5月3日
(木曜日)

朝、5:00から若鳩の馴致舎外開始です。7:00に出舎口を閉めるまでは自由に遊ばせておきます。

元気に飛ぶ鳩、屋根で遊んでいる鳩、トラップ付近で鳩舎に出たり入ったりしている鳩と色々ですが、暫くはこの舎外を続けます。

飛んでいる鳩は、まとまって飛ぶようになってきました。

舎外・・・・朝だけ馴致舎外!

朝の餌・・・羽数×14gの量を与えました。

餌の内容・・・・配合80%、大麦20%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・朝と同様の量と内容です。

朝、舎外後に在舎数を調べて給餌しますが、遊んで鳩舎に戻らない鳩も居ます。そんな鳩達も夕方までには帰還しているようです。

4月23日に61羽の若鳩を選手鳩舎に移動させ、今日現在の失踪鳩数7羽です。
ちょっと多いような気がしますが・・・・・・仕方ありません^_^;自分の鳩舎にあわない鳩だったのだと諦めることにしています。
2日〜5日間で帰ってくる鳩もいますからね(*^。^*)

5月2日
(水曜日)

明日から大船渡は5年祭です。今日の低気圧が通過する明日は快晴の予報です。

弘子さんの実家は大船渡町内なので、朝から威張って飲めるお祭りは大歓迎!!!です。

鳩の馴致はお休みです。
舎外・・・・ストップ!!

朝の餌・・・羽数×14gの量を与えました。

餌の内容・・・・配合80%、大麦20%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・朝と同様の量と内容です。

2006年生まれのレースに参加していない鳩達を鳩舎を仕切って配合させました。巣箱を覚えて産卵してから若鳩達と一緒にさせます。

オス鳩が少なくてメスが余っていますが、余ったメス鳩は若鳩部屋に混ぜて馴致舎外に付き合ってもらいます。

5月1日
(火曜日)

若鳩の馴致をさせてから今日で一週間が過ぎました。その間、3回の馴致ですが、ぶっ飛びいなくなった鳩も数羽いる模様です。

一羽、一羽夕方には数えますが、どの鳩が居なくなったのかまでは確認しません。この時期は特に鳩を掴まえるという作業はストレスがかかるのでしないように心がけています。



舎外・・・・朝と夕方若鳩を馴致させました。


朝の餌・・・羽数×14gの量を与えました。

餌の内容・・・・配合80%、大麦20%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・朝と同様の量と内容です。

鳩舎の周りに若鳩を確認できるようであれば、失踪はしないのですが、最初の頃は一羽、一羽がバラバラに飛んでいますから、遠くへ飛びすぎてしまうと帰ってこれなくなる鳩も出てきます。

自分の馴致方にあわない鳩は失踪していきます。この失踪する鳩は近くの鳩舎に入るという事は殆どありません。

相当遠くまで飛んでいって失踪します。
4月30日
(月曜日)


夕方16:00に秋田の千秋公園の桜見物&男鹿半島の旅から帰ってきました。たった一日、鳩の顔を見ないだけで鳩!!鳩!!鳩!!が気になって・・・・^_^;

3番弟子の秀が掃除もしてくれていましたから、(*^。^*)楽でしたぁ〜〜〜(*^。^*)感謝!!感謝!!です。

舎外・・・・夕方から若鳩を馴致させました。


朝の餌・・・羽数×14gの量を与えました。

餌の内容・・・・配合80%、大麦20%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・朝と同様の量と内容です。

36坪の鳩舎を掃除をすると急いでやっても1時間はかかります。

なれない秀がやったのですから2時間はかかったと思います。「ありがとう!!」秀です。

4月29日
(日曜日)

秋田の千秋公園の夜桜と屋台を観に出かけてます。

一泊二日なので、3番弟子が餌を与えてくれます。

舎外・・・・ストップ!!

朝の餌・・・羽数×14gの量を与えました。

餌の内容・・・・配合80%、大麦20%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・朝と同様の量と内容です。

鳩を飼育していると中々一泊で出かけるのにも大変です^_^;

餌を与えてくれる仲間がいることに感謝です(*^。^*)
4月28日
(土曜日)


GNレース放鳩から3日目の朝!!今日の午前中に帰ってこないと帰還する確立はかなり低くなってきます。近くまで来ているなら雨でも帰還するでしょう(^^♪

平山師匠のところもまだ諦めていないようでした。

舎外・・・・ストップ!!

朝の餌・・・羽数×14gの量を与えました。

餌の内容・・・・配合80%、大麦20%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・朝と同様の量と内容です。

平山師匠との反省ですが、やはりGNレースには一羽ではなく、長距離適正のある鳩を5羽〜7羽を参加できるように、鳩作りをしていかなければ駄目であり、また、帰還率の悪いレースでも確実に鳩を返す使用方と調整を研究し直さなければならないと言う結論に達しました。

また来年に向けて頑張りましょう。
4月27日
(金曜日)


昨夜、夜中に降った雨が強風を呼び込み夕方まで物凄い風が吹いていました。

市場での仕入れが終了し、鳩舎へ行って見ましたが、帰還鳩なし^_^;

10:30まで給餌をしたり掃除をしたりしながら待っていましたが、配達に出発!!12:50に再び鳩舎へ戻りましたが、帰還なし^_^;

配達途中で水沢のサットからTELがあり、今野先生(アテルイさん)のところで11:00過ぎに帰還したとの連絡!!「すげぇ〜〜〜〜」もしや・・・・・我が鳩舎でも・・・・・と思ったのですが・・・・・やはり夕方まで帰還することはなく^_^;^_^;^_^;^_^;でした。

5:50にボンボンよりTELあり!!サットのところでも14:00過ぎに帰還していたとの事「すげぇ〜〜〜〜〜」

結局、宮城北部連盟では1羽の鳩も帰還しませんでした。岩手連盟では
今野先生(アテルイ)さんとサットの2鳩舎でだけの帰還だと思います。


舎外・・・・ストップ!!

朝の餌・・・羽数×14gの量を与えました。

餌の内容・・・・配合80%、大麦20%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・朝と同様の量と内容です。

同時に放鳩したニュー宮城連盟では50羽「近い鳩が帰還している模様です。

帰還地へ向かっている鳩は午後まで帰還しているようなので、明日の朝に期待します。

気持ちが切れては鳩レースは負けです。明日の帰還を信じて今夜は早めに就寝します。

帰って来い!!05OA16117♂B^_^;^_^;(*^。^*)です。


4月26日
(木曜日)


高知県四万十市(中村)からのGNレースは6:20に放鳩されました。

西風が帰還地まで吹いている展開なので、明日はきっと帰還してくれるでしょう(^^♪

今夜は「ボンボンがきますからラァ〜〜ラァ〜〜ラァ〜〜になり、明朝興奮して夜中にお目目パッチリしない曜日前祝をしてきます。


舎外・・・・ストップ!!

朝の餌・・・羽数×14gの量を与えました。

餌の内容・・・・配合80%、大麦20%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・朝と同様の量と内容です。

巣立ちしていくヒナ鳩のチェック!!を怠ることなく一羽、一羽特徴と球体をチェックしておきました。

肉の柔らかさ、胸の厚さ、下まわり、手持ち、バランス等を巣立ち時にチェックしておくとレースに参加する段階や、種鳩におろす場合に良いデータとなります。

4月25日
(水曜日)


昨日の舎外で入舎しなかった鳩が3羽^_^;雨の中、裏の家の屋根に止まっていました。今日は夕方まで雨が降り続き舎外はしていませんでしたが、雨が弱くなってきた頃より成鳩を舎外!!

それにつられて裏の家の屋根に止まっていた鳩3羽も混ざり無事に暗くなるまでには入舎(^^♪「よかったぁ〜〜〜」

いよいよ明日は高知県四万十市からの1100Kレースの放鳩日です。天気は全国的に
です。放鳩地の風は西風が吹くようなので、海に出される展開になれば、05OA16117 ♂ Bもきっと帰還してくれるでしょう。

明日はボンボンが委託鳩を持ちながら大船渡に来ますから明後日明朝から午前中はジッと鳩を待つことにします。

舎外・・・・朝は舎外ストップ!!夕方は成鳩だけ舎外。

朝の餌・・・羽数×14gの量を与えました。

餌の内容・・・・配合80%、大麦20%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・朝と同様の量と内容です。

         

緊張と興奮が交差するGNレース前の今日でした。平山師匠から呼び出しのTELがあり午前中は鳩談義^_^;

配達に出発したのが12:00丁度で焦りました〜〜〜^_^;

午後4:00には鳩の弟子がお勉強に来ましたから、2時間鳩談義(^^♪一日中鳩のことをして終了したような日でしたぁ〜〜。

明日はちょっと仕事が大変ですが頑張ります。
4月24日
(火曜日)


若鳩舎外開始

出舎口を半分、入舎口を開けて、外に出たがっている鳩だけ勝手に遊ばせて見ました。さすがに主翼が3枚目前後落ちている鳩だけに、カラス被害心配ないくらい上手に飛んでいました。

午後になり4:00頃より朝と同じように出たい鳩だけが出れるようにして遊ばせておきました。


舎外・・・・遊ばせながらの鳩なり舎外

朝の餌・・・羽数×14gの量を与えました。

餌の内容・・・・配合80%、大麦20%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・朝と同様の量と内容です。

やはり主翼が2枚以上抜けている鳩の舎外は安心て見ていられます。

杉山に入っていったり、枯れた木の天辺に止まったりしていますが、鳩舎の位置は把握しているようです。

徐々に焦らずにゆっくりと馴致をさせていきます。

4月23日
(月曜日)


鳩なり舎外で5:30に出舎!!その後で入り口は開け放した状態で遊ばせて7:00に出舎口を閉めて入舎させて8:30に給餌。

給餌終了後にGNレースに参加する鳩だけに丸秘を与えて終了です。

午後1:00に鳩を籠につめて持ちより会場へ・・・・・・・

気仙沼まで1時間車で運び、それから宮城県の岩沼まで担当者が鳩を運んでくれました。



舎外・・・・鳩なり舎外

朝の餌・・・配合飼料を先に食べさせた後にダイエットミックスを与えました。
羽数×20gを計量しましたが、ダイエットミックスは少量食べてストップ状態です。

餌の内容・・・・配合70%、ダイエットミックス30%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・GNレースに持ち寄ったので、今日の夕方からは再び租飼料に切り替えて餌の喰いをガツガツ状態に戻します。


気仙沼まで鳩を持っていき、帰ってきてから1番仔、2番仔で舎外できるであろうと判断した鳩を選手鳩舎へ移動させました。(主翼2枚以上抜け替っている鳩)

結局61羽が選手鳩鳩舎へ移動となりました。

時間のある日に初舎外となりますが、カラス、猛禽、猫の害に注意が必要なので、時間の取れる日に付っきりで見ています。

4月22日
(日曜日)

朝から雨!!一応総ての鳩を選手鳩舎から外に出し鳩なりで飛ばした後、インターバル舎外1時間後に入舎させて給餌!!

その間に種鳩小屋の掃除、巣皿の取替え等で2時間30分かかりました〜〜〜〜^_^;

午後11頃より平山師匠宅で夕方まで鳩談義(~o~)ボトル1本を開けてラァラァラァ〜〜状態で帰宅^_^;
8:00まで寝てしまい、それから給餌!!

