに冷や汗(ーー;)・・・タラぁ〜〜〜〜という感じでした。

明日は、1番仔、2番仔、3番仔の全鳩約260羽を訓練に持っていきます。

1番仔は5回、2番仔は2回、3番仔は初訓練となります。

距離は、8Kほどあるでしょうか?陸前高田市にある箱根山山頂からの訓練です。

放鳩籠で17個に、更新作業が終了してから、従兄弟のタァ〜と、その妻に番号チェックを手伝ってもらいながら鳩を詰めます。

手前の部屋に9個の放鳩籠、奥の部屋に8個の放鳩籠を用意して、これから番号チェックしながら、籠詰め作業です。

未だ気温が下がっていないので、汗だくの作業となるでしょう(^_-)-☆
舎外・・・・1時間10分間の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・配合4割、ともろこし4割、大麦2割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

夕方はいつもより早めに餌を食べさせたので、羽数×17gの餌を残しました。


さて、明日の訓練は何事も無く、帰還してくれる事を祈っていますが、ここ最近は、何処の鳩舎でも猛禽の被害が出ているようですから、多少のアクシデントを覚悟して訓練を行います。

これまで、強制舎外で1時間以上は飛んでいますから、近場の訓練を無事にこなしておけば、秋季レースでバタバタと鳩を落とす事はないでしょう(*^。^*)

飼育者は、夏バテしないように、しっかり食べて水分補給をしてください。
8/4
(水曜日)

昨夜は、遅くまでやらなければならない事があり、今朝は、寝坊しました(>_<)

起きて直ぐに鳩舎へ行き、鳩を飛ばしたのは、5:20でした^_^;

6:30分まで強制舎外で飛ばしてから、呼び込んで入舎させ、給餌を済ませてから市場へ・・・・・


飛びは、相変わらず良い飛びですし、鳩舎内の糞も良い状態です。

舎外・・・・1時間10分間の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×13gを朝、夕方、羽数×13g

餌の内容・・・・大麦4割、配合飼料6割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

軽い餌を与えて、三日目ですから鳩は完全に飛びやすい身体になってきています。

レースから帰還した時とは違いますが、軽身が出てくれば更にスピードが出てきます。

明日からは、配合飼料のみに切り換えます。
8/3
(火曜日)


昨晩から明け方に降った雨の影響でしょう。今朝も濃い霧がかかり、舎外をするのに、戸惑いを感じながらも、晴れると予想し、4:45に出舎させて、1時間だけ強制舎外で飛ばしこみました。

いや〜〜^_^;今日襲撃してきた猛禽はしつこかったですネェ〜〜〜^_^;

捕獲するのが下手なせいで、鳩がチリジリばらばらになって、逃げ回っていました。

最初の15分くらいは、上空高く飛んでいたのですが、何度も襲撃されるので徐々に低空飛行になり、逃げ惑う時の羽音だけが聞こえてきて、ハラハラドキドキの舎外となりました(>_<)

上空を飛んでいる時間が長くなれば、猛禽に追われる確立も高くなりますから、徐々に鳩の数が減っていくのは残念ですが、仕方ない事なのです(>_<)
まして、今日、襲撃してきたのはハイ鷹ですから、厄介です。


舎外・・・・1時間の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×13gを朝、夕方、羽数×13g

餌の内容・・・・大麦5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

さて、昨日チョットだけ触れましたが、鳩サミットで新井さんから聞いた話しを実践しています。

昨日、今日と、いつも与える餌の量を減じています。
今日からは、餌の内容もガラッと変えてみました。

試している管理法については・・・・・こちらから
8/2
(月曜日)


今朝は、4:45から1時間25分間の強制舎外を行いました。

猛禽に追われることなく、遠征をしながら、スピードのある舎外をしてました。

今日一日だけ、マクロライド系抗生物質を投与しました。これは、鳩サミットで新井さんが、お話ししていた事を試してみようと思ったからです。

結果は、明日の舎外から2週間後に判明します(#^.^#)楽しみですね!!
舎外・・・・1時間25分の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×12gを朝、夕方、羽数×12g

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
マクロライド系抗生物質投与

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

良いと思ったことは、直ぐに実践して試してみることが大切です。

試してみて、自分の管理法に合わないようなら止めればよい訳で、せっかく聞いた為になる事は実線あるのみです。
8/1
(日曜日)

今日は、舎外はお休みです(#^.^#)
7/31
(土曜日)


朝は、若干の霧がかかっていたものの、舎外を決行!!

