2014年作出と競翔

                

 


8月に入りパソコンの調子も悪く、挙句にぎっくり腰を引き起こし体調不良にて、鳩の管理もできない始末

しばらく更新をお休みさせていただきます。
8/1.
(金曜日)

今朝も早い時間から遠征に行き、帰ってきたのは、6:30過ぎていて、市場に行く時間ギリギリに餌を与えました。

どの鳩もしっかりと1時間30分〜2時間飛んでいます。


餌も食い込みも上々(^O^)


選手鳩の状態は良いようです。
種鳩の管理

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
夕方は、強制舎外にて1時間半の強制舎外!!スピードもあり良い飛びをしていました。

昨日、一番遅く舎外に出した鳩が一羽オオタカの餌食となりました。

杉林に隠れていたのをしっかりとオオタカは捉えていたようです。
屋根裏部屋にあるPCの調子が暑さのせいで悪く、本日ようやく回復しました。
7/31
木曜日)

東北地方もようやく梅雨が明けて、本日より目玉風船を取り付けての強制舎外の始まりです。

まずは鳩舎の脇に、黒い旗を軽く振り上空高く驚いて飛ぶようにすることから始めます。この際に鳩なりで1時間以上飛んでいれば、簡単に強制舎外を行うことができます。

それまであまり飛ばないようであれば、鳩が重いせいで飛びませんから、餌を減らして1週間あたえて、その後強制すればOKです。

種鳩の管理

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
強制舎外を開始したなら、羽数×17g〜20gまで食べさせて筋肉を作り上げます。

秋季レースで500Kまで飛ぶ体力と気力を若鳩に植え付けます。


7/24

(木曜日)

東京へ行っていた3日間は、従兄弟に鳩の給餌を頼んでいったので、安心でした。

舎外は、日曜日、月曜日の二日間お休みでした。

この間の選手鳩の餌は、羽数×10gと減量させて与えていました。

東京から帰ってきてからは、ちょい疲れが出たのと、PC不良にて更新できませんでした。

東京から帰ってきた翌日から、インターバル舎外を開始してオオタカに追われる毎日ですが、遠征に行って一時間以上飛んでいるようです。

種鳩の管理

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
最後の遅生まれ20羽を合流させたので、もうしばらくインターバル舎外を続けます。

7/18
(金曜日)
今朝も鳩は飼育者よりも早く起きて舎外に出ていました。

オオタカの襲撃がなかったようで遠征には行かなかったようですが、良い飛びをしていました。

種鳩の管理

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

明日から東京へ行ってきますから、3日間お休みします。

鳩の餌は、いつもの通り、従兄弟がやってくれます。
7/17
(木曜日)
インターバル舎外が、鳩の残りが良い様な気がします。

4番子20羽を一緒の部屋に移して、97羽になり鳩舎内の雰囲気も良くなってきました。

遠征にも出かけているようで、このまま状態を維持して個人訓練に移行していきます。

種鳩の管理

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

オオタカの襲撃も上手に交わすようになってきた若鳩達が逞しく感じます。


目をつけている鳩も、順調に帰還していますから、(´∀`)(´∀`)(´∀`)です。
7/16
(水曜日
3番仔達もようやく60羽がまとまって飛ぶようになってきkました。

黒い旗をひと振りすれば、もっと長い時間飛ぶのですが、猛禽に狙われるので、また、もう少し我慢です。

今週末から、とうきょうで婚礼があるので、更新作業はお休みします。

従兄妹の姉や叔父さんが、空いている時間は付き合ってくれるみたいなので、横浜の夜景やら美味しい鰻等を食べてきます。


種鳩の管理・・・・作出も終了し、♂、♀分離したので、餌の量が変わります。

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
秋季レースは、女房の従兄妹の新人のお世話を一生懸命しながら、優勝させます。

ヴィクトりーも電池交換、メンテナンス、放鳩籠も準備できたので、来週から訓練開始です。

我が鳩舎は、秋季レース参加しないので、のんびりと行きます。
7/15
(火曜日
やはりXPはもう駄目でしょうかね(>_<)新しいPC買えって女房には言われますが、、機械を騙しながら頑張ります。

今日は鳩同様に、PCも調子が良いようです。
種鳩の管理・・・・作出も終了し、♂、♀分離したので、餌の量が変わります。

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
3番仔の作出は、気合を入れたので、良い鳩が作出されています。

大切に焦らないで馴致をして、秋のレースはパスして春季レースの向けて頑張ります。
7/14
(月曜日)
毎朝、夕方とオオタカにに襲撃され90羽いた鳩が77羽まで減少しました。

しかしこのまま三番子の馴致を続けて、行きます。

種鳩の管理・・・・作出も終了し、♂、♀分離したので、餌の量が変わります。

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
PCの調子が悪く更新作業がはかどりません(´∀`)

7/13

(日曜日
4:30頃より愛犬ラッキーがやた唸って吠えるので、眠い目をこすりながら外に出てみると、なんと!!オオタカが鳩を追って、我が車の上にて鳩を鷲掴み、カラスがそれを奪おうと、睨めっこしていたのに、吠えていたんですね。


しかし、たかの巣窟と化している我が鳩舎は、一体どうなるのでしょう?
種鳩の管理・・・・作出も終了し、♂、♀分離したので、餌の量が変わります。

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
午後から雨が降って来たので、夕方の舎外はストップ!!
明日の朝は、雨でも飛ばすので、出舎口を解放しておきました。

餌の食いも良く状態は良いので、このままの状態で強制舎外に突入したいものです。
7/12
(土曜日)
台風の被害がないと思っていたなら、地震による津波騒動にて早起きを強いられ一日睡眠不足を味あわせられながらの強烈に暑い一日でした。

若鳩たちは、いつもの如く外に出て遊びながら飛んでいましたが、途中からオオタカの襲撃にあいパニック(>_<)

また数羽が犠牲になっています。
種鳩の管理・・・・作出も終了し、♂、♀分離したので、餌の量が変わります。

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

夕方の舎外時もオオタカに追われたものの、被害は無し!!約40羽がまとまって飛ぶようになってきました。
7/11
(金曜日)
今朝は雨でも外に出て遊んでいた若鳩が数羽いました。

6:30に呼び込み入舎させて、市場へ・・・・
台風が接近していたので、午後の舎外は止めようと思っていたところ、なんと!!台風は東へ大きくそれたのか?

太陽が出て、晴れたので、夕方も5:00から半自由舎外で若鳩を飛ばしました。

種鳩の管理・・・・作出も終了し、♂、♀分離したので、餌の量が変わります。

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

オオタカの襲撃がありましたが、カラスがしつこくオオタカを追い払ってくれたおかげで被害はありませんでした。

本格的な舎外に入ってからの疾走が今から怖いですが、このまま7/20頃まで半自由舎外を続けた後で、全鳩追い出しての舎外に切り替えます。
7/10
(木曜日)

けさは、6:00に外に出てみると、カラスが屋根にいた鳩を驚かし45羽前後の三番k所が上空をまとまりながら飛んでいました。

それをしばらく眺めてから、鳩舎管理をして市場へ・・・・・・(´∀`)


8月からの強制舎外に間に合うようにしっかりと馴致を行っています。

5分から10分しか飛ばないので、猛禽も今日は出なかったみたいです。


種鳩の管理・・・・作出も終了し、♂、♀分離したので、餌の量が変わります。

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
半自由舎外を行っていると、鳩が徐々に野生化してきます。

これは、鳩の目を観察すれば一目瞭然です。

あまりにも、野生化してしまうと失踪につながってきますから、鳩の目を観察しながら通常の舎外に、いつ戻すかが大切なタイミングです。

7月9

(水曜日)

だいぶ集団で飛ぶようになってきました。

猛禽に追われなければ羽数も少なくなることはなく、安心です。

7/21より全鳩を強制的に舎外させてからが問題(>_<)

猛禽に追われての集団疾走が今から危ぶまれます。
種鳩の管理・・・・作出も終了し、♂、♀分離したので、餌の量が変わります。

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
7/8
(火曜日


朝から日差しが強く、蒸し熱い一日でした。

鳩は、いつもの様に、半自由舎外にて飛ばしました。


この日は、青果市場の従業員が30年勤めて辞めたので、送別会(´∀`)

またまた更新作業はできませんでした。

(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン
種鳩の管理・・・・作出も終了し、♂、♀分離したので、餌の量が変わります。

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
餌を与える目安は、羽数×15gですが、猛禽に追われたストレスなどで、餌の喰いが悪い時には羽数×10g〜12gでも構いません。

一日2会の給餌のうちどちらかで、しっかり餌を食べさせてください。
4/7
(月曜日

朝からガスっている中を、3番子は元気よく舎外をしていましたが、途中からオオタカの襲撃にあいパニック!!

約6羽が帰還していません。

馴致の際に猛禽類に追われると、どうしても数羽が失踪してしまいます。

この日は、月に1度の同級会(^O^)

更新作業をサボってしまいました。
鳩の管理・・・・作出も終了し、♂、♀分離したので、餌の量が変わります。

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

正確な数を数えるのが怖くなってきます。

舎外をするたびに数羽の鳩がいなくなります。

猛禽類の餌場と化している我が鳩舎です。

7/6
(日曜日)

更新作業を行おうとしたなら、友達が釜飯を持って二人やってきて中断(>_<)

舎外は、前日同様の舎外です。

猛禽類が襲撃してきているようですが、上手く今のところかわしているようです。
種鳩の管理・・・・作出も終了し、♂、♀分離したので、餌の量が変わります。

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
1番仔、2番仔、成鳩合わせて24羽になり、焦って3番子を同一の部屋にしての半自由舎外(´∀`)

果たしてどうなることやら???
7/5
(土曜日)

本日も、昨日までと同じ舎外方法です。

約20日間この方法で飛ばしたあとで、一斉に舎外に出すようにします。

それまでには、鳩舎内にいる3番仔全鳩が空を飛ぶようになります。

集団で飛ぶようになったなら、強制舎外で体力作りです。
種鳩の管理・・・・作出も終了し、♂、♀分離したので、餌の量が変わります。

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

馴致舎外の時には、数羽づつしか飛ばないので、滅多に猛禽類に襲われません(´∀`)
しかし、全鳩を外に出すようになってくると、またまた、オオタカ、ハイ鷹、隼の襲撃を受けて集団疾走につながります。

果たして今年はどうなることか?
7/4
(金曜日)

昨日は更新作業をしてたなら、3番弟子のヒデが久しぶりに訪ねてきたので、急遽!!更新作業を中止して、飲み会となってしまいました。

鳩は、夜のうちに出舎口をほんの少しだけ開けておき、舎外させるという方法で行いました。

当分は、朝、夕共にこの方法で行います。

種鳩の管理・・・・作出も終了し、♂、♀分離したので、餌の量が変わります。

餌の量・・・羽数×12g

餌の内容・・・・大麦5割、配合5割

飲水器・・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
鳩を呼び込む時間は、朝は、6:30です。

夕方は、6:50〜7:00の間です。

口笛の合図で一斉に鳩舎に入ってこれる様になるまで続けます。

7/3
(木曜日)

今朝は、夜のうちに出舎口をほんの少しだけ開けておき、鳩が何羽外に出るのか?試してみましたが、明るくなって鳩が出舎したのは、3羽だけでした。

これまで1時間以上飛んでいた鳩たちが、たった3羽です(>_<)

いかに猛禽類の怯えているかが判明した一日でした。

夕方は、5:00に出舎!!やはりこの時間帯は猛禽が襲撃してくるんですね〜〜(>_<)

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

しばらくは、出舎口を夕方から少しだけ開けておいて飛ばす自由舎外に切り替えてみます。

1番仔2番仔が70羽近くいたのが、24羽しかいなくなったので、
3番仔70羽を如何に多く残すかで、春季レースの戦い方が決まります。

7/2
(水曜日

今日もめげずに舎外に出しました。

昨日と同じような帰還の仕方をしました。

70羽近くいた鳩が、この2ヶ月で24羽まで減りました。

いよいよ3番仔の出番です。

夕方6:00に出舎させました。自然に鳩舎から出た鳩だけの馴致です。

数羽が近くの屋根や、杉の林に止まりましたが、カラス、猛禽の被害はなく入舎させることができました。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
数羽が出て遊んでいました。
7/1
(火曜日)


今朝は、4:45に出舎させて、外に出てみたなら鳩の集団の姿はどこにもなく、30分した頃に1羽、それから数分後に1羽という風にバラけて帰還しました。

最終的に6:15分の時点で、18羽帰還6羽が未帰還でした。


餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
朝の舎外をするようになりスピード、高度ともに良い飛びをするようになり、遠征にも行くのですが、遠征先で猛禽に追われるのでしょう?

帰ってくる時にはバラけて数羽が帰還したあとに、団体が帰還するという感じです。
6/30
(月曜日)

今朝は曇っていたので、朝の舎外は出来たのですが、二日連続で大雨が降ったので、今日あたりは猛禽類が待ち構えているような気がして、朝の舎外はストップ!!

夕方、3:45から舎外5:00に入舎させて給餌しました。

猛禽類にも追われましたが、良い飛びをしてくれました。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

遅生まれを果たしてどうやって馴致をするか?悩みどころです。

夕方はオオタカがウロチョロしますし、飛ばし始めは杉山に隠れたところを襲われますから、思案のしどころです。

6/29
(日曜日)

日曜日!!朝から強い雨が降っていたので、舎外はお休み(´∀`)

ゆっくりと起きて鳩舎管理を行いました。

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
舎外をしないので、選手鳩の餌の量を羽数×15gで与えました。

羽数×17gでも全量食べますが、鳩が重くなってしまうので、要注意です。
6/28
(土曜日)

今朝は
だったので、舎外はお休みしました。

この時期、我が家の鳩舎はグレーチングなので2階は乾燥してるのですが、雨が降ると1階部分の床はコンクリートの為に湿気が強烈!!

鳩舎掃除をこまめにして、心がけます。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
あすの予報は雨なので、1回目の訓練は中止します。

晴れマークの予報の前の日に、。放鳩かごに若鳩を詰めます。

梅雨空は、鳩飼育者には辛い時期です。
6/27
(金曜日)

今朝も5:00からの舎外、飛ばしてすぐに遠征に行ってしまうようになったので、鳩舎から外に出て上空を眺めても姿は見えません。

20分ほどした頃でしょうか?ハイ鷹(ブーメラン)に追われて散り散りになりながらの姿を確認!!

6:15分には、殆どの鳩が入舎してきて給餌し、市場へ・・・・・・

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
ガツガツ状態で餌を食べていますから、猛禽類に追われて餌を食べないという状態はなくなりました。

だいぶ成長してきたんだなぁ〜と思います。

次の日曜日には、第1回目の訓練に持っていきます。

もちろん近場からですよ(´∀`)


まずは河川敷からです。直線距離にして2K程度でしょうか?

前の晩から鳩を放鳩カゴに詰めておき、ある程度のストレスを与えて、翌日放鳩します。

6/26
(木曜日)

昨日は、従兄妹のお店の開店祝いに行ったので、更新作業はお休みしました。

大船渡屋台村から、大船渡駅前にある弥栄ビル2階に移転して“スナック綾”のスタートです(´∀`)

朝の舎外を5時から行い、猛禽に追われて散り散りバラバラにて鳩舎に戻ってきましたが、被害はなかったようです。

約1時間は、飛んだ鳩もいれば、追われて鳩舎に戻ってきた鳩もいたようでした。

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
久しぶりに大船渡の繁華街で飲みました。

俺よりも4歳下を頭に若い奴らとのカラオケで盛り上がり、良い開店祝いでした。


10:30には家に帰ってきて爆睡体制に入りました。

昔からの仲間と飲むのは楽しい時間でした。

6/25
(水曜日

サッカーの試合を見るために、若鳩の朝の舎外はサボってTV観戦(^O^)

1対1の同点になったので、鳩舎掃除を開始して、再びテレビを見たなら4対1で負けててガックリ(>_<)


鳩を飛ばせばよかったと後悔しましたが、あとのまつりです。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

あすは、しっかり早起きをして、鳩を1時間から2時間飛ばし込みます。

しかし、」まだ強制舎外を行なっているわけではありません。

あくまで鳩が飛びたい様なボディー(軽さ)をみにつけさせて、呼び込んだなら鳩舎に直ぐに入ってくる癖をつけていきます。

ですから、屋根に降りてくるまでトラップは閉めておきます。
6/24
(火曜日)


昨日は、青果市場の講習会があり、HPの更新はお休みしました。

朝は。4:30に出舎させて、とんだ鳩は2時間飛び続けていました。

6:30時30に餌を与えてから青果市場へ

夕方の舎外は行いませんでした。

またこの日は、猛禽が一度だけ襲撃しましたが、難を逃れてセーフ(´∀`)
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

これから、朝の舎外に切り替えて夕方は、飛ばさないようにしていきます。

ひとつは、夜間飛行を避ける為ともう一つは、夕方は3番仔の馴致にあてようと思っているからです。
6/23
(月曜日)


今朝は4:40分より舎外を開始!!
飛ばしてすぐにハイタカ(ブーメラン)の襲撃があったものの、上手くかわして1:30〜2:00時間の舎外となりました。

遠征に行き、鳩舎上空に帰ってきては、再び遠征するという感じです。


餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
昨日は、餌の量を変えずに与えましたが、今日は羽数×17gをガツガツ状態でペロッと食べてくれました。
運動した分餌を多く食べさせないと、鳩がへばってしまいますから、長時間飛んだ時には餌をお多めに与えてください。

上の画像は1番仔、2番仔、
下の画像は3番仔です。

3番仔は順調に作出できたので、70羽が舎外する日まで待機させています。
6/22
(日曜日)


約束通り、4:30に外に出てみるとギャラリーが二人、既に待機していました。

1番仔、2番仔合わせて65羽いたのですが、これまでの馴致舎外で35羽が失踪したり、猛禽の餌食になっていますから、30羽しかいなくなりました。

それでも集団がひとつになって飛び用になっていますから、20分程度飛んだ時点で、軽く黒いゴミ袋をつけた釣竿を軽く振り、驚いてスピードを上げて、1時間30分以上飛んでから鳩舎に入りました。

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

珍しく、猛禽留意の襲撃もなく、気持ちよさそうに飛んでいました。


黒いゴミ袋の残像が鳩の頭に残っているのか?