配合飼料から食べさせその後にダイエットミックスを与えて終了です。

配合飼料は予定数量食べたものの、ダイエットミックスは若干残しました。
舎外・・・・鳩なり舎外後インターバル舎外1時間

朝の餌・・・配合飼料を先に食べさせた後にダイエットミックスを与えました。
羽数×20gをガツガツ状態で食べきりました。

餌の内容・・・・配合70%、ダイエットミックス30%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・朝と同じ与え方と量でがダイエットミックスを若干残しました。。
餌の喰いは止まった状態です。

持ちより日が5日間延びたGNレースの持ちよりは、いよいよ明日!!やる事は総てやったという感じです。

明日の給餌時に平山師匠直伝の丸秘を与えて持ち寄ることにします。

4月21日
(土曜日)

GNレースに参加させる鳩だけを一羽だけ籠に詰めて近場(5K)より訓練をしてきました。

午後は鳩舎でのんびり過ごさせました。


舎外・・・・GNレース参加鳩だけ近場より訓練

朝の餌・・・配合飼料を先に食べさせた後にダイエットミックスを与えました。
羽数×20gをガツガツ状態で食べきりました。

餌の内容・・・・配合70%、ダイエットミックス30%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・朝と同じ与え方と量です。

夜勤明けの平山師匠よりTELがありましたが、今日は忙しく午前中はバタバタと働きました。

巣箱を取らせた選手鳩達は♀鳩を自分の巣箱に呼び込むのに一生懸命^_^;

餌を喰いこませるのも技術が必要になってきました。
4月20日
(金曜日)

夕べのお酒が若干残って迎えた朝でしたが、6:10より舎外を開始。作や農地に出舎口は開けておいたのですが、鳩舎に行って見ると鳩は中で遊んだ状態だったので、全鳩外に一旦出して50分間とラップを締め切り、インターバル舎外です。

午後も1時間とラップを閉めた状態のインターバル舎外を行いました。

給餌後GNレースに参加予定の05OA16117 ♂ Bを掴んで竜骨を見てみたなら毛細血管の塊が1つあるものの白くはなっていないので、疲れが残っている感じです。

明日は30分間のインターバル舎外と水浴びをさせて疲労回復に努めます。

舎外・・・・朝、夕共にインターバル舎外50分から1時間

朝の餌・・・朝は発情が強すぎたので、羽数×15g夕方は羽数×20gを食べさせました。

餌の内容・・・・配合70%、ダイエットミックス30%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・持ち寄りが月曜日に決まったので、羽数×20gを与えて食い込ませました。

今日の段階ではガツガツ状態です。

さすがに疲れてきましたが、後三日間は気合を入れて管理をします。ここまで頑張ってきたのですから気を緩めることなくい最終レースに向けて頑張ります。

平山師匠も疲れ気味です。今夜は夜勤に行きましたが、明日から二日間お休みなので、師匠も気合いの入った調整で参加してくると思います。

4月19日
(木曜日)


今朝は5:35から6:15分までの40分間強制舎外で飛ばしこみました。さすがにオスとメスを一緒にしたばかりなので、飛びが悪くなってきました。

明日からはトラップを1時間締め切ったインターバル舎外に切り替えて最終調整していきます。

大船渡も、ようやくサクラが開花し綺麗になってきました。明日からは気温もいくらか上昇するようなので、一気に花が咲くでしょう(^^♪

今夜はボンボンが委託鳩を持ってやってきますから、久しぶりに町へ繰り出しラァ〜〜ラァ〜〜ラァ〜〜
してきます。

舎外・・・・強制舎外40分間

朝の餌・・・羽数×20g

餌の内容・・・・配合70%、ダイエットミックス30%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・羽数×20g 餌の内容・・・朝と同じ

選手鳩鳩舎では総ての巣箱を開放しましたから、♂鳩が♀鳩を一生懸命に呼び込んでいます。

巣箱を取れないオス鳩は床の隅にうずくまったりしていますが、そういう鳩は強制的に巣箱に閉じ込めて覚えさせます。

GNレースに参加する鳩はトラップに近くに縄張りを持っているので、巣皿をそこの場所においてやりました。

予想持ちより日が土曜日か日曜日だと思いますから、丁度良い感じです。

4月18日
(水曜日)

ようやく晴れた今日は5:20に平山師匠の鳩と我が家の鳩を車に積み込み宮城県中田町50K訓練に行ってきました。

7時に飛ばして大船渡に帰ってきたのが、9:10でした。大急ぎで鳩舎へ行ってみると訓練に参加させたGNレース参加予定鳩が帰還していません^_^;

何故に?????^_^;^_^;^_^;^_^;
^_^;^_^;^_^;^_^;

種鳩とその他の鳩に餌をやり再び選手小屋に行って見たのですが、それでも帰還していません。シャワーを浴びて朝ご飯を食べてもう一度鳩舎に行って見るとようやく居ました(^^♪

疲れます〜〜〜^_^;
舎外・・・・宮城県中田町から50K訓練

朝の餌・・・羽数×19g

餌の内容・・・・配合70%、ダイエットミックス30%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・羽数×19g 餌の内容・・・朝と同じ

         

鳩が放鳩者より遅いと疲れが増大します。帰還してくれたから良いもののこの鳩が帰ってこないとGNレースに参加できませんからねぇ〜〜^_^;

とりあえず安心した今日の50K訓練でした。
4月17日
(火曜日)

今朝もGNレースに向けて強制舎外といきたかったのですが、週間天気予報が悪すぎますから、いつの持ち寄りになるのか予想がつきません。よって鳩なり舎外30分後にインターバル舎外を加えて終了


午後になってから♂鳩、♀鳩を同一の部屋にしました。最終レースとなるGNレースにめけて巣箱を開放!!それぞれの巣箱にオス鳩はメスを一生懸命呼び込んでいました。

GNレースに参加予定のオスは巣箱を持っていませんが、所定の位置に巣皿を置いてやりましたから大丈夫です。

舎外・・・・鳩なり舎外20分から30分その後、インターバル舎外

朝の餌・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合70%、ダイエットミックス30%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・・オス鳩羽数×17g 餌の内容・・・朝と同じ

          メス鳩は配合50%、大麦50%の内容で羽数×12gをあたえました。

選手鳩は巣箱のある部屋に移動です。07年作出鳩は選手鳩♀部屋に移動させました。

いよいよGNレースの持ち寄りが終了したならば1番仔だけ舎外を開始します。

4月16日
(月曜日)

翌日帰還を期待した今日でしたが、小雨が降り続く天気にガックリ!!これでは鳩が帰還するのは難しい状況です。

そんな中、レジョナルからジャンプで参加させた村上鳩舎で1羽8:00台に帰還しました。これまた凄い!!メスの丈夫そうな鳩でした。

また、岩手連盟地区N総合優勝は水沢連合会所属の鳩仲間、昨年11月には北海道2泊3日に一緒に行った菅原 敏鳩舎が獲得!!(^^♪大したものです。

舎外・・・・GNレースに向けて朝は40の強制舎外
       夕方3時30より40分の強制舎外

朝の餌・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合70%、ダイエットミックス30%

飲水器・・・・パイロゲン投与

水浴・・・・・全鳩が水浴びをしました。

夕方の餌・・・・オス鳩羽数×17g 餌の内容・・・朝と同じ

          メス鳩は配合50%、大麦50%の内容で羽数×12gをあたえました。

週間天気予報を見ても放鳩予定の4/21前後のr天気が思わしくありません。本来であれば喰いこませを始める時期ですが、いつもの餌を羽数×17g与えて終了!!

案の定夜になり延期のTELがあり正解(^^♪
4月15日
(日曜日)
600Kレース当日

岩手連盟競翔委員長より5:00にTELあり、本日飛ばすとの連絡!!予報は午後から晴れということだったので、これを了承(^^♪

6:15に愛知県渥美半島からの宮城北部連盟農林大臣賞レースは放鳩されました。岩手連盟は地区Nレースとなります。

しかし、天気予報に反してお昼を過ぎても晴れることがなく午後3時頃になっても小雨が降り続いていました。「まずい!!」山にはガスがかかり内陸から沿岸に抜けるのは至難の業でしょう^_^;

日が暮れるまで帰還を待ちましたが、当日帰還はありませんでした。

七時を過ぎた頃に気仙沼の事務局からTELあり一羽帰還しているとの事、また、一ノ関でも4羽帰還しているということを聞き「良くこの雨の中を帰ってきた」と感心し明日に備えました。
舎外・・・・訓練にもって行きましたが、雨のため中止持ち帰りました。
       夕方3時30より40分の強制舎外

朝の餌・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合70%、大麦30%

飲水器・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・・オス鳩羽数×17g 餌の内容・・・朝と同じ

          メス鳩は配合50%、大麦50%の内容で羽数×12gをあたえました。

岩手連盟の地区Nレースは720羽参加の当日13羽だけという厳しいレースとなりました。宮城北部連盟では97羽の参加で当日5羽です。

加賀連盟長が今回も3羽当日させていることから、鳩のレベルアップを図らなければならないと痛感しました^_^;


4月14日
(土曜日)

600Kレースへは持ち寄ったものの、来週水曜日持ちより予定のGNレースに向けての調整&調教も怠る事はできませんから、朝は雨でも鳩なりで飛ばしました。トラップは1時間は閉めておいて市場へ出発する前に開けて行きます。

9:00までには全鳩が入舎しています。

舎外・・・・鳩なり舎外20分から30分その後、インターバル舎外

朝の餌・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合70%、大麦30%

飲水器・・・・パイロゲン投与

水浴・・・・・全鳩が水浴びをしました。

夕方の餌・・・・オス鳩羽数×17g 餌の内容・・・朝と同じ

          メス鳩は配合50%、大麦50%の内容で羽数×12gをあたえました。


3月3日に巣立ちをさせたヒナ鳩の主翼2枚目が抜け始めました。本来ならば舎外を開始しても良いのですが、GNレースに持ち寄った後からか?2番仔の主翼1枚目が伸びてきた頃より(5月上旬)舎外開始したいと思っています。


例年、鳩を襲うカラスは電信柱に止まり舎外するのを待っています^_^;今年は一羽のヒナも被害にあわないように慎重に飛ばします。
4月13日
(金曜日)


600Kレース
持ちより日


今日は平山師匠がGNレースに参加する鳩を訓練に持っていってくれましたが、朝のうちは薄く曇っていた空が、現地(宮城県中田町50K)に着いた頃より雨となり持ち帰りで訓練中止!!

「平山師匠お疲れ様でした」^_^;

600Kレースの持ちより日まで順調に鳩を仕上げました。今日は舎外はお休み!!
持ち寄り日の餌を朝に1回、お昼に1回食べさせて終了です。


舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×17gの5割の量を与えました。

餌の内容・・・配合70%、ダイエットミックス30%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

午後1:30頃・・・・羽数×17gの
8割の量を与えました。

餌の内容・・・、配合70%ダイエットミックス30%の内容です。


大船渡出発が16:20なので、2回目の餌は早めに12:00に与えました。

大船渡から気仙沼、そして一ノ関を経由してから水沢まで一旦戻り、放鳩地である愛知県渥美に向かいますから、鳩の輸送疲れが心配ですね。^_^;

コンテナの中で餌を吐かないように餌を与えたつもりですが、道中が長いだけに心配です。

日曜日の予報は曇り時々晴れ!!月曜日、火曜日は天気が悪いので、一発チャンスに飛ばされると思います。
4月12日
(木曜日)


愛知県渥美からの600Kレースの持ち寄りを明日に控えて、今日もバッチリと朝、夕方と1時間ずつ強制舎外で飛ばしこみました。

餌もしっかりと喰い込んでくれたので、たぶん^_^;大丈夫でしょう。一羽の参加だけに、その鳩の能力が問われるレースになるでしょう。



舎外・・・・強制舎外朝と夕方に各1時間

朝の餌・・・羽数×22g

餌の内容・・・・配合70%、ダイエットミックス30%

飲水器・・・・パイロゲン投与

水浴・・・・・全鳩が水浴びをしました。

夕方の餌・・・・オス鳩は羽数×22g 餌の内容・・・朝と同じ

          メス鳩は配合50%、大麦50%の内容で羽数×12gをあたえました。

餌の喰いこみはガツガツ状態からゆっくりと・・・・食べています。

地区Nレースの時と今回の調整の違いは、一旦餌の量、内容を極端に下げたことです。

そのせいでしょう。餌の喰い込みが今回の方が良かったような気がします。

地区Nレース時にも同じような管理であれば、翌日帰還があったかも???ですねぇ〜〜〜〜^_^;

明日の持ち寄りが終了したなら、4月18日に持ち寄るGNレースの調整に切り替えなくてはなりませんから、再び餌の食い込みを良くさせる為に量、内容とも下げます。
4月11日
(水曜日)


600Kレースに向けて順調な調整が続いています。

今日は午後から1時間の強制舎外で鳩を飛ばしこみました。飛びは上々(~o~)

たった1羽んぽ参加ですが、ここまで順調に調整ができていますので、今度のレースも期待が持てそうです。

舎外・・・・強制舎外1時間

朝の餌・・・羽数×22g

餌の内容・・・・配合70%、ダイエットミックス30%

飲水器・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・オス鳩は羽数×22g 餌の内容・・・朝と同じ

          メス鳩は配合50%、大麦50%の内容で羽数×12gをあたえました。

餌の喰いこみはガツガツ状態で食べています。

天気予報が変わり日曜日にはレースが行われそうな感じです。

明日だけは朝、午後と1時間ずつ強制舎外で鳩を飛ばしこみ持ちより当日は舎外無しで参加させる予定です。

4月10日
(火曜日)

平山師匠が予定通り宮城県中田町からの50K訓練に行ってくれましたので、舎外はお休みです。600Kへ参加する一羽とGN1100Kへ参加する一羽を持って行ってもらいました。

飛ばした時間から予定通り1時間で鳩は帰還しました(~o~)

午後の舎外はストップ!!
舎外・・・・宮城県中田町からの50K訓練

朝の餌・・・羽数×20g

餌の内容・・・・配合100%、

飲水器・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・オス鳩は羽数×20g 餌の内容・・・朝と同じ

          メス鳩は配合50%、大麦50%の内容で羽数×12gをあたえました。

餌の喰いこみはガツガツ状態で食べています。
参加させられる鳩はこの2羽だけとなりました^_^;