4:45からの強制舎外で1時間25分間飛ばしこみました。

オオタカが襲撃してきたものの、上手くかわして被害なし(#^.^#)

6:10に吹き流しの取り付けてある竿を下ろして呼び込み入舎させて、給餌を行いました。

今日は、2010年全国おおふなと鳩サミットの開催がある為に、午後の管理は、従兄弟がやってくれます。

あまりに低空飛行になった際には、軽く竿を揺さぶり刺激を与えます。

舎外・・・・1時間25分間の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

竿を揺さぶっても、降りてくる鳩がいる様ならば、その時点で吹き流しのついた竿を下ろしてあげます。

無理やり飛ばしていると、どこか他の高い場所へ鳩は飛んで行き、休んでしまう悪い癖がつきます。

これだけは避けてください。
7/30
(金曜日)


今朝は、霧がかかっていたものの、青空がところどころ見えていたので、思い切って舎外を行いました。

東側の山は、霧で頂上が見えていませんから、鳩も低空飛行での舎外となりましたが、1時間20分間飛ばしこみました。

舎外中に、今日はオオタカが襲撃して来ましたが、カラスがオオタカを追い払ってくれたので、被害はありませんでした。Naisuカラスでした(*^。^*)


薄暗い感じの空で霧もかかっていたので、飛ばないかも???と・・・思ったら、竿に取り付けた吹き流しは嫌なんですネェ〜〜^_^;
しっかりと、スピードのある飛びで1時間20分飛び続けました。
舎外・・・・1時間20分間の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

4番仔の舎外を8月20日頃より開始する予定ですから、それまでの間は、連日!!強制舎外で鳩を飛ばしこみます。

途中、訓練に持って行く日も何日かあると思いますが、それ以外の日はバッチリと飛ばしこみ鳩を鍛えます。

7月29日
(木曜日)

今朝は、雨は降っていなかったのですが、あたり一面、霧がかかり舎外を行える状態ではなく、飛ばすのはストップ!!

若鳩達も久しぶりの休養です(*^。^*)昨日までの気温30℃以上の晴れも、今日は一旦お休み・・・・・・一日中涼しく、さすがに飲水器内の水も、減り方が少ない一日となりました。

選手鳩鳩舎に収容されている若鳩達の状態はすこぶる快調です。餌の喰いも良く、ガツガツ状態で餌を食べてくれています。

入舎の思わしくない鳩も、今日は舎外を行わないので、朝の給餌時に餌を与えてもらい食べていました。

夕方も同量の餌をガツガツ状態で食べていました(*^。^*)


舎外・・・・ストップ

餌の量・・・・・朝)羽数×16gを朝、夕方、羽数×16g

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割


飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

強制舎外を行うようになってくると、極端に疲れを見せる鳩が出てくるものです。(遅く生まれた鳩ほど現れる)

人間で言えば、喉仏が出っ張ってきたような感じに見えるので、一目でわかります。

そのまま放置しておくと、病気にかかりますから、一旦分離して体力の回復をさせてから再び強制舎外を行えばよいでしょう。
7月28日
(水曜日)

今朝も4:45から6:10まで強制舎外で飛ばしこみました。日中の気温は32℃まで上昇しますが、朝のうちは涼しく、鳩が飛ぶのにはバッチリです。

猛禽に追われることもなく、1時間20分間飛んでくれました。

強制舎外のために用意してある、長い竿の先に取り付けた吹き流しを、飛ばそうと思った時間飛ばしたあとで、横に倒してしまうと、鳩が屋根に降りてくるようになれば、しめたものです(*^。^*)

