2011年春季レースに向けての鳩バカ日誌

3/10
(木曜日)

福島県四ツ倉からの200Kレースが、明日3/11(金曜日)の持ち寄りとなりました。
地震の影響等もありますが、現地にて飛ばす際の地震でなければ、大丈夫という判断です。余震が続いていますが、それほど気にすることもないでしょう。

・・・・というわけで、今朝も舎外を行いました。今朝は舎外のあとの給餌時の餌の喰いはイマイチだったので、食べる分だけ食べさせて終了しました。

猛禽にしつこく追われた時には、やはり餌の喰いこみが落ちますね"^_^"

明日は、持ち寄り日となったので、舎外はストップさせて、餌をぎっちりと予定数量食べさせて持ち寄ります。

平山師匠とも話しをしましたが、100K〜300Kの短い距離で鳩が帰還しないというのは、???不思議です。また、翌日帰還する鳩も少なくなりました。

通常、訓練をこなしていけば、普通に帰還するのが当たり前なのですが、昨今のレースは、帰還が悪く悩まされます。

舎外・・・・鳩なり舎外15分程度

餌の量・・・羽数×17gを計量するも羽数×10g程度しか食べません。
夕方は羽数×17gを全量食べきりました。

餌の内容・・・・配合飼料100%

飲水器・・・・玄米黒酢

  

今シーズンはレースが、300Kレースまで毎週行われます。

帰還してからの、鳩のケアが大切ですから、休養帰還はなるべく鳩舎内を暖かく保ってあげてください。

3/9
(水曜日)

今朝は若干風が強かったものの、舎外を決行!!15分ほど猛禽に追われてから鳩舎に帰ってきたようでした。

今日は、トラップを締めて20分程外で遊ばせておいてから、呼び込んで入舎させました。

市場がお休みだったので、鳩舎掃除をぎっちりと時間をかけて行なっていましたが、途中で平山師匠から呼び出しがあり、師匠宅へ・・・

久しぶりの鳩談義をしていたところ・・・・・大きな地震が"^_^""^_^""^_^"

津波警報が発令され、直ぐに弘子さんの母さんを避難させるべく実家へ行き、我が家へ妹と共に避難してきました。

その後は、津波情報とにらめっこしながら、一日が終了という感じでした。
舎外・・・・鳩なり舎外15分程度
  

餌の量・・・今朝は羽数×17gを朝も食べました。
夕方も羽数×17gを全量食べきりました。

餌の内容・・・・配合飼料100%

飲水器・・・・玄米黒酢

いまだに小さな余震が続いていますから、TVの情報を気をつけてみながらの夜になりそうです。

明日は、雪の予報が出されていますが、朝晴れていたなら明日も舎外を行います。
3/8
(火曜日)


今朝は、選手鳩を舎外させてみました。飛ばしてから10分程度で鳩舎内に入ってしまいましたが、全鳩猛禽の餌食になることなく帰還していたようでした。

ただ、猛禽には襲われているので、朝の給餌時の喰い込みはストレスから悪く、羽数×10g程度の量しか食べませんでした。

夕方は、気持ちが落ち着いているので、羽数×17gをペロッと食べきりました。

明日も市場がお休みで、天気も晴れて風もないようならば、舎外を行う予定でいます。
_____________________________

種鳩鳩舎では、ヒナ鳩が巣箱内を歩き回るようになった箇所を床におろしました。

ヒナのいる箇所の親鳩は、餌をせがむヒナに満遍なく餌を与えてくれます。

この段階から、雛の生存競争が始まっていると思ってよいでしょう(*^_^*)弱い鳩は、餌のせがみ方も弱く成長が遅くなりますから一目瞭然です。

舎外・・・・鳩なり舎外10分程度
  猛禽に追われて逃げ帰ってきている舎外です。
あまり良い舎外ではないのですが、基礎体力をつけて200Kレースに臨みます。

餌の量・・・羽数×17gを計量するも羽数×10g程度しか食べません。

夕方は羽数×17gを全量食べきりました。

餌の内容・・・・配合飼料100%

飲水器・・・・玄米黒酢
_________________

ヒナ鳩は成長と共にガンガン餌を食べますから、余るくらい餌を与えてあげてください。

目安として、朝与えた餌が、ヒナ鳩の素嚢の中に夕方の給餌時に少しだけ残っている程度の量です。




レースに参加させる鳩を、思うように調教できないでレースに参加させるほど、情けない事はありません"^_^"

しかしながら、この場所に鳩舎があって、鳩がいる以上!!ベストを尽くして参加させていきます。
200Kレースに向けて気合を入れて頑張ります。
3/7
(月曜日)

しかし、今年は寒さがぶり返し、春はいつになったらくるのでしょねぇ〜〜(@_@;)

4:15のアラームにて、目が覚めて布団から起きだすまでがしばし・・・の寒い朝です。

巣箱掃除をして、ヒナ鳩の脚環チェックを行い2階部分の掃除が終了すると、5:30をまわっています。バタバタと1階部分の掃除に取り掛かるのですが、今朝はすべて終わらないうちに市場へ行く時間となり・・・"^_^""^_^""^_^"