もし、訓練の途中に猛禽類に襲われたら、すべて水の泡となりますが、訓練を仕掛けないわけにも行きませんから、ここは勝負!勝負!です。
4月9日
(月曜日)

あさ、5:45分からオス鳩を強制舎外で1時間飛ばしこみました。依然として飛びは上々です。予定通り途中で降りてくる鳩はストップさせたので、更に飛びがよくなった感じです。

午後も舎外をしようと思ったのですが、雷雨の為にストップです。

舎外・・・・強制舎外1時間

朝の餌・・・羽数×20g

餌の内容・・・・配合100%、

飲水器・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・オス鳩は羽数×20g 餌の内容・・・朝と同じ

          メス鳩は配合50%、大麦50%の内容で羽数×12gをあたえました。

餌の喰いこみはガツガツ状態で食べています。

今日から餌を食い込ませていきます。一旦、ガツガツ状態まで落とした関係で前回よりも喰い込みが良い感じです。

明日は平山師匠が訓練に行ってくれるそうなので、朝、5:30に届けに行ってきます。

600Kレースにはたった1羽の参加となりますがベストを尽くして頑張ります。
4月8日
(日曜日)

朝、7:20より強制舎外でオス鳩を1時間飛ばしこみました。飛びは上々(~o~)前回の地区Nレースでは餌を多めに食べさせすぎて餌の喰いが落ちるのが早かったような気がしてましたから、今回は少なめに与えて調整しています。

オス鳩で一羽旗を立てていても先に降りてきてしまう鳩がいますから、明日からは除外して飛ばしこみます。


舎外・・・・強制舎外1時間

朝の餌・・・羽数×17g

餌の内容・・・・配合100%、

飲水器・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・オス鳩は羽数×17g 餌の内容・・・朝と同じ

          メス鳩は配合50%、大麦50%の内容で羽数×12gをあたえました。

餌の喰いこみはガツガツ状態で食べています。

鳩仲間たちが今日も集合しました。フェンス周りのテストピットが不ぞろいであったので、その修繕に来たのです(^^♪鳩を眺めたり、巣立ちした鳩を見てあれやこれやの大騒ぎです(~o~)

キウイフルーツの棚も皆でこしらえてお昼を食べて雷雨が降ってきたので今日は解散でした。

皆さんお疲れ様でした〜〜(~o~)(~o~)(~o~)
4月7日
(土曜日)



3日目帰還を待っているのですが、一羽も今のところ帰還していません。あれだけ飛びも良く、餌の喰いこみも申し分なかった鳩達は何処へ行ってしまったのでしょう。

エースピジョン候補が3羽もいたのに・・・・・・・・^_^;

平山師匠からは「犠牲は大きかったが、総合優勝したのだから良し!!としろ!!」と励まされましたが、帰還していない鳩の一羽一羽が頭に浮かんでくるたびに悔しさも沸いてきてしまいます。

今日はオリビエールアーボ&ボンボンとの3人で地区Nレース総合優勝祝いをやります。明日は休みなので、思いっきりラァラァラァ〜〜〜になってきます(^^♪
舎外・・・・舎外ストップ!!

朝の餌・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合50%、大麦50%

飲水器・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・オス鳩は羽数×15g 餌の内容・・・朝と同じ

          メス鳩は配合50%、大麦50%の内容で羽数×15gをあたえました。

餌の喰いこみはガツガツ状態に戻しています。

2番仔めの巣立ちをさせました。今回もできは上々(~o~)

次代を担う若鳩達をしっかりと成長させたいものです。

というわけで、今日の鳩バカ日誌はいつもより早い時間に更新します。
4月6日
(金曜日)


ブザーを仕掛けて朝早くからの帰還を期待しましたが、市場へ出発する6:45までには帰還鳩がありませんでした。

市場からの仕入れを済ませ家に戻ってきたのが8:30でしたが、その時点でも帰還鳩は無しでした。

あら?らぁ〜〜〜〜〜〜???嫌な予感です。

朝の給餌を済ませていつもの配達業務へ・・・・・・

午後3:00に鳩舎に戻ってみたのですが、やはり一羽も帰還していませんでした。何故〜〜〜〜〜〜???^_^;

舎外・・・・舎外ストップ!!

朝の餌・・・羽数×15g

餌の内容・・・・配合50%、大麦50%

飲水器・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・オス鳩は羽数×15g 餌の内容・・・朝と同じ

          メス鳩は配合50%、大麦50%の内容で羽数×15gをあたえました。


あの飛び、餌の喰い込みで翌日一羽も帰還しないのは納得いきませんが、何かが悪かったのでしょうね。

鳩レースの難しいところです。平山師匠いわく鳩質も問題なく、調整もバッチリだったのなら、コース取りが悪い方へ行ったのだと言われました。

しかし、考えられるのは距離が延びたにもかかわらず、強制舎外時間が長かったのが原因のひとつだったのかもしれません。

レース展開が楽だったのなら帰還したのかもしれませんが、厳しかっただけにきつかったのでしょう<m(__)m>

これもまた勉強ですね^_^;
4月5日
(木曜日)

地区N700K
レース当日

今朝は日本全国移動性の高気圧に覆われて絶好のレース日和となったはずでしたが????三重県紀伊長島からの地区N700Kレースは予想に反して厳しいレースとなりました^_^;

帰還予想時刻を17:40頃と読み真剣に待っていましたが、鳩の姿を確認することができずに日没18:00を過ぎ18:30になったところで連盟長にTELをしてみると一ノ関で4羽の鳩が17:50前後に帰還しているとの事!!

大船渡との距離差45Kを考えると当日帰還は難しい時間でした。そんな時連合会会長でもあり同級生でもある浜ちゃんからTELがあり一羽当日帰還したとの報告!!話している最中にヴィクトリーの帰還音が「ピピピピピー」と聞こえ「オライでも来た!!」と電話を切って選手鳩鳩舎へ・・・・・

300Kレース時に尾羽を5枚抜かれて帰還し、次回の600Kまでには生え揃うだろうと、地区Nレースへの参加を最後まで迷ってエントリーした06OA11079 ♀ Bが18:40に帰還してくれました。

外は真っ暗の状態でしたから浜ちゃんの鳩と一緒に帰還していたのでしょう。屋根でスポットライトに照らされたトラップに降りてくるまでしばし時間がかかったと思われます。
舎外・・・・鳩なり舎外・・・その後1時間遊ばせてから入舎させて終了

朝の餌・・・羽数×12g

餌の内容・・・・配合50%、大麦50%

飲水器・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・オス鳩は羽数×12g 餌の内容・・・朝と同じ

          メス鳩は小粒50%、大麦50%の内容で羽数×15gをあたえました。

日没後の帰還に、これまでになかったような喜びを味わい、審査会場へ・・・・この時点では優勝なんて思ってもいませんでした。12時間20分かかって当日帰還してくれた鳩の凄さに、ただただ感激でした。
ところが、蓋を開けたならニュー三陸連合会2羽の帰還鳩だったのですが、審査の結果、なんと優勝(*^。^*)更に宮城北部連盟総合優勝でした。

2002年に“道下白雪エース13号”で総合優勝して以来ですから5年ぶりの総合優勝でした。

宮城北部連盟では当日11羽の鳩しか帰還していませんでしたから本当に厳しいレースだったので、喜びも倍増です。

4月4日
(水曜日)


三重県紀伊長島からの地区Nレースは全国的に大気の状態が安定しないので、延期としました。

明日は朝からバッチリと晴れるようなので、6時から6時30分の間には放鳩できるでしょう。
舎外・・・・・鳩なり舎外のあとトラップを閉めて1時間遊ばせてから入舎

朝の餌・・・・・
羽数×10gの量を与えました。

餌の内容・・・配合50%、大麦50%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・・・羽数×10gの量を与えました。

餌の内容・・・、配合50%大麦50%の内容です。


明日は4:30には起きて天気予報とにらめっこします。現地では放鳩場所に4:00に移動するそうなので、いつでも飛ばせるように、こちらも準備万端整えておきます。

4月3日
(火曜日)


レースに参加していないオス鳩を舎外しました。
鳩なり舎外で軽く飛ばしただけですが、来週行われる600Kレースに2羽参加させる予定なので、しっかりと飛ばしておきます。


舎外・・・・・鳩なり舎外のあとトラップを閉めて1時間遊ばせてから入舎

朝の餌・・・・・
羽数×10gの量を与えました。

餌の内容・・・配合50%、大麦50%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・・・羽数×10gの量を与えました。

餌の内容・・・、配合50%大麦50%の内容です。



地区Nレースに向けて餌を喰いこませていたので、餌の喰いが止まったのを、一旦租飼料にして餌の喰いを戻してやります。

地区Nレース帰還した鳩達も同様で、祖飼料で休養させながらGNレースに備えます。
4月2日
(月曜日)


地区Nレース
700K
持ちより日

いよいよ2回目のメインレース三重県紀伊長島からの地区N700Kレースです。実距離で750Kはあるレースです。

当日ぎりぎりで帰還するスリル万点のレースです。

やる事は総てやったという感じなので、鳩を信じて待つことにします。

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×17gの5割の量を与えました。

餌の内容・・・配合50%、小粒50%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

午後1:30頃・・・・羽数×17gの
8割の量を与えました。

餌の内容・・・、配合50%小粒50%の内容です。


餌の喰いは止まっているので、小粒だけを拾って食べていました。
15:30より16:15までオス鳩とメス鳩を一緒にさせます。距離が延びる分長くご対面させてから持ち寄ることにしています。

ライバル達もしっかりと調整し、参加してくるでしょうから最後まで気を抜かずに持ちよりします。
4月1日
(日曜日)


昨夜は久しぶりの八百屋仲間での飲み会があり、酩酊状態でAM1200頃に帰還^_^;

ボンボンが一人泊まる予定でしたが、どういうわけか一名追加で2名のお泊りがありました。朝6時に起きて鳩を飛ばす予定が目が覚めたのは7:00^_^;

追加のお泊り者の車を取りにいきその後、メス鳩を1時間30分強制舎外で飛ばしこみました。飛びは昨日に続きGOOD!!な飛びでした。

午後1時からオス鳩を強制舎外で1時間飛ばしこみました。鳩仲間達が集合し、夕方5:30頃まで鳩談義をしながら楽しい時間を過ごしました。


舎外・・・・・朝はメス鳩を強制舎外1時間30分
        午後1時よりオス鳩を強制舎外1時間
       

朝の餌・・・・・
羽数×20gの量を計量しましたがオス鳩もメス鳩もゆっくりと時間はかけましたが食べるだけ食べさせ残った餌は直ぐに抜きました。

餌の内容・・・
配合飼料60%、ダイエットミックス40%

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・

朝の餌・・・・・
羽数×20gの量を計量しましたがオス鳩もメス鳩もゆっくりと時間はかけましたが食べるだけ食べさせ残った餌は直ぐに抜きました。

餌の内容・・・
配合飼料60%、ダイエットミックス40%
ここまで来ると餌の喰いが止まってきていますが、気にしません。時間をたっぷりかけてゆっくりと美味しい餌を食べるだけ食べさせます。

しかし、いつまでも長く食べさせるわけではなく、頃合をみはかり、余った餌はすぐに片付けます。

明日は舎外はせずに鳩をゆっくりと持ち寄りたいと思います。

3月31日
(土曜日)


メス鳩を朝6:15より強制舎外で1時間飛ばしこみ入舎口を開けて市場へ・・・・・飛びは素晴らしく良く申し分なしでした。猛禽も出ることはなく気持ち良さそうに1時間飛びました。

午後にはオス鳩を1時間しっかり強制舎外で飛ばしこみ、その後入舎させてから再びメス鳩を1時間ギッチリと強制舎外で飛ばしこみました。

舎外・・・・・朝はメス鳩を強制舎外1時間
        午後2時よりオス鳩を強制舎外1時間
       それからメス鳩を1時間の強制舎外      

朝の餌・・・・・
羽数×20gの量を計量しましたがオス鳩もメス鳩も半分で終了

餌の内容・・・
配合飼料60%、ダイエットミックス40%

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・羽数×20gを計量し、オス鳩は全量食べきりました。
メス鳩は羽数×16gで終了

餌の内容・・・
配合飼料60%、ダイエットミックス40%

レジョナルレースが終了するまで舎外をすることなく近場からの訓練でどうにか乗り切ってきましたが、今回の調整期間は天気が悪く訓練が思うようにできないことから強制舎外での調整となっています。

運良く猛禽による襲撃もないので、このまま調整できればベストの状態で地区Nレースに持ち寄ることができそうです。

3月30日
(金曜日)

朝、6:35から小雨のふる中、予定通りメス鳩を強制舎外で40分飛ばしましました。

その後市場へ行き配達を終わらせて朝の給餌!!