狙ったレース前に飛ばしこみたい時には、吹き流しを取り付けた竿を立てておく。
鳩なりでちょっとだけ飛んでくれれば良い時には、竿を立てなければ良いわけです。

猛禽に追われた時には鳩なりと言う訳にはいきませんが、レースから帰還して3日間休養させて、4日目に飛ばす時などは、15分から30分も飛べば良いわけですから・・・・・(*^。^*)竿の先に取り付けた強制舎外様の吹き流しを自由自在に操り、鳩もコントロールできるようになれば、秋レースでの勝利!!間違いなしです(*^。^*)


舎外・・・・1時間15分間の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

水浴・・・・・種鳩、選手鳩全鳩

飲水器・・・・・
エレクトロイトビタミン投与

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

強制舎外時に、竿を倒すと飛んでいた鳩が直ぐに屋根に降りてくるようになったなら、トラップの所で鳩を呼び込み、素早く入舎させます。

入舎して直ぐに、鳩は飲水器に行き、水を飲みますが、水を飲む前に餌を撒いてあげてください。

水を飲んでから餌を食べる量と、水を飲まないうちに食べる餌の量には、大きな違いがあります。

沢山飛んだ後に、沢山食べさせてから、水を与えるように心がけてください。
7月27日
(火曜日)


朝からバッチリと青空が広がっていたので、4:45に出舎させて強制舎外を行いました。

左側の画像は、鳩を出舎させているときの画像です(*^。^*)

真ん中の画像は、飛び出してから猛禽に追われるまでの舎外の様子。
右側の画像は、写りが悪いのですが、憎むべき敵オオタカです(>_<)今日は、上手くかわして被害はありませんでした。

猛禽に追われた際に、一度低空になりましたが、吹き流しを一振りしたたならば、再び上空高く飛び、1時間15分飛ばしこんだところで呼び込み、入舎させました。


舎外・・・・1時間15分間の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
エレクトロイトビタミン投与

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

4番仔でも早く生まれたヒナ鳩は、強制舎外をかけています。

飛びの悪い4番仔は、分離室へ移動させました。

1番仔、2番仔、3番仔は、どの鳩も良い飛びをしています。
7月26日
(月曜日)


今朝は、4:50より強制舎外を開始しました。

飛ばしてから10分ほどしてハイ鷹が襲撃してきて鳩が上空高くから急降下して降りてきてしまい、吹き流しの着いた竿を一振り(^_-)-☆

再び、横一線になり上空高く飛んでいました。

東側の山すそを、飛んでいた時に再び猛禽に追われたのでしょう^_^;
チリジリになり逃げてきましたが、一羽の鳩が犠牲になり、西側の山に運ばれていきました。

結局、1時間05分飛ばしたところで、吹き流しの着いた竿を下げて、鳩を呼び込み、入舎させて給餌をしました。

一度猛禽に襲撃された後に、東側を飛翔続けている若鳩達です。

舎外・・・・1時間05分間の強制舎外

餌の量・・・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
エレクトロイトビタミン投与

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

一回の舎外につき、一羽の鳩が犠牲になると、一ヶ月で30羽が居なくなってしまいます。

しかし、この時期は秋季レース500Kを飛べるだけの体力をつけてやらなければなりませんから、覚悟を決めて強制舎外を続けます。
7月25日
(日曜日)


今朝は、お休みにもかかわらず4:15に起床し、張り切って外に出てみると・・・・・
「ガクッ」<m(__)m>としました<m(__)m>

なんと!!外は雨
ところどころに青空が見えていたので、鳩舎掃除をしているうちに晴れるであろうと、気合を入れて掃除をしていましたが、5:00を過ぎても荒れる事はなく、5:30を過ぎても晴れません。

6:15にはいつも給餌をする時刻ですから、それまでにはなんとか・・・・・晴れて欲しかったのですが、とうとう雨は止む事はなく・・・<m(__)m>舎外を断念<m(__)m>

せっかくのお休みだったので、気合を入れて舎外をしようと思っていただけにガックリでした。

定刻に給餌を済ませて、一階種鳩鳩舎の掃除が終わろうとした頃・・・8:00より青空が広がり、夏の太陽が照りつけ始めてきました。

「まっ」!!こんな日も長いうちにはありますね!!
舎外・・・・雨のために舎外ストップ!!