2番仔目の産卵ラッシュが始まってきました。いつもの年より若干遅いような気がします。やはり寒さも関係しているのでしょう。

ま!!焦らなくても十分間に合いますから、ゆっくり構えて管理を続けましょう(*^_^*)

種鳩達は、ヒナ鳩に与える餌の量が半端ではなく多くなっていますから、たっぷりと食べさせてあげてください。

朝、羽数×40g、夕方羽数×40gは食べています。

餌の内容は小粒飼料4割、配合飼料6割です。


舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17gの8割を朝、夕共は羽数×17gの8割を与えました。

餌の内容・・・・配合飼料50%小粒飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢

______________


ヒナ鳩のチェックをしたりしていると、時間があっという間に過ぎています。

朝はなるだけ急いで管理をしているのですが、今日みたいに間に合わないことも・・・

一番仔の出来もgood!!
な感じですが、巣立ち時のチェックまで、はっきりしません。

あと2週間待ちます。


3/6
(日曜日)

今朝は、お休みだったので、作出中の種鳩の管理に重点を置いて管理をしました。
ヒナのいる箇所の巣皿をすべて交換し、新しいものと取り替えました。

2番仔の卵を産卵する頃になると、1番仔のヒナは羽色も判り、身体も大きくなってきます。抱卵中から脚環装着して、しばらくは小さめの巣皿、羽色が判明し、身体も大きくなったなら大き目の巣皿に交換というパターンです。

巣皿内は、羽軸が伸びてくると、羽軸カス等がたまりますから、こまめに綺麗にしてあげる事が大切です。


翌日帰還した鳩は、2羽です。10OA10540 ♂ B 10OA10796 ♂ BC

舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×17gの
8割を朝、夕共は羽数×17gの8割を与えました。

餌の内容・・・・大麦50%、小粒飼料50%

飲水器・・・・ビタミン投与
_________________

右側画像の白い鳩と黒いBの鳩は、同腹です。

黒系のGと白系のSとの交配から作出されました。
このような極端な羽色が作出された場合には、Wの鳩、Bの鳩共に、無記録にて種鳩にします。

巣皿内を綺麗にしていないと、巣立ち時にセキをする鳩になります。いわゆる気管支を壊している鳩となってしまいますから、注意して管理してください。


3/5
(土曜日)
100Kレース

8:10に宮城県新地町より放鳩された鳩群は、いきなりハヤブサの襲撃を受けたとの報告が放鳩者よりありましたが、9割の集団は帰還地を目指したとの事でした。

配達の途中に鳩舎により、ヴィクトリー時計を確認すると、10:37に1羽だけ感知していました。(@_@;)とりあえず、再び配達に行き、二度目に鳩舎に戻ったのが、15:00前後だったと思います。鳩舎に入りヴィクトリー時計を確認してみると・・・・・・数字はそのまま(@_@;)

あれから一羽も増えていません"^_^"

しばらく外に出て、空を眺めていると2羽、3羽と鳩舎めがけて飛んでくる鳩がいます。

しかし、途中でオオタカに襲撃され再び姿が見えなくなってしまうという繰り返しで、鳩舎に入れない始末!!これまでの5回の訓練の時とまったく同じ状況です。
ロケット花火を上げようが、、お構いなく襲ってきては、杉林の奥に隠れて鳩の見えるのを待っています。

ガクッと肩を落とし、気持ちも落ち込みながら配達へ・・・あきらめムードで、5:00に鳩舎に行って見ると、♀鳩を2羽感知していました。

どっちの鳩も怪我はしていないようでした。
暗くなる寸前に鳩舎に戻ってくる可能性も出てきたので、ギリギリまでトラップを開放して待ってみます。

依然として、杉林の天辺にオオタカが一羽待機しているのが見えます・・・・"^_^"

17:39に1羽もう1羽帰還しました。ぜんぜん疲れていないところを観ると隠れているんですねぇ〜〜。
100Kレース当日・・・・帰還時は、適当に大麦、小粒をパラッと撒いて与えます。(空腹を軽く満たしてあげる程度)

餌の量・・・・・夕方には羽数×17g7割を与えました。

餌の内容・・・・大麦5割、小粒飼料5割

飲水器・・・・温めてあるポカリスエット


現在帰還しているのは、10OA09827 ♀ RC
10OA09729 ♀ BCW 10OA10560 ♀ G、10OA10528 ♂ Bの4羽です。

完全に餌場と化したこの場所にては、レースは困難と決断!!はしたものの、何とか一矢を報いたいと考えています。

昨年あれだけ頑張って作出し、管理した鳩達ですからね(*^_^*)

今から審査会場へ行って来ます。


3/4
(金曜日)

2011年春季レース初戦となる100Kレースの持ち寄りとなりました。

今朝は、いつもの給餌の時間に、羽数×17gの5割を与え、午後12:30頃に羽数×17gの8割の餌を与えて、夕方4:00には会館に行って鳩の持ち寄り作業を終了させてきました。

連合会での一番参加羽数の多い方で28羽。次いで12羽、あとは皆さん一桁の参加です。
連合会全体で、200羽出るかどうか・・・・途中で配達が入り帰ってきたので、定かではありませんが、かなり少ない羽数です。

