連合会訓練からの秋季レース必勝法

2010年秋季レースを終了しました。春季レースまでお待ち下さい(#^.^#)
11/14
(日曜日)


昨日のレース結果は、09OA06588 ♂ BC (オールド環)小嶋さん委託鳩が、連合会10位、10OA10511 ♀ B ヒロリン委託鳩が、連合会23位という結果でした。当日、5羽の入舎で、夜間飛行7羽です^_^;

ま!!あの通りのレースでしたから・・・何とも・・・ですが・・・・

参った!!参った!!としか言うことありませんねぇ〜〜。

今日は、休みでしたが、6:00から空を眺めていました。一羽の鳩が鳩舎めがけて帰って来たと思ったなら、オオタカが2羽(ーー;)

今日はカラスもオオタカを追い払ってくれたので、その後10分ほどで、一羽が入舎しましたが、ホトホト・・・嫌になりますよ〜〜。

結局、怪我をして帰還したのが、2羽、何事もなく、すっかり疲れ果てて帰還した鳩が5羽です。翌日帰還したのは、7羽でした。

舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17gの
9割を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・小粒飼料50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器
翌日記録をしている審査会上にてトラブル発生したようです^_^;

電話がありましたから、今から行ってきます。
当日、翌日帰還鳩はこ
ちらから・・・・
11/13
(土曜日)

途中経過となりますが、本日のレース儒教をサラッと書きます。

12:15よりロケット花火を5分おきに打ち上げ作業して完璧な状態にて鳩を待っていたのですが・・・

第一帰還鳩が見えたのは、12:38分でした(#^.^#)

「よし!!」と握りこぶしを振り上げて鳩舎の階段を昇ろうとした時に、裏の山からスぅ〜〜とオオタカが・・・・・

「やばい!!」と思ったのもつかの間!!鳩は何処かへ行ってしまいました(>_<)焦る気持ちと逸る気持ちを抑える事はできず、上空を眺めながら庭をウロウロ・・・・・・・2番手が上空に見えた時には、時はかなり過ぎていてガクッときてしまい何がなにやら・・・・(@_@;)(@_@;)(@_@;)

3K手前の鳩舎より3分も早く帰ってきていた1羽目です(>_<)!!!!


舎外・・・・ストップ

餌の量・・・帰還時に小粒のみをパラッと与えて終了。夕方は羽数×17gの8割の量与えました。

餌の内容・・・・小粒飼料100%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

何だか、かなりガクッときています。開き直るには、もう少し時間が必要かも・・・です。

ただ今、15:50ですが、レースから帰還していても、未だに上空から降りてこられない鳩がいます(>_<)

猛禽類のオンパレード状態に打つ手無しといった感じです。

6:15には審査会場へ向かいます。
11/12
(金曜日)

今朝は、持ち寄り日だったのですが、6:00より舎外を開始し、強制舎外で飛ばしこみました。

6:40には目玉風船をおろして、トラップを開けてから市場へ出かけ、9:30に給餌をしに一旦戻ってきましたが、その時点で鳩が15羽程足りません^_^;

とりあえず、居る鳩にだけ餌を与えました。

午後1時に二度目の給餌をする際には、若干羽数は足らなかったものの、持ち寄りまで時間も無いので、餌を与えて2:30より持ち寄り作業を開始して、夕方5:00には会館を出発しました。

持ち寄りリストはこちらから・・・・・

餌の量・・・・変則給餌の持ち寄り日

   朝)羽数×17gの5割

  お昼)羽数×17gの8割


餌の内容・・・配合飼料40%トウモロコシ50%、大麦10%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

我が鳩舎にとって2010年最終レースですから、気合いを入れての管理を続けましたし、鳩の状態もバッチリ!!これで勝てなきゃしょうがありません(#^.^#)

ま!!何があるかわからないのがレースですが、悔いの無い調整を行ないました(#^.^#)
11/11
(木曜日)

5:50からの強制舎外で鳩を飛ばしこみました。今日は、猛禽の襲撃がしつこく、第一集団の帰還、第二集団の帰還というように、15羽前後の鳩が、チリジリになって鳩舎へ戻ってきました。

朝の給餌時には、15羽以上の鳩が入舎していませんでしたが、夕方までには数羽を残して帰還していたようですが、怪我鳩続出!!です。

今シーズン最後のレースと決めていますから、持ち寄り日の明日も、あとひと叩きしてから、鳩を持ち寄る事にします。


夕方の給餌時の様子を観る限り、餌をゆっくりと定量食べきってくれましたから調整は成功です(#^.^#)

ガツガツ状態で食べているうちは、状態はピークではありません。
ゆっくりと・・・ゆっくりと・・定量を食べきる様になったなら、鳩のコンデションは、ピークだと思ってください。
舎外・・・・強制舎外1時間を目安に・・・

餌の量・・・羽数×
20gを朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ、50%
            配合飼料30%
          小粒飼料20%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

筋肉がパーンと張った鳩!!

竜骨に赤い染みの斑点が出ている鳩!!

主翼8、9,10枚目が揃っている鳩を選鳩して参加させてください。

♂鳩より、♀鳩が秋季レースでは活躍しますが、♂鳩もしっかりチェックですよ(#^.^#)
11/10
(水曜日)

やはり今朝は、強風のために舎外は中止!!昨晩から吹き荒れていた風は今朝もおさまることはなく、舎外をしたなら猛禽の餌食になるのがおちでした。

鳩舎掃除を済ませて、餌を与えて管理終了でした。

餌の喰いは、舎外を行わないので、猛禽に追われるストレスが無いために、益々ガツガツ状態で餌を食べていました。

夕方も同様に、ガツガツ状態で餌を全量食べきりました。

明日と、持ち寄り日となる明後日は、ギッチリと強制舎外で夜も明けないうちから飛ばしこみ、筋肉をパーンと張らせる事ができた鳩と主翼8、9,10枚目が残っている鳩を選んで参加させます。
舎外・・・・ストップ!!(強風の為)

餌の量・・・羽数×
20gを朝、夕共に与えました。

水浴・・・・・全鳩

餌の内容・・・・トウモロコシ、50%
            配合飼料30%
          小粒飼料20%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

舎外を行わなかったのには、もうひとつ理由があります。

昨日までバンバン猛禽に追われていたので、ストレス過多気味の鳩に、休養を与えたのです。
11/9
(火曜日)

今朝は、ちょっと雲が多かったので、5:50からの強制舎外でした(^_-)-☆

東側の山沿いを高く飛んでいたなら、10分もしないうちに、オオタカが襲撃!!

難を逃れた鳩達は、そのまま何処かへ消え去ってしまい、次に姿を見せたのは、6:30頃でした。

その時も、別の猛禽に襲撃され、再び遠征へ・・・・

遅生まれ鳩、レースに参加している鳩、関係なく猛禽の餌食になりますが、ここまで来たなら怖がって調整しないわけには行きません。

多少の犠牲を覚悟してレジョナルレースに向けての調整です。
舎外・・・・強制舎外1時間を目安に・・・

餌の量・・・羽数×
20gを朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ、50%
            配合飼料30%
          小粒飼料20%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

朝は、帰還していなかった鳩もいたので、羽数×20gを少しだけ残しましたが、夕方は全量を食べきりました。

持ち寄り日の併せて、明日もギッチリと食い込ませていきます。

今日から小粒飼料を混ぜました。
11/8
(月曜日)

5:45からの舎外というのは、鳩も相当怖いと思います。しかし、これが猛禽対策にもなっているようです。

猛禽が活動してくる時間には、鳩達の集団は、トップスピードで飛んでいますから、そう、簡単には捕獲されないようです。

今朝も、上空高く横一線になって飛んでいました。時折外に出て舎外の様子を観ようとしたのですが、さっぱり鳩舎の周りにはいなくて、何処を飛んでいるやら・・・・といった感じです。

夕方、数羽の鳩を掴み、ボディーチェック!!♀鳩の肉乗りが良いようです。あとは主翼が問題といったところですね。無理をすれば、8枚目4分の鳩や、9枚目4分の鳩等も参加させても良いのですが、これまでの経験から言っても、決して早くは帰還しません。

やはり完璧な主翼で参加させなくては、レジョナル、菊花賞といった距離が400K以上のレースだと厳しいですし、鳩に負担がかかる分!!ダメージが鳩に残ってしまいます。
舎外・・・・強制舎外1時間を目安に・・・

餌の量・・・羽数×
20gを朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ、50%
            配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

病気に罹患した鳩の主翼の先を観てみると、ボサボサに先っぽの毛に症状が現れていますから、直ぐに判ります。

種鳩を導入する際などにも、役立ちます。主翼がしっかりと毛先まで立派な鳩は健康に換羽をした鳩です。

11/7
(日曜日)

今日は、朝から産業祭りに出かけなくてはならなかったので、舎外を休む予定でしたが、あまりに天気が良いので、6:00から出舎!!強制舎外で1時間飛ばしこんでから、出発しました。

東側の山際を行ったりきたりしながら、スピードにのった良い舎外です。

いよいよコンディションをピークに持っていく残り6日間が勝負どころの調整です。

昨年は、午後の1時からの舎外で夜間飛行という失敗のあったレジョナルレースでしたが、今年は一回の舎外ですから、その心配はありません。

ガンガン飛ばしこみ、思いっきり餌を喰い込ませて行きましょう。
舎外・・・・強制舎外1時間を目安に・・・

餌の量・・・羽数×
20gを朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ、50%
            配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

ここ最近は、9:30前後の給餌時間ですから、7:20に餌を与えようとしても食べません。

サラッと与えて、夕方残った分プラス羽数×20を与えました。

ガツガツ状態でしっかりと全量を食べきりました。
11/6
(土曜日)


夜明け前舎外を今朝も行ない、5:45に鳩を出舎です。

今日は、5羽が屋根に止まって飛ぼうとしていなかったので、目玉風船を振り回し飛ばしました。その時点で、他の鳩達は、東側の山際を、勢いよく飛んでいます。

掃除をしながら、時折外に出て飛びを確認していましたが、何度も鳩が減ったり、増えたりして上空高く飛んでいましたから、猛禽に追われながらの舎外だということが判りました。

6:40に強制舎外様の目玉風船おろして、トラップを開放してから市場へ・・・・9:30に一旦鳩舎へ戻ってきてから選手鳩に給餌を行いました。

舎外・・・・強制舎外1時間を目安に・・・

餌の量・・・羽数×
19gを朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ、50%
            配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器
徐々に、与える餌の量を多くしていきますが、舎外時間は、1時間以上飛ばないと餌をくいこませられませんから、強制舎外でガンガン飛ばしこむことが必要です。

ここ数日、画像が無いのは、デジカメが故障^_^;ただ今、購入した大阪の業者に修理を依頼しています。

11/5
(金曜日)


今朝は、夜も明けない5:45からの舎外です。

最初、屋根に止まって飛ばない鳩だけ12羽を目玉風船を上げて飛ばしましたが、残りの鳩達は、東の空が徐々に明るくなってくる方を目指して飛んでいきました。

結局、6:40に市場へ出発する時点で、鳩舎に戻ってきたのは、3羽だけ・・・・

あとは上空高く遠征を繰り返しながら飛んでいたようです。
9:30に鳩舎に一旦戻ってきた時には、殆どの鳩が入舎していました(^_-)-☆

舎外・・・・鳩なり舎外2時間

餌の量・・・羽数×
18gを朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ、50%
            配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

今日から徐々に餌を喰いこませていきます。

昨日よりも、たったの1gですが、増量です。

ガツガツ状態を徐々に、ガッツ!!ガッツ!!とゆっくり食べるように、持っていくのがベストな餌の与え方です。
11/4
(木曜日)


昨日、猛禽に追われすぎたので、ストレスから餌の喰いが落ちましたので、風もなく穏やかな一日でしたが、今朝は舎外をお休みさせました。

いよいよ、明日から本格的に鳩を飛ばしこみ、餌を持ち寄り日に併せて喰い込ませていきます。

11/5(金曜日) 鳩なり舎外
11/6(土曜日) 強制舎外1時間以上
11/7(日曜日) 舎外お休み(朝から出かける為)
11/8(月曜日)〜〜11/11(木曜日)まで連続1時間以上の強制舎外を行い、餌をガンガン喰い込ませます。

