2013年産卵から孵化〜巣立ちまで・・・・・

                                                                 

本日にて、2013年産卵から巣立ちまでを終了します。明日からは、若鳩の飼育法と馴致、舎外、訓練、レースまで・・
3/19
(火曜日)
一坪のスペースにこれだけいると、狭く感じます(*´ω`*)止まり木まで飛べるようになった鳩から順に、
選手鳩鳩舎へ移動させていきます(^-^)
 
時間をかけて、ゆっくりと食べさせることで、大粒のトウモロコシもへっちゃらに食べれるようになります。
巣立ち室より移動されたばかりのヒナ鳩は、餌を食べるのに時間がかかりますから、置き餌も用意します。
3/17
(日曜日)
こちらは、一番先に巣立ちをさせた23羽です。もうすっかり体も大きくなり若鳩として成長しました。
巣立ち室にて、太陽を浴びながらくつろぐヒナ鳩たちです(^O^)
3/16日
(土曜日)
今朝、3:30より、放鳩籠の掃除をしながら、飲水器に強制的に水の飲み方を覚えさせる作業を行い、
順に、各部屋の掃除を開始(^O^)7時には終了しました。
一つの放鳩籠に8羽づつヒナ鳩が入れてあります。放鳩籠の掃除は、毎日行います。
水の飲み方を覚えたかどうかは?餌袋(そのう)部分を触るとすぐに判断できます。膨れてなければ、
まだ覚えていない証拠なので、飲水器に強制的に首を入れてあげると、ゴクゴク飲み始めます(^O^)
3/16
(土曜日)
さて、さて??この白い袋に入ったているものは何でしょう(^O^)・・・・これは、モチ米(^O^)なのです。
20kの小粒飼料に2袋(2K)混ぜて与えます。モチ米を与える事により親種鳩、ヒナ鳩から力!!が湧いてきます。
巣立ちをさせてから、約3週間にてヒナ鳩の主翼1枚目が抜け落ちました。猛禽やカラスに襲われなかった
昔であれば、この頃から舎外開始してたのですが、現在は、猛禽、カラスがせつなくて無理です。
第2弾!!ヒナ鳩の巣立ちです。放鳩籠での5日間の管理で更に成長巣立ち室にて更に5日間
管理してから選手鳩鳩舎へ移動させます。
3/14
(木曜日)
水浴びは、週一回!!若鳩の時から習慣づけて管理をします。週一回の水浴びで、コンディションアップのバイオリズム
を身体で覚えさせるのです(^O^)
奥の放鳩籠にも8羽、手前2つにも8羽づつヒナを入れて、水の飲み方、餌の食べ方を教え込みます。
3/12
(火曜日)
道下鳩舎より購入した種鳩771BW×BELG05-2285761ペアの仔です。(^O^)
シューマッハペアの仔です。画像には写っていませんが、2番仔目を抱卵中です。
ヒロリン委託種鳩、松井BC×ゴメールのペアの仔です。順調にここまで成長しています。
飼育者の合図で、エサ箱に寄ってきて直ぐに餌を食べるようになるまで、調教します。
3/11
(月曜日)
この方法をとると、賢いヒナは、エサ箱に行き自分で餌をついばむことを覚えます。あとは、水の飲み方を教えれば
良いだけとなりますから飼育者は楽ができます。
巣箱の中で巣皿から出るようになってきたヒナ鳩は、鳩舎の床におろします。親種鳩は、餌をせがむヒナにランダムに
餌を与えてくれますから、更に成長がGOOD!!になります。
宮古市から鳩舎訪問&愛鳩の友社社長に会いに来てくれた北山くんの息子タイガ君です(^O^)
和やかに、楽しいステージがモットーのクレヨンなので、笑いが絶えない1時間でした(^O^)
花巻温泉お祭広場でのクレヨンlive♪〜〜♪ 宿泊しているお客さんに、東日本大震災でのご支援に感謝
の言葉を申し上げてからの演奏となりました。
3/8
(金曜日)
東北の冬は厳しく長い分!!春の来るのは、すごく嬉しくヾ(@⌒ー⌒@)ノ毎日となります。
10OA10774 ♂ BC ちょっと幼かったのですが、放鳩籠にて餌をバッチリ食べていたので、巣立ち室へ・・・
もうちょっと、成長してからの評価となります。
11OA02784 ♀ BCP こちらも選手鳩として期待の若鳩ですね(^O^)目のところの刺しが、頭の良い証です。
11OA02982 ♂ DCWP 選手鳩としての能力に期待です。白系の中間色鳩ですが、頭脳刺しがあり、脚もうしろに
伸ばしてくれます。 
レーサーがいなくなり、寂しい選手鳩鳩舎が少しづつ、賑やかになっていくのは、なんとも嬉しい限りです(^O^)
夕方には、早めに巣立ちをした若鳩を選手鳩鳩舎へ移動させました(^O^)慣れないせいかキョロキョロしながら
鳩舎内を歩き回っていました(^O^)
全室の鳩に水浴びをさせました(^O^)大船渡も気温が10℃まで上昇し、春を思わせる陽気となりました。
10OA10786 G (オールド環) 超一級品の種鳩になるでしょう(^O^)・・・・こういう鳩が鳩舎内に全部いたなら素晴らしい
鳩舎になります。
10OA10788 BCW 選手鳩としての能力は高い鳩だと推察できます。
11OA02749 BCW 、 
水の飲み方、餌の食べ方を覚えた若鳩は、放鳩籠から出され、少し広い空間へ移動させ、畳1畳分の部屋
にて鳩舎に慣れさせます
3/3
(日曜日)
AAAロフト×11BB130467 ♀ Bとの交配から作出されたのが、上記画像の2羽の鳩です。