餌の量・・・・・羽数×16gを朝、夕方、羽数×16g

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
呼吸器系予防アモキシシリン投与

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

少々の雨では舎外をするのですが、今日のように強い雨だと、鳩の羽根が濡れてしまい連続飛翔ができなくなります。

また、屋根に降りてから水浴び状態になり、呼び込んでも入舎しなくなります。

あまりに強い雨の日は舎外ストップが良いでしょう(~o~)
7月24日
(土曜日)

朝は、4:50から鳩を出舎させて、連続飛翔50分間飛ばしこみました。昨日に引き続き良い飛びをしてくれています。

長い竿の先につけた吹き流しの効果は、絶大の様です(^_-)-☆

時折、集団が二つに別れたり、三つに別れたりしますが、大きな集団になって飛んでいる時間が長くなってきています。

4番仔の早く生まれた鳩で舎外についていけない鳩は、分離鳩舎に戻して舎外の邪魔にならない様にしました。


舎外・・・・朝、だけ連続飛翔50分間

餌の量・・・・・羽数×16gを朝、夕方、羽数×16g

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
呼吸器系予防アモキシシリン投与

餌の喰いは、ガツガツ状態です。
舎外の邪魔になるような鳩がいたなら(直ぐに鳩舎に降りてくる、呼び込んでも入舎しない)分離して秋季レースには使用しない事が大切です。

強制舎外時には、全鳩が1時間から1時間30分飛んでくれなくては駄目なのです。
7月23日
(金曜日)

身体が疲れ気味なのでしょうかぁ〜〜^_^;今朝は、4:45に目覚めて30分の寝坊です^_^;

焦って、鳩舎へ行き、鳩の舎外を行いました。全鳩が飛び始めたのは、5:00頃でしたね^_^;

昨日から取り付けた吹き流し効果でしょうか?どの鳩も調子よく飛んでくれました。

夕方は、オリビエールアーボと前田さんが来ていたので、5:15より出舎させ、飛ばしましたが、飛ばして直ぐに猛禽の襲撃を受けて一羽が犠牲になりました(>_<)


舎外・・・・朝、夕40分間の連続飛翔

餌の量・・・・・羽数×16gを朝、夕方、羽数×16g

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
呼吸器系予防アモキシシリン投与

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

朝は、猛禽が襲撃してきませんが、ここ最近は、夕方に被害にあいますから、暫らく夕方の舎外はストップします。

それにしてもNaisuキャッチで捕獲されています。
7月22日
(木曜日)

昨晩は、デカちゃんと弘子さんの3人でいつも行く居酒屋で軽く飲みながら食事をして、早めに就寝(^_-)-☆

今朝はバッチリと、4:50からの舎外を行ないました。

これまで使用していた長い棒の先にチロリンテープをまとめて作った、吹流しを取り付けての連続飛翔40分間の飛ばしこみです。

これまでの長い棒だけでは鳩が慣れてしまって驚かなくった為に、とった手段です。

やはり、鳩には効果があったみたいで、一度低空飛行してきましたが、棒を一振りしただけで再び上空高く飛び、軽く40分飛んでくれました。


同じものだけを使用して、鳩を驚かせていると、鳩もだんだん慣れてしまって驚かなくなってきます。

その様な時には、一工夫(*^。^*)
これだけで、飛びがガラッと変りました。

舎外・・・・朝だけ連続40分の舎外その後、鳩なり

餌の量・・・・・羽数×16gを朝、夕方、羽数×16g

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

いつもと違う、雰囲気の長い棒に、鳩もビックリです(^_-)-☆

集団が横に広がり飛んでいます。


連続飛翔時間40分を連日行っていますから、給餌量を一羽につき1gだけ増量です。

梅雨明け後ですから、気温も上昇しています。

毎日ではなくて良いので、舎外後に飲む飲水器の水に氷を入れ、冷たい水を飲ませる事も夏場には必要です。
7月21日
(水曜日)