成鳩数羽と、若鳩数羽の参加となるレジョナルレースですが、我が鳩舎にとっての秋季最終レースとなりますから、気合いの入った管理を続けます。
舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17gを朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ、50%
            配合飼料50%

水浴・・・・怪我した鳩を除き全鳩

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

おそらく、鳩なり舎外を予定していても、猛禽に襲撃されて思うようにいかないと思いますし、犠牲になる鳩の数も、これまでの比ではないでしょう。

昨日の舎外だけで、遅生まれを含めて6羽の鳩が帰還していません^_^;

しかし、犠牲を払ってまでも勝ちに行きます。
11/3
(水曜日)



思ったよりも風が強い一日となりましたが、今朝はそれ程強い風ではなかったので、舎外を行いました。

鳩なり舎外のつもりで外に出したのですが、5分もしないうちに、オオタカの襲撃があり、結局!!2時間も飛ぶ破目に・・・・・^_^;

夕方、一羽が首の所の肉をえぐられて怪我をして帰還していましたが、命に別状はないようです。

舎外・・・・鳩なり舎外2時間

餌の量・・・羽数×17g
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ、50%
            配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

猛禽の襲撃によるストレスでしょうね。餌の喰いが落ちました。

明日は、舎外を休ませませ、水浴びをさせます。
11/2
(火曜日)


冬型の気圧配置が強まり、風が強く気温も低下した今日は、晴れはしたものの、舎外をできる状態ではなく、今日も舎外はお休みです。

レジョナルレースに向けての調教は、明日からという事になります。

明日は、今日の風も穏やかになりますから、舎外を行います。
舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17gの
9割を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ、50%
            配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

明日の舎外は、鳩なり舎外です。猛禽に襲撃されるでしょうから、あまりにも長時間飛んだ場合には、翌日は舎外を休ませたりしながら、調整を行ないます。

まだ連日飛ばしこむには早い時期です。
11/1
(月曜日)

昨日よりも、風も雨も強く、一階部分の鳩舎窓は、全部閉めきっての一日でした。

舎外をする事もできないので、鳩舎掃除を念入りに行い、管理終了(^_-)-☆

一階部分の床には、消石灰を撒きました。
舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17gの8割を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ、50%
            配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器


餌の喰いはガツガツ状態に戻っています。明日は、雨が続いた後の晴れ間ですから、猛禽の襲撃をかわす意味で、晴れても舎外はしません。

レジョナルレースに向けて、鳩なり舎外1日、強制舎外5日間あれば充分鳩を仕上げられますから、無理はしません。
10/31
(日曜日)

今朝は、やはり雨でした(ーー;)台風が東に大きくそれたと思っていたら、別の低気圧が、東北地方を横断しているではないですか・・・・・(ーー;)

舎外はお休みです。 

晴れていたなら、2時間コースの強制舎外でしたが、この雨では仕方ありません。鳩舎掃除を済ませてから給餌をして終了です。(#^.^#)

ただし、給餌する餌の量は、羽数×17gの7割しか与えません。

明日は、羽数×17gの8割、明後日は、羽数×19gの9割・・・・というように、レースから帰還した時と同じような管理を続けます。

一旦!!餌の喰いをガツガツ状態に戻してやり、舎外を行いながら持ち寄り日までに再び餌の喰いが止まるか、止まらないかの状態まで、強制舎外を行い、ギッチリと飛ばしこみながら、喰い込ませ、筋肉をパーンと張らせます。

舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17gの7割を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ、50%
            配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器



すべての鳩が撒き餌にて給餌されるようになり、競り食いにて餌を食べるので、喰い込み量が増えています。
微妙な調整が、勝利を呼び込みます。
10/30
(土曜日)

今朝は、曇っていたせいもあり暗かったので、6:00からの舎外となりました。

徐々に上空高く飛び始めたところで、オオタカの襲撃!!

何度となくかわしていたのですが、、とうとう一羽の鳩が犠牲に・・・・(ーー;)

寒さが厳しくなってきていますから、猛禽類達も必至です。

一羽が犠牲になった後は、一つにまとまり何処かへ姿が見えなくなり飛んでいた様です。

市場へ行く時間のギリギリ6:50にトラップを開けてやりました。

舎外・・・・鳩なり舎外

餌の量・・・羽数×17gのを朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ40%
         配合飼料60%

羽数×17gを与えた後に、大麦だけをパラッと与えました。

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

ジッと我慢の調教が続きます。

まだ、飛ばしこみを行い、餌を喰い込ませてはいけません。明日は、本来であればレースがある日なのですが、中止ですから、餌を与える量をガクッと減じて与えます。

晴れていたなら、2時間ほど強制舎外を行い、鳩を疲れさせるのも、レジョナルに向けての良い調教法となりますが、台風なので、餌だけを減じて状態を一旦落とします。
10/29
(金曜日)


鳩なり舎外で、5:50に出舎させ、全鳩を飛ばしました。早い鳩は、6分で鳩舎の屋根に降りてきましたが、そのまま追ったりはせずに、遊ばせておきました。

強制舎外を行い鳩を飛ばしこむ際には、降りてくるようであれば、旗を振り追いますが、鳩なり舎外の時には、絶対に鳩を追いません。

夜が明けるのが、日に日に遅くなり、舎外時間が短くなってきていますが、強制を行なう際には、電線がようやく、見える明るさでも飛ばします。


飛び続けた鳩は、市場へ出発しなくてはならない6:40時点でも、上空高く飛んでいました。

舎外・・・・鳩なり舎外

餌の量・・・羽数×17gのを朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・配合飼料100%

羽数×17gを与えた後に、大麦だけをパラッと与えました。

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

明日の朝は、曇りのち雨の予報ですから、鳩を今日と同じように鳩なり舎外で飛ばします。

強制舎外を行うのは、11/5(金曜日)頃からでしょうか??

鳩の状態を観察しながら決定します。
10/28
(木曜日)


雨で何もやることはなく、舎外はストップ!!鳩舎掃除だけを済ませて、終了の一日でした。

レジョナルレースまで日程があるので、焦らずに、じっくりと鳩を仕上げていきます。
舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17gのを朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・小粒飼料10%
         配合飼料90%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器
訓練についてはこちらから・・・・
10/27
(水曜日)

レースの疲労も抜け、今日は300Kレース後におこなう初舎外となりました。

勢い良く飛ぶ鳩、猛禽に追われて直ぐに鳩舎の到着台に逃げ帰ってくる鳩と様々いましたが、今日は、OKです。

・・・・・と言うよりも、来週のレジョナルレースに向けての調教が始まるまでは、こんな感じの舎外で良いのです。

とりあえず、鳩を外に出してあげればOKです(*^。^*)

さて、ここでちょっと今までと違う管理法を行ないます。それは、給餌法です。

羽数×17gの餌の量を与えた後に、まだガツガツと食べている素振りを見せていますので、大麦だけを、撒き餌にて鳩の食べる様子を観ながら与えてやります。

羽数×20g以上を5日間続けると餌の喰いは止まってしまうので、その境目程度で大麦を撒くのをやめます。

これは何故行うかと言うと、距離が延びる分、餌をちょっとだけ多く与えて、体力を充分につけさせる為です。大麦は鳩が好んで食べる餌ではありませんから、通常の餌を与えた後に与えるようにすると、これ以上与えてはいけない分量が分かります(#^.^#)

舎外・・・・鳩なり舎外(何分でも構いません)

餌の量・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17gを与えました。

餌の内容・・・配合飼料60%トウモロコシ40%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器



レジョナルレースに向けての本格的な調教は、天気を観察しながらですが、最低、強制舎外を5日間行い餌を喰い込ませて、持ち寄るようにします。

しかし、天候によりレース日程が延びる場合等もあるので、強制舎外が7日間、8日間となってしまう場合もありますが、長く飛ばしこめば良いというものでもありませんから、臨機応変に対応しながら、調教し、仕上げてやります。

訓練は、極力行わないほうが良いでしょうが、連盟の総合優勝を絶対に獲得するという気持ちであれば、猛禽の被害を恐れずに行なうのも良いと思います。
10/26
(火曜日)

鹿沼からの300Kレースへ参加をしないことで、選手鳩の管理は、ゆっくりとコンディションをアップさせていけばよいので、楽になりました。

予定されていたレースは、今のところの予報は雨ですから、間違いなく延期となります。延期となると、当然レジョナルレースまでの休養、調整、仕上げ期間がバタバタと忙しくなってしまいます。

それよりも、これまでの疲労をしっかり除去して、充分な体制でレジョナルレースに臨んだ方がベストを尽くす事ができます。

10枚目が抜けている鳩も、半分くらいまで伸びれば、ジャンプでの参加ができますし、半分伸びてくれば、次の菊花賞レースの際には、10枚目が伸びきった完璧な換羽の状態での参加も可能です。

秋季レースのメインとなるレジョナルレースでの勝利を目指して、完璧な管理を行ないます。
舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17gのを朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・小粒飼料10%
         配合飼料90%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器
いきなり寒さが東北地方に襲来!!北風ピュうーぴゅーです。

明日から舎外の予定ですが、北風が強く吹いているようであれば、中止して、もう一日鳩を休ませます。


10/25
(月曜日)

当日帰還した鳩の疲労は、給餌時に、羽ばたきを行なっている様子から、前回の200Kレース時よりも軽度の疲労のようです。

翌日帰還した鳩の、肉はゲッソリと落ちてしまっていますから、回復までには時間がかかるでしょう。

翌日帰りのリストは、こちらから・・・

明日は休養させて、水曜日10/27より舎外を開始します。

次のレース鹿沼からの300Kレースは、師匠とも相談の結果!!不参加と決めました。
あくまで今シーズンの目標は、レジョナルレースですから、一旦!!これまでのレースの疲労を除去しながら、換羽の進みを促してあげる作戦とします。

もちろんコンディションを維持しながら、徐々に状態はアップさせていき、レジョナルレース持ち寄り時には、完璧な仕上がりにしていきます。

舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17gの9割を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・小粒飼料50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

昨年は、帰還したと同時に、猛禽に追われ、優勝を逃した苦い経験がありますから、予定帰還時刻前にはロケット花火を打ち上げて待機します。

300Kレース翌日帰還した鳩は、単独飛行での帰還です.

ただ、『遅い鳩』と決め付けないでください。

鳩舎に戻るという強い意思を持った鳩です。大切に、ケアをして来春に参加させて活躍を期待しましょう。


300Kレース結果リス
10/24
(日曜日)

昨日のレースの結果は、連合会優勝、2位、8位、9位、10位、11位、12位、13位までの上位固め打ちでした。(^_-)-☆

更に、南三陸4連合合同会でも、総合優勝、2位だったのが、良かったですね(#^.^#)

帰還状況も、本来の帰還の仕方に、納得のいくレースができたと思っています。

300Kレースの結果はこちらから

今日は、青果組合の行事で、一ノ関方面への研修があり、家を6:30に出発して、総勢18名にて行ってきました。

その為に、翌日帰還をした鳩のチェックは、先程帰ってきてからでした。

翌日帰還は、5羽だけでした。
舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17gの8割を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・小粒飼料100%

飲水器・・・・ビタミン投与

結果リスト等は、明日更新いたしますので、お待ちください。

今日は、朝早くから出かけてきたので、お休みします。

10/23
(土曜日)


300Kレース
当日

北北東の風が弱く吹き続けるものの、空は青く澄み渡り、絶好のレース日和となりました。

前回、前々回と放鳩のタイミングのズレからか?関東の鳩とのWブッキングが続いていたので、今回は、慎重に8:00に放鳩!!!