わが鳩舎は、10羽参加です。うち2羽は猛禽に襲われ、羽根がささくれ状態でしたが、今回出さなければ今シーズン参加できなくなるので、強行参加させました。

右側の画像の鳩は、成鳩ですが、前回の80K訓練時に猛禽に尾羽根の部分を削ぎとられ、命拾いをした鳩です。

舎外・・・・ストップ

餌の量・・朝)・羽数×17gの
5割、
お昼12:30頃は羽数×17gをの8割与えました。

餌の内容・・・・配合飼料100%

飲水器・・・・玄米黒酢




さてさて、初戦となる明日のレースはどういう展開が待っているのでしょう(*^_^*)

帰還してからが問題ですからねぇ〜〜"^_^"

3/3
(木曜日)

今朝も冷え込みが強く、鳩舎内の飲水器がすべて凍りついていました。

まずは大きなバケツにお湯をたっぷり汲んでから、飲水器の氷を融かす作業から開始して、鳩舎掃除を開始でした。

舎外はストップ!!今夜決定しますが、明日の持ち寄り(金曜日)、土曜日レースになる可能性が大きい感じです。

今日の夕方の給餌は、羽数×17gを与えて終了です。

前回の訓練から、2回の舎外だけですから、昨日まで与えていた餌の量は、舎外をしない時には、羽数×15g、舎外をして猛禽に追われたときには、朝はストレスで食べないので、羽数×12g程度ですが、夕方には羽数×20gまで食べさせていました。



舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×15gの
を朝、夕共は羽数×17gを与えました。

餌の内容・・・・配合飼料100%

飲水器・・・・玄米黒酢
_________________


素引き中の種鳩達は、昨夜与えていた羽数×23gの餌をペロッと平らげていたので、今日からは、羽数×28gを与えました。

この時期の雛の成長は早く、餌をケチっていては、良いヒナはできませんから、ヒナの素嚢がパンパンになるほど与えてあげてください。

もちろん、鉱物飼料、塩土も忘れずに・・・・(*^_^*)
例年ですと、大麦も混ぜながら短い距離は戦うのですが、今年は異常な寒さなので、配合飼料100%にて短い距離から与え、カロリーの消費分を補っています。

________

今朝のように冷え込んだ時には、飲水器に50℃程のお湯を与えてあげると、ヒナの成長、親鳩の疲労の除去にもつながりますから、時間のある方は、試してみてください。


3/2
(水曜日)

今度の日曜日が、2011年春季レースのスタートとなります。

鳩舎内には、35羽の鳩しかいなくなってしまいましたが、今朝は緒戦に向けて舎外を行いました。鳩舎から飛び出した鳩達は、勢い良く飛んでいましたが、猛禽の襲撃に驚いて10分程度で急社内に入舎してきてしまいました。

軽く遊ばせる程度の舎外を行う予定でしたから、10分でも良いのですが猛禽に追われたせいで、餌のくいが悪くなったのには困ったものでした。

わが鳩舎の一番仔達は、殆どのヒナが脚環を装着されました。


舎外・・・・鳩なり舎外

餌の量・・・羽数×15gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・配合飼料100%

飲水器・・・・玄米黒酢
__________________

配合飼料だけを100%与えて小粒飼料を食べさせない方もいるようですが、小粒飼料を与えた鳩の方が。断然巣立ち時の成長度が違います。

小粒飼料を余るほど与えるのはいけませんが、4割程度を混ぜて与えるのがベストだと思います。
脚環を装着する頃より、親鳩がヒナ鳩に食べさせる餌の量が一挙に増えます。

羽数×23gを目安に与えてください。餌の内容は、配合飼料6割、小粒飼料4割程度で充分です。

できれば、とうもろこしまで食べきってしまう量が良いのですが、ヒナが小さいうちは、とうもろこしを残しがちです。

羽数×23gから与える量を増やしていきます。

3/1
(火曜日)



この一ヶ月間の間に、色々な事がおきていました。
毎週行われていた連合会訓練においては、短い距離から80K訓練まで参加させて帰還した鳩が訓練のたびに、鳩舎の周りで5〜7羽の猛禽類に襲われ、帰ってきた鳩達が入舎できないという悲惨な状態がおき、そのまま失踪・・・・・帰ってこないという憂き目に会いました。

せっかく遠くから帰ってきても、餌場とされてしまっているこの場所では、良い鳩も無残に蹴散らされてしまっていました。さすがの私も今回ばかりは、ガクッときました。

鳩を飼育する気持ちが萎えてしまいそうでした"^_^"昨年、夜中の3時から起きだして続けた鳩の管理は何だったのか!!何度も行った訓練は・・春季レースに向けて止めておいたお気に入りの鳩も無残に蹴散らかされ・・・・・・

結論としては、この場所から移動することを決断!!現在!!鳩舎を建てさせてくれる土地を探している毎日です。鳩を好きな人ばかりではないので、鳩舎を建てても苦情が来ないところとなると中々見つけるのは困難ですが、持ち前のガッツで頑張ります。