09HA12118♂BC×09EE15195♀Bとの交配から作出されたヒナの画像です。2番仔目の産卵まで一週間といったところ
でしょうか?(^O^)

かもめの玉子で有名なさいとう菓子店のひな祭りケーキと、人気爆発!!いちご大福ヒナ祭り編
振るいにかけたトウモロコシのの画像です。巣立ちしたヒナが選手鳩鳩舎に移動させられた時に、このトウモロコシを
食べさせるようにすれば、大粒の餌を好んで食べるようになります。
エサ箱の中に多く与え過ぎると、種鳩が余す餌の画像です。これを振るいにかけてトウモロコシだけ選びます。
黒系の中間色鳩、身体が丈夫で頭が良い鳩なんですよ(^O^) 
筋肉が柔らかく、下回りもNaisu!!な鳩です。白系中間色鳩です。
道下白雪南部系の羽色Gで、珍しい逆三角形型の鳩です。いわゆるスピード鳩!!
短い距離から1100Kまで優勝する可能性のある鳩です(((o(*゚▽゚*)o)))
2/28
(木曜日)
左側の鳩の背中は、中央の肌が丸見え状態です。右側は、隠れ始めているのがわかると思います。
上記画像のヒナが成長してきて、脚環を昨日入れました。その時に撮影したのですが、3本毛は背中が隠れづらい
のです。
2/27
(水曜日)

巣立ち室へ移動されたヒナ鳩8羽です。 明日あたりから、ガツガツ餌を食べるようになってくるでしょう(^O^)

右側の鳩と、左側の鳩の違いがわかるでしょうか?指は同じ色をしていますが、クチバシの色が違います。
左側が純の白系のアメバシであり、右側が、白系の中間色鳩のクチバシです。

さて、どんな鳩に成長するのか楽しみです(^O^)(^O^)(^O^)

横からみた画像ですが、指は全て真っ黒!!腹も段腹に分かれています。しかし、羽根には刺し毛がありますから、
黒系の中間色鳩と分類します。

ちょっと画像が暗くなってしまいましたが、羽色Gの黒系に近い中間色鳩です。この色の鳩は、貴重なんですよ(^-^)
この色の鳩を作出しようとしても中々出てこないのです。道下白雪エース号は、この鳩と同じ色の中間色系鳩でした。
産まれた時から、種鳩にするべく交配した配合から作出されました。脚環番号13OA04007 ♀ G ジェームスボンド


この鳩も、我が家にてレースに参加させる鳩になりますが、前にもちょっと書きました。
黒系の中間色鳩です。いわゆる身体が丈夫で頭が良い(^-^)のがこの鳩です。

指は黒一色、腹も段腹に分かれています。ただ、刺し毛があります。頭脳刺しもあります(目の部分、頭)
なので黒系の中間色鳩なので、選手鳩に適しています。

骨格については、それぞれの鳩、申し分ないので、記述しません。悪い鳩がいた時だけ説明しますね(^-^)