なかなか鳩舎の屋根に降りてきません。
6/21
(土曜日)
今日は、あすから朝の舎外に切り替えるので、夕方の舎外はお休みします。

それに、ボンボンが仕事の関係でオペレーターの方を連れてきたので、夕方より一緒に飲み会(。・ ω<)ゞてへぺろ?

更新作業はできませんでした。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
明日の朝は、朝の舎外を見に来るギャラリーが二人きます。

予定舎外時刻は、4:30です。

明日から鳩なり舎外で1時間以上飛ばすように調教します。
6/20
(金曜日)
遂に今季初の集団失踪です。合計10羽の若鳩が帰還していません。

ハイタカ3羽の襲撃されパニックになった鳩は上空高く遠征に行ったまま、しばらく姿を見せませんでした。

約20分後にj上空にて姿が見えた時には、羽数激減???

夕方の給餌の際に10羽の若鳩がいませんでした。

明日の朝には帰ってきて欲しいものです。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
上空高く飛べば、ハイタカが襲ってきますし、低空で飛んでいればオオタカの襲撃に合います。

遠征していけば遠征先でも襲撃されているのでしょう?

鳩舎に戻ってくると羽数が減っています。
6/19
(木曜日)

連日の猛禽類による襲撃からはとはストレスで餌を食べなくなりました。

きょうは、そんな訳で舎外は中止しました。

極端に餌の量を減らした昨日でしたが、今日はしっかり羽数×15gを食べました。


餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
ストレスによる食べる餌の量が減じてしまうことは多々あります。

健康であれば、何も心配はないので、舎外を一日休むなりしてあげれば元の状態に戻ります。

東京ドームに人間を100人入れて、ライオン3匹に1時間襲われているのと同じですから、相当のストレスが鳩にはかかります。

65羽いた1番仔、2番仔が現在40羽となりました。
6/18
(水曜日)

今日も猛禽に追われて、散々な舎外でしたが、怪我をして帰還した鳩はいなく、全鳩が鳩舎内に揃っていました。

昨日、期待のWの♂鳩がオオタカの餌食になった模様(>_<)


餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×10g
g


餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
襲撃してくる猛禽類は、オオタカ、ハイタカ、ハヤブサと各種います(。・ ω<)ゞてへぺろ?

何度も何度もしつこく襲撃するのは、ハイタカ!!これには参ります。

集団失踪の元となる猛禽類です。
6/17
(火曜日)
今朝は、ホテル志戸平を5:15に出発して、大船渡に帰ってきました。

その後、青果市場へ行き仕入れをして配達、荷揃えを行って夕方の舎外へ。。。。。


オオタカが3羽も襲撃してきて鳩はパニック!!

その後もしつこく追われ、一羽の鳩が血を流しながら帰ってきました。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
戦力となる前に、猛禽類に襲撃されるのは、きついものがあります。

1番仔、2番仔合わせて50羽を切りました。

3番子は7月中旬まで舎外ができないので、秋季レースの戦力が足りません(>_<)

果たしてこれからどう変わってくるのか?
6/16
(月曜日)

今日は、取引先の強力会の総会があり、ホテル志戸平へ・・・・

鳩の管理は、3時ころに夕方の餌を与えて、夕方4時に出発!!

結構、頑張って皆さんに付き合いました。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
夕方の馴致舎外はストップ!!


6/15
(日曜日)
道したけ恒例の紅かなめ剪定の日です。

先週は雨で中止になったので、今週はバッチリ!!

6人での作業でしたが、午後2時には終了して、またまた飲み会へ突入!!
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

夕方は、舎外を行いました。

珍しくこの日は、オオタカ、ハイタカの襲撃がなくのんびりと舎外をこなしていました。
6/14
(土曜日)
今日は、若い衆二人が、体調の悪い俺を気遣って?家の周り、物置小屋、鳩小屋の掃除に来てくれました。

いや〜〜助かりました。

お昼を食べて、鳩舎掃除が終わった時点で、恒例の飲み会に突入!!

8時jには就寝でした。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
夕方から雨が降りだしたので、舎外はストップしました。
6/22日(日曜日)から、あさ、4時30分より舎外を開始しますから、夕方の雨の時には舎外はお休みします。
6/13
(金曜日)

ようやく、
ました〜〜(^O^)

午後の馴致を行なったなら、猛禽類に襲撃されて怪我鳩続出(>_<)

しかし飛ばさないわけにはいかないので、
天気の良い日は舎外続行します。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
PCの調子がイマイチで、更新作業ができなくて(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン。
6/12
(木曜日)

しかしよく降る雨ですねぇ〜〜(>_<)

土曜日頃より晴れマークが出ていますが、鳩があめてしまいそうです。

きょうは、分離する準備のために、4番仔抱卵の卵を各巣箱より抜き去りました。

晴れて蒸し暑くなってからの作出は非常に神経を使いますから、本年度はここまでで作出を終了します。

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
この梅雨があけたなら、強制舎外の始まりです。・・・・と言っても7月末からですが・・・・

今年は梅雨入りが早かったので、意表をつかれました(´∀`)

3番仔を早めに馴致して強制舎外までには間に合わせたいところです。
6/11
(水曜日)

今日は、ガスっていて舎外はできない状態でした。

ここまで、まずまず順調に来ていますから、しっかりと晴れた日の舎外を心がけます。

朝の舎外は、6/22日(日曜日)から行う予定です。

それまでに、1番仔、2番仔が揃って上空を飛ぶように調教していきます。

それには、全鳩を鳩舎から追い出して、トラップを閉めた状態で、遊ばせながら飛ばします。

屋根にいつまでもいて飛ばない様な時には、竹箒でも軽く上空に上げてやれば驚いて飛びます。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

甘やかしながら飛ばすのも、そろそろ終了(^O^)

少しづつ、厳しく調教していくようにします。

3番仔の巣立ちさせた若鳩は、7月中旬から少し早いけども馴致させて、梅雨が明けた頃より、強制舎外にて若鳩を鍛えていきます。

もちろん、訓練も並行して行っていきます。
6/10
(火曜日)

梅雨の晴れ間とでも言いましょうか?雨が上がり太陽がちょこっと顔を覗かせたので、夕方は全鳩を鳩舎から出して、旗をひと振り!!

これまで甘やかして馴致していましたが、今日は厳しく!!一番仔は、上空高く飛び、2番仔はバラバラに、あっちに行ったり、こっちに来たりの舎外となりましたが、久しぶりに上空高く飛ぶ鳩を眺めました(´∀`)


餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

オオタカの襲撃はあったのですが、カラスが見事!!ガードしてくれて被害はありませんでした。


ハイタカが、襲ってきていれば、確実に餌食となったような舎外でしたが、運良くハイタカの襲撃はありませんでした。

そろそろ、朝の舎外も大丈夫かな?って感じですが、もう少し今日のような舎外を夕方行ってから、朝の舎外に切り替えていきたいと思っています。

朝はどうしても気持ちよく飛びますから、舎外失踪を覚悟しなければならないので、焦らず、ゆっくりと成長させていきます。
6/9
(月曜日)

今朝も朝から
だったのですが、水浴びを兼ねて、自ら出たいと思う鳩だけを出舎口を解放して遊ばせておきました。


午後は、出舎口を閉めて、一度入ったなら出れないようにしておきました。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
多くの方が、まだ作出中だと思います。

この梅雨時には、なるべく早く巣皿ごと巣箱から床におろしてしまってください。

孵化してから、巣立ちまでひな鳩を乾燥させた状態で巣立ちをさせる方法は、この方法がベストです。

湿気のある巣箱で作出したヒナ鳩は、ベタっとした感じの若鳩になってしまい、レースでの活躍は期待できません。
6/8
(日曜日)

今日は紅かなめの剪定作業に、6名の手伝いが来て行う予定でしたが、にて中止となり、作業が終わってからの飲み会も来週の日曜日になってしまいました。

若鳩はトラップから出て遊んでいる鳩もいて、そのまま午前中は雨の中遊ばせておきました。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

梅雨時の管理は、床をできるだけ乾燥させて鳩の管理を行うことを心がけてください。

石灰を撒くのも効果的ですし、我が家のように、ソフトシリカを敷き詰めるのも良い方法です。

特に今年はいつもの年寄りは約梅雨に突入したので、しっかりと乾燥させる管理を行わないと、若鳩の体調がガクッと落ちますので注意が必要です。

天気の良い時には、一日中、出舎口を開けておいて自由舎外にし、十分な日光浴をさせることが大切です。
6/7
(土曜日)

朝から、雨
舎外はストップです。夕方の馴致は雨の時に行うと若鳩の体温を急激に奪い体調を悪くしてしまいます。

朝の舎外時には、雨でもOKですが、夕方の馴致は天気が曇りか?晴れてる時に行ってください。

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

朝の舎外はいつから行えば良いのか?これは各鳩舎のp若鳩の飛び方によって違ってきます。

在舎する鳩鳩が、まとまって20分から30分飛ぶようになってきたならば、朝の舎外も行うようにします。

いきなり朝飛ばしてしまうと、大量失踪になるので注意が必要です。
6/6
金曜日)

ついに東北地方も梅雨入り宣言!!低気圧は動かないまま関東に居座っています。

夕方の馴致だけは行おうと思ったのですが、雨が降ってきたので、急遽中止

その後、6時からいつものメンバーとの飲み会で、いろは寿司へ

1次会から我が家に雪崩込み、クルクルパ〜〜になっていました。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

梅雨時の管理は、常に鳩舎の床の乾燥を心がけることが大切です。

ソフトシリカを敷いているだけで、湿気が全然違います。

雨に濡れると固まってしまう性質があるので、窓は最小限に開けて、ソフトシリカが濡れないようにしましょう(´∀`)
6/5
(木曜日)

夕方は、無理に飛ばさずに、出たい鳩だけを出舎口を開けておいて、遊ばせた夕方の馴致舎外です。

夕方から出かけていたので、猛禽類に襲撃されたか?されていないかは?わかりませんが、夕方の餌の喰いを見る限り大丈夫だったのでしょう(^O^)

そろそろ、朝の舎外を行っても大丈夫?かな?もう少し様子を見て決めます。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
今年は、秋季レースから参加する新人さんが2名いますので、遅生まれの鳩も新人さんへプレゼントします。

鳩を飛ばす楽しみから始まり、レースに参加してくれればばと、思っています。

辞めていく方が多い鳩の世界、貴重な新人二人に応援したい気持ちでいっぱいです。
6/4
(水曜日)

今日の夕方の馴致時間には、ハイタカがペアで襲撃してきました。

最初は上手く交わしていたのですが、最後に罠にかかり見事餌食となってしまいました。

上空で、メスが待機、その下でオスが鳩の様に羽ばたき待ち構えていて、近づいていくと、上空のメスがナイスキャッチする!!

なかなか敵も考えています。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
馴致する度に、1羽また1羽と減っていきますが、まとまって飛べる様になるまでは、しっかりと馴致させます。

しかし、明日はさすがに休養を与えて、餌の喰いを戻します。

猛禽に追われるストレスで、餌を食べなくなってきます。
6/3
(火曜日

連日良い天気hが続きますね。今日も1番仔、2番仔合同の馴致を行いました。

昨日までと違うのは、全鳩鳩舎から追い出して、外で遊ばせておきました。

2番仔でも初めて外に出た鳩もいたでしょう?いつまでも、甘やかしてばかりではいけません。

猛禽お襲撃覚悟で外に出しました。

案の定!!今日は、ハイタカがペアで襲撃してきましたが、1羽の被害もなく済みました。

これから暗くなる寸前に、もう一度鳩を呼び込み給餌します。


餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
WGNサミット号孫鳩”     価格   30,000円
    5羽限りの限定販売!!です。
ご希望の方は、下記メールまで問い合わせください。
※    
GNサミット号孫鳩希望

純の道下白雪南部系の♀鳩
現役種鳩です(^O^)
6/2
(月曜日)
西日のあたる時間の馴致ですが、6/15日までこの夕方馴致を続けます。
この杉林を横にオオタカが隠れたり、襲撃したりしてきます。
その後ろをカラスが追いかけて今日はセーフでした。

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×13g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
西日が眩しいこの時期ですが、しっかりと今日は1番子、2番仔の馴致を行いました。

1番仔2羽が上空高く飛んでいたと思ったなら、ハイタカの襲撃!!その2羽は何処へ・・・・・・・

それから暫くして、2番仔も軽く鳩舎の周りを飛んだところ、オオタカの襲撃!!


今日もカラスに救われ被害はなかったものの、油断禁物!!の我が鳩舎です。


暗くなるギリギリに、もう一度鳩舎のトラップを確認してサッシを閉めます。
6/1
(日曜日)
久しぶりに、片道3時間コースのドライブに出かけてきました。

若い頃(20歳)の時に、田沢湖の近くにある、わらび座の宿舎に泊まったことがあり、そこの劇団員と楽しい夜を過ごしたこともあって、わらび座の公演を久しぶりに観てきました。

”源内”というミュージカルですが、相変わらず素晴らしい(´∀`)
劇代員募集広告を見たなら、18歳〜28歳までだったので、諦めて帰ってきました( ̄▽ ̄)

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×13g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
帰ってきたのが7:00近かったので、馴致は行わずに餌だけを与えました。

番子は、すくすくと成長していますので、6/15日を目処に調教していきます。

それまでは、我慢!!我慢!!のい調教です。
5/31
(土曜日)
3番仔孵化の遅いチームが、巣立ちをし始めました。5/31日孵化までは、秋季レースにギリギリ間に合います。

とっ言っても最終訓練止まりですが・・・・・

後は、春季レースの舎外要員か?訓練要員になります。

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×13g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
今日も馴致はストップ!!天気も良く飛ばしたいところでしたが、我慢しました。


明日の夕方には、馴致出来るでしょう(´∀`)
GNサミット号孫鳩”  
   価格   30,000円
    5羽限りの限定販売!!です。
ご希望の方は、下記メールまで問い合わせください。
※    
GNサミット号孫鳩希望
5/30
(金曜日)

今日は、久しぶりにチッコガ泊まりに来たので、一生懸命PCの更新をしようとしたのですが、PC調子悪く、更新断念しました。


餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×13g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

前日に、猛禽類のオオタカにしつこく追われたので、今日の舎外はお休みです。

この調子で毎日飛ばしていたのでは、馴致どころではなくなってしまいますからね(>_<)


しっかりと、予定の時間に餌を与えて体力を回復させてから、再び馴致を行います。


鳩も猛禽類に追われるストレスから、餌の喰いが落ちますので餌の喰いが戻ってから、、戻ってから再び馴致を行うようにします。

5/29
(木曜日)
1番仔、2番仔同時舎外二日目!!

杉林のカラスがやけに鳴くと思ったなら、オオタカの襲撃!!若鳩はパニックを起こして、右往左往(>_<)

ところが今日は、珍しくカラスが5羽でオオタカを追い払ってくれたおかげで、餌食になった鳩はいませんでした。

失踪した鳩は、何羽???明日の朝まで分かりませんが、今のところ帰ってきている感じです。

明日は、猛禽に追われたので、舎外はお休み!!!します。

我が家の長距離の飛び筋

GNサミット号の孫鳩を限定5羽!!分譲いたします。

昨年、秋に孫鳩で四国1羽帰りをして総合優勝しています。


餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×13g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水


WGNサミット号孫鳩”     価格   30,000円
    5羽限りの限定販売!!です。
ご希望の方は、下記メールまで問い合わせください。
※    
GNサミット号孫鳩希望

5/28
(水曜日)

1番仔、2番仔同時に初舎外を行いました。

夕方3:30から6:00までです。

カラスが虎視眈々と狙っていましたが、ギャラリーが二人いたので、大人しくしていたようでしたが、一人のギャラリーが帰って俺が姿を隠したなら、直ぐに屋根の上にいた2番仔を驚かして狙ってきました。

しかし主翼2枚目が伸びきっている若鳩は、カラスからの襲撃にはめげません。


餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×13g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

我が家の三代目ラッキーは、まだ生後8ヶ月なので、元気一杯走り回っています。

カラスが来ると吠え、猫が来ても吠え、しかし、全然したない人が来ても吠えませんから、番犬にはなりません(´∀`)

でも、猫、イタチ、テンからは、しっかり鳩をガードしてくれています。
5/27
(火曜日)

親父の病院の検査があり、盛岡へ・・・・・・
前日までAKB騒ぎで取材陣が沢山居たとか・・・・・守衛さんが愚痴をこぼしてました。

車を駐車場に止めるのに30分も要しました。

今日の検査の結果は異常なし!!