12:00を過ぎた頃から、外で待機をしながら上空を眺めていると、12:36に一羽が帰還!!呼び込んで入舎させているうちに、もう一羽が帰還12:38でした。

その後、外に出て空を見ると、胡麻粒状態で螺旋状に降りてくる鳩を発見!!
6羽の鳩が入舎してきました。

今日は、良い感じのお祭り常態があり、本来あるべき帰還状況に納得!!のレースとなりました。

当日帰還した自鳩舎序列は、こちらから・・・・・

餌の量・・・・帰還時に小粒飼料を羽数×17gの7割

夕方・・・羽数×17gの
7割

餌の内容・・・・小粒飼料100%

飲水器・・・・
呼吸器系薬(ディスインフェクションミックス
80Kまでの訓練状況から考えるに、100K、200Kレースの帰還の仕方はありえません。

放鳩するタイミングの難しさが、帰還率を大きく左右します。

他地区(関東)の情報が簡単に手に入る時代ですから、しっかりと見極めてからの放鳩を心がけるようにしましょう(^_-)-☆


10/22
(金曜日)

今朝は、良く晴れていたせいか、いつもの5:40よりも明るく感じた朝でした。

強制舎外にて1時間!!鳩を飛ばしこみました。

飛ばして直ぐに、オオタカの襲撃があり、鳩達は、うす暗い中を、必死に逃げ惑いながらも、高度を上げて飛んでくれました。



1時間飛ばしたところで、目玉風船をおろして、鳩を入舎させてから市場へ・・・

一日早い持ち寄りとなったので、調整&仕上げ時間が短くなってしまいましたが、ま!!何とかなるでしょう(~o~)

今日は、持ち寄り日なので、変則給餌を行い、3時30分から鳩をかごに詰め込み会館へ・・・・・
舎外・・・・強制舎外1時間

餌の量・・・・変則給餌の持ち寄り日

   朝)羽数×17gの5割

  お昼)羽数×17gの8割


餌の内容・・・配合飼料40%トウモロコシ50%、大麦10%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器
持ち寄りリストはこちらから


前回の200Kレースで、連合会3位、南三陸4連合合同会1388羽中総合3位の鳩が、持ち寄りリストを印刷し、マーク鳩にしようとチェックをしたならいません^_^;

調整期間3回の舎外の、いずれかの日に猛禽の襲撃で帰らぬ鳩に・・・・(>_<)

ガクッとさせられます。

10/21
(木曜日)

夜が明けるのが、日に日に遅くなり、5:40に出舎させるのも厳しくなってきましたが、電線1本見えれば飛ばせるという大先輩達の言葉をを信じて、今朝も5:40に飛ばしました。

勢い良く1時間飛び続けた鳩、早々に屋根に降りてきた鳩と、前回のレースの疲労が残っている鳩は、早々に屋根に降りてきてしまいました。

その鳩達を無理に飛ばしても、足引っ張りになりますから、さっさと鳩舎内に入れてしまい、勢い良く、飛んでいる鳩達だけを強制舎外で飛ばしこみました。


1時間飛ばしたところで目玉風船を下ろして、入舎させて市場へ・・・・・

市場の制開始時間に間に合わなくなるので、給餌をしている時間はありませんから8:15前後に、一旦戻ってきてから餌を与えます。

舎外・・・・強制舎外1時間

餌の量・・・羽数×19gを朝、夕方、羽数×19gを与えました。

餌の内容・・・配合飼料40%トウモロコシ50%、大麦10%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

明日も、ギッチリと飛ばしこみ、餌は羽数×20gを与えます。

夕方も飛ばせれば完璧なのですが、猛禽に追われて夜間飛行してしまう可能性があるので、ストップです。

昨年は、2度ほど夜間飛行をしていますから、今年は午後の舎外はストップです。
10/20
(水曜日)

小雨が降っていましたが、予定通り5:40から鳩なり舎外を行いました。

飛ばして直ぐに、オオタカの襲撃があり、鳩がチリジリになって逃げ回っていましたが、徐々に集団で遠征に出かけていき、鳩舎の周りに姿が見えなくなってしまいました。

200Kレースの疲労が残っている鳩は、早々に鳩舎の屋根に降りてきて羽根を休ませていました。

8:30に給餌を行ってから、水浴びをさせて、疲労回復とリフレッシュ!!

明日からの強制舎外に備えて夕方は、羽数×18gの給餌量を与えました。


舎外・・・・鳩なり舎外(何分でも構いません)

餌の量・・・羽数×18gを朝、夕方、羽数×18gを与えました。

餌の内容・・・配合飼料60%トウモロコシ40%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

水浴・・・・魔法の箱に入れた鳩以外は全鳩水浴

曇っている時や、雨の日には、猛禽もおとなしかったのですが、寒さが身に沁みる様になったこの頃は、おかまいなしの襲撃です^_^;

遅生まれ鳩は、怪我をして夕方帰還する鳩が多くなっています。

10/19
(火曜日)

今日一日!!舎外はお休みさせました。

明日は、鳩なりで飛ばし、明後日からは、持ち寄り前日まで、強制舎外で鳩を追いながら飛ばしこみます。

いつもより、ちょっと早い仕掛けとなりますが、イマイチ!!思い通りの帰還ではなく、納得いかないので、早仕掛けで臨む300Kレースです。

ただし、餌は羽数×17g〜持ち寄り前日でも羽数×20gまでしか食べさせません。

餌の喰いが止まるまで食べさせてしまうと、本命レースのレジョナルレースで、早く帰還してくれません。

ここはあくまで、300Kレースでまとめて鳩を帰還させる為の管理をします。
舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17gの9割を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・配合飼料40%小粒飼料60%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

撒き餌で餌を与えている台だけでは足りなくて、餌箱も併用して給餌をしていましたが、羽数が減少したので、全鳩が撒き餌で餌を食べるようになりました。

ガツガツ状態で食べていますが、持ち寄り前日まで,
この状態で餌を食べ続けるように、管理を行なっていきいます。
10/18
(月曜日)

一夜明けましたが、昨日のレースのショックから立ち直れない自分がいます(>_<)

何故に??あれ程帰還が悪いのか?

今日は、朝から6羽だけの帰還となりました。本当に厳しいレースでしたね。

愚痴ってばかりいられませんから、明日から気持ちを入れ替えて、300Kレースへ向けて調整を始めます。
舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17gの8割を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・小粒飼料100%

飲水器・・・・ビタミン投与


翌日帰還した鳩は、こちらから
10/17
(日曜日)


200Kレース
当日

福島県四ツ倉から放鳩された鳩達は、南西の風のもと放鳩地を目指して飛んでいたのですが、途中!!埼玉東部連合会、埼玉流山等の鳩と遭遇^_^;

大羽数に呑み込まれ埼玉まで連れ去られた模様です(>_<)

16:05現在の自鳩舎の帰還は、96羽中43羽が帰還しています。

帰還鳩リストはこちらをご覧下さい。

今日は、これから審査に向かい、審査終了後、従兄弟との集まりがありますから、更新作業は明日行ないますねぇ〜〜(^_-)-☆
200Kレース・・・・福島県四ツ倉

餌の量・・・・帰還時に小粒飼料を羽数×17gの7割

夕方・・・羽数×17gの
7割

餌の内容・・・・小粒飼料100%

飲水器・・・・
呼吸器系薬(ディスインフェクションミックス

しかし、あまりの帰還の悪さに、愕然とさせられます。

連合会序列は、こちらから・・・
10/16
(土曜日)


福島県四ツ倉からの200Kレース持ち寄り日は、朝から爽やかに晴天


いつもは持ち寄り日には飛ばさないのですが、気合い一閃!!した昨日に続き、30分だけの強制舎外を行いました。

30分だけの強制舎外!!
持ち寄り日の舎外としては、最高の飛びをし
てくれました
(#^.^#)


目玉風船を下ろしたと同時に、次から次へと、上空を飛んでいた鳩は、屋根に降りてきました。

トラップは、1時間は閉めきってありますから、その後は、インターバル舎外をおこなって6:40にはトラップを開けましたから、順に入舎させて終了です。

8:15に朝の餌を羽数×17gの5割を与え、お昼12::00に羽数×17gの8割を与えました。

その後、3時より鳩を籠に詰め始め、距離が延びるので、主翼の10枚目欠落鳩、9枚目6分鳩のチェックを行いながらの作業となりました。


舎外・・・・気合いをいれる為の強制舎外30分だけ

餌の量・・・・変則給餌の持ち寄り日

   朝)羽数×17gの5割

  お昼)羽数×17gの8割


餌の内容・・・配合飼料40%トウモロコシ50%、大麦10%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

持ち寄りリストはこちらから
例年だと、300Kレースまでは、主翼の8枚目、9枚目、10枚目欠落を気にせずにレースへ出しているのですが、今年は、羽数に余裕があるので、10枚目欠落、9枚目6分の鳩は、200Kレース以降には参加させない事にしようかなぁ〜〜と、思案中です(*^。^*)

ダービー脚環を除き・・・・ですが!!

10枚目欠落鳩は、これまでと同様にレースへは参加させません。10枚目が半分以上伸びてきた頃(約一ヶ月)には最終レースですから、仕方ありません。
10/15
(金曜日)


案の定、今朝は雨でしたが、予定通り、強制舎外で鳩を飛ばしこみました。いつもならば、5:30から飛ばせるのですが、雨で空が暗すぎたので、5:50からの舎外となりました。

久しぶりに、目玉風船を見せられた鳩は、勢いよく飛びましたねぇ〜〜(#^.^#)

重く暗い雨の降る朝でしたが、しっかりと飛んでくれましたね(#^.^#)

猛禽も襲撃してきませんでした。

小雨から徐々に強くなった雨にもめげずに、しっかりと45分間飛んでるのを確認してから、目玉風船を下ろして市場へ仕入れにでかけました。

8:20には青果市場からもどり、朝の給餌を行いました。久しぶりに気合いを入れたので、明日、持ち寄りということも頭に入れて、餌もちょっと多めに、羽数×19gを与えました。

全量を、ガツガツ状態で食べきってくれました。

舎外・・・・気合いをいれる為の強制舎外40分から1時間程度

餌の量・・・羽数×19gを朝、夕方、羽数×19gを与えました。

餌の内容・・・配合飼料40%トウモロコシ50%、大麦10%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器



昨日、4日目帰還した鳩は、副翼を猛禽に抜かれ、骨と皮だけでの帰還でしたから、水は飲むものの、餌は食べていません。今夜も魔法の箱に入れて、休養をとらせています。

水の変わりに、スポイトを使い赤ちゃんの飲む暖かいミルクを強制的に入れてあげました。

おそらく春季レースでも使うことはできないでしょうが、強い意志と、気力で買えって来た鳩ですから、大切に回復を待ちます。
10/14
(木曜日)

今朝も、5:30からの鳩なり舎外でした。

早く降りてきた鳩は、30分程で鳩舎の屋根に・・・・

残りの鳩達は、1時間以上飛んでから入舎したようです。



予報を見る限り、予定通り10/17(日曜日)にレースが行われる異様なので、明日は、雨の予報ですが、鳩に一発!!気合を入れるために!!強制舎外で1時間飛ばしこみます。


なんと!!今日の夕方に4日目帰りの鳩を発見!!ラーッキーの周りをウロチョロしていたので、最初は迷い込みだと思ったのですが、掴まえてみると・・・・我が家の鳩でした。がりがりの状態での帰還です。良く頑張って帰ってきました。

今夜は魔法の箱に入れましたが、夕方は水も飲めない状態だったので、果たして明日まで生きているかどうか心配です・・・<m(__)m>


舎外・・・・鳩なり舎外(何分でも構いません)

餌の量・・・羽数×17gを朝、夕方、羽数×17gを与えました。

餌の内容・・・配合飼料60%トウモロコシ40%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

前回の100Kレースでの帰還の仕方は、どうにも気にいりません!!