あと15年は、楽しく鳩を飼育したいので、なんとか選手鳩鳩舎だけでも引越しをさせて、頑張るつもりです(*^_^*)



パソコンが壊れて業者に依頼してデータを復元してもらい、パソコンが正常に機能するまでに、一ヶ月以上もかかってしまいました<m(__)m>

バックアップの大切さ!!を痛感したしだいです。PCのハードディスクはいつ壊れるか解らないそうで、常にバックアップを取っておくことと厳重に注意されました。

また、ホームページをアップする際のFTPアカウント、パスワード等も再セットアップの際に消えてしまい、データ復元して判明したものの、なかなか思う様にいかずにご迷惑をおかけしてしまいました。本当に申し訳ありませんでした。

ようやく、FTPアカウント、パスワードを認識させることに成功(~o~) HPの更新作業をできることになりました。

今後ともよろしくお願いいたします。
1/26
(水曜日)


パソコンの調子が悪く、バックアップを取ってから、再びセットアップする必要があるようなので、今日の鳩バカ日誌はお休みさせて頂きます^_^;
1/25
(火曜日)


今朝も強烈に冷え込んだ大船渡の朝でした(>_<)平山師匠が市場にやってきて、しばらく鳩談義しましたが、寒くて・・・・寒くて・・・・・今年の冬は異常に寒すぎます。

今朝は、予定通り舎外を行なったのですが、鳩舎から出して直ぐにオオタカが待ち受けていたんですねぇ〜〜^_^;杉山の中からいきなり飛び出してきて、一羽がNaisuキャッチされてしまいました。久しぶりに目の前で捕られるのを見ただけにショック!!


ペアリングした種鳩は、徐々に巣箱位置を覚え始めています(#^.^#)


舎外・・・・鳩なり舎外

餌の量・・・羽数×15gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦30%
         配合飼料70%

飲水器・・・・玄米黒酢

明日と明後日は、舎外をお休みします。持ち寄り前日となる金曜日に再び舎外を行ない、土曜日の持ち寄りに備えます(#^.^#)

週に2回のペースで舎外を行い訓練に参加させていきます。

それ以上だと猛禽の餌食にバンバンされてしまいますから要注意!!
1/24
(月曜日)


配合したペアに巣箱を覚えさせる作業を開始しています。昨年と同じ巣箱は良いのですが、そうではない箇所は、中々覚えてくれないので苦戦しています^_^;

ま!!一週間もすれば完璧になるように頑張ります(#^.^#)

選手鳩は、舎外をお休みさせて、コンディション維持に努めました。明日は飛ばします。

今年は寒さが厳しいので、今日から大麦の量を若干減らして与える事にしました。

舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×15gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦30%
         配合飼料70%

飲水器・・・・玄米黒酢

配合飼料を増やしただけで、ガツガツ餌を食べています。エネルギーの消費が多い分配合飼料を好んで食べるのでしょうねぇ〜〜(#^.^#)

1/23
(日曜日)


今朝は、早々と起床して鳩舎掃除を開始!!一旦休憩して7:00より再び鳩舎へ・・・・委託種鳩の分は終了したので、次は我が種鳩群の配合です。

放鳩籠に詰めておいた鳩達に餌を食べさせて、30分ほど休ませてから、まずはオス鳩をそれぞれの巣箱に入れて
いきます。
次に予定していたメス鳩を放鳩籠から掴んで、それぞれのオス鳩にあてがっていきます。

2010年作出の遅生まれ以外は、1時間もすると殆どが巣皿にうずくまり仲良くしていました。

訓練から帰還した鳩達は、トラップの所まで来てからオオタカに襲撃され、思うように一発入舎とは行きません(>_<)

何度も何度もオオタカの襲撃をかわして、数羽ずつ入舎していました。

訓練・・・・陸前高田10K訓練

餌の量・・・帰還時に羽数×15gをパラッと撒きながら与えました。
夕方・・・羽数×15gの他に食べる分だけ与えてストップ。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢

鳩舎に帰ってきてから襲われるというのは、本当に嫌なものです。

杉山に止まっているオオタカをエアガンで攻撃しても再び襲ってくるのには、お手上げです(>_<)

風も強く、屋根に罠を仕掛けるのも危険なので、我慢していますが・・・
1/22
(土曜日)


2011年度に委託された種鳩達の配合を、二日間かけて行ないました。全部で28ペアです。昨年は、種鳩におろした鳩も多かったので、鳩をつかまえるのだけで時間を要し、放鳩籠が鳩舎内に高く積み上げられました。

それでもここまで完璧な管理を行ってきていますから、巣箱に入れて直ぐに発情(^_-)-☆
すべてのカップリング成功(#^.^#)でした。

また、2011年春季レースにむけての連合会訓練が、いよいよ開始されます。鳩を籠に詰めて連合会会館へ鳩を持って行ったのが、7:30頃になってしまいました(^_-)-☆

昨日は、秋季レースの連合会表彰式があったのですが、先約があり、残念ながら表彰式には欠席しました^_^;