83歳肝臓ガン手術後頑張っています。

餌の量・・・・・羽数×20gを1日3回分を与えて盛岡へ

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・普通の水に玄米黒酢を入れて3Lを2個づつ


(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×13gを3回分

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
久しぶりの盛岡は、やはり華やいだ街ですね。

いつも行く”はなの舞”オーナーが変わり、駅前の店長だった方がオーナーになっていて、俺を覚えていてマグロとろをサービスで頂いてきました。

盛岡市映画館通りにある”はなの舞い”宜しくお願い致します。
5/26
(月曜日)

日通空港の手違いか何やらで、まだ、この時間になっても鳩を取りに来ていません(>_<)

遅くても夕方5時頃までには集荷するという連絡が入ったので、待っているのですが、
さっぱり来ません。

いつもはお昼頃に集荷に来るのですが、今日は一日待っています。

たった今きました。無事に全鳩の発送を終わりました。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×13g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
来週末には1番仔、2番仔と共に舎外を行うので、今日から若干餌の量を減らして食べさせます。


ここまでで約60羽ですから、60×13gというふうに、1日2回与えます。

5/25
(日曜日)

昨夜は、女房の従兄弟に、色々と世話をかけたからということで、お寿司をご馳走になり、カラオケ、ラーメンを食べて帰ってきましたが、記憶喪失状態に酔っ払ってしまいました(>_<)

久しぶりに酔パラったって感じです。

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
明日で、委託する鳩の発送は完了する手配をしました(´∀`)


八郷国際鳩舎、、伊賀国際鳩舎、つくば国際鳩舎、北日本、ぽっぽランドとの5箇所です。

どの鳩でも良いので、活躍を願い送り出します。
5/24
(土曜日)

女房の従兄弟の新鳩舎へ、残りの13羽のヒナを届けてきました(^O^)

6月25日から馴致〜舎外〜強制舎外〜訓練とこなして行くようにアドバイスしながら、秋季レース初優勝させます。

俺の方は、これから巣立ちする3番仔を上手に使用しながら、来春までレースはやらない予定です。

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合8割。大麦2割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
5月30日孵化のヒナまでで、今春の作出はストップです。

それまでに孵化しない鳩の卵は残念ながらポイします。

今シーズンの作出は、、1番仔の作出じに病気が侵入し、さっぱりでしたから、鳩を一度オーバーホールして出直しします。

5/23
(金曜日)

3番子を順次すだちをさせていますが、なかなか増えていきません(´∀`)

皆さんから要望があった鳩を発送する時期と重なっているからですが、在舎鳩が少なくなるような気配です。

平山師匠のところに行ってきましたが、久しぶりに納得できたシーズンだったと、喜んでいました。



餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合6割。大麦4割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

今月末から、1番仔、2番仔を共に馴致していきます。

毎日猛禽類に追われるので、5日に1度程度でのじゅんちとなります。
5/22
(木曜日)

高校の同級生が月に一度集まる日でしたので、更新できませんでした。

鶏、6万羽を出荷する間近だとか・・・・・

暑くなってくると落鳥してしまう鶏も多く、気温が気になっているようでしたね。

鳩も夏の暑さには、要注意!!
南の窓、北の窓を開放して風通し良くしてあげることが大切です。

東側と西側からの風には注意!!片目風邪が発症しやすくなります。

特に山瀬と言われる風が吹く東北地方は要注意です。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合6割。大麦4割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
5/21
(水曜日)

朝から降っていた雨が強くなり、鳩舎の床も湿っぽい感じですが、ソフトシリカを敷いてある部屋は、乾燥していて鳩の状態もGOOD!!

平山師匠の鳩がGP800K帰還率0.05%のレースにて3日目に帰還(^O^)

良かった!!良かった!(^O^)

さすが、平山師匠です。

これまで連合会レース4連続優勝、宮城北部連盟総合シングル4回?だと思います。

能力の高い鳩なので、種鳩に卸す事でしょう(´∀`)

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合6割。大麦4割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
選手鳩に与える餌の量を若干ですが減らしました。

これは、今月末から2番仔の馴致を開始する予定だからです(^O^)

なるだけ、ガツガツ状態にしておく。
口笛の合図にて、餌を食べに来る。
この状態を10日間も続ければ、馴致の際も、口笛の合図にて、入舎してくれます。

5/20
(火曜日)
2番仔と1番仔を一緒の部屋にしたので、しばらくは舎外はストップです。

口笛に反応し、撒き餌にて、餌を食べています。

お腹を空き気味にしてからの、舎外となりますが、今月末頃になるでしょう。

またまた、猛禽に襲われるのをビクビクしながらの馴致となりますが、仕方ありません(´∀`)
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・配合6割。大麦4割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
順次、巣立ちをさせている3番仔は、巣立ち室にて、すくすくと成長しています。
5/19
(月曜日)

いや〜〜〜〜昨晩はボロボロ状態での打ち上げに参加したものの、一番早く挨拶を申し上げて退散!!

ホテルに戻り、今朝まで爆睡でした。

盛岡を9:00に出発し、大船渡には11:00に到着したものの、眠くて眠くて、すぐにベッドへ行き爆睡!!

それから鳩の管理を行いました。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・配合6割。大麦4割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

昨日は、岩手連盟の鳩仲間に、10羽のひな鳩を届けました。

活躍してくれると嬉しいです(^O^)
5/18
(日曜日)

オヤジの底力沿岸地区で被災したバンド8チームが岩手県民会館に集まり、朝9:00から夜「9:00までの長いイベントがありました。

我がクレヨンも紆余曲折がありましたが、参加しました。

ロック系バンドの多い中、静かなフォークソングが、何だか良い雰囲気だったと褒められてきました。
この日の朝に3回分の餌と水を与えて出発

飲水器の水が足らなくなるような部屋には、多めに飲水器を入れて出発しました。
5/17
(土曜日

9:30より、女房の叔父さんへ、種鳩16羽、ヒナ鳩17羽を届けるべく鳩舎にて、鳩を選別!!

首を長くして待っていた鳩舎へ・・・・・(´∀`)

大喜びされました(^O^)
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・配合6割。大麦4割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

以前に飼育していた経験はあるとはいえへ、もう何十年も前の話ですから、基本は忘れています。

何度傘師を運んで、いろいろなことを教えようと思っています。


東北東ブロックGPは、当日一羽の帰還もありませんでした。

日本海側の天気が悪すgひました。
5/16

(金曜日)

今日の夕方の舎外は強烈!!

オオタカとハイタカが交互に襲ってきて鳩はパニック!!

何羽の鳩が未帰還か?数えるのも恐ろしいことになりました。

暗くなる寸前に帰ってきた鳩もいましたが、
明日の朝は、果たして帰ってきているでしょうか?

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・配合6割。大麦4割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
猛禽類に追われてヘトヘトの鳩達には、今日はいつもより多く餌を与えてエネルギー補給させました。

明日と明後日は、舎外お休みさせます。

まだ、鳩を鍛える時期ではありませんから、馴致の段階で猛禽類に襲撃され、失踪してしまった鳩を悔やんでも仕方ありません。

しかし休養は大切!!2日間舎外を休ませます。
5/15
(木曜日)

三番仔が次から次へと巣立ちをしています。

今日も、約10羽を放鳩籠に詰めて、巣立ちをさせました。

夕方の舎外時には、小雨が降ってきたせいで、鳩は殆ど飛ばないで、屋根で水浴びしていたようでした。

口笛で呼び込むと、直ぐに入舎してきて、餌をガツガツ食べてくれました。


餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合6割。大麦4割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
滋賀県の馬場さんリターンメールになりますが、メール届いていますか?

届いていないならば、090-8785-2365の私の携帯に電話くださいませ〜〜〜〜(^O^)

5/14
(水曜日)

東北東ブロック
GPの持ち寄りが明日あるとの事、平山師匠から電話がありました。

放鳩予定日の土曜日17日の夕方は、師匠宅にて待機して鳩を待ちます。

今シーズン、俺が、レースの段取り、審査に行けなかったことで、師匠には大変迷惑をかけてしまいました(>_<)

放鳩当日には祝杯をあげたいと思います。


餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合6割。大麦4割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

今日の夕方、何日ぶりかで、尾羽をすっかり抜かれた羽色Gが、トラップのところに帰還していました。

6時過ぎてから在舎鳩を外に出して、一緒にようやく入舎させて、鳩を掴んで観たならば、ぼろぼろ(>_<)

良く帰ってきたものです。

骨格も立派な黒系鳩なので、種鳩におろします。
5/13

(火曜日)

夕方の舎外時に新人会員となる女房の叔父さんが舎外を眺めにやってきました。

最初のうちは、猛禽に追われることなく飛んでいったん鳩舎の屋根でお休みして・・・・・・

しばらくしてから再び飛んだところに、オオタカの襲撃にあい( ̄▽ ̄)見事!!ナイスキャッチされて、オオタカは鳴きながら巣のある林へと飛んで行きました。

( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)


その後も長時間飛んでいる鳩もいたのですが、殆どの鳩は入舎し、暗くなる寸前に帰ってきた鳩もいました。

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合6割。大麦4割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
夜になり、鳩仲間のアーボちゃんが来たのですが、やはりハイタカとカラスに3羽やられたとか・・・・・

鳩を飼育する環境がどんどん悪くなる一方ですm(_ _)m

しかし、2番仔も今月末から馴致を開始します。

何羽犠牲になるのか?まったくもって、困ったものです。

5/12
(月曜日)

弘子さんの叔父さんの鳩舎が完成しました。

鳩を入舎させるのは、5/17日(土曜日)です。仏滅ですが、氏の日なので移動は吉です。

道下白雪南部系ひな鳩を最終的には、30羽、ボンボンから10羽、気仙沼の宏さんから10羽来るので、秋レースから参加できます。

種鳩は、♀鳩8羽、♂鳩8羽を持っていきます。

デジカメの修理が終わってきたなら、写真をアップしますので、もう少々お待ちください。

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合6割。大麦4割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

再開する時の気持ちというのは、ワクワク気分で、そわそわするものです。

25年前の自分を思い出します。

今日の夕方も舎外を眺めに来て、心が和むなぁ〜〜と感慨深げに言って帰っていきました。

レース必勝法を授けて、秋季レース頑張ってもらいましょう(´∀`)
5/11
(日曜日)

本日で、鳩舎掃除の全てが、元に戻りました。

中々気持ちが乗らない日々でしたが、ようやく本来の自分に戻りつつあります。

趣味があって良かったと痛感しています・

今日は、風もなく良い天気だったので、夕方1番仔の舎外を行いましたが、オオタカのしつこい襲撃にカラスが手助けしてくれて、被害はありませんでした。

しかし、、今のオオタカは綺麗ですねぇ〜〜(^O^)

敵ながら惚れ惚れします。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合6割。大麦4割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
巣立ちをさせた3番仔は、小粒7割、配合3割程度の異割合で最初餌を与えています。

水の飲み方さへ覚えてくれれば、後は大丈夫です。


虚ろな目をしているヒナ鳩は、水を飲んでいませんから、飲水器に嘴を入れてあげれば水の飲み方を覚えます。

放鳩籠に入れるすだちしたヒナの数は、5〜7羽がちょうど良いでしょう。
5/10
(土曜日))
3番仔の早い孵化のヒナ達を巣立ちさせました((´∀`)

鳩のできはバッチリ!!

青果市場の組合総会がアリコ更新作業ができませんでした。

ごめんなさい( ̄▽ ̄)
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合6割。大麦4割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
東日本CH,東日本GN、ジャパンカップ共に晴天の下、早い鳩羽分速1500mだとか・・・・・

こんなに恵まれた天気に当たったのは久しぶりではないでしょうか?

当日帰還した方々、おめでとうございます。
5/9
(金曜日)

今日は夕方の鳩舎掃除となりました。

朝は、5時には起きたものの、眠くて体が動かず掃除を断念!!

仕事をバタバタと終わらせてからの、鳩舎管理となりました。

3番仔の早く孵化したのは、巣立ちが出来るほどになっていますから、明日は放鳩籠に入れて水の飲み方、餌の食べ方を覚えさせます。

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合6割。大麦4割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
3番仔は、女房の叔父さんが鳩を飼育することになり、鳩舎建築中7割がた完成していますから、巣立ちをさせた順に30羽を新築祝いに差し上げることにしています。

また、岩手連盟の鳩仲間にも10羽委託するので、我が家の3番仔は少数ですが、まっ!なんとかなるでしょう(*^_^*)


猛禽に襲われていなくなるより、他鳩舎で実力を試すのも面白いかもしれませんね。
5/8
(木曜日)

今日の夕方の舎外はストップ!!連日オオタカの襲撃を受けてる鳩の体力も気になりますからね。

まだ、若鳩を鍛えるのには早すぎる時期ですし・・・・・・

デジタルカメラが故障して、画像がアップできないので、修理に出すことにしました。

画像アップされるのを楽しみにしていてください。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合6割。大麦4割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

東日本CH、東日本GN、ジャパンカップ共に天気が良い予報に変わったので、楽しみですねぇ〜〜(*^_^*)


それぞれの鳩舎で、調整、調教、仕上げして参加している長距離レースは、何とも言えない楽しみがあります。

関東の鳩仲間達!!気合を入れて待ってくださいね(*^_^*)
5/7
(水曜日)

本日、八郷国際鳩舎、伊賀国際鳩舎、秋田の合同鳩舎へ第1弾便を発送いたしました。

伊賀は、明後日の到着と言われましたが、
航空便なので、大丈夫です。

第2弾は、締め切りギリギリになる頃に送る予定です。

我が家の夕方の舎外は、オオタカから逃げ回る強烈な高さとスピードでの舎外となっています。

今日は、鳩の勝ち(*^_^*)

全鳩が帰還しました。
餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合6割。大麦4割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水
国際鳩舎等へ生後何日で送れば良いのでしょうか?・・・・という質問をよくメールで質問されますが、私の思うところ、生後30日〜50日がベストな頃です。

ですが、私はあえて50日前後で発送しています。これには理由があります。

これまでと、まるっきり違った環境に移されるわけですから、自分自身を主張できるほどの大きさにしてやった方が在舎率が高いようです。

早ければ良いというものではないようなので勘違いしないようにしてください。
5/6
(火曜日)

夕方の舎外時に、オオタカの襲撃!!鳩はバラバラになって逃げ惑っていましたが、上手くかわして被害はなかったようです。

夕方暗くなった頃に、もう一度トラップのところを見に行ったところ、2羽の1番仔が戻ってきてました。

まとまって飛ぶようになったなら、被害が大きくなりそうな感じですねぇ〜〜( ̄▽ ̄)


餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

(選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合6割。大麦4割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲料水

ヒナ鳩を飛ばす時期というのは、主翼1枚目が抜けて、1枚目が伸び、2枚目が抜けて2枚目が伸びた頃が安全です。

そんなに遅く出して大丈夫なの??という方もおりますが、カラスによる被害は、この成長度合いだと皆無ですし、猛禽に追われても逃げきれる力はついています。

選手鳩に食べさせる餌の量は、この時期には、羽数×15g程度で構いません。

まとまって40分から1時間飛ぶようになったなら、羽数×17g程度まで食べさせます。
5/5
(月曜日)

明日は、花巻から鳩を購入したいという方ごきます。

♀鳩を探しているとか・・・・・

レースに参加しても鳩が帰ってこない???これは何故?と聞かれましたが、いろいろな要因が考えられますので、会ってお話したいと思っています。

スピード系統を求めるのか?粘り強い系統を求めるかでも鳩の選び方は違ってきます。



餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

1番仔の馴致は、夕方から雨が降ってきたので、中止!!成鳩だけを外に出して遊ばせました。


関東では、5/6日に長距離レースの持ち寄りが行われるとの事!!

それぞれの鳩舎で、訓練を行っていると思います。

5/4
(日曜日)

朝、8:00より鳩舎の徹底掃除を行いました。

終了したのは、ごご1:00頃だったでしょうか?

巣立ち室から移動させた2番仔達は、まだ落ち着かない様子ですが、トラップの運動場にて空を眺めたり、広くなった部屋を飛び回ったりしています。

餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

夕方は、トラップのところのサッシを移動して、1番仔の馴致を行いました。

まだ、集団で飛ぶというところまでいっていませんが、結構上空高く飛んでくれています。
5/3
(土曜日)

夕方の馴致のときに、オオタカの襲撃で一羽の鳩が犠牲になりました( ̄▽ ̄)

2番仔は巣立ち室より、選手鳩NO2へ引越しさせました。

委託鳩は、連休明けにそれぞれの委託場所へ発送致します。


餌の量・・・・・羽数×20gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

パソコンにウィルス侵入!!