師匠とも話しをしたのですが、足を引っ張る鳩!!これが多過ぎるのだと・・・

集団で行動しようとする鳩は、まるっきり違う方向に飛んでいった鳩に混ざると、そのまま行ったきり帰還しないという現象が起こります。

きめ細かい管理を(訓練、舎外)を行っていなかった鳩舎は、2割帰還、3割帰還になったのではないかと・・・師匠は分析していました。

それもあるでしょうが、気合が足らない鳩に、一発の強制舎外も効果があるものです(*^。^*)
10/13
(水曜日)

分速1100m前後のレースの場合には、二日間舎外をストップして休養に努めます。

猛禽の襲撃の心配ない所では、鳩なりで、飛ばしてもいいのでしょうが、猛禽類に襲撃されると疲労が抜けるどころか、更に疲労困憊という結果になります。

今日は一日我慢でした(^_-)-☆

明日からは、普通に舎外を行います。とりあえず、鳩なり舎外で飛ばして様子をみます。

今朝も、2羽の鳩が帰還しましたが、一羽は、感知漏れの鳩のようです。


舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17gの9割を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・小粒飼料100%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

3日目の朝に帰還した鳩は、ボロボロです^_^;

今シーズンは、ストップです。

翌日帰還した鳩、3日目帰還した鳩は、
こちらから
10/12
(火曜日)


さてさて、今朝は5:00から鳩舎掃除を開始して、6:30には市場へ出発しましたが、それまでの間に、翌日帰りの鳩の帰還はありませんでした。

市場での仕入れが終わり、朝の給餌に鳩舎に戻った際に、7羽の鳩が帰還していました(#^.^#)早い鳩は、7:00前に2羽帰還していたようです。

その後、配達作業に出かけて、戻ってきた際には、114羽まで打刻羽数が増えていました。

二日間休みだったので、今日はちょっとだけ忙しい午前中でしたが、13:00にはお昼を食べて一服(^_-)-☆

鳩舎に行ってヴィクトリー時計を除いてみると、124羽の打刻となっていました。(最終確認は、16:40です)

67羽の未帰還があったので、22羽が翌日に帰還してくれて、「ホッ」と一安心です(*^。^*)


舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17gの8割を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・小粒飼料100%

飲水器・・・・ビタミン投与



翌日帰還した鳩は、今シーズンストップさせます(^_-)-☆

次回レースに、参加させてしまうと、主翼にフレットが出現し、羽根が折れやすくなります。
また、翌日帰還した鳩の疲労は目に見えませんが、かなりの疲労度ですから無理をせずに来春のレースに期待しましょう(^_-)-☆

10/11
(月曜日)
体育の日


100K
レース当日

お休みだというのに、今朝も早くから起きて、鳩舎掃除を行いました。

放鳩地にいる放鳩者から電話があり、、天気は問題なし
気温も低くないので、7時〜7時30分の間に飛ばせるであろうと・・・・・

気合を入れて鳩を待つ準備を完了したのが、8:00でした(^_-)-☆

南西の風がそよそよと肌に感じる絶好のレース日和(#^.^#)

分速1500mである9:00から外で待機して鳩を待ちました。

しかし、待っても待っても鳩は帰還しません^_^;分速が1250mをきった時点で、嫌な予感・・・・・・・

天気が良くて、予想していた分速との差が大きい場合の帰還は、決まって悪い^_^;

それでも分速が、1100mには帰還するであろうと、空を眺めると1羽の鳩が帰還したのを確認!!!!入舎する前に後続5羽が帰還しました。



9:35から10:30頃までは、順調に帰還していたのですが、途中からピタッと帰還が止まり、一羽づつがポツリ、ポツリと・・・・

結局!!夕方までに、102羽が帰還してレースは終了でした。
100Kレース・・・・福島県新地

餌の量・・・・帰還時に小粒飼料を羽数×17gの7割

夕方・・・羽数×17gの
7割

餌の内容・・・・小粒飼料100%

飲水器・・・・
呼吸器系薬(アモキシシリン)

100Kレース自鳩舎序列30傑はこちらから・・・・・



100Kレース結果リストはこちらから

想像していた通りの帰還とはいかずに納得できませんが、これも!!レースなんですよねぇ〜〜(>_<)

審査会場に到着すると、重苦しい雰囲気^_^;・・・・やはり皆さん帰還が悪く、これからどうするんだベェ〜〜・・・・という感じでした。

平均帰還率6割でしょうか。
それでも、大船渡は良い方だったみたいです。

2割、3割といった連合会も沢山あったみたいです。

パソコンの調子が悪く序列確定は手計算だったので、今回はパスしました。
10/10
(日曜日)

今朝、鳩舎管理を行なっている間は、結構強い雨が降っていたのですが、8:30頃より小降りになり、午前中には、すっかり天気は回復
予定されていた町民運動会は、グランドコンディションが悪く、今年は中止となりました。

舎外は、持ち寄り日の為、お休み!!猛禽類に追われることも無いので、ストレスもありませんから、しっかりと餌を食べさせて参加させてやります。

餌の喰いは、ガツガツ状態(#^.^#)どの鳩も元気に餌を食べてくれました。

朝の給餌時間は、7:00、お昼の給餌時間は、13:00でした。

その後、鳩舎内で、のんびりと過ごさせて、持ち寄りを開始したのが、15:20からでした。

一羽、一羽、チェックしながら、169羽の持ち寄りですから、16:40までかかりました(^_-)-☆オオタカに怪我をさせられた鳩一羽をストップさせました。

舎外・・・・持ち寄り日はストップ!!

餌の量・・・・変則給餌の持ち寄り日

   朝)羽数×17gの5割

  お昼)羽数×17gの8割

※・・・・朝)お昼)共に全量を綺麗にガツガツ状態で食べきってくれました。

100K、200K、300Kまでは、持ち寄り時に餌をガツガツでOKですが、メインレースとなるレジョナル、菊花賞の際には、ガ!ツ!ガ!ツ!・・・・というように、ゆっくりと餌を食べるように調整していきます。

餌の内容・・・・トウモロコシ50%、大麦10%、配合飼料40%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

久しぶりの持ち寄り作業の為か?パソコンの状態が思わしくなく、持ち寄り作業に時間がかかりました。

遅い帰宅だったので、更新作業はお休み^_^;

昨夜持ち寄った鳩のリストは、こちらから(^_-)-☆
10/9
(土曜日)

今朝は、5:30より鳩を舎外に出して飛びを暫らく眺めていたなら、鳩よりも高い位置からの猛禽の襲撃に、若鳩達は、パニック<m(__)m>

横一線になり、逃げるどころではなく、急降下をしながら、猛禽の襲撃を、かわすので精一杯でした。一羽はぐれた鳩が杉山に隠れたところを襲われ・・・・・そのまま姿が見えなかったので、おそらく・・・・(>_<)

そんな事があったのですが、鳩は鳩舎から見えないところで飛び続け、1時間経過したところで姿を見せてくれました。

8:20頃に市場より戻り、給餌を行ないましたが、どの鳩も元気良くガツガツ状態で餌を食べてくれていました。

朝焼け(#^.^#)が綺麗だったけど、猛禽の襲撃には参りました。寒くなってきたので、しつこさが増してきています。

100Kレースが終了したなら罠を仕掛け対処予定です。

舎外・・・・鳩なり舎外(何分でも構いません)

餌の量・・・羽数×17gを朝、

    夕方は、羽数×20gを計量して食べさせようとしたのですが、結局、羽数×17gしか食べませんでした。

餌の内容・・・・トウモロコシ50%、大麦10%、配合飼料40%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器


いよいよ秋季レースの始まりです(*^。^*)

初戦となる100Kレースですが、気を抜かずにしっかりと調整を行なってきました。

最終訓練80KI後に、アデノウィルス症状が発症したものの、昨年までとは比べものにならないほど軽症であった為に、100Kレースにも参加することができます。

10/8
(金曜日)

朝から小雨が降っていたのですが、予定通り舎外を行いました。

舎外時間は、10分の鳩もあれば、20分で降りて来た鳩あり、1時間以上飛んでいた鳩有りと色々でした(^_-)-☆

やはり状態の完璧に戻った鳩と、まだ完璧ではない鳩とがいるようですね。

秋季レース初戦は、10/10(日曜日)持ち寄り10/11(月曜日)に決定です。

明日も天気予報では、雨の予報ですから舎外を止めたいところですが、レース前なので、雨でも飛ばします。

持ち寄り当日は、猛禽に追われて、給餌時間までに入舎せずに餌を食べれない鳩がでるので、舎外はおこないません。

舎外・・・・鳩なり舎外(何分でも構いません)

餌の量・・・羽数×17gを朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ50%、大麦10%、配合飼料40%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

雨の舎外について・・・・午前中であれば、ザンザンぶりの雨では無い限り、舎外を行っても大丈夫です。

ただし、持ち寄り前日までです。

持ち寄り当日に、雨であった場合には、絶対に飛ばさないでくださいね。

レースに向かわせる為の調整は前日まで終了させます。
10/7
(木曜日)

秋季レース初戦となる、100K(実距離150K)レースは、完全に延期となりそうな気配です(^_-)-☆

早くて、持ち寄りが10/10(日曜日)放鳩10/11(月曜日)になりそうですね。

天気予報が更新されるたびに、予報がコロコロと変わっていますから、またまた延期の可能性もありますが・・・

今朝は、延期と判断したので、舎外はストップ!!鳩を休ませる事にしました。明日と、明後日の二日間舎外を行えば、100Kへ向かう調整は充分ですから、病後の回復に努める意味でのお休みでした(#^.^#)

舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17g
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ50%、大麦10%、配合飼料40%

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水器

鳩舎内の雰囲気は、前回の鹿島台からの訓練帰還時と比べると、雲泥の差です。

怪我には強く、病気に弱い(ウィルス)鳩は、デリケートな生き物です。


10/6
(水曜日)

病み上がりに行なった舎外は、鳩なりで飛ばしたのですが、猛禽に追われたこともあり、1時間40分の舎外となりました。

鳩舎内の入った鳩の様子を観察していたのですが、疲れてガオッテいる鳩はいませんから、週末に行なわれるレースには問題なく参加できるでしょう(#^.^#)

全鳩が水浴びを行い、良いリフレッシュになったと思います。

疲労困憊な鳩や、病気の鳩は、好んで自ら水浴はしないのですが、全鳩が水浴びをしてくれたので、一安心です(*^。^*)

夕方の飲水器は、呼吸器系薬(ディスインフェクションミックスを取り除き、
整腸剤を与えたので、真水と交換しました。

舎外・・・・鳩なり舎外(何分でも構いません)

餌の量・・・羽数×17gを朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ50%、大麦10%、配合飼料40%

飲水器・・・・
呼吸器系薬(ディスインフェクションミックス

神の声・・・
・連日の抗生物質投与で、鳩の良い腸内細菌が失われている可能性があるので、ビオフェルミンS錠を鳩に与えると効果絶大とのお告げがありました(#^.^#)

更に、高麗人参を与える事により免疫力がアップするとの事です(#^.^#)

感謝!!感謝!!のアドバイスでした。

鳩を、なるべく早く治そうとして焦るあまり、大事な事を忘れていました^_^;

良いタイミングでのアドバイスでしたから、直ぐに実行し鳩に与えました。

昨日、あたりから吐き始めた鳩舎では、次回のレースに参加する事は、難しくなると思います。

更に、ジャンプで参加するというのは、若鳩には厳しいので、レース中断も余儀なくされる可能性もあります。

レースが一週間延びてくれれば、何とか間にあうでしょうか・
10/5
(火曜日)

朝は、晴れていたものの、お昼頃より雨が降り出し、その後は晴れたり降ったりの天気となりました。

今日も舎外は、お休みです。週間天気予報によれば、土曜日まで晴れそうなので、10/9(土曜日)放鳩が濃厚となってきた秋季レース初戦です。

土曜日のレースだと仮定すると、明日も舎外はストップさせても大丈夫ですが、10/7(木曜日)一日だけの舎外ではイマイチ不安なので、明日は飛ばします。

鳩舎内の若鳩達は、すこぶる元気になっていますから、明日から舎外を行っても大丈夫でしょう(#^.^#)


糞の状態も良くなりましたし、餌の喰いもガツガツ、吐いている鳩は一羽もいません。

いかに予防が大切か・・・予防していない鳩舎では、まだゲロゲロ状態が続いているそうです。


舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17g
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・トウモロコシ50%、大麦10%、配合飼料40%

飲水器・・・・
呼吸器系薬(ディスインフェクションミックス
通常!!予防をしていないでアデノウィルスに感染すると、快方に向かうまでに3週間はかかります。

3週間経過しているうちに、レースは進んでいきますから、無理に参加させてしまうと、鳩を失う事になります。

ここ数年、この病気によりバタバタと鳩を落とす鳩舎が増えています。

しっかりと、予防をしておけば回復も早い様です。
10/4
(月曜日)