画像では、華奢に見えると思いますが、道下白雪南部系の特徴である晩成型の鳩です。
爪の色は、各、指に白と黒が交互にありますから中間色系鳩です。中間色系鳩はレースに参加です。
・・・・というわけで、この鳩は、我が家にて選手鳩として活躍??・・・・(^-^)猛禽に食われなければ・・・・
ですが(´・ω・`)・・・

2/27日の画像で、ソノウにミルクがパンパンに入っていたヒナ鳩です。白系鳩ですが、嘴の先が黒いので、
白系の中間色系鳩と認識して良いでしょう(^O^)逆風対応型の素晴らしい鳩です。
手持ち、バランス、筋肉、云う事なしのヒナです。  この鳩をご希望欲しいと思う方は、メールにて、
ご連絡ください。
価格はヒナ鳩なので、15,000円です(^O^)ただし、この鳩もオールド脚環なのでよろしく(^-^)です。

完全なる5本毛でしたから、足の指も黒、頭の色も黒、腹も段腹に分かれていますから、黒系鳩です。
成長してきたなら、目の部分に目刺しがちょっとだけ入っているのに気がつきました。
頭脳も抜群に良い鳩ですよ(^O^)もちろん!!骨格もしっかりとした若鳩ですから種鳩にバッチリ!!

この鳩は、後で、販売すると思いますので、欲しいと思う方は、メールにてご連絡ください。
価格は、ヒナ鳩なので、15,000円です(^O^) ただし、オールド脚なので、よろしく(^O^)
です。
爪は白、クチバシは前方に黒混じりなので、白系の中間色鳩です。骨格は申し分なし、下まわり、手持ち、欠点は
ありません。道下白雪南部系の特徴である筋肉の柔らかさも兼ね備えていますから合格!!(^O^)
2/25
(月曜日)
6羽だと思っていたなら、8羽のヒナが巣立ちできるようだったので、放鳩籠に入れました。
一つの放鳩籠に8羽が限界かもしれません(^O^)それ以上入れると、窮屈に感じます。
2/24
(日曜日)

こちらは、純の黒系鳩・・・中々、純の黒系鳩、白系鳩というのは作出されません。

なので、この鳩は巣立ちの時点で種鳩におろされます(*^_^*)体型は、下記の画像鳩とそっくり!(*^_^*)
兄弟ですから当たり前ですが、しっかりとした骨格を有していますので、良い種鳩となるでしょう。

来春、2014年には、立派な種鳩になり、配合の基本であるB×BC(白系鳩)に従い、交配すれば、
優勝する確率の高い配合となること間違いなし!!です(*^_^*)

逆風対応型の身体が丈夫な鳩で、白系鳩と交配することにより、身体が丈夫で頭の良い鳩が作出されます。


黒系の中間色鳩・・眼の横に刺し、羽根に刺しが入っています。
腹の部分が見えにくいので、明日もう一度、写真を撮りなおして腹の部分も観れる様にします。

逆風対応型の骨格を有し、下回り、脚ののばし具合、腰、毛締まり共に申し分ない選手鳩になるでしょう。
いわゆる、身体が丈夫で頭がよく、悪天レースにも強いのが、黒系の中間色鳩です。