セキュリテーソフトをインストールしました。

ウィンドウズXPだから仕方ありません。


しかし、恐ろしき時代が来ましたね。
5/2
(金曜日)

けさは、昨日の雨のおかげで、コンクリートの床がしっかりと糞をうるかしてくれていたので、きれいに掃除ができました。

日中は、晴天で風もあったので、コンクリートは綺麗になり、やはりソフトシリカをもう一度敷き詰めるか?悩むところです。

5/4、5/5と配達もなくお休みななので、何んとか考えようと思っています。


餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
なんと!!今朝は、積み込みを完了してから選手鳩に餌を与えようと思っていたのですが、市場へそのまま直行してしまい、選手鳩は朝の餌を抜きにされてしまいました。

夕方にたっぷりと餌を与えてご勘弁してもらいました。
5/1
(木曜日)

今朝は朝から雨だったので、鳩舎掃除に専念して、バタバタと綺麗にしました。

1階はコンクリートだったのですが、ソフトシリカを敷き詰めて、湿気のある時も大丈夫な状態でしたが、何らかの病気が侵入したので、一旦、全て掃除をして捨てて、鳩舎消毒を行う予定です。

明日は、雨で湿気がコンクリートに張り付いているので、掃除を綺麗にした後で、消毒作業します。

餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
今日の夕方の舎外は、雨だったので、ストップしました。

ところが、馴致をする際に、雨の日をねらって行う方もいます。

鳩が急に飛びたったりしないので、良いとの事ですが、若鳩の体温が低下するのは良くないことなので、雨の日の夕方の舎外はストップです。
4/30
(水曜日)

最大羽数が収容されている種鳩小屋の掃除を行いました(*^_^*)

色々ありましたので、行き届かない管理が続いていましたが、もう完璧ですね(*^_^*)

1番仔の馴致も今のところ順調です。

夕方、猛禽類が襲ってくることもなく、口笛の合図で一挙に入舎しています。
餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

明日は、平山師匠宅で鳩談義ですが、
種鳩のペア数を減らす計画をしてきます。

新人さんが3名増えるので、色々と相談しながら収容は数を減らします。

????マークのつく鳩は、×にしてしまいます。
4/29
(火曜日)

午前11時からの葬儀に列席して、忌中払いに出てから
八百屋の仲間の新宅祝いに呼ばれていたので、もう一度シャワーをあびてから、八百屋の弟子に乗せられて現地へ・・・・・

夕方6時30分には帰ってきて、鳩の管理をしました。

酔っ払いすぎないように調整しながら飲んできたので、管理はバッチリ(*^_^*)

二日酔いすることもなくOKでした。
餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

2番仔の巣立ちをさせたヒナをそろそろ、選手小屋に
移そうと考えています。

2番仔の馴致は、5月末からなので、部屋をわけなくてはなりません。

5/4、5/5と休みになりますから、その時に移動させる予定です。


4/28
(月曜日)

51歳の葬儀のお通夜は、何とも言えないものがあります。

同級生、職場の方達、良い奴だっただけに、お参りに来る方も大勢いでした。

今週は、委託鳩舎へ鳩を送る段取りをします。
餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

餌の食べ方も、飲水器での水の飲み方も覚え、鉱物飼料もガツガツ食べれるようになったので、いよいよ委託鳩舎へ鳩を発送します。

色々あって、一番子は送れませんでしたが、
それぞれしっかりと成長させたので、活躍を期待しましょう(*^_^*)
4/27
(日曜日)

予定通り、夕方は今年生まれた一番仔の初舎外を行いました(*^_^*)


お腹を空かせておいたので、呼び込んだなら出舎口とトラップからと入舎して餌を食べてくれました。

まだ入らない鳩が3羽いたので、暗くなる前にもう一度鳩舎へ行ってチェックします。



餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

まとまって全鳩が飛ぶようになるのが楽しみな時期です。

しかし、ゆっくりと時間をかけて夕方のみの舎外を2週間続けましょう。

焦って、朝飛ばすと、今日空高く飛びすぎて未帰還になる鳩が出てきます。

焦らず、ゆっくりと夕方のみの舎外を行いましょう(*^_^*)

あすは、亡くなった従兄弟のお通夜が有り、更新作業ができないと思います。
4/26
(土曜日)
盛岡で5月18日(日曜日)に岩手県民会館で行われる「オヤジの底力」イベントの主催者のお店へ行って飲みなら、色々とお話をしてきました。

ホテルに戻って寝たのは、9:00でした。


餌の量・・・・・羽数×
18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

この日は、夕方3:45に出発したので、餌を3時に二日分与えて出発!!

飲水器はどの部屋も満杯にしてからの出発でした。

通常だと、3回分餌を与えて行くのですが、今回は午前中に家に戻る予定だたので、2回分を与えて出発しました。

4/25
(金曜日)

今日は暖かい一日でしたね〜〜(*^_^*)

6月上旬の気温だとか・・・・・

少し動くと汗が出てくるほどでした。

そんな中、従兄弟の50歳が働いている最中に心筋梗塞で亡くなってしまいました(>_<)

小学生、中学生の頃までは、俺と一緒にいつも遊んでた奴だっただけに、ショックです。

ついこの間も、会って話をしたばかりだったのに・・・・・・

餌の量・・・・・羽数×13gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
3番仔ガ孵化して足輪を挿入する時期となり、小粒飼料の割合を多くしました。

ミルクと餌が混じってソノウ部分に入ってくる時の餌の与え方で、雛鳩の成長度合いがグッと変わります。

小粒中心の餌で、4番子の卵を生む頃まで小粒中心の餌で攻めましょう。

4/24
(木曜日)

久しぶりに鳩の帰還する姿を見ました。

平山師匠の鳩は、分速1132m前後での600Kレース帰還でした。

これから審査に行ってきます。

餌の量・・・・・羽数×13gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
6
小粒飼料
4割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

日の出10分前に舎外をしてこんかいの600Kレースに参加させた平山師匠は、帰還した鳩を見て、もしかすると、連盟でも良い位置にいるかもしれないと言っていましたが、果たしてどんな結果が待っているのか?こればかりは、時計を開けてみなければわかりません。
4/23
(水曜日)
平山師匠より電話があり、明日の地区Nレースを見学に来いとの命令です(*^_^*)
かなり自信があるようです。

そこが師匠といわれる所以でもありますね。


配達を終わらせてから、直ぐに駆けつけて1杯飲みながら鳩を待ちます。

餌の量・・・・・羽数×13gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
6
小粒飼料
4割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
我が家も一番仔が得体の知れない病気で数羽しかいませんが、そろそと舎外を開始します。

まずは、お腹を空かせておいて羽数×15gを一週間管理をして、夕方5時頃より外に出し始めます。

夕方の舎外は、2週間は続けてください。
4/22
(火曜日)

昨日は、女房の従姉妹である猪俣さんが鳩舎の建前ということで、ガリバーさんから頂いていた鳩正宗一升とお金を包んで、夕方5時まで手伝いをしてきました。

斜面にを利用して建てる鳩舎なので、なかなか大変な作業となりましたが、どうにか側だけができあがり帰ってきました。

その後、青果市場の役員会があり、HPの更新ができませんでした。

ごめんなさいヽ(;▽;)ノ

餌の量・・・・・羽数×13gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
6
小粒飼料
4割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

若い頃に鳩を飼育していてレースにも参加していた方なのですが、ブランクが長かったので、種鳩8ペア、選手鳩300羽を俺の作出で差し上げることになりました。

ボンボンにも依頼してOK脚環で10羽来るので、秋季レースから参加できるでしょう。



4/21
(月曜日)
うっかり、脚環を入れ忘れていて、ヒナ鳩に脚環が入らないと・・・・・焦ったことが皆さんあるのではないでしょうか?

そんな時には、スーパーのビニール袋を横4cm、縦10cmに切って脚環を入れるように4本とも丸って足輪をゆっくりと通してあげれば、少々大きくなっていても入れることができます。

夕方の筋の時に今日も一箇所発見!!
この方法ですんなりと脚環を入れました。
餌の量・・・・・羽数×13gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
6
小粒飼料
4割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
東日本CH「に向けて、日中、時間の取れる方は、抱卵しているメス鳩を舎外や訓練で、飛ばすことができますが、勤めに出かけている方はそうもいきませんから、オスもメスも分離させて強制舎外で飛ばし込み、更に訓練を行ってください。

発情飛びをしているような場合には、一発100Kの訓練に持っていけば、大丈夫ですよ(*゚▽゚*)
4/20
(日曜日)

今朝は予定通りとはいかないで、5時の起床となりました。

巣箱の掃除、鳩舎掃除を終わらせた頃に、新人さんが鳩を取りに来ました。

レースをやるまでの間、飛ばして遊ぶノーリングの鳩たちです。

餌の量・・・・・羽数×13gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
6
小粒飼料
4割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
東日本チャンピオンに向けて、調整に入っている頃です。

日中時間の取れる方は、抱卵で時間の取れない方は、訓練と強制舎外で鳩を調整し、仕上げて参加させるのがよいでしょう。

本日、ナカヤンは訓練を行ったみたいです。

オス鳩も、メス鳩も1時間以上飛ぶようにするのが飼育者のテクニックです。

発情飛びをしているようでは、長距離は帰ってきません。
4/19
(土曜日)

あすは、4時に起きて鳩舎掃除を済ませてから、パラミクソワクチン接種です。

連続注射を貸してしまっているので、一羽づつ射つ事になりそうです。(>_<)



餌の量・・・・・羽数×13gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
6
小粒飼料
4割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

そろそろ舎外をお凍なっても良いほどに成長した1番仔ですが、明日のパラミクソそワクチンを接種してから一週間後にします。

昨年の遅生まれがいるので、教師替わりになってくれるでしょう(*゚▽゚*)
4/18
(金曜日)

デジタルカメラが故障しました(>_<)

落としたわけでもないのに、スイッチが入りません????

訳わかんないですね〜〜(´Д` )


巣立ちさせたヒナ達は、夕方までに全量の餌をペロッろ食べていました。

餌の量・・・・・羽数×13gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
6
小粒飼料
4割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

今度の日曜日には、ワクチン接種します。

パラみクソワクチンです。
その際に、住所環を入れれば、接種した鳩としないはとの区別をつける事ができます。

連合会でも夏場に接種しますが、それまでのあいだにウィルスが侵入したなら大変なことになりますから、予防策です(^O^)
4/17
(木曜日)

昨夜は急なお客様があり、更新作業ができませんでした。(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン



巣立ちをさせたヒナの区分けを行なって、
夕方の給餌にはたっぷりと餌を与えました。

餌の量・・・・・羽数×13gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
6
小粒飼料
4割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

3番仔の早いのが孵化し始めていますから、脚環入れを忘れないようにしなければなりません。

2番子は、20羽以上がノーリングとなってしまい、鳩を飛ばすのを楽しんでいる方に、差し上げることにしました。

22日間居なかったので、仕方ありません(>_<)

3番子は、女房の従姉妹に作出、岩手連盟の友達にも10羽作出予定ですから、気を抜かずに作出します。
4/16
(水曜日)
4/15
(火曜日)

巣立ちをさせたヒナ鳩たちは、最初は小粒飼料50%、配合飼料50%でOKです。

徐々に大粒の餌を増量していきながら、小粒飼料を抜いてしまいます。

餌の量・・・・・羽数×13gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
6
小粒飼料
4割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

宮城北部連盟では、羽数が激減!!次のレースが最終レースになるかも?との情報が入ってきました。

ここ数年の期間率の悪さは、間違いなく猛禽類によるものです。
なんとかならないものでしょうか?
4/14
(月曜日)

4月も半分過ぎ様としていますが、今朝の大船渡は1℃の朝でフロントガラスはお凍ってました。

日中は暖かくなり働きやすくなってきています。


巣立ちをさせたヒナ鳩たちです。


餌の量・・・・・羽数×13gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
6
小粒飼料
4割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

3番仔孵化に向けて抱卵中の期待のオス鳩
4/13
日曜日

今朝はゆっくりめに起床して鳩の管理を行いました。

日曜日ということもあり、バタバタ管理をしなくて良いのが休日です。

予定通り、、ヒナを巣立ちをさせました。
餌の量・・・・・羽数×13gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
6
小粒飼料
4割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

ニュー三陸連合会では、レジョナルレースが終わったばかりなので、地区Nレース位に向けての調整を皆さんやっています。

今は休養期間!!

平山師匠は、そろそろ舎外を始める頃でしょう。
4/12
(土曜日)

明日は、2番仔を巣立ちさせる予定です。

春季レースも終盤に入り、長距離レースに向けて作戦を立てている頃だと思います。

競馬の坂路調教と同じです。レース参加前には楽をさせない管理をしましょう。

餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
優しく仕上げてやるのではなく、厳しく鳩を仕上げて軽くして参加させるのは、♂鳩が良く、メスだけをきっちりと飛ばしこんで仕上げる方法もまた良し!!

更にオスもメスも飛ばし込みギリギリの状態で持ち寄るのも、良い結果が出ます。
4/11
(金曜日)

中々、思うように毎日更新ができなくて申し訳ありません
(>_<)

昨日は、新規オープンするお店の野菜・果物の陳列を依頼され、へとへとになり帰ってきて更新できませんでした。


餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
オス、メス分離での1000Kへの参加法については、また後ほどアップしたいと思っています。

長距離レースには、色々な参加法、調整法があると思います。

最終的には、放鳩車のコンテナ内と現地での管理によって参加している鳩の状態がピークになるように管理をしてあげれば良いのです。
4/10
(木曜日)
4/9
(水曜日)
餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
メス鳩の場合

地区Nレースから1000Kへ向かい方
4/8
(火曜日)

今日はやることが沢山あって忙しい一日でした(>_<)

そんな中、岩手連盟長の小原氏より激励の電話が有り感謝!!感謝!でした。

2番子はまもなく巣立ちを迎える程大きくなりました。

ちょいばらつきがあるのは、飼育者がいなかったせいもありますね(?≧?≦)てへぺろ
(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
オス鳩の場合

地区Nレースから1000Kへ追記
4/7
(月曜日

さすがに、7時半に寝たので、今朝はバッチリ目が覚めました。

鳩舎へ行き管理を終えてから青果市場へ・・・・・

18歳から行っている青果市場にいる仲間達に助けられています。


(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
地区Nレースから1000Kレースへの向かい方

オス鳩の場合
4/6
(日曜日)

体調よろしくなく、鳩の管理はしたものの、一日横になりながら一日を過ごしました。

どうも体の調子がイマイチです。夜も早く眠くなり朝もだるく起きずらい日が続いています。

日曜日だったせいもあり気も緩んだのでしょうが、今ひとつです。


(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

巣立ちしたヒナ鳩は、展望台から外を眺めながら、鳩舎の位置を覚えているのでしょう。

飛びたがって羽ばたきをしている鳩もいます。

主翼を見てみると、一枚目は抜け落ちています。
4/5
(土曜日)

寒の戻りでしょうか?今朝は寒かったですねぇ〜〜。

明日までは寒さが続くという予報です。


(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

長距離レースへ向かうひとつのパターンとして、1週間で疲労回復させたなら強制舎外で鳩を仕上げて1000Kへ向かうパターンと、抱卵させて訓練主体で1000Kへ向かうパターンの二通りがあります。。

どちらも、、難しいテクニックが必要ですが、時間のある時に詳しく説明したいと思っています。
4/4
(金曜日)


昨日までPCの調子が悪く、更新作業ができませんでした(>_<)

ようやく本日復旧しました。

巣立ちをさせたヒナ鳩は、選手鳩鳩舎へ移動させましたが、まだまだ舎外はお行いません。
主翼の1枚めが抜けて2枚めが半分伸びた頃より外に出し始めます。

(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
抱卵で長距離へ参加させる場合には、持ち寄り日から逆算してペアリングを行います。

♂鳩を参加させる場合にであっても、♀鳩を参加させる場合であっても同じように持ちより日から逆算して配合日を決定します。

4/3
(木曜日)
(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
疲労を早く回復させるのには、温浴が効果があります。
ただし、この温浴だけは天気の良い日に行ってください。

体が早く乾燥しないと、疲労が抜けるどころではなくなりますからね。

1羽、1羽やる方もいますが、私は、摂氏75℃のお湯を張って行います。
4/2
(水曜日)
(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・
、配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
地区Nレース700Kを飛翔した鳩の疲労はかなりのものです。

まずは一週間舎外を休ませましょう。

それから目標とする長距離レースへ向けての調整を行っていきます。

抱卵で参加させる方、独身で参加させる方どちらも一週間は、休養に当てます。
4/1
(月曜日)

神奈川方面で地区Nレースが行われたようです。

放鳩地の風は追い風となったので、きっと良い結果が出ている頃でしょう(?≧?≦)てへぺろ

地区Nレースを帰還した鳩は、十分な休養を取らせて次回の長距離レースへと向かわせます。

その方法は、2種類あります。

(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・小粒飼料
3割、配合飼料7割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
当日帰還が可能な鳩舎位置にあるのと翌日帰還しか望めない鳩舎位置にあるのとで、管理法が違ってきます。

また、鳩質も違ってくるのです。

後日詳しく、アップしたいと思いますが、今は、地区Nレースを戦った鳩に十分な休養を与えてあげてください。
3/30
(日曜日)

昨日は、体調が思わしくなく、夕方まで布団の中で身体を休ませていました。

イマイチ、気力がわかない日々が続いていて、自分でも????です。

東日本大震災の時と同じような気分です。

鳩の管理は、いつものように行い、お休みだったから気が抜けたこともあるのでしょうが、イマイチノリが悪いです。



(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・小粒飼料
3割、配合飼料7割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
3/29
(土曜日)

巣立ちさせたヒナ鳩に、あすはパラみクソワクチンを接種します。

巣立ち時ご杉に行えば良いのですが、今年は事情があって明日になってしまいますた。

パラみクソワクチンを接種した鳩に住所環を装着していけば、良いわけです。

舎外を開始するのは、まだまだ、4月の末頃からでしょうか?