オス鳩、メス鳩共に餌の喰いがイマイチでした。

午後になり雨がやんだので、オス鳩を強制舎外1時間しっかりと飛ばしこみました。3羽の鳩が先に降りてきたので、入舎させてしまい、いきよいよく飛ぶ鳩の邪魔にならないようにしました。

それから再びメス鳩を強制舎外で45分飛ばして終了です。
舎外・・・・・朝はメス鳩を強制舎外40分
        午後2時よりオス鳩を強制舎外1時間
       それからメス鳩を45分間の強制舎外      

朝の餌・・・・・
羽数×20gの量を計量しましたがオス鳩もメス鳩も半分で終了

餌の内容・・・
配合飼料70%、ダイエットミックス30%

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・羽数×20gを計量し、オス鳩は全量食べきりました。
メス鳩は羽数×16gで終了

餌の内容・・・
配合飼料70%、ダイエットミックス30%

地区Nレースの持ちより日が4/2(月曜日)と決定しましたから明日、明後日と強制舎外で鳩を飛ばしこみます。

運良く猛禽に終われないで調教をこなすことができれば良いのですが・・・・・・・

今日は姿も見せない猛禽はいったいどうしたのでしょう?


3月29日
(木曜日)


気合を入れて久しぶりの強制舎外を行おうと思ったなら


しかし、30分間は予定通りメス鳩を強制舎外で飛ばしました。

午後になり晴れ間も見える曇り空となったために、雄鳩を強制舎外で30分間飛ばしこみました。

何羽かの鳩は直ぐに降りてきてしまいましたが、降りてきた鳩2羽は入舎させて強制舎外の邪魔をさせないようにしました。

舎外・・・・・朝はメス鳩を強制舎外30分
        午後2時よりオス鳩を強制舎外30分その後30分遊ばせてから入舎させました。      

朝の餌・・・・・
羽数×15gの量を与えました。

餌の内容・・・
配合飼料100%

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・羽数×15g
の量を与えました。

餌の内容・・・
配合飼料100%

地区ナショナルレースの持ちより日は4/2(月曜日)が濃厚ですが、変わりやすい春の天気なので、ぎりぎり明日まで待って決定します。

明日はしっかり40分間鳩を強制舎外で飛ばしこみます。更に餌の喰いこませも行っていく予定です。

3番仔目の産卵がほぼ終了しました。2番仔目のヒナ鳩達のできも上々(*^。^*)です。


3月28日
(水曜日)


昨日のメス鳩舎外でチョット自信を深め、今日は雄鳩を舎外してみました。上空高く5分間飛んだ時にオオタカが出現してきましたが、鳩を追わずどこかへ消えていきました。

一瞬、びびった鳩達でしたが、再び鳩舎上空へ戻り、15分程度飛んで鳩舎へ降りてきました。

午後になり1:45にメス鳩を舎外!!トラップを閉めて1時間外で遊ばせておいてから入舎させました。

舎外・・・・・雄鳩・・・・・鳩なり15分
        雌鳩・・・・鳩なり10分後外で1時間遊ばせ舎外      

朝の餌・・・・・
羽数×15gまで減量しました。

餌の内容・・・
配合飼料100%

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・羽数×15g


餌の内容・・・
配合飼料100%

レースは延期に決定!!持ちより日はまだ未定です。

猛禽の襲撃がないのなら今週は天気が悪く訓練予定もたてられない状況ですから、明日から強制舎外に切り替えて地区Nレースに挑むことにします。

とりあえず明日の目標は30分鳩を追います。
3月27日
(火曜日)

天気予報が大幅に変わり次回、地区Nレースは延期になる可能性が出てきました。

古川80Kから飛ばされた訓練鳩達は全鳩が帰還し(*^。^*)

訓練から帰還する前に在舎していたメス鳩を恐る恐る舎外してみました。何と!!猛禽に襲われることなく約3ヶ月ぶりの舎外でした。

飛んだ時間は10分程度ですが、これはラッキーです。
舎外・・・・・メスだけを舎外・・・10分の鳩なり舎外

朝の餌・・・・・
レースが延びそうな気配なので、羽数×15gまで減量しました。
餌の内容・・・配合飼料100%

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・羽数×15g


餌の内容・・・
配合飼料100%
前線が停滞し今週末から来週の火曜日頃まで日本全国天気は思わしくありません。

餌の食い込ませを一旦中止!!通常の状態に戻すこととしました。

3月26日
(月曜日)

病院からの薬を飲んで寝たものの復調の兆しは無し^_^;

朝起きると身体が鉛のように重く身体中に熱がこもっている状態でした。いつものようにPCでの仕事を済ませ。市場へ行ったものの寒気とだるさで何とも情けない状態でした。

鳩の餌を与えるのもおっくうなくらい具合悪く<m(__)m>でした。
配達を早めに終了させて布団に丸まり午後から夕方まで寝てました。

夕方よりオリビエールアオーボと計画していた訓練の為に古川まで鳩をもって行きましたが、帰りはオリビールアーボに運転を任せ大船渡に着くまでずっと寝てました。
舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
明日、古川からの訓練をするために羽数×15gを与えて終了
餌の内容・・・配合飼料80%、小粒20%

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・午後2時頃に給餌、羽数×15gです。


餌の内容・・・
配合飼料80%、小粒20%

鳩を飼育する人間の調子が悪いと鳩に接するのも嫌になります。身体が言うことをきいてくれませんから困ったものです。

健康第一!!歳をとるほどに痛感してきます。治りが悪くなっていますから^_^;
3月25日
(日曜日)


身体が鉛のように重く、熱が身体の中にこもっている状態での一日でした。
鳩に餌をやるのが精一杯で一日中ダウン!状態!!
舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×19gの量を食べさせようとしましたが、餌の喰いが悪く途中で食べさせるのをやめました。

雄鳩、メス鳩どちらもです。

餌の内容・・・配合飼料80%、小粒20%

飲水器・・・・・バイオ飲料水投与

夕方の餌・・・・
羽数×20gの量を計り与えようとしましたが、雄鳩は完食、メス鳩は羽数×18gがやっとでした。

餌の内容・・・
配合飼料80%、小粒20%
今のところの天気予報だと週末は天気が悪くレースにはできそうもありませんから、喰いこませを一旦明日からストップします。

予定だと土曜日持ちよりの月曜日レースでしょうか????

もう一日経ってから決めましょう。(*^。^*)

3月24日
(土曜日)


朝起きていつもの如くPCで仕事をしていると急に悪寒がしてきて一挙に熱が上がり、いつも飲む頓服を飲み仕事へ・・・・・薬が効いているうちは余暇たんのですが、切れてくる頃より再び熱上げ!!<m(__)m>

病院にいき、薬を貰い帰って来ましたが、調子が悪く最悪<m(__)m>夜飲んだお酒もまずいまずい!!9時には就寝です。
舎外・・・・・ストップ!!



朝の餌・・・・・
羽数×17gの量を与えました。

餌の内容・・・配合飼料100%

飲水器・・・・・バイオ飲料水投与

夕方の餌・・・・
羽数×17gの量を与えました。

餌の内容・・・
配合飼料100%
鳩ではなく人間の状態が悪く、鳩の管理もそこそこに・・・・・

コンディション維持に努めるのが精一杯でした。

3月23日
(金曜日)


良い天気となって比較的暖かい一日でしたねぇ〜〜〜(*^。^*)予定通り近場からの訓練(4K)を行いました。

全鳩帰還(*^。^*)さすがにここまで来ると籠から出して直ぐに直行するようです。

舎外・・・・・近場からの訓練(4K)

朝の餌・・・・・オス鳩は羽数×17gの量を与えようとしましたが餌の喰いがイマイチだったので途中でストップ!!
♀鳩も同様で羽数×17gを与えようとしましたが、喰いがイマイチなので、と結うストップ!!

餌の内容・・・
配合100%、の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与!!


夕方の餌・・・・
オス鳩は羽数×17gの量を与えました。
♀鳩は羽数×16gです。朝食べなかった分夕方の喰い込みはGOOdでした。


餌の内容・・・
配合100%、の内容です。

本格的に喰いこませるのは日曜日からの予定なので、今日、明日は餌を食べたくないようなら食べさせません。

舎外をしていないので、カロリーの消費もなく餌を食べないのは当たり前です。

運動量に比例して餌の喰いこみが良くなるわけですから、あまり気にしなくても大丈夫!!です。

ただし、持ちより3日前の3日間はギッチリと時間をかけてでも餌を食べさせる努力をするようにしてください。
3月22日
(木曜日)


今朝は予報に反して晴れていたのですが、午後より雨が降りだしました。天気予報を見てみたなら土曜日の予報が変わり雨マークです。

訓練予定を変更しなければなりません。明日はとりあえず、いつものように近場(4K)からの訓練を行います。その後、土曜日、日曜日と天気が悪いので、月曜日の夜に出発するか?火曜日の夜に出発するかのどちらかで80K古川訓練に行くことにします。

仕事の段取りがつき次第決定し、それに向けて調整していきます。
舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×17gの量を与えました。

餌の内容・・・配合飼料100%

飲水器・・・・・バイオ飲料水投与

夕方の餌・・・・
羽数×17gの量を与えました。

餌の内容・・・
配合飼料100%

一番仔の巣立ちをしてから約20日が経過しましたが、一枚目の主翼がそろそろ抜け始めました。

2枚目の主翼が落ちて3枚目が伸びてきた頃から猛禽類の出没する地域では舎外を行うようにすると被害が少ないようです。

若鳩に初の水浴びをさせました。
3月21日
(水曜日)


昨日、オリビエールアーボと共に大船渡を9時に出発して女房の叔父さんのお葬式に出席し忌中払い終了後に水沢に
・・・・・・・・

以前から約束していた水沢の鳩仲間達との懇親会に出席(*^。^*)さすがに疲れていたのでしょう。3次会でダウン<m(__)m>スナックで寝てました<m(__)m>

水沢を出発し大船渡に着いたのが、10時!それから鳩に餌をやりお店で仕事の段取りをしていつもの業務へ・・・・お彼岸の中日ということもありお得意作のお店も順調に売れていましたね(*^。^*)

夕方は掃除はサボり^_^;2番仔目のヒナたちに脚環を装着させました。
舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×17gの量を与えました。

餌の内容・・・ダイエットミックス100%

飲水器・・・・・バイオ飲料水投与

温浴・・・・・・総ての鳩が気持ち良さそうに温浴しました。

夕方の餌・・・・
羽数×17gの量を与えました。

餌の内容・・・
ダイエットミックス100%

地区Nレースに向けて行う訓練予定の日曜日はの予報です。土曜日までは何とか天気が持ちそうなので、金曜日の夜に大船渡を出発し翌日の朝に古川からの80K訓練に行こうかと思っています。

水沢での鳩仲間に金屏風前に立つことを宣言してきたので、頑張ります。

3月20日
(火曜日)


今日は叔父さんが亡くなり花巻でお葬式があります。お葬式終了後は水沢でお泊りしますから鳩バカ日誌はお休みです。
舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×17g9割の量を与えました。

餌の内容・・・ダイエットミックス100%

飲水器・・・・・バイオ飲料水投与

夕方の餌・・・・
羽数×17gの9割の量を与えました。

餌の内容・・・
ダイエットミックス100%

ただ今、庭のフェンス工事に来ている業者さんの鳩仲間にお願いして夕方の給餌!!

感謝!!感謝!です。
3月19日
(月曜日)

昨夜は冷え込んだので、翌日帰りは厳しいかも???と思いつつも何羽でも回収したいレース翌日でした。

朝から晴れていたので、トラップを開けて市場へ行き鳩舎に戻ったのが、9:00でしたが、この時点での帰還はありませんでした。その後、配達に行ってしまったので、帰還状況はわからず^_^;

午後3時のオリビエールアーボよりTEL!!