雨の予報は、ピタリとあたり、今日は一日中雨が降っていました。強い雨ではなかったので、仕事もや鳩の管理には影響無しでした(#^.^#)

雨で訓練の3日目帰りは無いので、トラップを閉めてサッシの部分だけは開放しておいたところ、感知漏れが5羽もいて、結局178羽参加の170羽の帰還となりました。

翌日帰還した鳩の脚環番号をチェック!!昨日帰還した6羽は、状態を観ながらの参加となりますが、今シーズンストップが得策でしょう。

明日も天気は晴れますが、休養!!舎外は、お休みします。

今週から4連合合同会主催のレースが始まります。今のところの予報では、放鳩予定日の10/10(日曜日)は曇りの予報ですから、前日の10/9(土曜日)放鳩か?10/8(金曜日)放鳩になるかもしれないので、それに合わせた管理と調整を行ないます。


舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17gの
9割を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・小粒飼料50%、大麦10%、配合飼料40%

飲水器・・・・
呼吸器系薬(ディスインフェクションミックス
連日、薬を投与していますが、鳩の身体に悪いのでは?・・・・(#^.^#)
菌を殺しているだけですから、大丈夫!!心配ありませんから、しっかりと治してからレースに参加させましょう。



昨日は、止まり木からゆっくり降りてきて、ささっと餌を食べて止まり木に戻ってしまう鳩もいたのですが、今日は、一羽の鳩を除き、全鳩が全量の餌を食べきってくれました。

(昨日、うしろ姿で止まっていた鳩だけが夕方餌を食べない)

実距離150Kを飛びきる体力が回復したかどうかは?水曜日の舎外の様子を見て判断します。

10/3
(日曜日)


最終訓練翌日

今朝は雨の予報だったのですが、夕方までは天気が持ってくれて、翌日帰還の鳩が6羽いました(#^.^#)

当日帰還するような勢いで鳩舎に降りてくるのではなく、フワフワの状態での帰還ですが、気力をふりしぼっての帰還は、明日につながる帰還となるでしょう。

今回、翌日帰還した鳩は、明日!!番号チェックをして、秋季レースには使用しません。若鳩での翌日帰還は、主翼にフレットが入ってしまう事が多く、目に見えない疲労が蓄積されていきます。

しっかりと換羽を仕上げてやれば、来春の活躍を期待できる鳩に成長します。
何といっても、気力と強い意志力により、単独飛行で帰還した若鳩ですから!!
ゆっくりと成長させてあげます(^_-)-☆

完璧な予防を施していても感染したアデノウィルス症状は、軽度のようです。

250羽前後の若鳩が選手鳩鳩舎内にいますから、どれが感染していて、どれが感染していないのか・・・ま!!予防していた分、回復は早いでしょう(#^.^#)



舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17gの
8割を朝、夕共に与えました。

アデノウィルス侵入の為か、餌の喰いはガツガツでしたが、全量は食べきりませんでした。

餌の内容・・・・小粒飼料100%

飲水器・・・・
呼吸器系薬(アモキシシリン)

ここ数日間は、舎外をストップさせて様子を見ます。

人間で言えば、いわゆる風邪の症状ですから、免疫力を高めてやれば良いという事なそうで、「休養に勝る妙薬無し!!」です。

合併症予防で、呼吸器系、サルモネラ系の薬は投薬を行ないます。

製造が中止となったインターフェロンが一番効果があったのだとも聞きますが、無いものは仕方ありません。

昨日のニュー三陸連合会の80K訓練での帰還率は、90%以上だったのですが、気仙沼地域、本吉地域では、アデノウィルス症状での被害が大きく、昨日の宮城県名取市からの訓練では5割帰還だと訊きました。

今シーズンの参加を取りやめた鳩舎もあるそうです。

会館の消毒、放鳩籠の消毒、アスゾール&インフェック投薬による予防効果で何とかここまできましたので、気を抜かずに管理を続け、来週からか始まるレースに備えます。


10/2
(土曜日)

80K訓練


放鳩地である宮城県鹿島台には、6:00に到着したとの報告があり、天気はバッチリ!!晴れているとの事だったので、7:15前後の放鳩を支持!!

鳩舎掃除を行い、市場で仕入れをしていると、鳩仲間から8:02頃に帰還したと・・・・(#^.^#)

さっさと仕入れを済ませて、一旦鳩舎に戻り、ヴィクトリー時計をのぞいて見ると、77羽が帰還していました。

外に出て、鳩の帰還を見ていると、8:30までに128羽が帰還しました。

その後、一旦!!配達へ・・・1時間後に再び鳩舎へ戻ると138羽に増えていました。そして、三度配達へ・・・・更に1時間経過した頃に鳩舎へ戻ると、150羽が、帰還していました。

それからは、一羽ずつしか帰還せず、帰還羽数が中々増えていきません。

最後に帰還した鳩の時刻は、17:59でした。結局178羽参加の当日、159羽の帰還でした。

明日の帰還を期待しましょう(#^.^#)


訓練・・・・宮城県鹿島台80K訓練

餌の量・・・・帰還時に小粒飼料を羽数×17gの7割

夕方・・・羽数×17gの
7割

餌の内容・・・・小粒飼料100%

飲水器・・・・
呼吸器系薬(アモキシシリン)

小粒飼料を与えたのには、理由があります。帰還してからの鳩の様子を見ていると、どうも元気がイマイチありません。

元気ハツラツの鳩9割と、ボケッとしている鳩1割がいます。

完全だと思っていたアデノウィルス対策ですが、抗体のできなかった鳩もいたようです。

重症にはならないでしょうが、肉落ちをさせたくないので、小粒飼料を与えた次第です。

来客があり、鳩バカ日誌の方は明日!!更新します(#^.^#)
10/1
(金曜日)

見事に天気予報がはずれて、朝からバッチリと晴れです。

やはり高気圧に覆われてきたので、晴れましたネェ〜〜。個人訓練であったなら訓練決行でしたが、連合会訓練ですから延期しかなかったのです(@_@;)

いい加減な天気予報に呆れてしまいます<m(__)m>

今朝は、鳩なり舎外で1時間は飛んだのを確認してから、市場へ・・・


状態が良いのですねぇ〜〜今日も良い飛びです(*^。^*)


本来であれば、持ち寄り当日は、舎外を行わないのですが、昨日、持ち寄り予定であった為に飛ばさなかったので、今日は舎外を行い鳩をひと叩きしての参加です。

連合会の会館に持ち寄った時点では、各鳩舎とも病気の発生は無いとの事_(_^_)_しかし・・・・これまでの経験上!!今から必ず発生してきます。

明日の訓練が、ちょっと心配になってきました。

舎外・・・・鳩なり舎外(何分でも構いません)


餌の量・・・・朝)羽数×17gの5割、

お昼に羽数×17gの8割



餌の内容・・・大麦1割、配合4割、トウモロコシ5割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

平山師匠から電話があり、鳩舎内で鳩が餌を吐いたと・・・・

やはり、感染してしまったようです。恐ろしいアデノウィルスです。

師匠は予防の、アスゾール&インフェック投与を行なっていなかったので、重度にならなければ良いのですが・・・33羽の内3羽だけを訓練に参加させるとの事でした。
9/30
(木曜日)

持ち寄り予定日だったので、舎外はお休みさせて、鳩舎掃除を行い、天気予報を見てみると・・・・なんと!!訓練予定の明日の天気が、ガラッと変わり、雨のち予報に変わっているではないですか<m(__)m>

天気図を見てみると、高気圧に覆われてくる感じなので、晴れるのでは(@_@;)とも思ったのですが、予報は雨マーク^_^;さっぱりあてにならない天気予報です。

一応、持ち寄り日の変則給餌を行い、次に出される予報を待つことにしましたが、お昼の時点で中止を決断!!一日延ばして、明日の持ち寄り、土曜日放鳩という事にしました。

明日は、持ち寄り日ですが、本日、舎外を行っていないので、鳩を飛ばすしかありません。(雨であったら飛ばしませんが・・・・)

鳩を楽させてから持ち寄っていたのでは、鳩の帰還が悪くなります。

曇り空であったなら、鳩なり舎外で飛ばしてから給餌を行い、持ち寄りたいと思います。


舎外・・・・持ち寄り予定だったので、舎外ストップ

餌の量・・・・朝)羽数×17gの5割、

お昼に中止の連絡を入れた後で、羽数×17gの8割

・・・・・・夕方)羽数×7.5g

餌の内容・・・大麦1割、配合4割、トウモロコシ5割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

鳩の状態は、バッチリ!!

ここまで、順調に来ているので、ここで、しくじる事の無いように!!
連合会の鳩も、沢山残っていますから、天気の回復を待ち、飛ばす事にします。


9/29
(水曜日)


朝は、めっきりと寒くなってきました。日の出も遅くなり、東側の山の麓にある我が鳩舎に太陽が当たり始めるのは、6:30過ぎてからになってきました^_^;

それでも、今朝は天気が良かったので、5:25に鳩を出舎さえて飛ばしました。

飛ばし始めから、急は勢いのある良い舎外でしたが、いつもの如く、ハイ鷹の襲撃に遭い・・・・・<m(__)m>



早く逃げ帰ってきた鳩は、15分程度、次が30分程度、最終まで飛んでいた鳩は、1時間以上飛んでいたようです。


8:15に市場の仕入れから戻り、水浴のタライに水を入れて、魚問屋に仕入れに・・・

舎外・・・・鳩なり舎外(何分でも構いません)

餌の量・・・羽数×18gを朝夕2回

餌の内容・・・・大麦1割、配合4割、トウモロコシ5割

飲水器・・・・
玄米黒酢入り飲水器

水浴・・・・全鳩が浴びていました。

※鳩が水浴びをしたかどうかを、判別する方法は、脚の指を見てみると、水浴びをした鳩の脚は、綺麗に脂粉が取れて、赤い色をしているから直ぐに判ります。


夕方、暗くなってから、1羽、また1羽と帰還した若鳩がいました。
今朝の舎外時に、猛禽に追われた鳩が、帰って来たのです。

どこかに隠れていて、鳩舎に戻ったのか?ぶっ飛んで行き、夕方に戻ったのか?

秋の日暮れは釣る瓶落としといわれます。

昨年、午後も舎外を飛ばして夜間飛行という大失敗をしたので、今年は朝の舎外しか行なわないで、調整、仕上げでレースに参加させます(#^.^#)
9/28
(火曜日)

今日は一日中
この間の台風の時よりも強い雨が一日降り続きました。

明日は朝から晴れの予報が出されていますから、舎外を行います。当然!!猛禽の襲撃はあるでしょうが、ここまで来てビビッていられません(^_-)-☆

最終訓練日は、雨の予報が出されていますから、金曜日10/1に行なう段取りをしたいと思っていました。

・・・・金曜日に最終訓練80Kを行うとすると、明日あたりから、餌をちょっと多めに与えていかなければなりません。

距離が伸びる分だけ、9/29(水曜日)羽数×18g、、9/30(木曜日)羽数×19g、の餌の量を与えて持ち寄る様にします。

最終訓練が終了した当日から、2010年秋季レース必勝法が本格的に始動します。
餌の与え方、舎外、餌の内容、水浴び、薬の使用法、微妙に調整しながら、向かうレースに合わせて微調整しながらの、仕上げです(#^.^#)

舎外・・・・雨で舎外ストップ

餌の量・・・羽数×17gの量を朝)夕)与えました。

餌の内容・・・大麦2割、配合3割、トウモロコシ5割

飲水器・・・・
ビタミン投与

レースが近づくにつれて、与える餌を増やしていきますが、距離の短い100K、200K、300Kレースまでは、めいっぱい増量して食べさせる事はしません。

舎外時間にもよりますが、MAXで羽数×20g〜22gまでの量です。

20gを5日間以上与えると、餌の喰いは止まり、ピークになってしまい、後半のメインレース時には、コンディションガ下降線をたどります。

微妙な餌の調整に注意してご覧下さい(#^.^#)
9/27
(月曜日)