舎外・・・・鳩なり舎外

餌の量・・・午前中の給餌時に羽数×17gの5割

1:30頃に羽数×17gの8割を与えました。


餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢
今日の舎外は、訓練が効いたのでしょう(#^.^#)この間までの飛びとは違い、上空高く飛んでいました。

しかし、高く飛べばハイ鷹の標的にされます。高度が低ければオオタカですから、朝の給餌時に全鳩は揃っておらず、痛し痒しと言ったところです^_^;

1/21
(金曜日)


昨日は、52歳の誕生日だったので、従兄弟家族4人、3番弟子の秀、チッコ、母ちゃん、妹が集まり、賑やかに祝ってもらいました。そんなわけで鳩バカ日誌の更新ができませんでした(#^.^#)

昨日の訓練は、いきなり降り出した雪で鳩が帰還しないのでは・・・と思ったのですが、さすがに秋レースを飛んでいる鳩達です。しっかりと帰還してくれていました。

しかし、全鳩というわけにはいかず、残念な事に数羽の鳩は帰還していませんでした。
今朝、何羽かが帰還したみたいですが・・・・・

海抜0m地帯である低地からの訓練でしたから、山沿いを飛んで帰還するコースへ鳩が向かったので、猛禽の襲撃は必至!!

明日は再び連合会訓練の持ち寄りです。

今度は、同じ場所から大羽数での訓練となります。
舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×15gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢
寒さが厳しい今年は、猛禽類も餌が不足しているのでしょう。襲ってくる勢いがいつもより厳しく感じます。

一旦は、標高477m方向へ向かった鳩群でしたが、猛禽の姿が見えたのでしょう。飛ばした場所へ一旦戻ってコース変更をして帰還地を目指しました。


1/20
(木曜日)


午前中は絶好の訓練日和(^_-)-☆風もなく穏やかに晴れていたのですが、午後から急に雪が降り出し、晴れたり、止んだり、吹雪いたりと・・・・・何とも最悪な天気となった一日でした。

9:30に標高447mの頂上目指して、大船渡を出発


頂上目指して途中、雪があるもののガンガン登っていきました。ところが・・・・途中の坂道の雪が残っている箇所に、乗用車が横になり道を塞いでいるではないですか・・・・^_^;
上り坂だったので、一旦車を止めてその車まで行くと、運転手は助けを求めて何処かへ行っていませんでした。暫らく待ったのですが、いっこうに来る様子も無いので、仕方なく今上ってきた雪の残る坂道を、バックで降りていくしかなくなり・・・・・(>_<)

途中!!車がアイスバーンでハンドルがきかなくなり、側溝に落ちそうになるアクシデントもあり恐る恐る・・・・・30分かけてようやく一般道へ・・・・

高台からの訓練は諦めて、大船渡から10K離れた陸前高田市からの訓練となりました。
訓練・・・・陸前高田10K訓練

餌の量・・・帰還時に羽数×15gをパラッと撒きながら与えました。
夕方・・・羽数×15gの他に食べる分だけ与えてストップ。


餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢

アイスバーン上りは良かったのですが、下りは怖い怖い(>_<)
仕方なく陸前高田市の漁港からの訓練となりました。

方向判定に決行時間がかかり、いつもは標高4477mの箱根山を目指すのですが、別ルートへ・・・集団が向かったようでし
た。
1/19
(水曜日)


昨日降った雪は、すっかり溶けて大きな道路にはなくなりました(#^.^#)

今朝も6:30より鳩を出舎させ、飛んでいる姿を眺めているとカラスが鳴き始めたな!!・・・・と思ったらオオタカが襲撃してきました。

さすがに、慣れたもんで、うまくかわしながら逃げて飛んでいたのですが、更にもう一羽のオオタカが襲ってきて、パニック!!姿が見えなくなってしまいました。

午前中の給餌時間には、10羽程足らなかったようですが、いつもの通り餌を与えて再び配達へ・・・・

夕方、4:001に鳩舎へ行った時に6羽がトラップの所にいて入舎させ、給餌時にトラップを見たところ、更に2羽が帰還していて入舎させてから餌を与えました。


舎外・・・・鳩なり舎外

餌の量・・・羽数×15gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢

午後になって帰還する鳩がいるということは、暗いうちから舎外をはじめていますから、あの程度の攻撃ですが、明るくなってきてから更に襲撃が激しくなっているのでしょうね。

今朝は、鳩を捕り損ねたオオタカが、目の前の電信柱に止まったのには驚きましたねぇ〜〜(^_-)-☆

エアガンで攻撃したなら逃げていきました。

1/18
(火曜日)


やはり今朝は、雪が薄っすらと積もり、朝一番の仕事は雪かきからでした^_^;

風が朝のうちはなかったので、6:30より鳩を出舎させました。ようやく一塊になり飛ぶようになりましたが、オオタカが襲撃してくると遠方へ勢いよく逃げる鳩が数羽います。

その数羽逃げた鳩を追っかけていくのがオオタカなんですが、今年はダイエット効果でしょうねぇ〜〜(^_-)-☆今のところ、しっかりと逃げ帰ってきています。

舎外のスピードの徐々にアップしてきているのは良い傾向だと思っています。

もう少し日の出が早くなってくれればと・・・・・思いながら寒空に鳩を眺めています。

舎外・・・・鳩なり舎外

餌の量・・・羽数×15gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢

猛禽に追われて何処かへ飛びきっていた鳩も、怪我をしつつ帰還しているようです。

尾羽が半分なくなったりしていますが、命に別状はありません(#^.^#)