「鳩舎のトラップに一羽鳩がいるぞ!!」どうやら翌日帰還した鳩のようです。しかし、感知しないとの事???直ぐに鳩舎に戻ってみると確かに昨日のレースに参加した鳩でした。ヴィクトリーを再び差込感知(*^。^*)(*^。^*)

期待していた1羽だっただけに(*^。^*)でしたが、掴んで巣箱に入れようとした時に吐血<m(__)m>外傷はどこにもなく???です。今シーズンはここでストップとします。

その後鳩舎掃除をしていると「ピッツピッツ〜〜〜〜」とヴィクトリーの帰還時音が聞こえたので、入舎口に行ってみると(*^。^*)更に一羽16:45に帰還です。たいした鳩です!!尾羽4枚欠落での帰還でした。
舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×17g8割の量を与えました。

餌の内容・・・ダイエットミックス100%

飲水器・・・・・バイオ飲料水投与

夕方の餌・・・・
羽数×17g8割の量を与えました。

餌の内容・・・
ダイエットミックス100%

翌日記録に行って見ると記録した鳩は6羽でした。結局連合会帰還率5割、自鳩舎75%でした。

次回地区Nレースには1羽ストップですから8羽の中から6羽を選んで参加させます。

残り2羽は600Kへと参加させる予定とします。

宮城北部連盟序列は総合7位〜10位くらいだと思います。会長賞狙い、ゼネラルチヤンピオン狙いは、まだ可能性ありなので、頑張ります。
3月18日
(日曜日)

500KRgレース
当日

朝から綺麗に晴れわたった大船渡でありましたが、お昼頃には何故か???猛吹雪状態となり、「あれぇ〜〜〜〜???」

寒気団が下がってきている為だったのでしょう。その後も時折、吹雪く状態がありましたが、鳩が帰還すると思われる時間帯は、どうにか晴れてきました。

加賀連盟長からTELがあったのが、13:35頃でした。一ノ関地区はただ今「猛吹雪状態で鳩は帰ってくれないなぁ〜〜^_^;」と話していた時に3羽の鳩が帰還したのが見えたと電話中断!!

距離差を計算し大船渡に帰還する予想時刻は14:04頃であれば勝利できると思い気合を入れて待機!!

しかし、予想時間を過ぎても鳩の帰還はなくまたしても総合優勝は断念^_^;
14:26に横切って帰還した鳩を確認!!鳩舎へと・・・・・

ヴィクトリー打刻時刻14:27:18でした。その9分後にもう一羽、更に10分後に一羽の帰還、15:33までに7羽が帰還し終了でした。
☆帰還時の餌の与え方・・・・・・・

帰還した鳩がある程度揃ったところで、いつものように撒き餌で餌を与えます。一度に計量した餌を与えるのではなく数回に分けながら与えると良いでしょう。

帰還時の餌・・・・・
羽数×17gの7割の量

餌の内容・・・・ダイエットミックス100%

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・・
羽数×17gの7割の量

餌の内容・・・・ダイエットミックス100%
審査会場からいつも行く居酒屋へ(*^。^*)

レース結果は連合会2位、4位、7位、11位、13位、15位、18位でした。南三陸4連合合同会では3位、5位、15位とまずまずの成績だったといえます。

連合会帰還率は4割^_^;当日一羽も帰還しない方もいました。

3月17日
(土曜日)


お彼岸の準備で大忙しの一日でした。鳩をゆっくり見ている暇もありませんでした^_^;

夜7:00に給餌をした際にヒナ鳩のチェック!!2番仔めの脚環を挿入しました。成長が早い早い^_^;

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×12gの量を与えました。

餌の内容・・・アッペン大麦50%、配合50%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・羽数×12gの量を与えました。


餌の内容・・・アッペン大麦50%、配合50%の内容です。

横浜の従兄弟からアッペン大麦をいただきました(*^。^*)
経済的でとっても良いです。

慣れるまで時間はかかりますが、腹が減ればガツガツ食べるようです。

種鳩に使用しない鳩達も二日目からガツガツ食べています。
3月16日
(金曜日)

Rgレース
持ちより日


さすがにRgレースともなると気合いが入ってきます。平山師匠と午前中30分ばかりはと談義をしてから配達へ・・・・お彼岸ということもあり忙しく^_^;中々仕事が終わらずに通常お昼前後に食べさせる二回目の餌の時間が1:45になってしまいました^_^;

餌を食べさせてから再び訓練に行ってもらった時の放鳩かごを取りに平山師匠宅へ行き、またまた鳩談義^_^;

今度はほろ酔い加減の師匠につかまり長話しとなり急いで鳩舎へ戻り、オス、メスをご対面30分!!そのご、籠詰めをし鳩の会館へ行き持ちより作業をし、オリビエールアーボと一緒に気仙沼の会館へ行き放鳩コンテナ車に積み込みをし、大船渡に戻ったのが、8:00でした。

その後いつもの居酒屋で(*^。^*)(*^。^*)(*^。^*)ラァ〜〜ラァ〜〜ラァ〜〜

調子に乗ってこれまたいつも行くスナックでカラオケ♪〜〜♪〜〜〜♪〜〜〜帰宅したのは1040頃でしたかねぇ〜〜^_^;

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×17gの5割の量を与えました。

餌の内容・・・配合50%、小粒50%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

午後1:30頃・・・・羽数×17gの
8割の量を与えました。

餌の内容・・・、配合50%小粒50%の内容です。


餌の喰いは止まっているので、小粒だけを拾って食べていました。
全国帰還率賞シルバークラス狙い&ゼネラルチヤンピオン賞、&会長賞、総理大臣賞に繋がる大切なレースだけに、楽しみでもあり不安でもありますが、やる事は完璧に総て行いましたから、あとは結果がどうなるのか?

3月15日
(木曜日)


昨日帰還しなかった鳩は残念ながら今日も帰ってきませんでした^_^;昨年秋は最終レースの菊花賞で連合会5位に入賞していた鳩だけにガックりですが、仕方ありません。

昨日予定していた水浴びをさせて明日の持ち寄りに向けて餌を喰いこませました。


舎外・・・・・舎外ストップ

朝の餌・・・・・羽数×21gを食べさせ喰いこませました。

餌の内容・・・
配合60%、小粒40%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与!!
水浴び・・・・・全鳩が(*^。^*)


夕方の餌・・・・
羽数×21gを食べさせ喰いこませようとしましたが、餌の食いはストップ状態です。残った餌をボールに移し終了

餌の内容・・・
配合60%、小粒40%の内容です。


舎外を行わ訓練だけでの調整なので、どうしても餌の喰いの止まりが早くなります。しかし、猛禽による被害が大きいだけにこの方法で乗り切るしかありません。

スピード展開であれ、耐久レースという展開になるにしろ、勝負は明日の持ち寄りで決まります。

全鳩投入で挑戦する今回のRgレース!!目標は全鳩帰還です。もちろん優勝を目指していることは言うまでもありません(*^。^*)

3月14日
(水曜日)

朝、5:30に起床!!直ぐに顔を洗って鳩舎へ行き放鳩籠に鳩を詰めて平山師匠宅へ・・・・

平山師匠は俺が来るのを待ちかねたように宮城県登米町へ車を走らせました。

9:00に鳩舎に戻ってみたのですが、訓練に参加した鳩が帰還していませんでした。再び配達へ出かけてもう一度鳩舎に戻ったのが9:35

7羽の鳩が帰還していました(*^。^*)まとまって帰還していないところをみると猛禽に追われ鳩がバラけたようです。

その後仕事に戻ったので、鳩の帰還を確認したのgが、15:30頃でした。3羽の鳩が帰還していました。♂、♀を分けて鳩舎掃除を開始。

2階部分の掃除を終了した時点で1羽の帰還を確認(*^。^*)1階部分の掃除を終了した時点でもう一羽の帰還を確認!!すでに外は暗くなってきたので、最後の一羽は今日の帰還はあきらめました。
舎外・・・・・50K訓練宮城県中田町

朝の餌・・・・・訓練参加した鳩が7羽しか帰還していないので、少量だけを与えて終了させました。

餌の内容・・・
配合60%、小粒40%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与!!


夕方の餌・・・・朝、少量しか与えなかったので、
オス鳩は羽数×25gの量を与えました。
♀鳩も羽数×25gです

餌の内容・・・
配合60%、小粒40%の内容です。

訓練の欠点は鳩がばらつき帰還した場合に餌を与える量をどうするか?です。

持ち寄りが予定通り金曜日ですから餌の食い込ませ羽始まっていますから在舎している鳩と帰還した鳩に多く与えたいところですが、焦りは禁物!!

あくまで全鳩に均一に餌を喰いこませなくてはいけません。

夕方、餌の量を多くして食べさせたのは、朝少量しか与えていなかった為と明日、木曜日に餌の喰いが止まらない程度の量が羽数×25gと判断したからです。

判断基準は過去のデータからと餌を食べている鳩の食いつき加減で判断します。
3月13日
(火曜日)


夜のうちにもけっこう雪が降ったのでしょう。車のフロントガラスが見えない状態でした。少し早めにエンジンをかけて温まってから熱湯をかけて綺麗に溶かしてから市場へ出発です。

鳩は今日から若干餌を喰いこませ加減です。

どの鳩もガツガツ食べているので(*^。^*)(*^。^*)(*^。^*)

明日は平山師匠が50Kの訓練に行ってくれますから丁度よい調整となるでしょう。

舎外・・・・・舎外ストップ

朝の餌・・・・・オス鳩は羽数×17gの量を与えました。
♀鳩も羽数×17gです

餌の内容・・・
配合100%、の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与!!


夕方の餌・・・・
オス鳩は羽数×16gの量を与えました。
♀鳩も羽数×17gです

餌の内容・・・
配合100%、の内容です。

今度のレースは全鳩帰還を目標です。シルバークラス全国帰還率賞狙いの調整と仕上げをする予定です。

鳩質はバッチリ自信がありますが、猛禽によるアクシデントだけが怖いです。

3月12日
(月曜日)

昨夜運転代行で帰ってくるとき降り始めたが何と朝起きて見ると、20cmも積もっていました^_^;

この冬初めて積もった雪に雪かき作業も難航^_^;

結局午後からは吹雪いてきて一日中
これには久しぶりに参りました。

スタットレスタイヤをはずした人達はかなり焦ったでしょうね(^^♪危ない!危ない!
舎外・・・・・舎外ストップ

朝の餌・・・・・オス鳩は羽数×16gの量を与えました。
♀鳩は羽数×15gです

餌の内容・・・
配合100%、の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与!!


夕方の餌・・・・
オス鳩は羽数×16gの量を与えました。
♀鳩は羽数×15gです


餌の内容・・・
配合100%、の内容です。
太陽が一日当たらないので、窓を全部閉め切って暖かくしてあげました。

東北地方にこの頃吹く風はまだ冷たく鳩も可愛そうですからね(^^♪

太陽が(^^♪を出しているときにはよほど風が強くない限り窓は開放しています。

今日は吹雪状態だったので、シャットアウトしました。
3月11日
(日曜日)


いつもの如く朝は早く起きて鳩舎掃除をしてから家の掃除までやってしまいました。その後、朝風呂に入りご飯を食べて直ぐにホームセンターに特別配合室パート2を作るべく材料を買いに行きました(*^。^*)

2回目とあって要領が良くなっていますから作業は順調に進み、夕方には骨組みは完成し、いつも行く居酒屋で晩酌開始(*^。^*)


9時30分には帰宅し就寝でした〜〜〜。

舎外・・・・・舎外ストップ

朝の餌・・・・・オス鳩は羽数×16gの量を与えました。
♀鳩は羽数×15gです

餌の内容・・・
配合100%、の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与!!


夕方の餌・・・・
オス鳩は羽数×16gの量を与えました。
♀鳩は羽数×15gです


餌の内容・・・
配合100%、の内容です。

ゲージによる作出と特別配合室による作出の違いは大きく、ゲージの欠点は狭い、餌が不経済、交尾がしずらい等があります。

また、1番仔が大きくなってくると2番仔目の卵を抱いている鳩の邪魔になる事です。

あまり若い鳩はゲージでの作出はお勧めできません。

特別配合室は鳩が慣れると落ち着きが出てきて交尾の邪魔もされませんから安心です。
3月10日
(土曜日)

近場からの訓練を今日も行いました。昨日と同じ距離4Kです。

♂、♀を分離しているので、帰還してから掴まえるのが大変でしたが、最近は追い込んでやるとオスは自分の部屋へ行くようになってきましたからチョット楽になってきました。

明日は天気が悪いので、訓練はしません。鳩は休養させます。月曜日天気が回復したならもう一度、近場訓練を行います。

その後、平山師匠が水曜日に50Kの訓練に行ってくれる予定なので、最終仕上げとなります。


舎外・・・・・近場からの訓練(4K)

朝の餌・・・・・オス鳩は羽数×16gの量を与えました。
♀鳩は羽数×15gです

餌の内容・・・
配合100%、の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与!!


夕方の餌・・・・
オス鳩は羽数×16gの量を与えました。
♀鳩は羽数×15gです


餌の内容・・・
配合100%、の内容です。

中一週間開いた調整期間は鳩も人間もチョット気を緩ませる期間でもあります。

長丁場の春季レースなので、張りつめた状態ばかりだと大変疲れますからね(^^♪

明日はお休みなので、ゆっくりと過ごします。
3月9日
(金曜日)


今朝窓の外を見たなら景色でした^_^;まだまだ油断のできない東北の冬です。

タイヤ交換をしてなくて正解でしたね(~o~)

今日は予定通り、近場からの訓練を行いました。8:20に放鳩し、9:00に鳩舎に戻った時には全鳩帰還してました。


舎外・・・・・近場からの訓練(4K)

朝の餌・・・・・羽数×15gの量を与えました。

餌の内容・・・
大麦100%、配合90%、の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与!!