今朝は5:25に出舎させましたが、鳩は、全然飛ぶ気が無し(@_@;)

あれぇ〜〜昨日の訓練疲れかなぁ〜〜(@_@;)・・・・・と思っていたなら、今日は低空飛行でオオタカの襲撃に遭い、鳩は一挙に舎外モードに切り替わり、結局1時間飛んでから、鳩舎に降りてきました(^_-)-☆

鳩なり舎外の期間ですから、病気で無い限り、全然飛ばなくても構わなかったのですが、楽のできない飼育環境なので、仕方ありません。

鳩仲間から電話があり、「何羽かが餌を吐いていた」と・・・。

アスゾール&インフェックの同時投与をして参加していた訓練期間ですから、症状は重くはなかったようで、餌の喰いは良く、それ程心配しなくても良いようです。

舎外・・・鳩なり・・猛禽に終われる前は、飛びたくない素振りでしたが、襲撃されてから、1時間飛びました。

餌の量・・・羽数×17gの8割を朝)夕)与えました。

餌の内容・・・大麦2割、配合4割、トウモロコシ4割

飲水器・・・・
呼吸器系薬(アモキシシリン)

鳩サミットの際に、新井繁氏より伝授された帰還時には、呼吸器系薬を投与する方法を、試しています。

レースに突入すれば、更にアモキシシリンを多く使用して参加させるようにします。

9/26
(日曜日)


朝から、バッチリと冷えこんだ空気につつまれ、綺麗に晴れわたった訓練日となりました。

放鳩地である宮城県中田町に到着してスタンバイを完了させてから、放鳩者より電話があり、7:00に放鳩の指示をだしました。

中田町は、濃霧が出やすい地域でありますが、今日は、見事に朝から晴天(#^.^#)

鳩が帰還したのは、トップ帰還鳩で8:02でした。約5分〜10分で参加した鳩の9割が揃うという近年、稀にみる帰還となりました。

他鳩舎の帰還状況を聞いても、どこも9割以上の帰還率だったようです。

来週日曜日の鹿島台からの最終訓練80Kも、今回同様に天気に恵まれてほしいものです。

訓練・・・・宮城県中田町50K

餌の量・・・・帰還時、羽数×17gの7割
       夕)朝と同じ

餌の内容・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・
コクシジウム投与

昨年は、アデノウィルスの症状が出ていたので、中田町訓練を一度持ち寄りしましたが、訓練中止を決定しました。

今年はここまで順調!!

レースを行っている人数は、少ないのですが、鳩の連合会参加羽数は、ここ数年なかったほど多いのが嬉しいですね。
9/25
(土曜日)
台風の影響で、ザンザン振りの雨と風で、舎外はできる状態ではなく、予定通りストップさせて、鳩舎掃除を行ってから、給餌を行いました。

持ち寄り日なので、いつもの如く、朝の給餌は、羽数×17gの5割を与えました。

午後1:15に2回目の給餌・・・・羽数×17gの8割を与えて、それから1時間経過してから、鳩を放鳩籠に詰め始め、4:00には会館に到着(#^.^#)

中央クラブの方達の、チップ登録作業を行いました。

夕方、5:00頃より雨もあがり、薄っすらと夕焼けが綺麗でしたから、明日は完全に晴れ

良い訓練日和となるでしょう。

舎外・・・・雨で舎外ストップ

餌の量・・・・朝)羽数×17gの半分、
出かける用があったので、午後2時に羽数×17gの8割

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・・
コクシジウム投与

今年は、アデノウィルス症状が、どこの鳩舎でも見られませんから、鳩の在舎数が何年ぶりかに多く、チップ登録作業は、3回に分けて行っています。

明日は、訓練モードにてヴィクトリー時計の検査を行ないます。
9/24
(金曜日)

案の定!!今朝の舎外は、壮絶なものとなりました^_^;5:35に飛ばして直ぐに、猛禽の襲撃!!なんと!!次から次と現れて、高度は違えど4羽の猛禽が鳩達を襲って、60羽前後の集団になり、チリジリに逃げて姿が見えなくなってしまいました。

<m(__)m>かぁ〜〜〜〜<m(__)m>・・・・・何とも・・・・<m(__)m>でした。

気を取り直して、鳩舎掃除をしていると、屋根に鳩が降りてくるのが分かる程の勢いでドタン、バタンと・・・・

6:30には、全体の3割がトラップ前に帰還していましたが、あとの鳩達は、依然として姿が見えませんでした。

市場へ行かなくてはならない時間になったので、トラップを開放してから出発

8:00に鳩舎に戻ってきて給餌を行なう時にも、何だか羽数が足りません^_^;

とりあえず給餌をしていると、屋根に落ちる強烈な音がして、バタバタと入舎して来た羽数は、30羽程だったでしょうか・・・・
舎外・・・・早く降りて来た鳩は、20分、長く飛んでした鳩は、3時間ほど飛んだでしょう。

餌の量・・・羽数×17gを朝)夕)羽数×17gを計量しましたが、羽数×15gしか食べませんでした。(朝、夕共に)

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割


飲水器・・・・
コクシジウム投与

水浴・・・・しっかりと全鳩が浴びていました。

猛禽に強烈に追われたせいでしょう。ストレスから餌の喰いが落ちました。

水浴びをさせてリラックスさせたのですが、夕方の餌の喰いもイマイチ^_^;

ま!!明日は舎外をしないで、50K訓練に、持ち寄りますから心配は無いでしょう。

明日の持ち寄りの給餌法は、いつもの通り、朝)羽数×17gの5割、お昼)羽数×17gの8割を与えます。


9/23
(木曜日)

昨日と同様、今朝も強烈な雨が降っていて舎外は行なえず^_^;

市場がお休みだったので、7:00から鳩舎掃除時を開始して、8:40までに、わらわらと動き回り、終了させました(#^.^#)

7月の梅雨時とは違い、一階部分のコンクリートが、湿っぽく無いので、雨が降っていても掃除は楽チンです。

選手鳩は、朝は、羽数×17gの餌を全量食べたものの、さすがに、二日も舎外を行わないので、夕方は、羽数×14gしか餌を食べませんでした。

明日は晴れの予報が出ていますが、猛禽襲撃が恐ろしい舎外となりそうです(^_-)-☆

舎外・・・・舎外ストップ

餌の量・・・羽数×17gを朝)
     ・・夕)羽数×14g

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割


飲水器・・・・
コクシジウム投与

訓練が開始されてからは、毎日天気予報を注意深く観る様にしています。

前線の動き方、気圧配置等を頭に入れて、レース予定日を計る練習をしています。

雨でずれ込む日程を上手くよんで鳩の調整を行なわなくては、勝利はありません。
9/22
(水曜日)

今朝は朝から、ザンザン降りの
で、舎外はストップでした(#^.^#)

早い時間から、鳩舎掃除時を開始して市場へ・・・・・

ここ最近は、6:30までに全鳩が入舎しないので、一旦市場へ仕入れに行き、青果の仕入れが終了してから給餌をするので、8:15に鳩舎に戻り、餌を与えました。

舎外を行わないので、通常は、羽数×15gなのですが、こんどの日曜日に、50K訓練があるので、羽数×17gの量を、朝)夕)と与えました。


舎外・・・・舎外ストップ

餌の量・・・羽数×17gを朝)夕)

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割


飲水器・・・・
コクシジウム投与

コクシジウムは、定期的に投与する方が鳩にとって良いようです。

一ヶ月に一度か、2ヶ月に一度投与すると、糞の状態は、コロコロです(*^。^*)

この時期は、迷い込み鳩が進入してきます。その際に迷ってきた鳩がコクシジウムオーシストを鳩舎内にばら撒くと、自鳩舎の鳩が感染する可能性があるからです。
9/21
(火曜日)

今朝、起きてみると、道路が濡れていたので、昨夜は雨が降ったんですネェ〜〜(^_-)-☆

昨夜は、綺麗な月が出ていたのですが・・・・・

5:20より鳩なり舎外を行ないました。今朝は、50分で降りてきた鳩、その後も勢い良く飛んでいた鳩と色々でした。

8:30に給餌をする際には、全鳩が入舎していました。昨日、軽めの餌を与えていたので、今日の餌の喰いは、いつもに増してガツガツ状態で食べきり、コンディションの良さは変わり、ありません。

今週末は、今回できなかった50K訓練を再び行なう予定ですから、餌の量は、羽数×17gを朝)夕)と与えながらの、鳩なり舎外です。


舎外・・・・鳩なり50分〜??

餌の量・・・羽数×17gを朝)夕)

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器


換羽の進み具合をチェックしておいて下さい。

1番仔は、8枚目が伸びきり、9枚目が落ちている鳩もいるようです。訓練の時には距離も短いので、それ程鳩に影響はありませんが、200K以上のレースであると、鳩に相当の負担がかかる事は間違いありません。

主翼8枚目、9枚目、10枚目が欠落している鳩は、200K以上のレースは見合わせるのが、良いのですが、どうしても参加させてしまうのが、レースマンです。
9/20.
(月曜日)

昨夜は、50K訓練の持ち寄りをしてから、大船渡北クラブ参加鳩のチップリング登録もあり、持ち寄りから、終了するまでに5時間も時間がかかりました^_^;

我が鳩舎の鳩が一番羽数が多かっただけに、皆さんに手伝ってもらい感謝(^_-)-☆感謝(^_-)-☆でしたぁ〜〜。

さて、50K訓練は、現地まで行ったものの強烈な濃霧で放鳩場所を内陸から、海側へと移動させて待機しましたが、雨は降らないものの、太陽が顔を見せません(>_<)

期間地である大船渡は、薄日もさすのですが、放鳩地から期間地までの空は、今にも雨が降り出しそうだと・・・・

仕方なく、大船渡から10K手前まで戻ってきて放鳩しました。

鳩は、全鳩が帰還したもようです(#^.^#)
舎外・・・連合会訓練

餌の量・・・帰還時(参加鳩の8割〜9割以上が揃った時点)に、羽数×17gの7割の量を与えます。

夕方)・・羽数×17gの7割

餌の内容・・・大麦5割、配合3割、トウモロコシ2割

飲水器・・・
ディスインフェクションミックス

購入方法はこちらから・・・

2010年全国おおふなと鳩サミットIN花巻にて、新井 繁氏より伝授された方法を試しています(#^.^#)

帰還時には、呼吸器系統の薬を飲ませるのです(*^。^*)

ただし、まだレースに突入する前の訓練期間であるので、一日だけしか与えません。
9/19.
(日曜日)

今日は、宮城県中田町からの50K訓練、持ち寄り日ですから、舎外はストップです。鳩舎内を掃除をしてから、いつもの時間に給餌を行いました。

持ち寄り日は、いつもの如く変則的な給餌の仕方です。

まず、朝の給餌時には、羽数×17gの5割の量を与えます。

持ち寄り時間は、夕方の4時から5時の間ですから、11:45に2度目の給餌を行いました。

その際には、羽数×17gの8割の量を与えます。

この給餌の仕方は、持ち寄りの際に鳩が車酔いで餌を吐かない、給餌法です。

50K以上の訓練、レースからはいつもこの方法で、持ち寄り時には餌を与えます。
舎外・・・・持ち寄り日なので舎外ストップ

餌の量・・・・朝)羽数×17gの5割
        お昼)羽数×17gの8割

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

朝の給餌時には羽数×17gの5割をペロッと食べきります。

2度目の給餌時にも羽数×17gの8割をペロッと食べきるようならば、鳩のコンディションは良好です(*^。^*)

しかし、2回目の給餌時に餌を残すようならば、コンディション下降気味と判断しても良いでしょう。
9/18.
(土曜日)

朝、目が覚めてみないとわからない天気予報なので、今朝も早起きをして、外に出てみると、雲は多いものの、舎外はOK!!