(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・小粒飼料
3割、配合飼料7割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

訓練についてもう少し・・・・・ボロボロといっても鳩がみすぼらしくなる状態を言うのではありません。

軽く、しっとりとした感覚の状態で目に力があ潤んだ状態です。

この状態でレースに迎えれば、良い結果がついてきます。

3/28
(金曜日)

今朝千葉のナカヤンより電話があり、訓練に来ているとのこと(^O^)

やはり、地区Nレースに向けての訓練だったようです。途中ガスがかかってたせいもあり距離を短くして訓練を行ったみたいです。


訓練は、持ち寄った状態よりも更に、コンディションを落とす為に行うのです。勘違いしている方も数多くいますが、一度落ちたコンディションをアップさせることで、レース時に早く帰還するのです。

だから、2週間のインターバルがある際には疲労をいち早く抜き去り、80K〜100Kの訓練を1回目、持ち寄り2日前に50Kを行うことにより鳩は絶好調に仕上げることができるのです。

優しくしていては勝てません!!
(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・小粒飼料
3割、配合飼料7割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
訓練は何故行うのか?

訓練は、鳩舎内の鳩群のコンディションを一旦落とすために行うのです。

一旦落ちたコンディションを鳩舎に帰還したなら、アップさせるためにやるのです。

競馬の馬が坂路で調教されるのと同じことなのです。

レース前に楽をさせてはいけません。心を鬼にして鳩をしごきます。

レースの前だから軽い舎外で済ませようと思ったなら、鳩はレースで早く帰還してくれません。

ボロボロになるまで、しごくことが大切です。
3/27
(木曜日)

体調が悪く、昨夜は更新ができませんでした。

さっさとお酒を飲んで、9時には就寝(?≧?≦)てへぺろ

今朝はいつもより早く起きて鳩舎の管理を行いました。

(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・小粒飼料
3割、配合飼料7割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

3/26
水曜日

明日は、雨の予報が出ていますが、久しぶりの水浴びを行う予定です。

天気に関係なく鳩は、水浴びを行うことによって新陳代謝が進み、毛武器も良くなります。

通常、一週間に一度の割合で行いますが、仕事の関係で思うようにできない場合には、休日を利用して行っても良いでしょう。

天気は、雨よりも晴れていた方が良いのですが、真冬の氷点下でもない限り雨の日でもOKです。
(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×18gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩)

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・小粒飼料5割、配合飼料5割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水

平山師匠と岡さんが、訪ねてきました

久しぶりの鳩談義でした(^O^)
2時間くらいいたでしょうか?

近く、飲みに来ると言って帰っていきました。

昨日のRgから地区Nへの調整法にある訓練は、昨今、猛禽類による被害が大きくなってきていますから、羽数10羽以上で行ってください。
春季レースはどこまで進んでいるのでしょう?参考までにレジョナルレースから地区ナショナルレースに向かう際の調整法は?
3/25
(火曜日)

東京でも桜の花が開花したとか・・・・・(^O^)

一挙に気温が上昇してポカポカ陽気の大船渡でした。

巣立ちさせたヒナ鳩もしっかりと餌の食べ方、水の飲み方を覚えたようです。

朝与えた餌が余っている分を、10時頃には抜いておくと、夕方の給餌には、飼育者の合図で、エサ箱に降りてきて餌を食べるようになります。

(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・小粒飼料5割、配合飼料5割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水
2番仔の足輪を挿入して、これからグングンとヒナが成長する頃となりますから、羽数×17gから18g、19g、20g、21g、22g程度まで餌の量を増やしていきます。

大粒のトウモロコシは、どうしても余ってきますから、篩にかけて大粒のトウモロコシは、巣立ちしたヒナに少しずつ増量して与えるようにしてください。

すると、余っていた餌を抜かれたヒナ鳩は、夕方の給餌の際は、お腹がすいているので、大粒の食べづらい餌も頑張って食べるようになります。
3/24
(月曜日)

ようやく東北地方も、暖かくなってきました。日中は、来ている服を一枚脱いでも大丈夫です(^O^)

今日は、一日がかりで、一関まで行ってきました。

夕方、6時頃に家に到着してから、鳩に給餌しました。

羽数×20gを一日2回与えますが、この量だと余ります。

しかし、巣立ったヒナの成長を妨げないようにする為、この量を与えます。

ある程度時間が経過したなら余った餌は、そのままにしないで、抜いてしまいます。

そうすると、朝は食べなかったヒナも夕方はガツガツ状態で食べます。

最初は、食べやすい小粒飼料からですが、徐々に餌の内容を換えていき大粒のトウモロコシも食べれるようになれさせていきます。
(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

巣立ちしたヒナ鳩

餌の量・・・・羽数×20g

餌の内容・・・・・小粒飼料5割、配合飼料5割

飲水器・・・・玄米黒酢入り水


日中の気温が高くなってきたので、鳩舎の窓を全開にして、日光が鳩舎内に燦々と入り、種鳩たちも気持ちよさそうです。

もう少し、ポカポカ陽気になってきたならば、飲水器のお湯も水に換えても良いでしょう。

夜は、まだ寒い日もありますから、面倒でも窓はシャットアウトします。
3/23
(日曜日)

通常、孵化から25日〜27日にて、親鳩から離し巣立ち室へ移動させます。


ここで、しっかりと餌と食べ方、水の飲み方を覚え込ませます。


(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

選手鳩)


餌の量・・・・羽数×12g
餌の内容・・・・配合飼料10割


飲水器・・・・玄米黒酢入り

親種鳩から、ヒナ鳩を長く一緒にしておきますと、嘴と鼻瘤がいつまでも乾かない状態にあり、結構ではありません。

あくまで巣立ちをさせるまでのヒナの状態は乾燥している事が大切ですから、25〜27日で巣立ちをさせるように心がけて下さい。

3/22
(土曜日)

しかし、22日間自らが管理しなかった事などありませんでしたから、鳩の出来!!不出来がこれほど違いが出るとは・・・・・思いませんでした。

1番仔は、大切な時期に管理しなかったことにより、全然ダメです。

今、脚環を挿入している鳩からは、自らの管理なので、良いヒナとなると思います。

明日は、日曜日なので、しっかりと鳩のチェックをして一日を過ごしたいと思います。

(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

選手鳩)


餌の量・・・・羽数×12g
餌の内容・・・・配合飼料10割


飲水器・・・・玄米黒酢入り


22日間留守にしていたことにより、レース参加はできませんでしたから、選手鳩は餌を減じて与えます。

また、肝心な時期に巣立ちをさせる事ができなかった1番仔は、明日、選手鳩鳩舎へ移動させます。


明日からは、巣立ち後の管理をアップしていこうと思います。
3/21
2/28日(木曜日)の朝、いつもの如く、鳩の管理を行い、青果市場へ仕入れに行き、朝の配達をしていたなら、
女房の弘子さんから電話があり、直ぐに家に戻ってきて欲しいとの事??

急ぐ箇所の配達を終わらせて、家に戻ると沢山の人だかり??よく見るとパトカーも居た。

今回担当した刑事に覆面パトカーに誘導され、そのまま警察へ・・・・・・この時点では何で??という思いしかなかった。

取調室へ連れて行かれて、話を聞くと、2年前に夜の街で起きた喧嘩の仲裁を頼まれた事に端を発した事でした。

最初、調べる方は、一方的に俺が悪いような言い方をしてきたのですが、違う箇所は違うということを喋り、それをまた、裏付ける為に
時間を取られ、更に取り調べが進むと、またまた矛盾点が出てきて、最終的に22日間拘留されることになりました。

もちろん、その間一関の検察庁にも4回の事情聴取されましたが、3/19日に不起訴が決まり、留置場から出てきました。

今回の事件が起きるまで、真っ直ぐに正直に生きていると自負しておりましたが、何処か?方向を誤ってしまい
世の中をお騒がせすることになってしまいました。

自分の領域に、誰にも入ってもらいたくない時間と空間があると思います。

その空間と領域に、酔っているとはいえ、土足で入り込まれた事に対する俺の怒りが爆発したというのが、今回の事件でした。
これは、正に自らの油断と驕りから来たものだと、今は深く反省しております。

園長の2014年作出と競翔を楽しみにして頂いていた皆さん!!大変申し訳ありませんでした。

今回の経験を活かし、更に精進して参りますので、今後ともよろしくお付き合いお願いいたします。

明日から、また更新作業を開始いたします。


この拘留されていた期間に、鳩の調子がイマイチおかしくなり、平山師匠や岡沢さんには連日薬を飲水器に入れてもらい、
秀や、従兄弟のタァ〜達には餌を与えてもらい、掃除もしてもらいました。

まだ、鳩の状態はイマイチですが、何とか今から立て直しを図っていきます。

2/27
(木曜日)

東京駅11:40初の新幹線にて水沢江刺駅まで帰ってきました。その後、大船渡まで車を走らせ家に到着したのが、4時ちょい過ぎでした。

鳩の管理は、いとこのタァにお願いしていったので、完璧(^O^)

しっかりと餌を与えていてくれたようです。

秋季レース終了してからの管理

猛禽に追われ、餌食となり自鳩舎の鳩の数が激減という事が、当たり前のようになってきている昨今です。

舎外をしないと筋肉が落ちてしまい、レースで勝てなくなる・・・・だから舎外を行う。羽数が減ってもいる鳩で戦うという方もおります。

しかし、羽数×12gの餌の量
大麦5割配合5割の内容で、鳩舎内を暖かくしておけば、無理に舎外を行わなくても春季レースで戦うことはできます。

ただし、近場からの訓練は、春季レース一ヶ月前より最低10回は行ってください。
(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

選手鳩)

餌の量・・・・羽数×15g〜17gを一日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割


飲水器・・・・ドクダミ茶玄米黒酢入り

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割
撒き餌で与える餌は、羽数×15g〜17gを1日2回与えます。

食べる様子を観察しながら、ガツガツ状態で餌を食べているようであればOKです。

100K〜300Kまでは、餌を食い込ませることはありません。

せいぜい、羽数×20gを、餅より前日の夕方に食べさせる程度です。

お隣、岩手連盟では、100Kレースが終了したとのことですが、帰還の良い方、悪い方両極端だとの情報が入ってきました。

2/26
(水曜日)
明日から、東京へ出かけなければならない用事があり、ボンボンと共に花の東京へ行ってきます。

弱気を助け強気を挫く為の東京への旅です(?≧?≦)てへぺろ

(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

選手鳩)

餌の量・・・・羽数×17gを一日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割


飲水器・・・・ドクダミ茶玄米黒酢入り

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割



私のところは、相変わらず、猛禽に追われる毎日なので、舎外はストップ!!です。

しかし、80Kの最終訓練を飛んでからは、羽数×17gの7割、8割、9割という餌の与え方は、舎外を行っている鳩舎と同じように与えていきます。

1週間のインターバルですから、舎外を行っていなくても羽数×15g〜17g食べさせても問題はありません。

ただし、100K、200K、300Kレースで勝利しようなどと考えてはいけません。
2/25
(火曜日)
(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

選手鳩)

餌の量・・・・羽数×17gの
9割を一日2回

餌の内容・・・・小粒飼10割


飲水器・・・・ドクダミ茶玄米黒酢入り
※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割


選手鳩に与える餌の量は、日々変化しています。

次回は、100Kレースなので、それに向けての調整を続けます。

春季レースのメインは、500Kのレジョナルレースからですから、それまでは0抑え気味の管理です。
2/24
(月曜日

種鳩鳩舎のヒナ鳩は、だいぶ大きくなってきましたから、巣箱から床へおろしてやりました。

こうして、ある程度大きくなってから巣箱より外に出してあげると、満遍なく親種鳩が餌を与えてくれるので、更に成長が良くなりますし、鳩が乾燥した状態で巣立ちをさせることができます。



(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
玄米黒酢入りドクダミ茶摂氏75℃

選手鳩)

餌の量・・・・羽数×17gの
8割を一日2回

餌の内容・・・・小粒飼10割

飲水器・・・・・呼吸器系の薬

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割


どの地域でも、連盟レースが開催されるレジョナルレースの前には、連合会で開催される100K、200K。300kと短距離レースがあると思います。

この短距離レースから帰還した際に、呼吸器系の薬を投薬することにより、身体が浄化され良いレース結果が残る様です。


呼吸器系の薬は、色々と販売されていますが、毎回異なる呼吸器系の薬を投薬したほうが良いそうです。

レースから帰還した翌日に丸一日与えればOKです。

関東の強豪鳩舎から教わったやり方ですが、その距離まで鳩が残らないここ数年ですから、私のところでは試しようがありませんが、実際に試した方は、良い結果が出ています。



2/23
(日曜日)

宮城県鹿島台からの訓練は、9:30に放鳩されました。

肝心の飼育者は、朝から熱を上げて、布団の中で汗をいっぱい出しながら、熱を下げようと必死だったのですが、中々思うように熱は下がらず、絶不調のまま一日を終了しました。

HP更新する力もなく、鳩に餌をやるのが精一杯でした。

しかし、今回の風邪は強烈です。
(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
ビタミン投与

選手鳩)

餌の量・・・・80Kを飛んで帰還したので、羽数×17gの7割を一日2回

餌の内容・・・・小粒飼10割

飲水器・・・・・温かいスポーツ飲料

2/22
(土曜日)

昨日に続き
、体調悪く午前中の配達が終了してから、2:30頃まで布団にて、横になり爆睡していました。

ニュー三陸連合会最終訓練の持ち寄り日と(^O^)パソコンへのチップ登録もあったので、PM4時には、会館へ行き、段取りをしてきました。


一日画像をアップしないだけで、こんなに雛鳩が成長しています。
(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
ビタミン投与

(選手鳩)
舎外・・・ストップ 訓練もなし

餌の量・・・・朝)羽数×
17gの5割
          2:30頃・・羽数×17gの8割の量を食べさせました。

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割

明日も天気が良いようなので、関東方面から放鳩者が宮城県あたりに続々と集まってくると予想されます。

ニュー三陸連合会の放鳩予定時間は、9:30ころの予定です。

果たして最終訓練が終了してから、南三陸4連合合同会で何羽の鳩が残ってきますか?

我がニュー三陸連合会でも、約3割が訓練スタートから減っています。

舎外を行っている鳩舎では、猛禽による被害も続出しているでしょうから、100K、200K、300kとレースを行っていくうちには、かなり羽数が激減されることを予想できます。

今年の秋からは、作戦変更して、秋レース用の鳩、春季レース用の鳩と分けてみようかと考えています。

秋季レース時に流行るアデノウィルス症状が鳩舎内で確認できたなら、その時点でレースを中止することにします。

賞金レースがあったりすると、どうしても参加したくなるのがレースまんですが、春季レースに参加できないのでは、楽しみが減りますからね(^O^)


2/21
(金曜日)

久しぶりに、強烈な風邪をひき、体が怠くまいりました(>_<)

選手鳩は、相変わらず無舎外のままでの管理です。

明日は、連合会最終訓練です。宮城県鹿島台からも80K訓練となります。

・・・・というわけで、選手鳩には羽数×17gを与えたあとに、もう少し食べたそうにしていたので、少量多く与えました。

羽数×15g〜17gとうのが、基本的な餌の量ですが、持ち寄りの前日は、食べたいくらい食べさせてもコンディションに何ら影響しません。

そして、持ち寄り日の午前中は、羽数×17gの5割与え、持ち寄り時間の最低でも1時間前に最終の餌を与えます。
その際には、羽数×17gの8割の量を与えてください。

(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
ビタミン投与

(選手鳩)
舎外・・・ストップ 訓練もなし

餌の量・・・・羽数×
17g  量を食べさせました。

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割

2/20
(木曜日)

しかしながら、毎日寒い日が続いていますねぇ〜〜〜(>_<)結構身体には、きついです。

鼻風邪をひいたみたいで、チョイ悪体調です。

今朝の大船渡は、評点5℃と寒い朝でした。

2/23日(日曜日)の天気は、今のところ晴れですから、予定通り最終訓練となる宮城県鹿島台からの訓練となります。

そのために、本日も羽数×17gの餌を一日2回与えました。しかし、朝は、昨日食べさせすぎたからか?喰いイマイチだったので、羽数×12g程度与えてストップ(^O^)

そのためか?夕方は、しっかりと羽数×17gを食べきってくれました。

この時期は、ガツガツ餌を食べる用を与えなければなりません。



(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
消毒液、大腸菌除去薬、ビタミン

(選手鳩)
舎外・・・ストップ 訓練もなし

餌の量・・・・羽数×
17g  量を食べさせました。

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割


関東方面の鳩が、宮城県あたりから、かなり放鳩されたみたいですね。

風が幾分強いものの、追い風となったでしょうから、帰還状況は良かったと思います。

果たして何キロのレースだったのでしょう??