夕方の餌・・・・
羽数×15gの量を与えました。

餌の内容・・・
大麦10%、配合90%、の内容です。

3/18の御殿場からのRgレースに向けてここまで順調な調整ができています。明日も今日と同じく近場からの訓練を行うかどうか?思案しているところです。

レースに参加している鳩も結構、発情状態が強くメスメスで卵を産みそうな気配を感じてきましたから、やはり訓練を行った方がよいのでしょうが、ストレス!!という観点から考えると?????です。

日曜日は天気が悪いので、訓練できないでしょうから決行!!の方向で行きましょうかねぇ〜〜〜〜(~o~)

3月8日
(木曜日)


昨日まで行ってきた東京、横浜は暖かく(^^♪東北の寒さとの違いに・・・・・でした。

弘子さんもボンボンも大満足で帰宅した今回の一泊二日の旅でした。

横浜では叔父さん、叔母さん、従姉妹のねぇちゃん二人と旦那さん、娘さん、孫達と得意のラァ〜〜ラァ〜〜ラァ〜〜の夜を過ごし、とても楽しい時間を過ごさせてもらってきました。

感謝!!感謝!!の二日間でした(*^。^*)(*^。^*)(*^。^*)
舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・羽数×15gの量を与えました。

餌の内容・・・
大麦100%、配合90%、の内容です。

飲水器・・・・・赤ちゃんに飲ませる粉ミルクを飲ませました。

温浴・・・・・60℃のお湯に気持ち良さそうに全鳩が入りました。


夕方の餌・・・・
羽数×15gの量を与えました。

餌の内容・・・
大麦10%、配合90%、の内容です。

3月7日
(水曜日)


一日、日にちを間違えていました^_^;

夕方6:00には自宅に到着しましたが、3番弟子が奥さんと一緒に夕方の管理に来てくれましたから、家の中でコーヒーを飲んでから給餌をしました。
「それじゃぁ〜〜またな」と言い俺が自宅に入ろうとし、3番弟子の秀が車に乗ろうとした時、な!ん!と!!車の中に鍵を入れたままドアロック!!

危うく若い夫婦が喧嘩をするところでした(^^♪車屋さんにドアロック解除してもらうまで再び家に入り鳩談義と夫婦喧嘩の仲裁(~o~)

40分ほどして程なくドアロック解除され無事に帰っていきました。

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・羽数×17gの8割の量を与えました。

餌の内容・・・
配合40%、小粒60%、の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・・
羽数×17gの8割の量を与えました。

餌の内容・・・
配合40%、小粒60%、の内容です。

2番仔めの孵化ラッシュが始まりました。これからの一週間は巣箱の中のチェックを厳しく行います。

白系、中間色、黒系鳩のチェック!!指の色、爪ののチェック!!
背中の棒毛のチェック!!と忙しくなります。

3月6日
(火曜日)

東京の展示会を見に行きますので、明日までお休みいたします。^_^;帰ってきてから頑張りますので、よろしく・・・・・・です。

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・羽数×17gの8割の量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、小粒80%、の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与


夕方の餌・・・・
羽数×17gの8割の量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、小粒80%、の内容です。

鳩仲間でもありライバルでもあるオリビエールアーボが朝の給餌をやってくれました。夕方の給餌は夜中の3時に出漁しごご5:00まで働いてくる漁師の3番弟子が疲れた身体に鞭打って与えてくれました。

ありがとうございました。
おかげで鳩のコンデションはバッチリと維持され、明日からの調整も苦労なくできそうです。

3月5日
(月曜日



今日は朝からでした。昨日帰還していない鳩達には厳しい天候となりましたね^_^;

昨日行われた400Kレースでの連合会帰還率は70%くらいです。成績は2位、4位、南三陸4連合合同会では6位だったと思います。無舎外を決め込み近場からの訓練だけでの参加にしてはコンスタントに入賞しているので、鳩の状態は良いのだと思います。

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・羽数×17gの8割の量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、小粒80%、の内容です。

飲水器・・・・・赤ちゃんに飲ませる粉ミルクを飲ませました。


夕方の餌・・・・
羽数×17gの8割の量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、小粒80%、の内容です。

宮城北部連盟長である加賀邦彦鳩舎から言われた「鳩のストレス」についてこの一年色々深く考えさせられました。

舎外で終われるストレス、レースに参加して襲われるストレス、放鳩カゴに詰められるストレス、いろいろなものがストレスとなり鳩の帰還を悪くしているのでは??ということから行ってきた無舎外、近場訓練による春季レースでしたが、今回の400Kレースでチョット手応えを感じてきました。

次回、Rgレース500Kでは近場訓練2回、50K訓練1階での参加とします。
3月4日
(日曜日)


400Kレース
当日


4:30に目が覚めて外を見てみると雲がかかり星が見えていませんでした。あれぇ〜〜????予報では朝までに快晴となるはずでしたが、思ったよりも回復が遅かったみたいです。

PCの天気予報だと放鳩場所となる埼玉県蓮田の天気は晴れ
しかし、実際は曇っている大船渡の天気もPCで見てみると????何故に〜〜〜〜〜?

蓮田にいる放鳩者へTELしてみると現地は晴れているからいつでも放鳩可能という報告を受け、一安心(^^♪

大船渡もこれから晴れてくるであろうという事から連盟長からの指示を仰ぎ7:00〜7:30の間に放鳩をするという決断を下し再び放鳩者に連絡しました。

帰還時の餌・・・・・羽数×17gの7割の量

餌の内容・・・・小粒飼料90%、配合10%

飲水器・・・・・スペシャルドリンク(^_-)-☆

夕方の餌・・・・・
羽数×17gの7割の量

餌の内容・・・・
小粒飼料90%、配合10%



PM13:15に一羽目が帰還していました。1階の種鳩小屋の掃除をしていてヴィクトリー気感じになる音が聞こえませんでしたから一羽目は見逃し^_^;

2羽目の帰還から3番弟子と共に帰還を待っていると13:21に2羽目が帰還、その後3羽目、4羽目も帰還し、あと2羽の帰還を待つこととなりました。30分待っていましたが、帰還しないため一旦、家の中に入りお昼を食べて一服をしていると2羽の鳩が旋回しているのが見えました。「おっ帰ってきたぁ〜〜〜」3番弟子と共に外へ飛び出し鳩舎へ行ってみると一羽はヴィクトリーが感知!!

もう一羽は感知されていません????よく見てみると迷い鳩と共に帰還したようでした。

チョットがっかりはしましたが、まだ15:30を過ぎたところでしたから最後の一羽の帰還を信じて二人でヒナはと巣立ちの出来具合を確認していると「ピ〜〜ピ〜〜〜」とヴィクトリーの感知音が聞こえてきました。

そうです。最後の一羽も見事帰還してくれました。
3月3日
(土曜日)

400Kレース
持ちより日

昨日の訓練で一羽の鳩が腰から尾羽にかけて負傷^_^;今朝、鳩をチェックする際に気がつきました。

あんな近場からでも負傷してくるのですからレースとなれば怪我をして帰還するのも当たり前という感じがします。

訓練を1回かけただけでの400Kレースとなりますが、順位はともかく全鳩帰還してもらいたいものです(*^。^*)
舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×17gの5割の量を与えました。

餌の内容・・・大麦50%、配合50%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

午後12:30頃・・・・羽数×17gの
8割の量を与えました。

餌の内容・・・大麦50%、配合50%の内容です。

餌の喰いはすでに止まった状態なのでしょう。お昼に与えた餌は全量食べませんでした。

参加させる鳩は6羽???か?7羽となる見込みです。



4:30より持ちより作業が開始なので、今日の鳩バカ日誌は早めに書き込みました。
3月2日
(金曜日)


昨夜のうちに籠に詰めておいた400Kレースに参加させる鳩を車に積み込み市場へ・・・・・


野菜の仕入れを終了し、魚市場へ行くのをやめて放鳩場所へ直行し、タバコを一本吸ってから放鳩!!

自宅に戻ると鳩は総て入舎していましたので、朝の管理を済ませて給餌!!

どの鳩も肉つきもよく餌の喰いも良いので、今回も大丈夫でしょう(*^。^*)

訓練・・・・・近場(4K)

朝の餌・・・・・・
羽数×18gのの量を与えました。
メスは羽数×16gの量を与えました。

餌の内容・・・小粒30%、配合70%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・
羽数×19gのの量を与えました。
メスは羽数×17gの量を与えました。

餌の内容・・・
小粒30%、配合70%の内容です。

巣立ちをさせたヒナ鳩達に飲水器での水のみを一羽づつ掴んで教えるのは結構面倒ですが、これをしっかりとやらないと、せっかく親から貰った栄養分が身体から無くなってしまいますから、必ず一羽づつ掴んで教え込むようにしています。

巣立ちした鳩達の写真を撮るのを今日も忘れました^_^;明日は必ずアップします。
3月1日
(木曜日)


今日は一番仔目のヒナ鳩を巣立ちさせました(*^。^*)自分で言うのもなんですが、できは上々(*^。^*)です。

まだもう少し親から離せない一番仔もいますが、日曜日には総ての一番仔が巣立ち可能だと思います。

選手鳩は今晩のうちに籠に詰めておきますから、少し早め給餌を済ませました。
連盟レースとなる400Kレースですが、これ以上鳩を失踪させないようにしたいものです。

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・・
羽数×17gのの量を与えました。
メスは羽数×15gの量を与えました。

餌の内容・・・小粒30%、配合70%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・
羽数×17gのの量を与えました。
メスは羽数×15gの量を与えました。

餌の内容・・・
小粒30%、配合70%の内容です。
続けて2回低分速レースを強いられた鳩群なので、短い距離ですが、小粒飼料を使用しています。

待機鳩は発情がきてゴロゴロ状態ですが、レースに参加している鳩は発情どころではありません。

明日の訓練で軽く気合を入れて土曜日持ち寄りに備えます。

     
2月28日
(水曜日)

GNサミット、道下エースの巣箱が空きましたから新交配を2ペア巣箱に閉じ込めました。どちらのペアもGOODな鳩達です。

選手鳩は水浴びをさせてリラックスタイムを満喫させました。明日もゆっくり休ませて金曜日には高田からの10K訓練を行い400Kレースへ参加させます。

300Kレースで早めに帰還した5羽と前回翌日帰りをした♀1羽を400Kレースへ参加の予定です。あとの鳩はRgレースまで休養をとらせます。

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・・
羽数×17gのの量を与えました。
メスは羽数×15gの量を与えました。

餌の内容・・・大麦20%、配合80%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

水浴び・・・・全鳩が気持ち良さそうに浴びてました。

夕方の餌・・・・
羽数×17gのの量を与えました。
メスは羽数×15gの量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、配合80%の内容です。
すべての鳩が水浴びをしましたから、だいぶ疲労は取れたようですが、もう一日訓練はしません。

すべてはRgレースから始まると思っていますから、今回は6羽の参加で頑張ります。
2月27日
(火曜日)
3日目帰還を期待しつつ、鳩を待っていましたが、帰還鳩0でした。

早めに仕事が終了したので、特別配合室を完成させました(~o~)早速、GNサミットペア、道下エースペアをできたばかりの特別配合室へ・・・・

更にGNサミット直仔×若大将系ペアを1組、及川シャンテリー系×白雪南部を1組交配させました。
舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・羽数×17gの9割の量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、小粒80%、の内容です。

飲水器・・・・・赤ちゃんに飲ませる粉ミルクを飲ませました。


夕方の餌・・・・
羽数×17gの9割の量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、小粒80%、の内容です。

不器用な私が作ったにしては上出来です(~o~)
2月26日
(月曜日)


昨日は鳩の会館で審査が終了してから焼け酒大会でした^_^;どこの鳩舎も帰還が悪く頭をかかえた状態でしたから大いに盛り上がり、早めに切り上げたものの運転代行の車中で気持ち悪くなり、久しぶりゲロゲロゲェ〜〜〜^_^;^_^;^_^;でした。

朝、7:11に一羽が帰還、その後9:40頃に2羽目が帰還しました。この調子ならばお昼までに何羽かは帰還するであろうと期待しつつ配達に行って自宅に戻ったのが、14:50頃でした。

急いで鳩舎に行ってヴィクトリーを確認<m(__)m>なんと朝来た2羽だけで一羽も帰ってきていませんでした。

分速900m台のレースが2回続くと流石に鳩にはきつかったようです。

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・羽数×17gの8割の量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、小粒80%、の内容です。