前日の晩に、ちょっと飲みすぎましたネェ〜〜^_^;朝は、寝坊です^_^;

5:50に起床して、直ぐに鳩を舎外に出しましたが、市場へ行く都合上、6:40には呼び込んで入舎させました。

朝から、うだるような暑さだったので、鳩も口を大きく開けてハァハァ〜の状態でトラップに降りてきていました。


舎外・・・・朝だけ鳩なり舎外

餌の量・・・・・羽数×15gを朝、夕方、羽数×15g

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。
本格的強制舎外までには、選手鳩鳩舎に居る全若鳩を、連続40分間飛ぶようにしなければなりません。

4番仔の主翼2枚目が伸びきった鳩達には、ちょっときつい強制舎外となりますが、仕方ありません。
7月20日
(火曜日)

訓練に持って行った翌日の舎外は、どの様な飛びをするのか期待していたのですが、前日と変らない飛びで、ちょっとガッカリでしたが、連続飛翔40分は飛ばしました。

その後は屋根に降りてきて、飛んだり休んだりを繰り返し、6:15には呼び込み、入舎させて給餌してから市場へ・・・・・

夕方は、北海道からデカちゃんが大船渡へ来訪(*^。^*)

二人で、椅子に座って鳩なりで舎外を眺めて、6:00には入舎させて給餌を行い、飲み会へ・・・・・(^_-)-☆
出舎口を開けて、外に出たい鳩だけでの舎外でしたが、良い飛びをしてくれました。
舎外・・・・40分間遊ばせただけ、連続飛翔はお休みです。

餌の量・・・・・羽数×15gを朝、夕方羽数×15g

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
玄米黒酢入り飲水器

餌の喰いは、ガツガツ状態です。
昨日の訓練では、猛禽に襲撃されたので、26羽が未帰還でしたが、19羽が夕方までに帰還してくれました。

近場からの訓練でしたから、この程度ですが、距離が伸びたならどうなるのでしょうねぇ〜〜^_^;
7月19日
(月曜日)

朝起きると、ガスがかかり気味だったので、早めに訓練に持っていくのはやめて、近場からの5K訓練は、7:45に放鳩しました。

飛ばして、帰還方向へ一度は向かったのですが、上空からオオタカが襲撃してきて、再び放鳩した現地へ戻ってきました。

戻ってきて、上空を旋回中のところを、ハヤブサに襲撃され鳩はパニック(>_<)(>_<)(>_<)

いやはや、海抜0m地帯も油断ならなくなってきましたネェ〜〜。

鳩舎に戻って、在舎している鳩の数を数えてみると、約26羽の鳩が帰還していませんでした。

とりあえず、帰還していた鳩に給餌をし、鳩舎内をカギ型に仕切って、未帰還の鳩の帰ってくるのを、餌と水をいつでも食べれる状態にして待ちました。

舎外・・・・近場からの訓練5

餌の量・・・・・羽数×15gを朝、夕与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
エレクトロイトビタミン投与

餌の喰いは、ガツガツ状態です。
デジカメを持っていくのを忘れて撮影しませんでした(>_<)

失敗(>_<)失敗(>_<)

結局、鳩は4羽が帰還していません。近場の訓練なので、悩みながらも明日帰還してくれるでしょう(~o~)
7月18日
(日曜日)