これまで、この黒系の中間色鳩で数多く優勝してきたので、間違いありません(^O^)VV

2/23
(土曜日)
2/28日には巣立ちをさせる予定です。この2羽の他に、あと4羽が一足早く巣立ちます。
刺し毛があるのは、999番、右側が888番です。つかんで見ましたが、下まわり、骨格ともに申し分なしの鳩2羽です。
2/21
(木曜日)
こちらは、指が昨日までは、真っ白だったのですが、何か指に線が入ってきています
下記画像では、右側のヒナです指が真っ黒なのがわかると思います。
ヒナの肌の色の違いが写真でわかるでしょうか?左側は、白、右側が黒です(^O^)
左側が共同白雪08号直子(2009年GN総合優勝)×07年地区N700K最遠距離にて総合優勝したダークオブザムーン
です(^O^)
2/19
(火曜日)
下の画像2羽の父親(^O^)GNサミット号最後の仔の1羽です。最高の種鳩ですね(^O^)(^O^)(^O^)
こちらは、888です。完全なる白系鳩・・・・・種鳩にバッチリ!!です。刺し毛がどこにもないのが更にGOOD!!です。
999の黒系の中間色系鳩です。いわゆる身体が丈夫で頭も良いのがこの黒系の中間色鳩です。頭脳刺しもあります。
もう一枚(^O^)
こちらの方がわかりやすいかもしれませんね(´Д` )爪の色は白系鳩と同じ白でも、指がマダラです。
この位の大きさのひなの指は、マダラ状なのがわかるでしょうか?中間色系鳩の特徴です。
背中の棒毛(たけのこ)が2列4本の中間色系鳩・・・・・選手鳩として向いています(((o(*゚▽゚*)o)))
2/18
(月曜日)
どちらも、文句無しに種鳩にしても大丈夫な骨格を有しているはずです。あと10日もすればはっきりします。
2/17
(日曜日)
白い羽色で、尚且つ活躍する鳩を作出するべく、交配したペアの仔2羽です(^O^)どちらも白系鳩です。
黒系の羽色グリズルはどんな色に出るかというと・・・・・・・秘密・・・・・・・(^O^)なんちゃって、もう少し大きくなったなら、
画像をアップします(^O^)(^O^)(^O^)
右側が、白系鳩・・・888BC、左側が、黒系に近い中間色鳩999BCWです(^O^)無記録にて種鳩におろします。
2/16
(土曜日)
画像が小さくて背中の棒毛の本数が分かりづらいですが、手前のヒナは、白系の中間色鳩4本毛です。
2/7撮影したヒナがここまで成長しました。羽色Sは白系鳩、羽色Bは完全な黒系鳩です。黒系鳩は三段腹になって
います。
この頃のヒナ鳩からは、羽軸からの脂粉が巣皿マットの上に沢山溜まります。毎朝、巣皿マットをホロって綺麗にして
あげてください。
1/16の画像ペアの仔です。日々成長してきていて石膏巣皿では小さく感じたので、プラスチック巣皿に交換です。
巣皿マットを敷いてあげれば寒さ対策もバッチリ!!です(*゚▽゚*)
2/15
(金曜日)