先日は、一週間のインターバルの管理法をアップしましたが、本日は、2週間インターバルの管理法をアップしてみます。

興味のある方は、ここをクリックしてください。



2/19
(水曜日)

宮城県中田町からの60K連合会訓練は、昨日までの強風もおさまり、絶好の訓練日和となりました(´∀`)

放鳩されたのは、9:30です。

本日は所要があり、出かけていたので、鳩の帰還は見れませんでしたが、夕方5:15に鳩舎へ戻ってみると、明るいうちに3共帰還していました(^O^)珍しいことです。

本日は、猛禽もお休みだったのかな?って感じです。




(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
消毒液、大腸菌除去薬、ビタミン

(選手鳩)

訓練・・・・・・宮城県中田町からの60訓練

餌の量・・・・羽数×
17g  
量を食べさせました。

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割

同級生がで鶏を6万羽飼育しているのですが、昨日、大腸菌を除去する薬をもらってきました。

今日から、各種鳩、選手鳩、使用しない種鳩に投与しています。

この薬は、消毒液(名前忘れた)、ビタミンも一緒に与えることで効果が上がるのだとか・・・・(^O^)

消毒液は、飲水器に2Lの飲水器で5000倍希釈して与えました。

2日間の投与でストップ!!

しかし、色々な薬があるものです。
オランダに発注した薬はまだ届かないので、急遽使用しました。

2/18
(火曜日)

今日は、風が強く体感温度は0℃でしたね〜〜(>_<)

昨日帰還しなかった鳩は、今朝6:30にサッシを開けたなら帰還していました。

腰の辺りを猛禽に引っかかれたようで、ちょっとビッコを引いていましたが、レースに参加できないくらいではなかったので、今日の訓練にも参加させました。

元気に待機している鳩たち、昨日帰還した鳩と一緒に餌をガツガツ状態で食べていたので、明日の宮城県中田町からの60K訓練でも帰還してくれるでしょう(´∀`)

関東では、既に100Kレース、200Kレースくらいまで進んでいるようですね。

200Kレース終了してからの管理を、お知らせします。




(種鳩)


餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
ドクダミ茶玄&米黒酢入り飲水

(選手鳩)

訓練、舎外共にお休み

餌の量・・・・羽数×
17g  
量を食べさせました。

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割

200Kレース終了後

インターバルが2週間あるところと、1週間で300Kレースへ向かうところがあるようですから、両方の管理を簡単に記します。

1週間の場合・・・・200Kレース当日は、鳩舎全体の8割が帰還したところで、羽数×12g
餌の内容は、小粒飼料100%
飲水器・・・玄米黒酢入り飲水器

夕方・・・羽数×17gの7割
餌の内容は同じです。

続きは、ここをクリックしてご覧ください。



2/17
(月曜日

今朝の大船渡は、朝から晴天でしたが、宮城県気仙沼から仙台方面までは、時雨れていた様で、山が真っ白くなり吹雪いてる感じであったために、気仙沼まで引き返して距離を縮めて放鳩したようです。

そんなわけで、予定していた宮城県中田町からの60K訓練は、明後日19日に再び行います。
我が家の参加した鳩は、いつもの如く猛禽に追われたので、夕方、林の中から2羽が帰還しました。後の1羽はどこに行ったのでしょう??

また、明日にでも、ひょっこり帰還してくれると思います。


(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
ドクダミ茶玄&米黒酢入り飲水

(選手鳩)

訓練、舎外共にお休み

餌の量・・・・羽数×
17g  明後日も、60Kの訓練なので、昨日と同じ
量を食べさせました。

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割)
飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水


太平洋側に、2月中にこんなに雪がふるのは珍しいというか、今までになかったことです。3月のお彼岸あたりに湿った雪がどっさり降るのがこれまででした。

山梨県甲府では、これまでにないほど雪が降ったとか・・被害も甚大みたいです。

異常気象(>_<)また東日本大震災の様な、何かが起きそうな嫌な気がしています。

今日は、ちょっと忙しく鳩の画像を撮影する事ができませんでした。

2/16
(日曜日)
昨夜は大荒れの天気でしたが、夜中から、雨に変わったので、除雪していただいた大きな道路はすっかり雪が残っていませんでした。

しかし我が家の庭は思い湿った溶けがけの雪で歩きづらい歩きづらい(。・ ω<)ゞてへぺろ?

本日は、あす行われる宮城県中田町からの60K訓練持ち寄り日です。

HPの更新が終わったなら、ニュー三陸連合会の会館へ持ち寄ってきます。

夕方、5:30の給餌でしたから、1時間経過してから放鳩籠に鳩を詰めます。

食べさせて直ぐに詰めて車で移動すると、偏食しますから、最低でも1時間経過してから鳩を移動させましょう。




(種鳩)


餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
4
小粒飼料
6割


飲水器・・・・
ドクダミ茶玄&米黒酢入り飲水

(選手鳩)

訓練、舎外共にお休み

餌の量・・・・羽数×
17g  2度目の訓練60Kが月曜日に行われるので、餌の量を増量して与えました。

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割)
飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水


ヒナ鳩がどんどん成長するこの時期になってくると、小粒飼料の割合をさらにアップします。

配合飼料4割、小粒飼料6割
の割合で与えます。


ソノウ部分に、親から与えられた栄養価満点の小粒飼料がビッシリと入っています。


巣皿周りの糞はいつも、コロコロの状態ですだちをさせます。
また、時間があるのならば、朝、夕巣箱掃除をするのがベストです。
2/15
(土曜日)

本日も朝から猛吹雪状態で、さっさと配達を終わらせて、家にてのんびり過ごそうかと思いましたが、ヒナ鳩に脚環を挿入する頃なので、各巣箱をチェックしながら脚環入れを2時間かけて行いました((´∀`)

ヒナの大きさに大、小がある場合には、足輪を装着した後で、同じくらいのヒナ鳩同士を交換してあげると、均一に育ちます。

また、極端にミルクの入りの悪いヒナは、成長しても活躍することはありませんから、淘汰するのが賢明です。しかし、淘汰が嫌な方は、その鳩の番号をチェックしておき、巣立ちして飛べるようになってから、遠くから飛ばすのも良いでしょう。




(種鳩)


餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
5
小粒飼料
5割


飲水器・・・・
ドクダミ茶玄&米黒酢入り飲水

(選手鳩)

訓練、舎外共にお休み

餌の量・・・・羽数×
15g  2度目の訓練60Kが月曜日に行われるので、餌の量を増量して与えました。

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割)
飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水


脚環を挿入する際には、巣皿、プラスチック巣皿、新聞紙、掃除用具を準備して行います。

先ず、石膏巣ザラに入っているヒナをプラスチック巣皿に巣皿マットを載せてからヒナに足輪を挿入します。

それから、石膏巣皿を掃除して、新しい新聞紙で覆い、2段目の棚に置いてあげます。

すろと、3〜5日目から2番仔目の産卵に向けて準備が始まります。

脚環を入れたヒナ鳩がどの種鳩の仔なのか判る様にメモし、あとからPCに保存します。


2/14
(金曜日)

昨夜は、いつものメンバーの律っちゃんの誕生日で、いろは寿司にて、ささやかなお祝い(^O^)

ひしぶりに午前様になってしまいました(?≧?≦)てへぺろ

今朝は、6時30分まで爆睡(>_<)慌てて餌を与えて市場へ行きました。

・・・・・というわけで、鳩舎掃除は省略しました。




(種鳩)


餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
5
小粒飼料
5割


飲水器・・・・
ドクダミ茶玄&米黒酢入り飲水

(選手鳩)

訓練、舎外共にお休み

餌の量・・・・羽数×
15g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割)
飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水


ヒナ鳩は、グングン成長していきます。小粒飼料の割合を多くしていき、ソノウ部分に餌がパァ〜ンと張っているくらいでなければなりません。


さらに、飲水器は、必ずお湯75℃〜100℃を与えます。
ドクダミ茶に玄米黒酢を入れて与えると過飲水も防げて、巣皿周りの糞はいつもコロコロです。

ただし、トリコモナス等の投薬を与えていない鳩舎では、軟便になったりします。
もし、そのうような箇所の巣箱があったならば、抱卵中に口の中に4分の1の大きさにしたフラジールか、アスゾーるを5日間与えれば正常に戻ります。

2/13
(木曜日)

昨日、諦めていた一羽の訓練参加鳩が帰還していました。やはり夕方ギリギリにどこかに隠れていて入舎したようです(^O^)

この1羽は大きいですねぇ〜〜。

種鳩鳩舎のヒナ鳩も各巣箱成長著しく、今日も脚環挿入した箇所が一箇所です。


小さな画像からも判る通り、同腹どうしのヒナでも嘴の色、体の色の違いがわかると思います。

この体の色の違いをが、5色ある事を忘れないことが大切で、選手鳩を作出する際、種鳩を作出する際に重要なのです。


(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
6、小粒飼料4割


飲水器・・・・
ドクダミ茶玄&米黒酢入り飲水

(選手鳩)

訓練、舎外共にお休み

餌の量・・・・羽数×
12g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割)
飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水



体の色、爪の色、指の色、嘴の色、背中の毛の本数、チェック項目は沢山あります。

一度に全て完璧に覚えるのは大変ですが、何ペアかを決めて研究していけば、この理論の習得はできます。

鳩レースは確率のレースでもあります。むやみやたらに配合しても、まぐれで良い鳩を作出することはあっても、必然的に作出する事ができなければ、良い成績は途切れてしまうことになります。

2/12
(水曜日)

昨日の訓練は、自鳩舎まで全鳩が帰還したものの、ハイタカにタイミング悪くしつこく追われ、夕方暗くなるギリギリに2羽が何処からもなく表れ入舎してきましたが、他4羽は??どこへ行ってしまったのでしょう??

全鳩秋季レースで200Kまで飛んでいる鳩達です(>_<)あの俗に言うブーメラン(猛禽)は本当にしつこく鳩を追い続けます。

今日も午前中3回、午後も3回選手鳩鳩舎に行ってみましたが、翌日帰還はありませんでした。

さて困ったことになりました。

我が鳩舎の選手鳩が、たったの2羽になってしまいましたO(≧▽≦)O

この2羽で、どこまで行けるかですね。



(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
6、小粒飼料4割


飲水器・・・・
ドクダミ茶玄&米黒酢入り飲水

(選手鳩)

訓練、舎外共にお休み

餌の量・・・・羽数×
12g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水器

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割)
飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水



※もち米モミ付き

小粒飼料の20Kに対して1割ほど、モミ付きの餅米を混ぜて与えると、ヒナの成長が見違えるほど違います。

腹持ちが良いので、巣立ち時の仕上がりが全然違います。
また、狩猟をする友人から聞いたのですが、人間で言うところの歯の部分にあたる砂肝が大きくなり、健康度が増します。


従兄弟に帰還状況を見ててもらったのですが、命懸けですから鳩も必死に逃げたそうです。

後は姿が見えなくなり、それっきりだったそうで、夕方に帰還した鳩は、どこかに隠れていたのでしょう。

本日、2014年脚環を2羽のひな鳩に挿入しました。

抱卵、孵化までは、巣皿の交換はしませんが、脚環を挿入したなら、大きめのプラスチック巣皿と交換してあげます。

石膏巣ザラは、湿気を呼ぶので、この頃からは、プラスチック巣皿に交換して巣皿マットを敷いてやります。




2/11
(火曜日

ニュー三陸連合会2014年春季レースに向けての初訓練でした。

宮城県気仙沼の岩井崎20K訓練です。

放鳩り、帰還地共に晴天の絶好の訓練日和となりました。


放鳩された鳩群は、帰還地目指して一塊りとなり姿が見えなくなるまで目で追ったあとに、放鳩籠を積み込んで大船渡へ帰ってきました。


(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料
6、小粒飼料4割


飲水器・・・・
ドクダミ茶玄&米黒酢入り飲水

ソノウ部分にピジョンミルクがたっぷり親から与えられています。
このピジョンミルクの量が多ければ多いほどヒナ鳩の出来が違ってきます。


(選手鳩)


餌の量・・・・羽数×
12g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢

(選手鳩)

訓練から帰還後・・・・・羽数×12gを一日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・温かいお湯に玄米黒酢入り飲水



今日から、種鳩に与える飼料の内容を徐々に変化させていきます。

これは、ヒナ鳩の成長に合わせて行うものです。

ご存知のとおり、ピジョンミルクが切れる頃より、ヒナのソノウ部分に餌さが混ざって透けて見えてきます。

この頃より、親種鳩は、トウモロコシの大粒の餌を残すようになってきます。これは、大粒のトウモロコシがヒナ鳩に食べさせづらいからです。

トウモロコシが余るくらい餌を食べさせるのは、良くないという方もおりますが、卵が孵化してからヒナ鳩を巣立ちさせるまでは、小粒主体で餌を与えるようにするの方がヒナ鳩の成長の妨げになりません。

あえて、トウモロコシを食べさせたいのならば、インドネシア産の小粒のトウモロコシをバラで購入して与えても良いと思いますが、私のところでは、そこまでしていません。
2/10
(月曜日)

ヒナ鳩の成長を観察するのが、この時期の楽しみでもあります(^O^)

朝は、飲水器にお湯の入れ替えと掃除で時間を取られるので、ゆっくりと観察できませんが、日中の空いている時間に各巣箱をチェックしていきます。

孵化3日目〜4日目にソノウ部分に大量のミルクが入っているようであれば、安心して大丈夫です。

孵化後5日目あたりから、小粒飼料がソノウ部分に入ってくるようになったなら、小粒飼料の割合を増やしていきます。

更に、モチ米のモミ付きを小粒飼料20Kに対して2割ほど混ぜて与えてあげると、ヒナの成長と巣立ち時の仕上がりが、まるっきりかわってきます。



(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、小粒飼料1割


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
今日は訓練お休みです。

餌の量・・・・羽数×
17g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割)
飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

しっかりと持ち寄りしてきました。

明日は、ニュー三陸連合会初訓練です。

時間がなかったので、鳩を置いてすぐに帰ってきてしまいましたが、何羽の鳩が参加するでしょう(^O^)

それぞれの鳩舎で、猛禽の被害が拡大しているようで、皆さん悲鳴をあげています。

我が鳩舎の参加は、♂5羽
♀1羽となり寂しい限りですが、果たして2014年春季レースまで鳩が残ってくれるでしょうか?
2/9
(日曜日)

今朝は起きてびっくり!!!なんと我が家の庭の積雪は、40cm(((o(*゚▽゚*)o)))

ここ数年雪掻きするくらい積もる事はなかったのに、久しぶりに1時間半かけて庭の雪掻きを行いました(^O^)V

それから、鳩の管理!!今日はソフトシリカを敷いてある1階種鳩鳩舎を掃除する予定でしたが、雪かき作業で時間を削られたので、とりやめました。

2階も1階の巣箱も孵化ラッシュですから、ここ数日は、脚環挿入に向けて気が抜けません。

選手鳩は、明日がニュー三陸連合会春季レースに向けての初訓練持ち寄り日です。

20Kの距離ですが、油断できない昨今の訓練ですから、しっかりとコンディションを整える管理を行いました。

(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、小粒飼料1割


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
今日は訓練お休みです。

餌の量・・・・羽数×
15g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割)
飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水


午後3時ころからは、雪の降るのもストップしたので、どうやら2回目の雪かきはしなくて済みました。

孵化2日目のヒナ(^O^)
オス親我が家期待の種鳩
立ち姿バランス最高

選手鳩に与える餌の量は、
羽数×15gです。
2/8
(土曜日)

世の中は、全国的に大雪が降っています。こちら大船渡も夕方から降り出した雪が10cmは既に積もっていますから、明日の朝まで降り続くようであれば、50cmは積もるかもしれませんね(?≧?≦)てへぺろ

しかし、ここ数年こんなに積もった時がなかったので、逆に楽しみでもあります(^O^)

今日は新しい、デジカメにて画像もアップでき、孵化したヒナの画像からご覧ください。


孵化ラッシュが始まっていますが、今日はこのペアのヒナを・・・
(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、小粒飼料1割


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
今日は訓練お休みです。

餌の量・・・・羽数×
14g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割)
飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

さて、このヒナの成長が楽しみでありますが、この時点では、白系の鳩か?白に近い中間色か?のどちらかですね(^O^)

あと、3日もしたなら爪の色と指の色、嘴の色を撮影してみます。


撮影したなら、♀鳩が巣皿から出てしまいましたが、この後はしっかりとヒナを抱きに戻りました。


2/7
(金曜日

寒さが若干緩んで、風もなかったので、今日は昨日ほど寒く感じない一日でした。(?≧?≦)てへぺろ

一番期待していたペアの卵が、別の♂が何を思ったのか飛び込んでしまい、破卵(>_<)
これにはガックリきました。

しかし、気を取り直して巣皿を上の段に入れ替えて、あと10日間待つことに・・・・・

選手鳩6羽は、餌の喰いが戻ったようで、2/11(火曜日)の訓練にはベストな状態で参加できそうです。

遅生まれの鳩たちは、トラップからすり抜けて、勝手に空を飛んでいたのですが、案の定!!猛禽類追われて2羽の鳩が犠牲になったみたいです。

明日からは、とらっぷを閉めておくことにします。
天気も良かったので、久しぶりに外に出てみたくなったんだと思います。


(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、小粒飼料1割


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
今日は訓練お休みです。

餌の量・・・・羽数×
13g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割)
飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

孵化ラッシュが始まりますから、あすから飲水器は小ぶりのものに入れ替えです。

毎日熱いお湯にドクダミ茶を煎じて与えます。

ティーパックでドラッグストア等で販売しているもので十分です。

ピジョンミルクと餌が混ざるようになってくる孵化後4日目あたりからは、小粒飼料の割合を多くしていきます。

ひなの成長度合いに合わせて、栄養価の高い資料を与えることによって、コロコロと丸みを帯びたヒナになります。
2/6
(木曜日)