花巻温泉から帰宅したのが、PM1:00!!それから直ぐに鳩の管理を行い、シャワーを浴びてから、爆睡状態に入り、夕方5:00に起床して庭の草取り(^_-)-☆

6:30より、従兄弟夫婦に手伝ってもらい、鳩を放鳩籠に1時間30分かけて詰めました。

最高気温が、32℃と一日中暑い日だったので、汗だくになりながらの作業となりました。

前回、訓練時は1番仔、2番仔合わせて154羽いましたが、今日の籠詰め時には、138羽しか居ませんでしたから、16羽が猛禽の犠牲になったか?失踪した事になります(>_<)
舎外・・・・ストップ

餌の量・・・・・羽数×15gを朝、出かけるので、お昼に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
エレクトロイトビタミン投与

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

昨日変則的な餌の与え方をしたので、緑便になっている鳩も数羽居ましたが、気にすることはありません。

餌を食べなかった時に起きる緑便ですから、直ぐに元に戻ります。
7月17日
(土曜日)

朝は、5:00より舎外を行い、連続飛翔40分間飛ばしてから、後は屋根の上で遊んだり、飛んだりを繰り返し、6:20に呼び込んで給餌を行いました。


今日は、2010年全国おおふなと鳩サミットの打ち合わせを兼ねて、花巻温泉“紅葉館”に、従兄弟家族4名、千葉の同級生夫婦、我が家2名で出かけるために、午後の出発前に、夕方の分を給餌をしてから出発しました。


舎外・・・・朝だけ連続40分の舎外その後、鳩なり

餌の量・・・・・羽数×15gを朝、出かけるので、お昼に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
エレクトロイトビタミン投与

餌の喰いは、ガツガツ状態です。
東北地方も梅雨明け(*^。^*)

いよいよ本格的に鳩を鍛える季節が来ました!!

夏バテ!!しないように飼育者も喰い込みましょう(^_-)-☆
7月16日
(金曜日)


昨夜は、花巻南温泉郷に泊まったので、今朝は6:15に現地を出発して、8:15には大船渡に到着しました(^_-)-☆昨夜のお酒が残っているとまずいので、安全運転での帰還でした。

朝の舎外はできませんでしたが、夕方5:15から出舎させました。

上空高くまとまって飛んでいたのですが、今日はハヤブサが集団の中に急降下してきてNaisuキャッチで鳩を捕まえていきました^_^;

その後も、鳩達は飛んでいたのですが、一羽の鳩が餌食になってから、20分後に、今度は別の猛禽に襲撃され、またまた一羽が犠牲になりました(>_<)

雨の日に猛禽類達も餌を探して廻らないのは判っていますが、これ程良い天気になると、舎外に出さないわけにはいきません。
しかし・・・・・・一回の舎外で2羽とは・・・・(>_<)(>_<)(>_<)です。
舎外・・・・中止

餌の量・・・・・羽数×15gを朝、夕に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
コクシジウム薬投与

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

強制舎外を始めるまでに、海抜ゼロm地帯で飛ぶように訓練を何度も行う予定です。

1番仔、2番仔は19日に予定しています。
7月15日
(木曜日)

予想に反して朝から雨^_^;舎外は急遽中止!!鳩舎掃除をして、6:30に選手鳩に給餌をして市場へ・・・・・・

夕方から晴れ間も見えてきましたが、午後の管理は出かける用事があったので、従兄弟に任せました。

舎外・・・・中止

餌の量・・・・・羽数×15gを朝、夕に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
コクシジウム薬投与

餌の喰いは、ガツガツ状態です。
いよいよ梅雨明け間近ですネェ〜〜(^_-)-☆

青空に浮かぶ雲が夏の雲です。
7月14日
(水曜日)


朝は、ザンザン降りの雨
だったので、舎外は中止しました。

鳩舎掃除をしてから、市場へ・・・・中央市場がお休みであったので、地物野菜のセリだけだったので、いつもより早く鳩舎へ戻ってきました。

午後より小雨となり、夕方5:00過ぎから晴れ間が見えてきたので、出舎口を開けて、飛びたい鳩だけが外に出て飛び回っていました。

上空高く飛んでいたのですが、ハヤブサが飛び回っていた鳩舎の集団に襲撃一閃!!!
急降下して鳩の集団が低空飛行となり、鳩舎の屋根へ降りてきました。


曇天の空でしたが、上空高く飛んでくれた鳩でした。ハヤブサがでなければ、良い調子だったんですがネェ〜〜(*^。^*)