5:20より、6:30まで飛んだのを確認してから、約半分の鳩達は入舎したので、トラップを開けて市場へ・・・・・

8:00に鳩舎に一旦戻ってきてから、給餌をする際には全鳩が入舎していたので、給餌を済ませました。

明日は、持ち寄り予定日なので、今日は羽数×20gを計量しましたが、ガツガツ状態で全量を食べきっていました。


舎外・・・・1時間20分の鳩なり舎外

餌の量・・・
朝)羽数×20g、
     夕方も羽数×20g



餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

涼しくなってからは、猛禽の襲撃が頻繁になってきていますし、以前よりしつこく鳩を追いかけ回すようになりました。

今年は、一日に1回の舎外ですから、換羽の進み具合も順調ですし、暑さのせいもあってか?進み具合が早いように感じています。

100K、200Kレースまでに、主翼の9枚目、10枚目が抜けてしまう鳩もあるようですから、無理をせずに、レース参加を見合わせなければならない鳩もでてくるかもしれません。
9/17.
(金曜日)

またまた、天気予報がハズレ!!なんと今朝、目を覚ますと晴れているではないですかぁ〜〜^_^;

急いで鳩舎の電気を点けて、顔お洗って鳩舎へ・・・・・

5:10に、全鳩を出舎させて、鳩なりで1時間40分ほど飛んだでしょうか?

入舎しないで飛んでいた鳩が、60羽程いたので、そのまま市場へ・・・・

仕入れを済ませてから、8:00に鳩舎に戻った際には、全鳩が入舎していたので、給餌を済ませて再び仕入れへ・・・

今日は、飛ばしてから上空高く飛んだ途端に、ハイ鷹の襲撃^_^;

難なくかわして、遠征へ行ってしまった鳩達でした(^_-)-☆

舎外・・・・1時間40分の鳩なり舎外

餌の量・・・朝)羽数×17g、
     夕方も羽数×17g


餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

ハイ鷹も、昨日は日中雨がずっと降っていたので、餌を食べていなかったのでしょう。

今日の襲撃はしつこかったですが、鳩舎近辺を飛ぶことはなく、何処かへ消え去ってしまった鳩達を追いかけていきましたが、横にと部分には鳩のほうが早いので、難を逃れたようでした。

さすがにここまで残ってきた鳩達です。4番仔の数が少しづつ、減ってきていますが、1番仔、2番仔、3番仔はハイ鷹の襲撃もなんのその・・・(^_-)-☆
9/16.
(木曜日)


どんよりと雲が広がる重い雰囲気の朝でしたが、鳩は全鳩(#^.^#)飛ばしました。

強制舎外時よりも、鳩が良く飛ぶのですが、猛禽に追われて襲撃されているせいもあるのです^_^;

今日も、朝の舎外を終えて給餌を済ませた後は、入舎口を閉めておくのですが、夕方までの間に8羽程がトラップの所へ帰ってきている始末^_^;

そのうちの一羽は、尾羽根が全部抜けていましたから、命からがら逃げてきたのでしょう。

9:00頃より、雨が降り出して、その後は一日中降り続けています。

舎外・・・・1時間30分の鳩なり舎外

餌の量・・・朝)羽数×17g、
     夕方も羽数×17g

昨日まで、餌の喰いがイマイチでしたが、今日はいつもの通りに羽数×17gをガツガツ状態で食べきりました。

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

猛禽に追われて、3時間も飛び続けたような場合には、翌日は、舎外を休ませてあげるようにしてください。

猛禽に追われるストレスと、疲労から主翼の換羽が遅れたり、羽根にフレットができてしまいます。

フレットができると、そこの部分が、レース時に風圧で折れてしまいますので、注意してくださいね(^_-)-☆
9/15.
(水曜日)

予定通り、今朝は、5:00に鳩を出舎!!案の定!!最初は、低空で鳩舎の周りを飛んでいたのですが、徐々に高度を上げて、いつも飛ぶ東側の山沿いを、行ったりきたりしながら、1時間30分飛んでから鳩舎へ降りてきました。

最近は、厄介者のハイ鷹がチラッと遠くから見えるのでしょうね(#^.^#)

襲われる前に、一直線に横に並びながら凄いスピードで逃げて姿が見えなくなっています。

さすがのハイ鷹も、横一線に逃げられると、追いつけないようです。

徐々に上空高く飛び始めて・・・・・

いつもの如く、東側や間際を飛んでいました。
舎外・・・・1時間30分の鳩なり舎外

餌の量・・・朝)羽数×15g、
     夕方も羽数×13g

羽数×17gを計量したのですが、食べなくなりました??原因は明らか(#^.^#)
秀が、餌を食べさせすぎたんですね〜〜(#^.^#)

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

天気予報が変り、日曜日持ち寄り!!月曜日放鳩の訓練になりそうです(*^。^*)

秋季レース、春季レース共に、天気予報を毎日チェックする事を忘れないで下さい。

訓練、レースが行われるであろうという日を予想しながら、鳩のコンディション調整を行なう事が大切です。

ただ、漠然と餌と水を与えて、舎外をしていたのでは、レースでは勝てません。
9/14
(火曜日)


今朝の給餌は、チッコのパパに頼んでいました。スルメ釣り漁が終わりましたから、これから私が、出かけるような場合には、秀が担当です(*^。^*)

夕方に家に戻ってきてから、飲水器の水を入れ替えて、給餌の準備をしてから、いつもの時間に餌を与えて終了の一日でした。

一泊で出かけるということが、レース期間中にもある事ですから、給餌を頼める方を一人でも見つけておいて下さいね。

我が家では、どうしても誰もいない時には、弘子さんが、合羽を着てマスクをして鳩舎に入り、餌を与えています(^_-)-☆
舎外・・・・雨で舎外ストップ

餌の量・・・・朝)羽数×17g
        夕)羽数×17gを計量したものの、羽数×12gしか食べませんでした。

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

計量した分を食べないような時には、何らかの理由があります。

3日間も舎外を休んでいれば、食べたくないでしょうね。

まして、今朝は羽数×17gを食べきっていますがら、舎外を止めているのに、羽数×17gは多かったのかもしれません。
9/13
(月曜日)

今朝も、早起きをしたものの、雨で舎外はできませんでした^_^;

前線が停滞しているせいですが、降らないうちはまるっきり降らずにいたのに、ここに来て雨が続いています。

まっ!!天気には勝てませんから、鳩舎掃除をしてから給餌を済ませて終了です。

午後から出かける用があったので、朝は羽数×17の5割、午後2時に羽数×17の8割を与えて集発(^_-)-☆
舎外・・・・雨で舎外ストップ

餌の量・・・・朝)羽数×17gの半分、
出かける用があったので、午後2時に羽数×17gの8割

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

鳩の管理をどうしてもできない場合には、誰かに頼むか、多めに餌をやって出かけるか、等の方法をとります。

「一日ぐらい餌をやらなくても良いだろう」という方もいるようですが、これは最悪!!

元のコンディションに戻すのに、2週間はかかります。
9/12
(日曜日)

今朝は、市場も、お店もお休み(~o~)雨の予報が出されていたので、ゆっくりと朝寝坊(~o~)6:30に起床です。

鳩舎に行って2階部分の鳩舎掃除を済ませてから、給餌!!その鳩もガツガツ状態で餌を食べにきています。

その後、鳩舎に入ったのは、夕方の給餌時でした。

いつもは、舎外のない日には餌の量を減じて食べさせるのですが、今週は、50K訓練が予定されていますから、通常通り、羽数×17gを朝)夕)共に与え全量ガツガツ状態で食べきりました。

競いあうように、餌を食べているようであれば、鳩のコンディションは良好です。

この時期に、一羽だけポツンと離れた場所で餌を食べに来ない鳩が居たなら直ぐに隔離してください。

舎外・・・・雨で舎外ストップ

餌の量・・・・羽数×17g、夕方も同量

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器


さて、いよいよ連合会訓練も距離が伸びてきて50K訓練へと向かいます。

鳩のコンディションを、上げる、下げるという言葉を良く訊くと思いますが、訓練期間中は、現在の鳩舎内コンディションを維持する事が鳩にとってベストな状態です。

アデノウィルス等の病気に感染していない限り、今の管理を続けてください。

もしも・・・・疑われる症状が見られたなら・・・・
こちらまで連絡を下さい(~o~)
9/11
(土曜日)

昨夜は、♪〜〜♪の練習があり、更新作業ができませんでした^_^;

ごめんなさい^_^;

今朝は、8:05に全鳩を出舎させて鳩なりで1時間30分飛んでいました。

市場に行く時間に間に合わないので、一度仕入れを行なってから再び鳩舎に戻り、給餌を行ないました。

これからはこのパターンが続くようになるかもしれません。日の出が徐々に遅くなってきますから、舎外を開始する時間もずれ込んできます。


4番仔は、未だに30分ほどで鳩舎に戻ってきます。秋季レース300K3日前から強制舎外で参加する鳩を飛ばしこみますから、それまでは、ゆっくりと成長させます。
舎外・・・・1時間30分の鳩なり舎外

餌の量・・・・羽数×17g、夕方も同量

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器


今日は、朝は天気が良かったのですが、11時頃より雨が強く降りだし、今もまだ強く降り続いています。

明日は、鳩も飼育者も身体を休ませる日にします(#^.^#)

完全休養日!!

おそらく雨なので、舎外、は行いません。


9/10
(金曜日)

ニュー三陸連合会合同訓練は、宮城県岩井崎からの20Kでした。

現地には、5:30に到着し、1時間鳩を休ませてから、6:30に放鳩しました。

鳩舎のトラップ部分のサッシを開けて、鳩が入舎出来るようにしてから、市場へ・・

鳩の帰還を見たいところですが、平日なので、仕方ありません^_^;

8:30に鳩舎に戻ってみると、殆どの鳩が鳩舎内でくつろいでいました(#^.^#)

給餌を行い、トラップ部分の部屋を仕切って、再び配達へ・・・・

平山師匠から、「コッペさん鳩舎に居たので、来ないか??」と電話があり、しばし、鳩談議(^_-)-☆

200羽近い大きな集団が、一直線に7:00頃に我が鳩舎に向かい帰還した様子を聞かされ、納得!!良い訓練となった20K訓練でした。

訓練・・・・連合会合同20K(岩井崎)

餌の量・・・帰還後、羽数×17g
       夕方、羽数×17g

餌の内容・・・・
大麦5割、配合5割

飲水器・・・・
ビタミン入り飲水器

鳩舎を仕切ったところに、遅れて帰還した鳩は、9羽でした(^_-)-☆

1番仔、3番仔、成鳩と様々でした。

コッペさん鳩舎も、我が鳩舎も全鳩帰還したと思いますが、羽数が多いだけに確認はできません。
給餌時の雰囲気で全鳩帰還だと確信できます。

師匠の所は、2羽が未帰還^_^;

強制舎外後も鳩なりで1時間以上、飛んでいますから、少々では落ちないでしょう。
9/9
(木曜日)

鳩なり舎外を行ってから今日まで、徐々に舎外時間が延びてきています。

トリコモナス剤(アスゾール)、サルモネラ薬(インフェック)の同時投与で鳩の身体が浄化され、コンディションが上昇したせいもありますが、ハイ鷹の姿を見ただけで、上空高く、ジグザグに飛ぶ姿は、何とも強烈で凄いです!!