画像左側のヒナは、背中がまだ隠れていません。棒毛の本数が少ない3本毛だからです。

右側のヒナ鳩は、背中の皮膚が、すべて隠れているのが判ると思います。

3本毛(白系)は種鳩、4本毛(中間色)は選手鳩、5本以上(黒系)も種鳩にするのが良いのです。


2/14
(木曜日)
嘴の下の毛も、右側は肌が見えていて、左側は肌が見えていないのが判ると思います。3本毛、4本毛これだけ毛
の濃さが違うのです。帰還途中に雨が降った場合のレースでは、3本毛の鳩はビッショリ濡れて飛べなくなります
が、4本毛は3本毛に比べると耐えて飛ぶことが可能です。故に3本毛の鳩はレース鳩として使用するよりも
種鳩に使ったほうが良いのです(*゚▽゚*)
もちろん、親種鳩の血統、骨格等が申し分のない場合です。
昨日よりも、判別不能になっていますが、片方のヒナの背中は覆われていて、もう片方はまだ肌が見えています。
2/13
(水曜日)
背中の棒毛が判別しづらくなってきていますが、888番は3本毛、999番は4本毛です。背中を覆う毛の本数で決まり
ます。
2/12
(火曜日)
仮母&ゲージ&特別配合室の鳩たちです。ヒナ鳩に美味しい餌を食べさせるべく競い合って食べています。
あたり一面銀世界・・・・湿った重い雪です。東北の春も近い証ではありますが・・・降らない方がいいですね(*゚▽゚*)
今日は、巣皿を少し大きめの物に交換しました(^O^)あと数日すれば、羽色もしっかりわかります(^O^)
さて、このヒナは、イチオシのヒナです。脚環番号888、999という番号を装着しました。親鳩は、1/16日の画像に
写っている鳩です。888の方は、表彰式のじやんけん大会で勝利した古川連合会の松田さんにプレゼントです(^O^)
白系の鳩は、嘴がアメ色をしているので、アメ嘴と言われています。どちらもスクスク成長しています((^O^)
2/7の画像と比べてみてください。こんなに大きくなりました。爪の黒かった方は羽色B、白かった方は羽色Sです。
2/7
木曜日
このメス種鳩の、胸の部分を注意してみてください。ソノウ部分に、ヒナに与える餌が、満杯に入っています(^O^)「
ヒナのソノウ部分にミルクがたんまりと入り、小粒飼料がポツポツと・・・・・この頃のヒナのベストな状態(^O^)
ドラッグストアで購入した※ドグダミ茶※です(^O^) 5リットルのヤカンで煮出してから飲水器へ・・・・・・・
2/6
(水曜日)
ちょっと、画像が見にくいですが、指の色の違いがわかると思います。白い方は白系、黒い方は黒系の
中間色と判別します。もう少し大きくなってくるとハッキリとわかります。
孵化してから、4日目のヒナですが、ハッキリと肌の色の違いがわかると思います。右側が黒系の中間色鳩、
左側が白系の鳩です。
2/1
(金曜日)
ナチュラル社から提供していただいた復興応援支援鳩12羽のうちの1羽の♀鳩です。これは素晴らしい♀でした。
血統書は、手元に届いていませんが、血統関係なくナイスな♀鳩です。
1/16の画像のペアの仔です(*゚▽゚*)無記録で種鳩に卸す若鳩2羽となります。荒縄を多く運ぶのは巣への愛着心が
強いペアです。
その仔にも受け継がれる特性ですから覚えておくと役に立ちます。
親が与えるピジョンミルクの量はとても大事で、種鳩の状態が良ければ良いほど多くなり、ヒナの成長を促します。
下の画像のヒナにオス鳩がピジョンミルクを与えています。ソノウ部分にミルクがたっぷりとある様ならば合格です。
1/31
(木曜日)
昨日の夕方、第1卵を産んだヨングスラブ娘です。明日、お昼から2時頃に第2卵を産むでしょう(*^_^*)
仮母もバッチリ!!同じ日に産卵したので、10日後には仮母へ卵を預けます。
孵化後、2日目のヒナ鳩です。昨日よりも若干大きくなったような気がしますが、まだ声も出しません(*^_^*)
1/30日
(水曜日)
見事に、2羽が同日に孵化しました。♀鳩が第1卵を生んでから第2卵を産むまで、真剣に抱卵しないように調整した
証です。いわゆる頭が良い♀鳩だという事になります(*^_^*)
1/29
(火曜日)
日本レース鳩協会作出鳩♂BCと山本・今西国際号の筋の♀Bのペアです(^-^)長距離が楽しみな配合です。
小嶋さん新規導入鳩の♂BCと昨年直仔が活躍した白鶴系の♀Bです。オスが巣箱の争奪戦をした後の画像です。
1/25
(金曜日)
香貫山さん期待のペアです(^O^)昨年は、このペアの仔が大活躍でした(^O^)今年も良い仔を作出できるように頑張り
ます。
午前中に配合して、夕方の給餌時に巣箱を解放してみましたが、昨年と同じ箇所のペアは落ち着いているものの
そうでないところは、再び急給餌後に閉じ込めました。
1月22日
(火曜日)
♂の委託種鳩部屋です(^O^) 徐々に発情が強くなってきていて金網越しに♀種鳩にカッコつけています。
1月22日
(火曜日)
雑居部屋の種鳩達です(^O^)昨年は、作出しなかったので、自由交配にて仮巣箱(玉ねぎの箱)使用(^O^)
1月22日
(火曜日)
2月上旬から順に孵化し始めますから、ますます管理に時間がかかりますが、ヾ(@⌒ー⌒@)ノ楽しみです。
1月22日
(火曜日)
血管が走りる段階は過ぎて、細胞分裂が卵内で行われ、徐々にヒナの形を作り出してきている状態にあるのが、
産卵から一週間が過ぎたこの時期の卵です。
1月21日
(月曜日)

第1卵を産卵してから、今日で一週間です。検卵を行うのにちょうど良い頃です。第一卵を産卵してから4日目には
卵を明かりに透かしてみると血管が走っているのを確認できますが、この時に、失敗するのは、走り始めた細い
血管を切断してしまうことがあります。すると・・・・もちろんその卵は孵化しないという憂き目に合います。だから、
検卵は、この一週間目に行うのが安全です(^O^)有精卵は白濁色に変化していますから、簡単に確認できます。

今日は、ちょっと忙しく画像をアップできませんでしたが、明日にはアップします。
1月16日
(水曜日)
第2卵産卵
第1卵は夕方から夜にかけて産卵しますが、第2卵は午後2時頃に産卵します。第2卵を産卵してから本格的に卵を交互
に抱き始めます。
1月14日
(月曜日)
第1卵産卵
産卵すると、卵を見てみたい衝動に駆られ、巣箱を覗いてみようかと思いがちですが、鳩が飼育者に慣れていない場合
には、じっと我慢しましょう(^O^)
神経質な鳩などは、巣皿から飛び出して卵を出してしまい大切な卵がパァ〜〜になる
事も・・・・・・・・気をつけましょう(^O^)