今朝は今年一番の冷え込みとなり、鳩舎の水道が凍結状態になりました。

それでもバーナーで少し温めたならお湯も出たので、一安心(^O^)

鳩の管理には影響ありませんでした。

日中も気温が上がらず、寒い!寒いO(≧▽≦)O

平山師匠が、午後に仮母を借りにやってきて、3羽の鳩を持って行きました。

日曜日は完全に訓練を行える天気ではなさそうなので、火曜日の2/11に行うことにしました。

その日に向けて、徐々に餌を喰いこませていきます。

現在は、羽数×12gですから、明日あたりから、撒き餌にて一日2回の給餌で羽数×13g与えます。

その翌日は、羽数×15gです。そのまま、20Kの訓練なので、羽数×15gで持ち寄り日まで与えます。


(種鳩)


餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、小粒飼料1割


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
今日は訓練お休みです。

餌の量・・・・羽数×12g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割)
飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水
距離が短い連合会訓練20Kですから、羽数×15gが上限です。

鳩舎内の選手鳩が食べる様子と餌の喰いをよく観察しながら、撒き餌にて与えてください。

ガツガツ状態は良し!!食べたくなさそうにしていたなら、餌の量を減らしても大丈夫です。

あくまで羽数×15gは目安です。
猛禽に襲われたりすると、ストレスから餌を食べなくなったりしますから、微調整は行ってください。
2/5
(水曜日)

今日は、青果市場がお休みだったので、ゆっくり寝てようかと思ったのですが、昨夜も8:30に寝たからでしょうね(?≧?≦)てへぺろ

今朝も4時から鳩舎の掃除&管理を行い、いつもの時間に仕事を開始しました。

今朝から急激に冷え込んでいたし、空模様も悪いので、連合会の訓練開始まで、個人訓練はストップすることにしました。

平山師匠には、もっとやったほうが良いと言われたのですが、訓練参加している鳩の餌の喰いが落ちているので、ストップすると報告してきました。

猛禽に追われるストレスと、鳩舎に帰還するのが嫌になってきている気配も鳩から感じます。

放鳩籠から出ないBCの♂鳩もいますからね。

連合会訓練予定日は、今度の日曜日2/9ですが、今のところ天気が悪く2/7(金曜日))にするか?只今検討中です。


(種鳩)


餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、小粒飼料1割


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
今日は訓練お休みです。

餌の量・・・・羽数×12g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割)
飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水
今度の寒気団は、金曜日頃まで居座る予報が出ていますから、果たして訓練を行ったなら良いのか?微妙なところです。

日本海側が荒れていると、沿岸部にも雪雲が流れ込んできて、時雨模様になるので、悩んでました。

もう一度あとでゆっくりと天気図とにらめっこして決定したいと思います。



2/4
(火曜日)

昨日は、日中の気温が15℃まで上がり過ごしやすい一日でしたが、今日は一転( ̄▽ ̄)寒い一日となりました。

朝から天気も悪いので、今日の訓練は中止しました。

平山師匠曰く、放鳩してから、集団で真っ直ぐに帰還地へ向かっているので、やはり鳩舎の近くで猛禽に襲撃されているのは間違いないとの事

しかし、近場訓練をこなしておかなければ、連合会の訓練でバタバタと鳩が落ちるので、やるしかありません。

昨日の訓練では、2羽が未帰還ヽ(;▽;)ノでした。こともあろうに、秋のレースで常にトップ集団で帰還していたうちの1羽が帰ってきませんでした。

これにはガックリ( ̄▽ ̄)

もう一羽の未帰還鳩は、午前中に怪我もせずに帰還してくれたのがラッキ〜でした。


(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、小粒飼料1割


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
今日は訓練お休みです。

餌の量・・・・羽数×12g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢

※猛禽の襲撃のない場所では・・・・

通常通り、舎外のできる鳩舎では、朝、決まった時間に舎外を行います。何分でも構いません。よっぽど鳩が重くなっていない限り、10分〜30分は飛びます。
餌は、なるべく決まった時間に与えてください。
餌の量・・・羽数×15g〜17g
餌の内容・・・大麦3割、配合7割(暖かい地域は、大麦5割、配合5割)
飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水


デジカメが、壊れてしまいました。うっかり、ポケットに入れたまま荷物の積み込みをした際に何らかの衝撃が加わり壊れたようです。

ここ数日、画像なしですヽ(;▽;)ノ

卵が孵化するまでには、新しいのを購入します。

明日と明後日も訓練を休みます。参加している鳩が、ストレスからでしょうね。餌の喰いが落ちてきています。

ガツガツ状態に戻してから、再び訓練参加です。
2/3
(月曜日)

土曜日の訓練で、またしても1羽が犠牲になったので、今日の訓練参加は7羽です。

真っ直ぐ帰還地の方向へ集団で飛んでいっても、途中で猛禽に襲われ、逆方向に飛んでしまったなら、一日かかりでの帰還となります。

帰ってくれば良いのですが、餌食となったなら、それまで・・・・・

秋季レースの200Kまで飛んでいる選手鳩達でさえこの有様ですから、遅生まれの未経験鳩では、ブッ飛んでしまって帰還しないのは当然です。


(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、小粒飼料1割


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

昨日より距離を伸ばした、訓練近場10K程度の距離からです。
参加羽数は、7羽でした。後の遅生まれは鳩舎内で待機です。

餌の量・・・・羽数×12g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢

今日の訓練では、まっすぐすんなり帰還したのは、3羽残り4羽は???どこに行ってしまったのでしょう( ̄▽ ̄)

これから、鳩舎に行って給餌をする際に確認しますが、参りましたねぇ〜〜(>_<)

遅生まれ鳩が鳩舎内にいるので、餌の喰い込ませ等は、たとえ1羽の参加しかできないことになっても問題はないのですが、気合の入り方が全然違ってきますからねぇ〜〜( ̄▽ ̄)

めげずに頑張るしかありません。
2/2
(日曜日)

宮城北部連盟の秋季レース表彰式でした。

朝、外に出てみると辺り一面銀世界(?≧?≦)てへぺろ

雨の予報が雪(>_<)・・・・大崎市までの道中こりゃ〜〜大変だと思っていたなら、途中から雨に変わり、3時間かけて会場へ

久しぶりに会う鳩仲間たちと楽しい時間を過ごしてきました。

どこも、猛禽の被害が多く、参加端数は激減するとの事で、春季レースも厳しいレース展開が予想されます。

(種鳩)


餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、小粒飼料1割


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

この日は訓練お休みです。

餌の量・・・・羽数×12g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢


各連合会春季レースに向けて訓練が開始されているようでした。

しかし、帰還率は、近場からでも悪いようで、皆さん悲鳴を上げているようでした(>_<)

寒さが厳しいこの時期は、猛禽も餌がないので、上空を飛んでいる鳩が格好の獲物なのでしょう。

帰りの道中は、しっかりと爆睡してきて家についた21:00から再び布団にて爆睡でした。

2/1
(土曜日)

この日は、静岡県浜松市から来ていただいたボランティア団体の方々と一緒に、リアスホールにて朝9時から夜21:00までバリアフリーコンサートがあり、我がクレヨンも参加してきました。

大正琴からハーモニカ、ロックバンド、書道ガールズ、色々な団体が持ち時間30分内で演奏を披露しました。

途中、仕事の為に抜けたりもしましたが、結構ハードな一日となりました。

(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、小粒飼料1割


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

昨日と同じ、訓練近場5K程度の距離からです。
参加羽数は、8羽でした。後の遅生まれは鳩舎内で待機です。

餌の量・・・・羽数×12g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢


訓練に持っていくたびに、参加する鳩の数が減っていきます。

鳩舎まで帰ってきてから待ち構えている猛禽に襲撃されるのだから、たまったものではありません。

さすがに、今日の給餌の際には餌の喰いが悪く・・・・・ストレスからなのでしょう(>_<)

明日は予報が
なので、訓練はお休みです。

1/31
(金曜日)


今朝、家の外に出てみると、猛吹雪(>_<)

ありゃ?(´Д` )これじゃ訓練はできないと思い、月末の仕事をやってから鳩の管理を行い、市場へ・・・・・・

そのうちに、晴れ間が見えてきたものの、我が家のある方向の山を見てみると、白く雪が降っている感じだったので、訓練は中止しました。

昨日帰還しない鳩は、4羽??か?3羽??

今日の午後、怪我をして1羽帰還したものの、他の鳩の帰還はありませんでした。

(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、小粒飼料1割


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

この日は訓練お休みです。

餌の量・・・・羽数×12g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢

※孵化予定日3日前からの飲水器

毎朝、面倒でも飲水器には、熱いドクダミ茶を煎じて与えます。東北の冬は寒く早い時期からの作出ですから、冷たい水は禁物です!!
更に、過飲水の予防にもなり、巣皿周りの糞は、いつもコロコロ状態となります。

かなり重傷を負っての帰還です。水を飲んでも、傷を負った箇所から水が滴り落ちています。

餌も食べに降りてきませんが、鳩は傷には強いので、死ぬことはないと思いますが、レース鳩としては使用できない状態です。

それにしても、猛禽類も生きていくために必死なのでしょう(>_<)


孵化予定日の3日前より、飲水器を大型のものから、小型のものに取り替えます。

1/30
(木曜日)

今朝は冷え込みが厳しかったものの、日中は12℃まで気温が上昇したので、鳩の管理もしやすかった一日となりました(^O^)

しかし、ちょいと距離を伸ばした訓練では、11羽参加して9分で6羽が帰還!!すんなり入舎してくれたのですが、残り5羽が帰還しません(>_<)

夕方暗くなる寸前に、数羽が帰還したようですが、GNレースに向けて一番期待していた鳩が夕方の給餌するまで帰ってきませんでした。

これには、ガクッときました。



(種鳩)


餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、小粒飼料1割


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

昨日と同じ、訓練近場5K程度の距離からです。
参加羽数は、1羽減り、11羽でした。後の遅生まれは鳩舎内で待機です。

餌の量・・・・羽数×12g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢


種鳩鳩舎の巣箱の検卵は、完璧(?≧?≦)てへぺろ

順調に抱卵しています。

孵化予定は、2/10前後ですから、今日から種鳩には、小粒飼料を1割程混ぜて与えます。

孵化予定日3日前からは、小粒飼料5割まで増量していきます。

こうする事によって、ピジョンミルクの栄養価も更にアップしていきます。

1/29
(水曜日)

今朝の給餌は、従兄弟のタァーが担当(^O^)
しっかりと給餌をしてくれていたようです。
なので、今夜は我が家にて軽く一杯です。

1日鳩を観ないだけでも、禁断症状です。

鳩舎掃除を行ってから給餌して鳩を眺めている時間は、一番楽しい時間です。

明日は、近場訓練に平山師匠がもって行ってくれます。


(種鳩)


餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割、


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

この日は訓練お休みです。

餌の量・・・・羽数×12g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢

暗くなってから、数カ所の卵を検卵してみましたが、白く白濁色に変化していましたから、殆どの巣箱も大丈夫でしょう。

明日時間のあるときに、一箇所づつすべての巣箱を検卵します。

1/28
(火曜日)

朝は、3時半に起床して、2階の旧車を掃除したあとに、収容羽数の一番多い部屋の鳩舎掃除を行いました。

ここには、私が作出した種鳩が100羽を収容しています。

2013年作出の鳩が多く収容してある箇所で、分譲はこの部屋から全国へ・・・・


昨夜は大船渡を離れていた為に更新はできませんでした。

夕方の給餌は、いとこのタァーに頼んでやってもらいました。

(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割、


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

この日は訓練お休みです。

餌の量・・・・羽数×12g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢


近場の訓練ですから、毎日行っても構わないのですが、猛禽に追われて夕方しか帰還しない鳩のために、今日と明日は休ませることにしました。

1日2回の給餌が基本ですから、朝に帰還しないと、夕方の給餌でしか食べていないわけで遅く帰還した鳩は徐々にバテてしまいます。

その為に、2日間訓練をお休みさせます。

真っ直ぐ帰還しても鳩舎に来てから猛禽が待機していて襲われるのですから、鳩もたまったものではありません。
1/27
(月曜日)

今朝の、大船渡は氷点下4°と、昨日とうって変わってグッと冷え込みました(>_<)

鳩舎へ明かりをつけて4時30分より鳩のい管理を開始・・・・

1階の100羽収容してある自鳩舎の種鳩部屋を掃除!!ソフトシリカを敷いたおかげで、毎日忙しい思いをしながらの掃除から解放されたので、鳩をじっくり観察できる時間が増えました。

選手鳩は、今日も平山師匠が近場からの訓練を行ってくれました。

放鳩してから4分で鳩の姿は見えたのですが、いかり肩の主翼をした猛禽に襲撃され鳩は一目散に何処かへ飛び去っていきました。

それでも、夕方までに帰還していたようです(^O^)

(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割、


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

昨日と同じ、訓練近場3K程度の距離からです。
参加羽数は、1羽減り、11羽でした。後の遅生まれは鳩舎内で待機です。

餌の量・・・・羽数×12g

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢



まだ近場からの訓練なので、餌の量は増やしません。

鳩舎に入っていくと餌をねだるようにバタバタするほどガッツいている状態です。

平山師匠には、これだけ鳩を虐める鳩舎はないと怒られますが、無舎外管理でレースに勝とうと思うならば非情になる時も必要だと考えています。

舎外ができれば、羽数×15g〜17g食べさせます(^O^)


1/26
(日曜日)

今朝は日曜日だったので、ゆっくりと7時に起床して、コーヒーを飲んで一服してから、鳩舎掃除と給餌を行いました。

掃除をしている途中に、平山師匠より電話があり、我が鳩舎の鳩を近場から訓練してやるから・・・・・との有難いお言葉(?≧?≦)てへぺろ

早速、鳩の管理が終わってから、バスケットに鳩を詰めて平山師匠宅へ

「10時10分に放鳩するから、帰還状況を確認していろ」との事だったので、放鳩してから待つこと6分にて3羽の鳩を上空にて確認!!直ぐに更に3羽確認!!続いて5羽帰還して上空を飛び回っていたなら、オオタカが2羽で襲撃してきました。

しばし、逃げ回っていましたが、1羽残して10羽は鳩舎内に入り難を逃れました。
(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割、


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)

急遽!!訓練近場3K程度の距離からです。
参加羽数12羽でした。後の遅生まれは鳩舎内で待機です。

放鳩されてから、ここまですんなり帰還するのですが、鳩舎上空にて猛禽が襲ってきますから、鳩達も大変です。

11月中旬から初めての飛行となります。


無舎外期間が長くても、給餌の際の餌の量と暖房にて不使用萎縮が起きていない鳩の筋肉なので、猛禽に襲われても逃げきれる能力はあります。
1/25
(土曜日)

今夜は、大船渡青果市場と買参人との合同新年会があり、更新できませんでした(?≧?≦)てへぺろ

種鳩は、各巣箱で抱卵中です(^O^)




(種鳩)


餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割、


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
餌の量・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・大麦4割、配合6割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

選手鳩鳩舎内は、オイルヒーターにて暖房を点けています。

愛鳩の友誌冬号に連載している「俺流・道下千尋の作出と競翔」に交配理論が掲載されていますので、参考にしてください。

徐々に交配技術というのは向上していきますので、一挙に完璧にしようとは思わずに、少しづつレベルアップしていってください。

1/25
(金曜日)

今日は、気温が7℃まで上昇したので、鳩舎の窓を全開にして、たっぷりと日光浴をさせました。

大船渡鳩会に3人の新人が入りそうです(*゚▽゚*)秋からレースに参加したい方は、我が女房の親戚なので、ヒナ鳩を私の所で10羽、鳩仲間たちに頼んで、全部で50羽作出して飛ばしてもらうことにしました。

止めていく方たちが多い中で、貴重な新人ですからね(?≧?≦)てへぺろ
(種鳩)
餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割、


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
餌の量・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・大麦4割、配合6割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

選手鳩鳩舎内は、オイルヒーターにて暖房を点けています。

東北に春が来るのは、3月末です。

それまでは、寒さに耐えてジッと暖かくなるのを待ちます。

春季レースが開始される3月上旬でも雪が降るのが普通ですから、春季レースに参加させる鳩も大変です。

無舎外管理の鳩達が、どこまで活躍してくれるのか?とっても楽しみです。
1/23
(木曜日)

抱卵が始まると、飼育者は暫く餌を与えて、水をやるだけでOKです。

抱卵しているところを覗きたい衝動に駆られますが、そこは我慢「!!

神経質な鳩は、抱卵ををストップしてしまいます。

そうなると、孵化したヒナの巣立ち時期がずれてしまい、管理が面倒になります。

くれぐれも抱卵一週間まで我慢です。

(種鳩)
餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割、


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
餌の量・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・大麦4割、配合6割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

選手鳩鳩舎内は、オイルヒーターにて暖房を点けています。

今週末には、いったん寒さが緩むという予報が出されていますから、その時には、鳩も少しリラックスできるでしょうね(^O^)

天気が良くても、悪くても種鳩も選手鳩も水浴びをさせてリフレッシュさせます。

1/22
(水曜日)

昨日は、大船渡ユニセフ協会の、新年交賀会があり、♪歌を頼まれて唄ってきました(?≧?≦)てへぺろ

アンコールで盛り上がり、お捻りを頂き、出演料も頂戴しました。

そんなわけで、更新作業はできませんでした。


鳩舎内は、産卵ラッシュ!!