ハイ鷹も横にジグザグに飛ばれると、鳩の方がスピードが勝り、追いつけないようです(*^。^*)


明日は、連合会訓練20Kがありますから、午後、4:00より、放鳩籠に鳩を詰めました。
全鳩で、188羽でしたから、前回訓練から4羽減っていました。
舎外・・・・1時間30分の鳩なり舎外

餌の量・・・・朝)羽数×17gの5割
午後2:00に2度目の給餌・・・・

羽数×17gの8割を与えて、午後4:00から籠につめ始めました。

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・
アスゾール、インフェック同時投与

今日で、アデノウィルス対策NO1も終了です。

市場に行く時間になっても、鳩が飛んでいたので、トラップを開けて、市場へ行き、再び戻ってきてから給餌しました^_^;

10K訓練から、5日目の訓練となります。アデノウィルス症状は、どこの鳩舎でも、今のところ無いようです。

潜伏期間を10日間程度だとすると、まだ症状がでなくてあたりまえですね^_^;

会館を綺麗に掃除をして、ウィルス除去の消毒薬を散布したのも効いていれば良いのですが・・・・
9/8
(水曜日)

朝の日の出が徐々にゆっくりとなってきましたネェ〜^_^;今朝は曇っていたせいもあり、明るくなるのが遅かったので、5:05に出舎させました。

飛ばして10分ほどしてからは、鳩の姿がどこにも見えなくなったので、2階の鳩舎掃除をして種鳩達に餌を与えて、ノンビリと管理をしました。


台風の進路が変り、東北地方への上陸はなくなり、影響もそれほどではない感じです。木曜日、金曜日は晴れの予報なので、連合会合同20K訓練を9/10(金曜日)に行ないます。

今夜、各クラブ長に連絡をして、明日の持ち寄りを伝えます。

舎外・・・・1時間30分の鳩なり舎外

餌の量・・・・羽数×17g、夕方も同量

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・
アスゾール、インフェック同時投与


アスゾールと、インフェックの同時投与を行なって5日目ですから、鳩も一挙に状態アップしています。

舎外の飛びがガラッと変り、上空高く何処かへ消え去り、姿を見せても再び何処かへ飛んでいきます。

投薬後、5日目あたりにピークになる事が判りましたから、狙ったレース前にも、この方法は使えますね(^_-)-☆

ただし、一度しか効果がありませんから、ご注意下さい。
9/7
(火曜日)

昨日は、寝坊したので、気合を入れて4:15に目を覚ましてみると、なんと!!外は雨ではないですか(>_<)

予報では午後から雨という予報だったのですが、早めに天気が崩れたようです。

強い雨だったので、仕方なく舎外はストップ!!鳩舎掃除を行い、いつもの時間に給餌をして管理終了です。

舎外を行わなかったので、給餌量を減らしました。羽数×13gの量を一日2回与えました。

台風の影響なのでしょう。明日は晴れの予報ですが、週末は、今のところ天気が悪い予報が出されています。

進路が大きく変る可能性もありますから、ガラッと天気が変更になることを考えての管理です。

舎外・・・・ストップ

餌の量・・・・羽数×13g、夕方も同量

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・
アスゾール、インフェック同時投与
これからの管理は、舎外時間、天気予報に注意しながら、与える餌の量を変化させていきます。

雨の日には舎外を止めますから、少な目の給餌量にし、鳩なりで飛ばしても、猛禽に追われて2時間も飛び続けたような場合には、羽数×20gをマックスに給餌量を調整して与えます。
9/6
(月曜日)

今朝は、アラームがなる時間より先の4:00に目が覚めて、「まだ、ちょっと早いなぁ〜〜」と再び目を瞑ったら、なんと!!次に目が覚めた時には、5:40でした^_^;

慌てて鳩舎に行き、若鳩を出舎させたのは、5:50でした(>_<)

それでも鳩達は、勢い良く東側の山沿いを上空高く飛び、猛禽に追われても、追われても降りてくる事なく飛んでいました(^_-)-☆

市場へは、遅くても6:40に出発しなければならないので、急いで鳩舎掃除を済ませ、外に出てみると鳩達がタイミング良く6:30には屋根に降りてきてくれたので、すぐさま呼び込んで入舎させ、給餌を行いました。

「あぁ〜〜忙しい朝でした(~o~)」・・・・・やはり早起きは三文の得なんですねぇ〜〜。明日からはいつもの時間にバッチリと起きますよ(*^。^*)
舎外・・・・40分の鳩なり舎外

餌の量・・・・羽数×17g、夕方も同量

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・
アスゾール、インフェック同時投与

昨日の訓練から帰還した鳩も今日は、鳩の糞の状態は心配なしですし、元気も良いみたいです。

問題は、一週間経過した頃からなのです。
9/5
(日曜日)

本日の訓練に行っている放鳩者より、5:35にTELがあり、所用があり、自宅になるべく早く戻らなければならないので、早い時間に放鳩しても良いでしょうか?・と・・・・

放鳩地に到着したのが、5:00という事だったので、GO!!サイン!!。

昨日から従兄弟家族とプライベートビーチでキャンプでしたから、キャンプ地から車を飛ばして30分!!鳩舎トラップを開けて鳩の帰還するのを眺めてました(*^。^*)

その後、給餌をおこない再びキャンプをしている海へ・・・・・

舎外・・・・ストップ

餌の量・・・・羽数×17g、夕方も同量

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割


飲水器・・・アスゾール、インフェック同時投与

鳩は全鳩帰還していました(*^。^*)

一度行っている訓練ですから、当然といえば当然ですが、猛禽類が多くなった昨今は、近場といえども油断できないのです。
9/4
(土曜日)


今日は、ニュー三陸連合会合同訓練の持ち寄り日です。明日行なわれる予定の陸前高田市からは、せんじつ、オリビエールアーボ鳩舎と一緒に訓練を行い全鳩帰還していますから、今回の訓練は、アデノウィルスに感染するならば、早い方が良いという考えから、15羽だけを参加させました。

朝は、いつもの時間に起床し、4:55には出舎させて鳩なりで1時間以上飛んでから、インターバル舎外を15分させてから、トラップを開けて呼び込み入舎させて、給餌を行いました。

今朝の給餌は、午後1時には、訓練に参加させる15羽を、持ち寄らなければならなかったので、朝の給餌量は、羽数×17gの5割、11時30に2度目の給餌、羽数×17gの8割を与えて、12:40頃に鳩を持ち寄りました。


舎外・・・・鳩なりで舎外1時間飛びました。
鳩舎の屋根に1時間飛んでから降りた後は、インターバル舎外15分間

餌の量・・・朝)羽数×17gの5割
       お昼)羽数×17gの8割

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・・
アスゾール、インフェック同時投与


持ち寄り時間にあわせて給餌する場合には、朝の給餌量を、いつもの5割しか食べさせません。

そうしておけば、お昼に食べさせた際にも、しっかりと餌を食べさせる事ができます(^_-)-☆
9/3
(金曜日)


しかし、いつまで続くのでしょうねぇ〜〜この暑さ!!^_^;さすがに、こう毎日暑さが続くと参ってきます^_^;

・・・・・と言うわけで、鳩の管理は、今日も涼しい風が、心地良い、夜明け前から行ないました(*^。^*)

鳩なり舎外にしてからは、10分ほどすると遠征に出かけて鳩の飛びを見る事ができなくなるので、2階部分の鳩舎掃除を行ってしまいます。

今日も、約1時間飛んでから鳩舎の屋根に降りてきた鳩達でしたが、トラップが閉まっていたので、何かに驚いては飛ぶ!!5分ほど飛んでから再び屋根に降りてきては、飛ぶという、インターバル舎外を15分ほど行なってから、呼び込んで入舎させて給餌をしました。

15分ほどの短い時間でも、インターバル舎外を行なうと瞬発力がつきます。レース時に放鳩された時に、集団から抜け出す血統というのがありますが、この能力を鍛える為の方法でもあります。

集団から抜け出す血統・・・・我が鳩舎で言えば、道下エースの血統がそうです。
100Kレースから、自鳩舎で一番早く帰還するのは、この血統なのです。もちろん、運がよければ優勝です(*^。^*)

これまで、100Kから800Kまで優勝があるのは、この道下エースのラインです。


舎外・・・・鳩なりで舎外1時間飛びました。
鳩舎の屋根に1時間飛んでから降りた後は、インターバル舎外15分間

餌の量・・・羽数×17g

※この量を計量して食べさせても食べないような時には、食べさせなくても大丈夫!!あまり気にしないでOKです。

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・玄米黒酢入り飲水器

水浴・・・・全鳩が気持ち良さそうに行ないました。

明日は、連合会訓練の持ち寄り日です。今夜のうちに、トリコモナス剤(アスゾール)を乳鉢ですり潰しておき、飲水器に入れて溶かしておきます。

溶かしておいたアスゾール入りの飲水器に、明日の朝、サルモネラ剤であるインフェックを混ぜて同時投与します。

朝の給餌時には、飲ませる段取りです。

9/2
(木曜日)


明後日、9/4(土曜日)は、ニュー三陸連合会秋季合同訓練の持ち寄り日です。

先日、個人訓練を行なった陸前高田市からの10K合同訓練となります。

アデノウィルス対策は、ニューカッスル生ワクチンを点鼻したから完璧ですが、今回の訓練には、放鳩籠1個分の鳩、15羽だけを参加させる予定です。

その理由は、会員の中には、個人訓練を行わずに鳩を持って来られる方もいますので、一斉に飛ばされた際に、猛禽に襲撃されるとパニックを起こして、まるっきり違う方向へ鳩が飛んでしまい、運悪く我が鳩舎の鳩が、その鳩達について行ってしまうと、悲惨な帰還率になるからです。

また、仮にアデノウィルスに罹患させる場合には、放鳩籠1個分の鳩で充分だからです。
帰還すれば鳩舎内の全鳩にかかってしまうので、全鳩持っていく事はないのです(^_-)-☆
生ワクチン効果があれば、罹患しないでしょうが・・・・・^_^;試しの段階なので、少々不安でもあります^_^;

今朝も鳩は良く飛んでくれました。給餌を行う6:00頃になると、しっかり鳩舎の周りを飛んで一斉に降りてきてくれますから、呼び込んで入舎させるのには、時間はかかりません(*^。^*)

入舎してからは、給餌を済ませて市場へ・・・・・



舎外・・・・鳩なりで舎外1時間飛びました。

途中で、25羽前後の鳩が急降下で降りてきました。おそらく猛禽に追われて逃げ帰ってきたのでしょう。

この様な場合でも、鳩を無理に飛ばすことはしません。あくまで鳩なりで飛ばします。

餌の量・・・羽数×17g

※この量を計量して食べさせても食べないような時には、食べさせなくても大丈夫!!あまり気にしないでOKです。

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・玄米黒酢入り飲水器

持ち寄り日である9/4(土曜日)からは、アデノウィルス対策NO1を6日間施します。

トリコモナス剤(アスゾール)とサルモネラ治療薬(インフェック)の同時投与です。

これを行なう事により、呼吸器、神経系等が守られる事になりますから、アデノウィルスに罹患しても軽症で済みます。

9/1
(水曜日)


昨日までで、強制舎外、個人訓練を終了。

今週末からの連合会訓練に向けての管理を続ける毎日が始まりです。

夜が明ける前から、鳩舎に灯りを点けて鳩を目覚めさせるのが、4:30です。

それから、電線が見えるくらいの明るさになったならば、出舎口を開けて鳩を飛ばします。昨日までは、長い竿の先に目玉風船や、吹き流し等を取り付けた物を鳩舎脇に立てておいたのですが、今日からは立てません。

いわゆる鳩なり舎外です。飛ぶ時間は、何分でも構いません。

・・・・と言っても、昨日までバンバン飛んでいた鳩達ですから、いきなり10分しか飛ばないと言う事はなく、今日も遠征をしながら1時以上飛んでから鳩舎の屋根に降りてきました。
しかし、このように、暫らくは飛んでいても、飛ばなくなる日が必ずきます。30分であったり、40分であったりと・・・・
それでも、鳩なり舎外の間は、本当には隣で飛ばして大丈夫!!極端に言えば、10分でも構いません。

ただし、鳩舎内には、いつも給餌する時間までは入舎させないで下さい。
私の場合だと、6:00〜6:15前後に給餌を行うので、それまでは入舎させません。



舎外・・・・鳩なりで舎外1時間飛びました。

餌の量・・・羽数×17g

※この量を計量して食べさせても食べないような時には、食べさせなくても大丈夫!!あまり気にしないでOKです。

餌の内容・・・・とうもろこし5割
          配合飼料4割
          大麦1割

飲水器・・・玄米黒酢入り飲水器

鳩を軽くする方法は、こちらから・・・


夜明け前からの舎外は、鳩達も隣にいる鳩の幅滝が怖いのか?よく飛んでくれます。

この時期に飛ばないという鳩舎は、餌の食べさせ過ぎ原因です。羽数×10gまで餌を絞って、鳩を軽くしてあげましょう。
2010年秋季レースで、優勝するために行なう管理、調整法を、本日より掲載します(^^♪投薬の仕方、舎外が飛ばなくて困っている方、必ず優勝したい方は、お楽しみに・・・・・・秘策をアップしていきます(*^。^*)