飲水器・・・・・赤ちゃんに飲ませる粉ミルクを飲ませました。


夕方の餌・・・・
羽数×17gの8割の量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、小粒80%、の内容です。

気持ちで負けていては春季レースは戦えません。たとえ一羽になろうとも、最終のGNレース目指して頑張ります。

残っている鳩を信じつつ気を緩めない管理を続けます。
2月25日
(日曜日)

300Kレース
当日

いやぁ〜〜〜〜これほど天気も良く北風も強くない絶好のレース日和だと思った300Kレースでしたが、鳩がさっぱり帰ってきません。関東では分速1400m出ているという情報が入りましたが、こちらは、またまた低分速の900m台です。

PM4:00現在で15羽参加の7羽帰還という惨憺たる結果です^_^;

高分速で帰還している関東の鳩群に飲み込まれた可能性もあります。帰還地に向かってゆっくりと一生懸命飛んでいる小さな集団の鳩が大羽数の高分速で飛んでいる集団に飲み込まれる可能性は大ですよね。

それにしても運も大きく左右されるような気もしてきます。
☆帰還時の餌の与え方・・・・・・・

帰還した鳩がある程度揃ったところで、いつものように撒き餌で餌を与えます。一度に計量した餌を与えるのではなく数回に分けながら与えると良いでしょう。

帰還時の餌・・・・・
羽数×17gの7割の量

餌の内容・・・・小粒飼料90%、大麦10%

飲水器・・・・・スペシャルドリンク(^_-)-☆

夕方の餌・・・・・
羽数×17gの7割の量

餌の内容・・・・小粒飼料90%、大麦10%
軽めに仕上げた鳩群は今日のような展開では帰還するのが難しいでしょう。どちらかといえば重め上がりの鳩が帰還しています。

明日も天気が良いので、翌日帰還鳩を待ちましょう。
2月24日
(土曜日)


今朝は強烈な冷え込みでした。お日様が当たってきてからは強風が吹き荒れる始末<m(__)m>

今日と明日は寒さが厳しいという予報なので、明日のレースがチョット心配ではありますが、今回も微調整をしながら鳩を仕上げました。

無訓練・無舎外がどのように影響するかが判明するレースでもあります。

PM4:00にオス・メスを一部屋に入れて久しぶりのご対面です。PM4:30より籠に詰め始めて本日は持ち寄ってきます。

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×17gの5割の量を与えました。

餌の内容・・・大麦50%、配合50%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

午後1:30頃・・・・羽数×17gの
8割の量を与えました。

餌の内容・・・大麦50%、配合50%の内容です。

餌も定量をしっかり食べてくれましたから明日のレースも、たぶん????大丈夫だと思いますが・・・・・

種鳩小屋の管理を済ませてから鳩の持ちより会場へ向かいます。
2月23日
(金曜日)


朝から雨の予報でしたが、晴れ間も見えて今日一日もしかしたならもつのかな??と思いきや11時頃から弱い雨が降ってきました。夕方5時頃には止み再び晴れました。

明日が300Kレースの持ちより日となりました。





                  
舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・・
羽数×17gのの量を与えました。
メスは羽数×15gの量を与えました。

餌の内容・・・大麦20%、配合80%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

水浴び・・・・全鳩が気持ち良さそうに浴びてました。

夕方の餌・・・・
羽数×17gのの量を与えました。
メスは羽数×15gの量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、配合80%の内容です。

遅生まれ鳩たちは無舎外なので、鳩舎の中でゴロゴロ状態です。メス・メスでペアになり始めた鳩もいます^_^;

オス鳩も金網越しに盛んにアピールを続けています。

レジョナルレースまで後1ヶ月ありますから舎外はできませんから、次回の訓練には遅生まれ鳩ももって行き気合を入れなおす予定です。

2月22日
(木曜日)


今日一日暖かい穏やかな一日でした〜〜〜〜(*^。^*)絶好の訓練日よりでしたね。でも、訓練は行わなかったのです。

給餌後に水浴びをさせて日当たりの良い鳩舎の南側で鳩はのんびりとリラックスタイムを過ごしたことでしょう。明日の天気予報は曇り一時雨ですから明日も訓練はできません。よって今回の300Kレースには無舎外、無訓練で参加させることに決定しました。


舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・・
羽数×17gのの量を与えました。
メスは羽数×15gの量を与えました。

餌の内容・・・大麦20%、配合80%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

水浴び・・・・全鳩が気持ち良さそうに浴びてました。

夕方の餌・・・・
羽数×17gのの量を与えました。
メスは羽数×15gの量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、配合80%の内容です。

1番仔目のヒナを巣箱から出して床の上に移動させました。二番仔目の卵を生む頃の雛はいつも床に卸して成長させるようにしています。

親離れが早いのと親の餌の食べるのを見て餌をついばむヒナが現れてきます。飼い主は巣箱掃除をしなくて良い分鳩舎管理が楽になります。

集団性が強い特徴のある鳩は親鳩から餌を貰う際に競争して食べた方が成長も早いようです。
2月21日
(水曜日)


今朝は青果市場がお休みなので、ゆっくり寝てようと思ったのですが、いつもの通り4:00の目が覚めて起床!!その後PCで伝票を作成したり鳩のデータをまとめたりして朝の配達へ・・・・・・・

12時頃に本日お休みの平山師匠のところへ行き鳩談義(*^。^*)師匠はお休みの日は必ず朝からラァ〜〜ラァ〜〜ラァ〜〜
を飲んでいるので、午後の2時までぎっちりと鳩話しをしてきました。

明日は近場訓練の予定でしたが、まだ鳩はお疲れのようなので、中止しました。

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・羽数×17gの9割の量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、小粒80%、の内容です。

飲水器・・・・・赤ちゃんに飲ませる粉ミルクを飲ませました。


夕方の餌・・・・
羽数×17gの9割の量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、小粒80%、の内容です。
この間の200Kレースが、かなり厳しい展開であった為、300Kレースの前に行う近場(4K)訓練は無しにして参加させようかとも思っています。

しかし、軽い運動が必要であることは確かなので、色々考えています。近場からの訓練なので、丁度良いとも思えるし・・・・・200Kレースを飛翔した鳩達なので、休養充分で参加させるのが良いのか?・・・・・

まぁ〜〜明日考えましょう(*^。^*)
2月20日
(火曜日)


今朝はかなり冷え込みました^_^;ふるふると震えながら6:30に鳩舎へ行きヴィクトリーを仕掛けて翌日帰りの鳩が帰還する準備を済ませ、市場へ・・・・

いつものように仕入れが終了し女房を迎えに来た時、巣箱を掃除して朝の給餌!!その時点では翌日帰りの鳩はいませんでした。

給餌を済ませ、お店で荷物を卸して配達に行く前に再び鳩舎へ行ってみると9:32に一羽の鳩が帰還していました。(^^♪「おぉ〜〜〜(*^。^*)よく帰ってきたなぁ〜〜〜〜(*^。^*)」その後、配達をバタバタと済ませ鳩舎に戻ったのが、PM3:00でした。オリビエールアーボがちょこっと寄った時点ではもう一羽の帰還していない鳩は帰ってきていませんでしたから、諦めムード!<m(__)m>

翌日の午後に帰還する鳩は本当に少なくなりました。

オリビエールアーボが帰り、鳩舎掃除を済ませ、家のPCで雑務も終わらせた後に夕方の給餌をしに鳩舎へ・・・・・・・

なんと!!諦めていたもう一羽の鳩が帰ってきてました〜〜〜〜〜(*^。^*)1千kレース8で帰還したときと同じ感動を今日はもらいました。

すごい鳩です。感動!!感動!!感動でした。


舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・羽数×17gの8割の量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、小粒80%、の内容です。

飲水器・・・・・赤ちゃんに飲ませる粉ミルクを飲ませました。


夕方の餌・・・・
羽数×17gの8割の量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、小粒80%、の内容です。

仙北の酒飲みさんからTELがあり、ちょっと酔っ払いました。

続きは明日書くことにします。

つづき・・・・・・・・・

★赤ちゃんの飲ませる粉ミルク★

鳩がものすごく疲れたであろうレース時や連投続きで疲労が蓄積された時に、使用するのが赤ちゃん用の粉ミルクです。
熱いお湯で溶かして飲ませるようにしますが、夜飲ませたら翌日朝まで鳩に飲ませる迄が限界です。欠点は腐敗しやすいのです^_^;

まだ寒いこの時期には一晩で腐ることはありませんが、暖かくなってきたなら飲ませたなら普通の水に切り替えたりします。
2月j19日
(月曜日)

200Kレース
当日

朝のうちは雲が若干多かったものの、鳩が帰還するであろう頃には良い天気となり、丁度良い風も吹いていたので、10:30頃より鳩舎で待機しておりましたが、さっぱり鳩が帰還しません^_^;

分速を1000m切った11:23に、ようやく1羽目が帰還(^^♪その2分後に2羽目、3羽目が同時帰還しましたが、一羽は感知不良で掴まえてからの打刻となりました。4羽目、5羽目が帰還したのを確認して配達へ・・・・

午後2:00に鳩舎に戻ってみるとヴィクトリーのカウントは11羽「あれぇ〜〜〜??」あと6羽も帰ってきていませんでした。

再び配達へ行き夕方4:00に鳩舎へ来て見ると14羽カウントされていました。特別配合室の大工仕事をしながら5時の時報を聞き「今日はもう来ないかぁ〜〜^_^;」と思っていたなら5:15に最後の一羽が帰還(^^♪

結局、17羽参加当日15羽の帰還でした。

☆帰還時の餌の与え方・・・・・・・

帰還した鳩がある程度揃ったところで、いつものように撒き餌で餌を与えます。一度に計量した餌を与えるのではなく数回に分けながら与えると良いでしょう。

帰還時の餌・・・・・
羽数×17gの7割の量

餌の内容・・・・小粒飼料90%、大麦10%

飲水器・・・・・スペシャルドリンク(^_-)-☆

夕方の餌・・・・・
羽数×17gの7割の量

餌の内容・・・・小粒飼料90%、大麦10%
連合会の帰還率は平均の5割程度と厳しい展開となった200Kレースでした。42羽参加していた鳩舎では25羽しか帰還していませんし、27羽参加した鳩舎では16羽しか帰ってきていないという状況でした。

いったい何があったのでしょう??以前ならまとまって帰還しても良い距離なのですが・・・・・・・・

明日も天気が良いので、翌日帰還鳩を待つことにします。

連合会序列は7位、16位、20位、21位でした。

2月18日
(日曜日)


持ちより日となった今日は、いつもと同じ5:30に起床!!朝の釣り番組を見ながらコーヒーを飲み、一服


番組が終了してから巣箱を掃除しながら雛鳩のチェック!!を済ませ素皿をすべて交換してから鳩舎掃除を終了したのが、9:30頃でした。

その後、お風呂に入り朝ご飯を食べて特別配合室の完成をさせるべく、材料を買いにホームセンターへ・・・・・・

午後1:30に持ち寄り前の給餌を済ませ家の中に入り、暫く休憩(^^♪をしたあと、再び不器用な大工仕事を16:30までやり、200Kレースに参加させる鳩を籠詰めをして持ちより会場へ・・・・・
舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×17gの5割の量を与えました。

餌の内容・・・配合100%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

午後3:30頃・・・・羽数×17gの8割の量を与えました。

餌の内容・・・配合100%の内容です。


                        

持ちより終了後にはオリビエールアーボと共にいつも行く居酒屋さんへ・・・・

春季レースの作戦会議を開きながら軽く
を飲んで、9:00には家に戻りました。

2月17日
(土曜日)


今朝は昨夜のうちに放鳩籠に詰めて置いた鳩を車に積んでラァ〜〜ラァ〜〜ラァ〜〜覚め状態でボンボンと共に市場へ・・・・・


仕入れを終了し魚市場へ行く前に鳩の放鳩場所へ向かい、放鳩(*^。^*)真っ直ぐに鳩舎目指して全鳩が飛び立っていきました。
魚の仕入れも済ませ鳩舎に戻ってみると、全鳩が帰還(^^♪オス・メスを振り分けてから給餌し朝の管理は終了!!