1/17
(月曜日)


今日から、パートさんが疲労骨折の為に、一ヵ月半の間休養に入りました^_^;

早起きは苦手ではないので良いのですが、鳩に費やす時間が取れなくなるのが、ちょっとつらいですねぇ〜〜^_^;

今朝は風が強かったので、舎外はストップです。給餌時に気がついたのですが、やはり15羽程鳩が減っていました。たった2回の舎外でこれですもんねぇ〜〜(^_-)-☆

でも、今週末には連合会訓練10Kの持ち寄りですから、飛ばさないわけにも行かず・・・・仕方ありません。副翼半分をバッサリとられた鳩も発見し、分離鳩舎に移動させました。

このまま舎外を続けていると、間違いなく怪我をした鳩から餌食となりますから、注意してください。
舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×15gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢

昨年の今頃は、雪も少なく高台の訓練地点に鳩を持っていくのも楽でしたが、今日も夕方からモソモソと雪が降り出しましたから、明日も標高447mからの訓練はできません。

風が止んだなら舎外を行います。
1/16
(日曜日)


昨日は、午後から出かけてきたので、鳩バカ日誌の更新ができませんでした^_^;

ついさっき帰ってきて、鳩舎管理を行いました。今朝は冷え込みが強かったようです。

飲水器の水がすっかり凍りついていました。

今日は舎外を行えませんでしたから、明日、穏やかな晴れであったならば、またまた舎外を行なう予定です(*^。^*)

舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×15gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢

今週末に、天気がよければ連合会訓練の開始となります。

最低でも1回は、高台(方向447m)からの訓練を行いたいものです。

それをクリアできれば、後は大丈夫!!春季レースに向けて徐々に状態をアップさせていきます。
1/15
(土曜日)


昨日に続き、舎外を決行!!土曜日だったので、仕入れ量も少ない事から、しっかり明るくなった6:50より鳩を出舎させました。

昨日の飛びよりは良いものの、5分もしないうちに鳩舎の屋根に降りてくる鳩もいます。また、大きな集団が一つ、小さな集団が二つという様に一塊にならずに、飛んでいます。

7:00には市場へ出発したので、その後の様子は見ていませんが、給餌時には10羽以上の鳩が帰還していなかったので、猛禽の襲撃があったのでしょう。

舎外・・・・鳩なり舎外

餌の量・・・羽数×15gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢

まだ本格的な勢いで飛んではいませんが、徐々に秋季レース時の飛びが戻ってきますから焦らずに天気の良い穏やかな日は舎外を行います。
1/14
(金曜日)


今朝は、風もなく穏やかな朝でしたから、まだ暗いうち6:30に鳩舎から選手鳩を外に出して飛ばしてみました。一ヶ月以上飛ばしていなかったので、不安もありましたが、ダイエットをして鳩は飛びやすい身体になっていますから大丈夫だろうと・・・・(^_-)-☆

鳩舎の電気は、5:30には点いていますから、鳩はしっかり目覚めています。

最初は久しぶりの舎外であったので、鳩舎の周りを低空で飛んでいましたが、5分ほどしたならオオタカが襲撃してきました。早起きオオタカです^_^;

それでちょっと気合いが入ったのか??スピードが若干上がったようですが、目を瞠るような舎外ではありませんでしたね。

ま!!初回にしては上出来といえるでしょう(~o~)朝の給餌時には4羽の鳩が帰還していませんでしたが、お昼までには帰ってきました。

給餌の際の餌を食べる様子は、強烈に、がっついていました。
舎外・・・・鳩なり舎外

餌の量・・・羽数×15gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢

☆舎外で運動をさせたので、羽数×15gまで餌の量を増量させて与えました。

たったあれだけの時間ですが、猛禽に追われて消費するエネルギー量は大きいのですから、羽数×15gを与えても太る事はありません。

オオタカも早い時間から行動を開始しているんですねぇ〜〜^_^;

一羽だけの襲撃だったので、難なくかわしていたようでした。

ダイエット効果はあったようです(#^.^#)

連日の大雪で、高台からの訓練は、道中アイスバーンで事故の恐れがありますから、予定していた訓練が思うようにできません。

今日のように風の無い穏やかな日には飛ばして調整する事にします。

1/13
(木曜日)


昨日の雪には驚きましたねぇ〜〜^_^;大荒れで雪が積もり路面は凍結、アイスバーンで更に吹雪いているという始末に、ビビリまくりながらの運転でした。

昨日出かけるときに、多めに餌を与えていったので、今日帰ってきてから、いつもの量を与えて管理を終了しました。

来週もこの寒波が続くようなので、訓練は厳しい状況ですが、日程が迫ってきていますから、最低一度は連合会訓練前に個人訓練を行います。

ただし、焦って天気の悪い日、風の強い日には決して行なわない事が大切です。

これまでせっかく大切に管理してきた鳩を、一瞬で失うような事の無いよう緒に慎重に慎重に個人訓練を行ってください。

舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×10gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢

今野先生との共同作出となります。

どんな仔が作出されてくるのか楽しみです(*^。^*)
1/12
(水曜日)


舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×10gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢

2011年は、共同白雪GN08号×アテルイ白雪号との夢のカップリングです。

1/11
(火曜日)


昨日休養したおかげで、今日は腰の状態も良く、鳩舎掃除をする事ができました(^_-)-☆

2年前の事故の影響もあるのでしょうね^_^;寒さが厳しくなると腰と首が痛くなります。

明日は、その時の事故の書類を提出の為に弁護士先生と会う為に出かけてきますから、鳩バカ日誌はお休みです。

インフェック投与も今日で終わったので、Naisuタイミングでした。
舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×10gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・インフェック投与

鳩を一羽一羽チェック!!したところ、03年生まれ、04年生まれでも思い入れのある鳩は、オークションにかけられない事に気ずかされました。

一羽一羽にさまざまな思い出があり、手放せないものですね(>_<)

1/10
(月曜日)


今朝は、起きた時からガラスの腰の状態が悪く(>_<)鳩舎掃除はお休みしました(>_<)

矯正ベルトをして、湿布を貼って休養する事にしました。

午後からは、鳩舎内に入り、種鳩に使用する鳩のチェック!!

2010年に種鳩におろした鳩の数が多かったので、04年よりも前の鳩は、1円オークションにて分譲する事にしました。

海抜0m地帯の鳩舎では順調に舎外をおこないながら、1/23日からの連合会訓練に向けて調整を行なっているようです。我が鳩舎とは大違いです^_^;

でも、しっかりダイエット効果も出てきていますから、個人訓練を行いながら、しっかりとレースモードに切り換えていきます。

舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×10gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・インフェック投与

我が家の鳩舎は、結構大きな方ですが、鳩が多過ぎると、鳩舎の床が乾きにくくなってきます。

老鳩を入れてある部屋が、現在、飽和状態になっているので、数を極端に減らす予定です。

乾燥していないと鳩舎掃除も倍の時間がかかります。
1/9
(日曜日)


若干ですが、寒さも緩んだ気がしますが、今朝は、氷点下1℃です。市場がお休みだったので、8時からの鳩舎掃除でした(^_-)-☆

今月20日前後には2011年の交配を行ないます。それぞれの鳩舎で、配合する日程を決めておきましょう。

さまざまな検討をくわえ、次代の選手鳩を作出すべく配合を決定したならば、それを実際にどの時期に実施したら良いかを考える必要があります。

自然条件下において日本列島は南北に長く、緯度差もかなりあるので、九州と北海道では春の訪れが二〜三ヶ月も違います。従って、それぞれの地で、春の訪れが感じられる目安を決める事が必要となってきます。・・・・・・
Dr遠藤ピジョンセミナーより
舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×10gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・インフェック投与
Dr遠藤ピジョンセミナーから

作出は、レース同様に、真剣に取り組まなければならない大切なものですから、研究を重ねて実践していきましょう。
1/8
(土曜日)


今朝の気温は、昨日よりもいくらか上昇して氷点下5℃でした。

飲水器の水は表面が凍り、バケツに汲んだお湯で溶かしてから、新しい水と入れ替えです。
サルモネラ予防薬であるインフェックを投与しているので、この寒さに手を煩わさせられていますが、仕方ありません^_^;

選手鳩は、引き続きダイエット!!さすがにガツガツ状態で餌を食べるようになっています。寒気が緩んだあたりに一回目の訓練を行う予定でいますから、それまでギッチリ体重を落としてあげます。


舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×10gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・インフェック投与
給餌前の選手鳩
1/7
(金曜日)


氷点下8℃の朝は強烈に寒く、4:30からの鳩舎掃除は中止!!市場が終了してから行ないました^_^;糞は凍りつき取れないし、飲水器はガチガチ状態です。

今年の冬は昨年よりも完全に寒く雪も多いです_(_^_)_

明日は訓練予定でしたが、道中雪が解けていないので、中止!!

そんな中、先日計量した鳩2羽を掴まえて、体重を計量しました。

長距離鳩血統の鳩は、ごくわずかの減少ですが、中距離スピード鳩の方は、ガクッと体重が落ちていました。

だいぶ飛びやすい身体にはなってきています。
舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×10gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・インフェック投与
1/6
(木曜日)


今日は、一日寒い日でしたねぇ〜〜^_^;夕方には飲水器の中の水が凍っていました^_^;

鳩舎の窓を完全に締め切り、水道の元栓を下げておきました。

また明日の朝までに積もっているのでしょうか?我が家へ変える道中は、完なアイスバーン状態の道路で怖い!!怖い!!