舎外・・・夕方だったので、出舎口を開けて出たがっている鳩だけで飛ばしました。

餌の量・・・・・羽数×15gを朝、夕に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
コクシジウム薬投与

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

前線をともなった低気圧は予報より早く通過したようですから、明日の朝は舎外をできそうな感じですね。

今夜も早く寝て、気合を入れて早起きします(*^。^*)
7月13日
(火曜日)

今朝も、5:00より若鳩全鳩を出舎!!出舎した後には、出舎口、トラップとも完全に締め切り、鳩を連続で最低40分は飛ばすべく、外で舎外を眺めています。

途中で屋根に降りてこようとして低空飛行になったならば、下記の画像にある長い長い棒を、そっと持ち上げてやるだけで、再び高度をとって飛んでくれます。

40分間、連続で飛んだところで、鳩舎に順に降りてきますから、あとは6:00まで遊ばせてから呼び込んで入舎させて給餌を行います。



黒い旗や、赤い旗、目玉風船は、竿の先につけてありません。
これらを取り付けて鳩を飛ばしこむのは、8月に入ってからです。
まだ、鳩を強烈に脅かさないように飛ばすのがコツです(*^。^*)

舎外・・・鳩なり舎外で40分間連続で飛ばすように

餌の量・・・・・羽数×15gを朝、夕に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
コクシジウム薬投与

餌の喰いは、ガツガツ状態です。

トリコモナス(アスゾール)を6日間投与して、ビタミンを与え、玄米黒酢入り飲水を飲ませた後でのコクシジウム投与すると、鳩の糞はコロコロ状態になります。

若鳩は、様々なストレスがかかっています(梅雨時期の湿気、舎外によるストレス、猛禽に追われるストレス、換羽、夏場の暑さ等)

しっかりと、スケジュールにしたがって投薬を進めてください。
ここ数日、40分間飛ばしこむことで、軽差がでてきた鳩達ですから、運動量に合わせて、餌の量を若干増量しました。

羽数×15gの量を食べさせましたが、ペロッと全量をガツガツ状態で食べきりました。

全鳩が、撒き餌板に寄りつき、ガツガツ状態で餌を食べているようならば、鳩舎の雰囲気は良い状態といえるでしょう。

一羽でも放れて餌を食べに来ないような鳩が居たなら、チェックして分離管理をしてください。
7月12日
(月曜日)

本日より、秋季レースに向けての体力作りである強制舎外に向けての管理法と、秋季レース必勝法を、なるべく毎日更新していきたいと思います。

今朝は、結構強い雨がザンザン降っていたので、舎外はお休みして市場へ・・・・

10時頃より、雨が上がり、風が吹いてきて雲を一掃し、真夏の太陽が照りつける天気となりました。

夕方、5:00より、風は強いものの、全選手鳩を舎外(*^。^*)

ゆうがた、6:30に呼び込み入舎させて給餌をし、本日の管理終了でした。
舎外・・・鳩なり舎外で40分間連続で飛ばすように

餌の量・・・・・羽数×13gを朝、夕に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ5割、配合飼料5割

飲水器・・・・・
コクシジウム薬投与

餌の喰いは、ガツガツ状態です。
明日から、鳩なりで飛ばす時間を、連続で40分以上飛ぶように仕向けていきます。

3番仔は、先に降りてこようとします。その鳩は、降りてきても、あと10日間程度は、とりあえず構わない事にしておきます。

秋季レースに向けての基礎体力を、若鳩につけてあげなければなりません。強制舎外が始まるまでに鳩なり舎外で連続40分から50分は飛んでくれるように仕向けていきます。秋季レースは500Kまで飛翔するわけですから、500Kを連続飛翔する体力を、8月からの強制舎外で約50時間から60時間飛ばしこみ完璧に仕上げていきます。