(種鳩)
餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割、


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
餌の量・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・大麦4割、配合6割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

選手鳩鳩舎内は、オイルヒーターにて暖房を点けています。

抱卵1週間で、検卵をします。

一週間経過していると白濁色になっているので、有精卵、無精卵が一目で判断できます。

4日目でも検卵できますが、血管が細く脆いので、慣れないと血管を分断する恐れがあるので、1週間前後がよいでしょう(*゚▽゚*)

1/21
(火曜日)

そろそろ、春季レースに向けて、訓練を行わなければならない時期が来ています。

平山師匠は、もう10回程訓練をしている様です。しかしながら、私のところは鳩舎に戻ってきた際に、猛禽に襲われるので、まだもう少し我慢です。

選手鳩鳩舎内には、50羽の鳩がいますが、春季レースに参加させる予定の鳩は、2013年秋季レースに参加させた鳩だけです。

遅生まれは、鳩舎内に勢いがなくなるのを避けるために、参加させません。

(種鳩)
餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割、


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
餌の量・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・大麦4割、配合6割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

選手鳩鳩舎内は、オイルヒーターにて暖房を点けています。
鳩舎内に鳩が少なくなってしまうと、餌の喰いこませも上手くできなくなりますし、鳩舎内に勢いがなくなってしまします。

3月になれば舎外をしながら調整できるようになりますから、それまで遅生まれの鳩も選手鳩も飛ばしません。

訓練主体の調整でレースに参加させていきます。

近場訓練(5K程度の距離)を2/1から3回程行って20Kの連合会訓練に参加させます。
1/20
(月曜日)

55回目の誕生日だったので、いつもの仲間達に祝ってもらい、いろは寿司にてヘベレケになるまで飲んできました。

配合したペアの産卵ラッシュが始まりました(^O^)

2階は、行っ箇所除きすべて産卵しています。
1階は、産卵している箇所と、していない箇所がまだあるようですが、ここ数日で産むでしょう。

(種鳩)
餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割、


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
餌の量・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・大麦4割、配合6割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

選手鳩鳩舎内は、オイルヒーターにて暖房を点けています。

産卵ラッシュが始まったなら、小粒飼料は与えません。
次に小粒飼料を与えるようになるのは、孵化予定日の3日前あたりからです。

日中、太陽の出ているときには、窓は開けてあげます。日光浴は、とても大切です。風が強い時、曇り空の時には、窓を締め切ります。
1/19
(日曜

黒系鳩の成鳩の画像と白系鳩
の撮影しましたので、アップします。


腹の
部分に
注目!

背中に
注目
(種鳩)
餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、
小粒飼料1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
餌の量・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・大麦4割、配合6割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

選手鳩鳩舎内は、オイルヒーターにて暖房を点けています。
背中と、爪に注目してく
ださい。(^O^)

黒系×白系=中間色系鳩

羽色は、B×BCが基本です。

我が家の道下白雪南部系は、
羽色Gが多いのですが、
羽色Gにも、Bの要素を有した
羽色GとBCの要素を有した羽色G
がいて、それぞれに、黒系鳩、
白系鳩とがいます。

1/18
(土曜日)


今日はこれから、ニュー三陸連合会の表彰式と新年会があり、幹事長なので今から出発します。

昨夜は、大いに盛り上がりました
(?≧?≦)てへぺろ

大きな鍋に、おでん、毛かにのホイル焼き、エビの塩焼き、ホタテ焼きに、
おにぎりとお酒で、会費は3000円です。

表彰式もかねての
新年会ですから、
連合会25名中18名
が参加でした(^O^)
和気藹々
楽しい夜でした
(^O^)

(種鳩)
餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、
小粒飼料1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
餌の量・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・大麦4割、配合6割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

選手鳩鳩舎内は、オイルヒーターにて暖房を点けています。
2014年期待の配合から約1週間が過ぎました。

早い箇所は、産卵していますが、おそらく無性卵でしょうね(>_<)

検卵してから、どうするかを考えます。

巣箱の位置も殆どが覚えてくれましたので、本格的産卵ラッシュを待つばかりです。


1/17

(金曜日)

愛鳩の友誌、レース鳩誌等に掲載されている成績の良い鳩を観察してみると、中間色の鳩、黒系に近い中間色の鳩が活躍しているのがよくわかります。

刺し毛のある鳩は中間色系の鳩とですし、刺し毛がなくても背中が(尾羽付近)が2色に分かれている鳩は中間色系鳩です。

昨今の鳩の撮影の仕方は、背中の色が見えない様に撮影するものが多く、見分けがつきにくい撮影の仕方です。これは、ベルギー、オランダといった鳩の先進国を真似ているのでしょうが、鳩の研究する者にとっては、最悪な撮影の仕方といってもよいでしょう。

昔の鳩の撮影の仕方は、しっかりと背中の色まで分かる撮り方でした。
それ故に、鳩を真横から撮る現在の撮影の仕方は、とても残念なことです。
                             
(種鳩)
餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、
小粒飼料1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
餌の量・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・大麦4割、配合6割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

選手鳩鳩舎内は、オイルヒーターにて暖房を点けています。
基本的に、刺し毛が混入している鳩は、種鳩にしない方が良いのですが、血統的、ナイスボディー、鳩の体色の色が黒系に近いか?白系に近いか?で刺し毛のある鳩でも種鳩に使用する場合もあります。

私も刺し毛のある鳩が好きなのですが、、体色の特徴がはっきりと現れていない鳩は、種鳩にしていません。

中間色系鳩×中間色系鳩=中途半端な正積しか残さない鳩が作出されてきますので、注意が必要です。
1/16

(木曜日)

今日は、鳩の体色について、さらっと書きたいと思います。

愛鳩の友誌が1/20に発売されますが、「俺流、道下千尋の作出と競翔」の中でも書いてあります。

鳩の色には、黒系鳩、黒系に近い中間色鳩、中間色鳩、白系に近い中間色鳩、白系鳩と、
5色あります。

交配の基本としては、黒系×白系=中間色鳩
が基本です。

しかしながら、純の黒系鳩、純の白系鳩というのは、中々存在しないのが現実です。

そこで、極力!!黒系に近い中間色鳩×白系に近い中間色鳩の交配が多くなってきます。

この交配から作出された鳩は、レースで活躍する確率が断然アップします。

鳩のレースは、確率が重視されます。
(種鳩)
餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、
小粒飼料1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
餌の量・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・大麦4割、配合6割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

選手鳩鳩舎内は、オイルヒーターにて暖房を点けています。
血統の良い鳩どうしを交配しても、
中々活躍しないというのは、正に
交配法が間違っているからです。

どんなに活躍した鳩の仔であっても
、黒系×白系=中間色理論からかけ離れた交配をしていては、活躍する鳩を作出することは出来ません。

偶然!!作出されたにしても後に続かない(チヤンピオンの仔が活躍しない)ということが起きてきます。

この交配理論を、研究して鳩を作出する様になると、が全成績がアップしますし、無記録にて種鳩を作出する際にも有効な手段です。

では、黒系鳩とは?白系鳩とは?
ということになってきます。
1/15

(水曜日)

今朝は、ソフトシリカを敷き詰めた1階種鳩鳩舎を、防塵マスクをして清掃しました。

防塵マスクをしていても、マスクを外すと鼻の周り、唇には白い粉がびっしりと付いてきます。

マスクをしないで掃除をしたなら、肺は間違いなくいかれるでしょう(*_*)

その後青果市場へ行ってから、新しい取引先への魚類、食品の仕入れ、してから納品して、そのまま釜石市まで動物取扱業者が年に一度受講する責任者研修へ・・・・


改正された動物愛護管理法についての説明でした。


(種鳩)
餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、
小粒飼料1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
餌の量・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・大麦4割、配合6割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

選手鳩鳩舎内は、オイルヒーターにて暖房を点けています。

朝からバタバタとして、さっぱり鳩舎に入ることはできませんでした(*_*)

夕方、5時チョイ過ぎに帰宅して給餌してから、明日の配達のにぞろえ作業をしたので、もうヘトヘトです(?≧?≦)てへぺろ

明日も4時には起きて、鳩の管理をしてから、残った荷揃え作業をやります。

今夜は、早めに就寝予定ですが、従兄弟が来るというので、9時までは頑張って起きています。
1/14

(火曜日)

2階の種鳩ペアは、8割ほどは完璧に巣箱位置を覚えてくれました。

しかし新規導入したオス種鳩が、おとなしすぎるのか?なかなか難儀しています。

更に、今年は、ゲージ部屋の種鳩も総入れ替えしたので、ここもまた時間がかかりそうな感じです(*_*)

閉じ込めている箇所には、付け餌をして与えています。巣箱も同様に覚えの遅い箇所は、付け餌と小さい飲水器を入れて給餌します。

(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、
小粒飼料1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
餌の量・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・大麦4割、配合6割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

選手鳩鳩舎内は、オイルヒーターにて暖房を点けています。


毎年の事とはいえ、この時期は神経を使います。

次代を担うレース鳩を作出するためですから、ここで気を緩めてはいけません。産卵までが第一回目の勝負どころです。

この部屋は、2番仔
までで作出終了予定
です。
w1/13

(月曜日)

今朝も四時から鳩舎へ入り、昨日交配したペアのチェックを行いました。

♂種鳩か?♀種鳩なのか?
若鳩の発情はどうしても弱いので、
あれ??・・・・というペアも数箇所あります。

特に、ゲージを開放するまでの間は、
慣れないせいもあるのでしょう。

♂種鳩の発情がゲージでは、弱い傾向があります。


(種鳩)

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、
小粒飼料1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
餌の量・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・大麦4割、配合6割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

選手鳩鳩舎内は、オイルヒーターにて暖房を点けています。

種鳩が多くいるので、2014年作出に使用しない余った種鳩は、2階の選手鳩鳩舎半分と、巣立ち室に分けて飼育することにしました。

♂種鳩が約40羽、♀種鳩が30羽、その他に我が鳩舎の種鳩が♂、♀合わせて100羽残っています。

1/12
(日曜日)

2014年若鳩作出に向けての配合を行いました。

朝、6時から鳩舎掃除を開始して、ペアリング作業まで朝ごはんを食べた時を挟んで12時間鳩舎に入りっぱなしの一日でした(^_-)-☆

なんと言っても、72ペアによる作出ですから、時間もかかります"^_^"

2週間かけてコンディションをアップさせていたので、どのペアもすんなりと、仲良くなり一安心です。

(種鳩)
餌の量・・・・・羽数×17gを1日
                 2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、
        
小粒飼料
             1割


飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
餌の量・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・大麦4割、配合6割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

選手鳩鳩舎内は、オイルヒーターにて暖房を点けています。




普段は、各部屋に60羽収容しているので、ペアリングした後の種鳩部屋はすっきりして気分は最高です。

明日からは、巣箱位置の覚えさせを開始します。新規導入した種鳩のオス以外は、前年と同じ巣箱を使用しますから、割合すんなりと覚えてくれます
(^_-)-☆
1/11
(土曜日)


今朝は、4時に起床して、鳩舎掃除と配合前の最後の清掃とウィルス除去の為にキッチンハイターを各巣箱に噴霧しました。



(種鳩)
餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、
        
小粒飼料1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

(選手鳩)
餌の量・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・大麦4割、配合6割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

選手鳩鳩舎内は、オイルヒーターにて暖房を点けています。


冷え込みは昨日に続いて厳しく、窓を締め切っていたにもかかわらず、1階の飲水器の水は、薄氷が張っていました。

全室の飲水器を摂氏75℃のお湯に切り替えて飲ませました。

冬は温かいお湯を飲ませることで、鳩のコンディションは、良い状態を保つことができます。

鳩の飼育の基本は、冬は暖かく、夏は涼しくです。
1/10
(金曜日)

今朝は、仕事の関係で鳩舎掃除はできなかったものの、種鳩のメスは、餌の喰いが止まりました。

明後日の配合日には、バッチリとペアになる体制は整いました。

餌箱を見てみると、昨晩与えた餌が残っていました。
餌の喰いはストップです。
餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、
        
小粒飼料1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

昨夜からの冷え込みで、今朝の大船渡は氷点下5°でした(*_*)

さらっと道路に雪が残っていましたが、日中は溶けてなくなりました。

今日は一日中窓はシャットアウトでした。
1/9
(木曜日

花巻温泉紅葉館にて、お祭り広場で演奏、踊り等のボランティアを行っている方達の新年会が開催され、我等クレヨンも参加してきました。

獅子踊り、ハーモニカ、オカリナ、民謡、三味線、etcです。

それぞれの団体が、この日はお披露目する時間もあり、クレヨンも2曲歌わせていただきました。


お昼頃に、家に到着してからの給餌となりました。

餌の量・・・・・羽数×17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、
        
小粒飼料1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水
明日の朝からは、今年一番の寒気団が東北地方に襲来する予報が出されています。

午後3時頃より、窓をシャットアウトして鳩舎内をポカポカと温かくしておきました。

1/8
(水曜日)

この日は午後から花巻迄行かなければならない用があり、朝の2時半に起床して仕事を開始、市場がお休みでだったので、鳩舎管理は6時からの開始でした。

ソフトシリカを敷いてある部屋2部屋の糞を篩いにかけて、綺麗にしました。

種鳩は、この日より、小粒飼料を1割ほど混ぜ、更に与える餌の量も羽数×17g迄増量させました。


餌の量・・・・・羽数×
17gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料9割、
        
小粒飼料1割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

水浴・・・・毎週水曜日は選手鳩、種鳩共に水浴させます。

鳩は、食欲、育雛本能(帰巣本能)、性欲で生きています。

鳩舎内がポカポカしていて、餌を多く与えていけば発情が強くなっていきます。


1/7
(火曜日

東日本大震災以降、仕事、ボランティア活動等が忙しく、朝の管理も4時〜5時に起きて管理をしているのですが、仕事柄、青果市場へ以前より早く行かなければならなくなり時間が足りません(>_<)

そこで、鳩仲間より教えて頂いた
ソフトシリカを床に敷き詰めました。


餌の量・・・・・羽数×15gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水


ソフトシリカ
は、家畜用の餌です。畜産農家が数多くいる農協で販売してくれます。

価格等は、各農協により多少の差はあるみたいですが、20Kg1700円程度です。
一坪に1袋使用でOKです。
1/6
(月曜日)

(選手鳩)
画像をクリックすると、選手鳩の給餌量、内容がわかります。
選手鳩は、基本的に秋季レースが終了してからは無舎外です。

日中は太陽を浴びさせるために、窓を開放!!夜はシャットアウト

餌の量・・・・・羽数×15gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

レースに参加させる時と同様に、餌を徐々に喰い込ませていき種鳩のコンディションをアップさせていきます。

決めてある配合日に、いとも簡単にペアにさせる事ができます(*^_^*)
1/5
(日曜日)

(種鳩)

この日から、日中晴れている日も、曇っている日も、窓は完全シャットアウト!!もちろん夜もです。

日中、鳩舎内はポカポカしています。温かいと鳩の発情は強くなります。

更にこの日から餌の量を増量します。
餌の量・・・・・羽数×15gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水
自然界において、レース鳩のように配合飼料などというものは与えられておりません。

しかし、私達が飼育している鳩はかなり栄養価の高い餌を給餌されているので、発情させるのは割合簡単です。
1/4
(土曜日)

(種鳩)

お正月休みといっても、仕事柄配達はありますから、空いている時間に鳩の状態をチェックします。

一羽、一羽つかみながらチェックするのではなく、羽毛を逆立てている鳩や、呼吸器を壊している鳩などを観察しておく事が大切です。

餌の量・・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水
健康な種鳩からしか、優秀なレース鳩は作出されませんので、状態が悪い鳩は種鳩に使用しないことが大切です。

血統書を重視するのではなく、あくまで鳩重視です。
1/3
(金曜日)
(種鳩)
朝の気温が低く、日中鳩舎に太陽が当たる時間までは、鳩舎の窓は締め切っていましたが、その後開放して太陽光線を鳩舎内へ・・・・・


餌の量・・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水

通常3リットルの飲水器を使用しています。

この配合数日前からは、水を交換する際には、75度〜100度のお湯を飲ませる様にすると発情を強く促すことができます。
1/2
(木曜日) 
(種鳩)
この日は、大船渡には珍しく10cmの積雪があり、太陽が顔を出さなかったので、鳩舎内の窓は完全シャットアウトです。
夜もそのまま、窓を締切状態でした。

餌の量・・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水
巣箱の清掃、消毒も行います。

キッチンハイターで消毒を行うとウィルス除去が完璧になります。

一度に全部の巣箱掃除は大変なので、一日人部屋と決めてやる様にすると良いでしょう。
2014年
1/1
(水曜日)

(種鳩)

1月12日(日曜日)の2014年配合日に向けて、種鳩の状態を徐々にアップさせていくことにする。

これまで、大麦4割、配合6割だった餌の配合割合を変化させ、配合飼料10割を与える。

この時点では餌の量は変えません。

餌の量・・・・・羽数×12gを1日2回

餌の内容・・・・配合飼料10割

飲水器・・・・玄米黒酢入り飲水
11月中旬から、鳩舎内の全鳩に、約一ヶ月かけて投薬は済ませておくと良いでしょう。

更に、鳩舎消毒も同様です。