昨日に続き、委託されている種鳩の交配相手を決めるべく、鳩舎と家を行ったり、きたりしながら作業を行いました。
明日には、完璧かなぁ〜〜(^_-)-☆

舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×10gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・インフェック投与

この寒波が過ぎ去るまで、訓練は中止とします。焦って行っても良い事はありません。

標高447mまで上がって行くのは、道路に雪があっては危険ですし、猛禽もしつこいですからね^_^;

1/5
(水曜日)


今日は、2011年度委託種鳩の交配を決めるべく鳩舎内に入り、4時間!!鳩を一羽一羽観察しました。さすがに、眼がショボショボになりましたが、どの鳩もコンディションは良好(#^.^#)

右側にアップした鳩は、ヒロリンヘ分譲して関東方面の委託鳩舎へ1年預かり、今年は我が鳩舎へ戻ってきた♀鳩2羽です。この他にも後6羽いますが、いずれも良い鳩だと改めて思いましたねぇ〜〜(^_-)-☆


いつ交配しても良い状態にあります。2011年度分の脚環がまだ手元に届いていないので、予定通り1/20〜23日の間に配合します。

選手鳩は、今日も羽数×10gの餌の量を与えて終了(^_-)-☆

舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×10gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

1/4
(火曜日)


昨夜は、帰省している同級生との飲み会があり、弘子さんと一緒に出かけてきましたが、あまりの盛り上がりに今日は、お昼から我が家にて昨夜の続きとなりまして・・・(#^.^#)
総勢8名にて、昼間から宴会となりました。
それぞれが持ち寄った酒の肴を食べながら、昔話に花咲かせた一日でした。

4時頃からポツリポツリと帰り始めて、ようやく先程全員が心地良く酔っ払い帰っていきました。

今朝は、昨夜のお酒が残っていたせいでしょうね。軽い頭痛^_^;痛み止めを飲んでから、鳩舎掃除をゆっくりと時間をかけて終了させました。

舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×10gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

ガツガツ状態が更にヒートアップしてきていますが、まだまだ痩せるという段階までは行っていません。

今週はこのまま羽数×10gを与え続け、1/8〜10日までの間に、近場訓練(箱根山標高447m)を行なう予定です。

直線的に帰還するでしょうが、」鳩舎まで帰ってきて猛禽に追われるのは必至ですから、身体をいくらでも軽く仕上げていきます。


1/3
(月曜日)


選手鳩が餌を食べる様子が給餌する餌の量減じて3日目で変わってきています。

朝、夕殆ど毎日きまった時間に撒き餌にて給餌をするわけですが、初日は寄り付いてこない鳩もいましたが、今日の夕方は、殆どの鳩が一斉に餌を撒く板の上に寄り付き餌を食べていました(#^.^#)

昨日書き込みましたが、鳩の体重についてもう少し詳しくと思い、2羽の鳩を量りに乗せて計量しました。一羽は中距離スピード鳩、もう一羽は、道下白雪南部系の長距離鳩です。


舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×10gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器
対照的に体型タイプの違う鳩
1/2
(日曜日)



昨日よりダイエットした選手鳩達の糞は、様々です。しっかりと餌を食べた鳩は、コロコロ糞ですが、これまで多めに与えていた為に遅喰いの鳩は、若干軟らかい糞をしていたようです。

ま!!病気ではないので、気にすることはありません(#^.^#)

今週一週間、このままの量を与えますが、来週は更に餌の量を減じます。

血統的なものもありますが、短距離鳩で、400g〜500g前後、長距離鳩で320g〜350g程度の重さが飛びやすい重さといえます。

今現在は、長距離鳩で400g〜420gありますから、飛びやすい重さまで時間をかけてダイエットさせます。
舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×10gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器
2階種鳩鳩舎
1/1
(土曜日)


本日より、選手鳩鳩舎の鳩達はダイエット期間に入ります。昨日までは羽数×15gの量を朝、夕と与えて舎外も行わない管理が続いていましたから、鳩を掴んでみると・・・・・・

ぷっくりと太って種鳩みたいです(#^.^#)この種鳩状態になっているボディーを徐々に軽くしていきます。

極端なダイエット法には餌を5日間ほど与えないで水だけという方法もありますが、後々、鳩に良い結果をもたらしませんから、徐々に餌を減じていき神経をピリピリさせる方法をとります。

ピリピリしてくるのは、鳩を観察していると判ります。まず♂鳩が♀鳩を追い掛け回すような行動は取らなくなりますし、給餌時に我先に・・・・・と餌を食べに来るようになります。

更に、小さな物音にも過剰なほど反応するようになってきます。
舎外・・・・ストップ

餌の量・・・羽数×10gの
を朝、夕共に与えました。

餌の内容・・・・大麦50%
         配合飼料50%

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器
太り気味の選手鳩

新年明けましておめでとうございます(#^.^#)   今年も一年間よろしくお付き合いお願い致します。

昨年は、この時期に、選手鳩が10羽いるか?いないかの寂しい鳩舎でしたが、今年は選手鳩、遅生まれ鳩をあわせて120羽が在舎しています。
この現在の場所に移ってきてから、初の大羽数で春季レースを迎えることができます。猛禽は相変わらず一度の舎外時に5羽〜7羽が襲撃してきますから、
前半は、訓練主体!!3月末から舎外を行いながら調整していこうと考えています。

昨年同様!!皆さんの管理にも参考になるような鳩バカ日誌を目指します(#^.^#)