午後は特別配合室の大工仕事に取り掛かり夕方いつものように持ち寄り前日の管理を終了させました。



舎外・・・・・ストップ!!近場4K程度の訓練を行いました。

朝の餌・・・・・・
羽数×17gのの量を与えました。
メスは羽数×15gしか食べませんでした。

餌の内容・・・配合100%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

水浴び・・・・全鳩が気持ち良さそうに浴びてました。

夕方の餌・・・・
羽数×17gのの量を与えました。
メスは羽数×15gしか食べませんでした。


餌の内容・・・
配合100%の内容です。 

スタート羽数34羽の鳩が連合会訓練10K、20K、50K、80Kと4回行われて現在怪我鳩1羽混ぜて18羽しかいなくなりました^_^;

明日の参加羽数は17羽です。ここまで落ちるくらい落ちたので、何とか全鳩帰還をしてほしいものですが、こればっかりはなんとも言えないというのが正直な気持ちです。

鳩の状態はバッチリでも猛禽の餌食になってしまっては全鳩帰還は難しいですから〜〜〜^_^;

やる事はすべてやって参加させるので悔いのないレースとします。
2月16日
(金曜日)


ようやく晴れたのですが、風が強くて!強くて!!更に寒い^_^;一日でした。夕方より風が穏やかになりましたが、よく吹いた日でしたねぇ〜〜〜〜。

明日は予定通り4K先からの訓練!!平山師匠から高田は危険だからやめた方がよいと言うアドバイス通りに近場からにしました。

200Kレースは日曜日持ち寄り月曜日放鳩となりましたから丁度よい頃合いでしょう。


                  

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・・
羽数×17gのの量を与えました。
メスは羽数×15gしか食べませんでした。

餌の内容・・・大麦20%、配合80%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

水浴び・・・・全鳩が気持ち良さそうに浴びてました。

夕方の餌・・・・
羽数×17gのの量を与えました。
メスは羽数×15gしか食べませんでした。


餌の内容・・・
大麦20%、配合80%の内容です。 

風は強いものの天気は良かったので、水浴びをさせました。鳩は状態が良ければ翌日から脂粉が吹いてくるものです。

持ち寄り前日でも水浴びをさせる場合もあります。


               
今夜は奥州市胆沢町からボンボンが来てましたので、今からラァ〜〜ラァ〜〜ラァ〜〜になるでしょう。

雪の深い胆沢町からやってきたので、ぎっちりと飲ませて返します。
2月15日
(木曜日)


昨日に引き続き天気が悪く訓練を行えない状態です。明日は訓練を行おうと思ったのですが、仕事がハードであった為、チョット疲れましたので、明後日にしました。

水浴びもできないほど天気も悪く気温も低いので中止です。

平山師匠は晴れ間が出てきたときにおこなったようでした。


舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・・
羽数×17gのの量を与えました。

餌の内容・・・大麦20%、配合80%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・
羽数×17gのの量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、配合80%の内容です。

暖かい穏やかな日に水浴びをさせるのがベストですから予定では毎週水曜日と決めていても、気温が低く太陽が顔を覗かせないような日はストップします。

羽根の乾きも悪く、鳩の体温が上昇しにくいからという理由からです。

2月14日
(水曜日)

昨晩まで満天の星空だったのに、今朝起きて見るとあたり一面
が積もり始めていました。

夕方に鳩舎掃除を終了後にヒナ鳩の脚環チェックを済ませ、選手鳩に給餌し本日の管理は終了です。天気予報を見る限り日曜日持ちよりの月曜日放鳩が濃厚のようです。

            

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・羽数×17gの9割の量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、小粒80%、の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・
羽数×17gの9割の量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、小粒80%、の内容です。

今年はゲージを使用しての配合も試みていますが、チョット狭い感じは否めません。特別配合室を作ってみようかと模索していますが、不器用を絵に描いたような私が果たしてできますかねぇ〜〜〜^_^;

横90cm高さ70cm、奥行き90cmを一部屋にして8個予定しています。

歳をとって動きの鈍くなった鳩等を入れて交配する予定ですが・・・・・
2月13日
(火曜日)


昨日レースに参加した鳩も高分速レースであった為でしょうか?それほど疲れを見せていません(^^♪

全鳩帰還したので、飼育者もリラックス気分で鳩舎管理ができました。

                           

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・羽数×17gの8割の量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、小粒80%、の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・
羽数×17gの8割の量を与えました。

餌の内容・・・
大麦20%、小粒80%、の内容です。

昨日のレースの帰還率は連合会で7割〜8割といったところでした。

最悪の帰還率であった方は2割<m(__)m>でした。帰還途中運悪い集団に位置していたと思われますねぇ〜〜???

また、成鳩でも帰還していない九者もありました。

福島県浪江町からの200Kレースに向けて今週も気合いに入った管理を続けたいと思います。
2月12日
(月曜日)

100Kレース
当日

朝から綺麗に晴れわたった祝日のお休み!!2007年春季レースの開幕戦となりました。

6:50に家を出発し、配達を済ませ大急ぎで自宅に戻り鳩舎掃除!!気仙沼からDr’遠藤のお弟子さんが二人、鳩を見に来たいという連絡が東京に行っていた時にあったので、10時迄に終了させようと汗をかきながら頑張りました^_^;

掃除が終了しようとする間際「ピピー、ピピー」という音がしたので、鳩舎二階へ行ってみると2羽目が感知していました。しかし鳩舎の中には鳩が5羽??感知しないまま入舎していたようでした。

結局、最終の鳩が帰還した15:30で17羽参加させた鳩が全鳩揃い「やったぁ〜〜〜」という久しぶりの良い気分でした。

審査結果は3位、10位、他・・・・でした。順位より何より全鳩帰還に大満足の初戦100Kレースでした。(*^。^*)(*^。^*)(*^。^*)

☆帰還時の餌の与え方・・・・・・・

帰還した鳩がある程度揃ったところで、いつものように撒き餌で餌を与えます。一度に計量した餌を与えるのではなく数回に分けながら与えると良いでしょう。

帰還時の餌・・・・・
羽数×17gの7割の量

餌の内容・・・・小粒飼料90%、大麦10%

飲水器・・・・・スペシャルドリンク(^_-)-☆

夕方の餌・・・・・
羽数×17gの7割の量

餌の内容・・・・小粒飼料90%、大麦10%
本日のスペシャルドリンク

グレープフルーツジュー
100%の物を4Lの飲水器に入れ蜂蜜を混ぜ、水で溶かして与えました。

クエン酸は疲労回復に効果があり大胸筋に蓄積された乳酸の除去に役たちます。

帰還時に与える疲労回復飲料は自分で研究すると結構楽しいものです。ドラッグストアを探索し色々な物を試しています。

私の鳩仲間でもあり良きライバルであるオロビエールアーボが優勝しました。胆沢町の鳩仲間バンボン委託の鳩でした。
2月11日
(日曜日)


無事に東京から大船渡に到着したのが、PM3:00頃でした。直ぐに鳩舎へ行き雛鳩のチェック!!たった一日半観ていなかっただけで大きくなっていましたねぇ〜〜(^^♪

巣箱を一箇所づつチェックしながら脚環を装着!!完璧です。
それからまもなく鳩仲間の通称「兄」が久しぶりに訪ねてきました。

以前住んでいた所では歩いて2分の場所に鳩舎があった仲間です。ウィスキー1本手にぶら下げて種鳩のメスを2羽物色にやってきました(^^♪千`優勝の異母兄弟配合から作出されたメス鳩と赤毛とAPから作出されたメス鳩をニコニコしながら持って帰っていきました。

その後、鳩を籠に詰めて持ち寄り会場へ・・・・・

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×17gの5割の量を与えました。

餌の内容・・・大麦50%、配合50%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

午後3:30頃・・・・羽数×17gの8割の量を与えました。

餌の内容・・・大麦50%、配合50%の内容です。
朝の餌は女房が完全防備の状態で与えてくれました(^^♪鳩舎掃除は3番弟子の秀が綺麗にやってくれていましたから感謝!!感謝!!でした。

持ち寄り時に2羽帰還していなかったと思っていた鳩がいるではありませんかぁ〜〜(*^。^*)

一羽は翌日怪我をして帰還していますから合計17羽が参加の100Kレースとなりました。

連合会221羽、南三陸4連合合同会では約650羽の参加となったようです。ニュー三陸連合会は昨年よりも若干多い羽数となりましたが、他の連合会はどこも100羽近く減少しての参加だそうです。
2月10日
(土曜日)


今日はレース鳩協会の表彰式で花の東京へ・・・・・
一ノ関まで1時間40分かけて向かい、その後新幹線で・・・・・・
                
新幹線の中では仲間4人と飲みながら上機嫌で鳩談義!!

楽しい時間を過ごさせてもらいました。

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
オス鳩は羽数×17gの量を与えました。
         メス鳩は羽数×15gを与え全量食べました。

餌の内容・・・大麦30%、配合70%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・オス鳩は羽数×17gの量を与えました。
         メス鳩は羽数×15gを与え全量食べました。


餌の内容・・・
大麦30%、配合70%の内容です。

朝の給餌は自分でやりましたが、夕方の給餌は3番弟子である秀が与えてくれました。

一日伸びた100Kレース持ちよりは明日なので、早めに東京から帰るつもりです。

2月9日
(金曜日)


今日はお得意先のスーパーの創業祭で朝5:00に出かけていき、店頭で販売する商品を並べてから市場へ・・・・・その後再びスーパーに戻りバタバタと店内に商品を並べてから自宅に戻り、鳩に朝の給餌をしました。

スーパーの仕事がひと段落をし自宅に戻ったのが、PM2:50頃でしたが、明日から天気が崩れるということなので、隣町である陸前高田(約10K)まで鳩を持っていって昨日に続き18羽の鳩を訓練してきました。

先ほど数えたならオス鳩が2羽帰還していません。あとの鳩16羽は無事に帰還です。

明日から東京に行きますから帰ってくる11日は100Kレースの持ち寄りとなりますから、微妙な調整はできませんが、明日の夕方の餌はオリビールアーボか3番弟子にお願いし、持ち寄り朝の餌は女房に頼んで与えてもらう予定です(*^。^*)


舎外・・・・・ストップ!!午後に高田から(10K)から訓練

朝の餌・・・・・
オス鳩は羽数×17gの量を与えました。
         メス鳩は羽数×15gを与え全量食べました。

餌の内容・・・大麦30%、配合70%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・オス鳩は羽数×17gの量を与えました。
         メス鳩は羽数×15gを与え全量食べました。


餌の内容・・・
大麦30%、配合70%の内容です。


訓練の際に迷い込んできて一年以上住み着いている鳩3羽を猛禽対策&試しに訓練に持っていたのですが、帰還していません。

最終舎外から、これまでの間(約2ヶ月)無舎外の鳩です。昨年舎外を飛ばしている時には80K個人訓練でも帰還している鳩なのですが、やはり鳩舎に戻るという気持ちと感が鈍っているのでしょうか?

それにしても2羽のオス鳩明日は帰還してくれると良いのですが・・・・・^_^;

 
2月8日
(木曜日)


昨日の平山師匠との作戦会議で、このまま舎外をしないでレースまで持っていくのは厳しいかもしれないぞ!!と言う事になり平山師匠のアドバイスを受けて近場から(4K)から訓練を行いました。

前回の訓練で8羽の鳩が帰還していないと思っていたのですが、今日の持ち寄り時に参加できる鳩が18羽であることがわかり(^^♪でした。

結局最終訓練、鹿島台80Kは7羽の鳩が未帰還です。




舎外・・・・・ストップ!!
近場から(4K)から訓練

朝の餌・・・・・
オス鳩は羽数×17gの量を与えました。
         メス鳩は羽数×15gを計量しましたが、結局、羽数×13gしか食べませんでした。

餌の内容・・・大麦30%、配合70%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・オス鳩は羽数×17gの量を与えました。
           メス鳩は羽数×15gを計量しましたが、羽数×13gしか食べませんでした。

餌の内容・・・
大麦30%、配合70%の内容です。


近場からの訓練は全鳩帰還!!

舎外を行わない分、訓練を中間に挟んでみたのですが初戦となる100Kはどうなるでしょうね。

ただ今、合同会の競翔委員長からTELあり日曜日持ちよりの月曜日放鳩にする事になりました。

2月7日
(水曜日)


天気も良く朝の給餌後には水浴びをさせてストレス解消(^^♪
どの鳩もバタバタと水に入り気持ち良さそうに日向ぼっこしていたようです。

                          

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
オス鳩は羽数×17gの量を与えました。
         メス鳩は羽数×15gを計量しましたが、結局、羽数×13gしか食べませんでした。

餌の内容・・・大麦30%、配合70%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

水浴・・・・・・これからは1週間に一度必ず行います。

夕方の餌・・・・オス鳩は羽数×17gの量を与えました。
           メス鳩は羽数×15gを計量しましたが、羽数×13gしか食べませんでした。

餌の内容・・・
大麦30%、配合70%の内容です。

下記の写真は白系鳩・白系に近い中間色鳩のヒナ鳩時の写真です。
2月6日
(火曜日)


今日は昨日よりも暖かくなる予報でしたが、午後から小雨が降ったりやんだり、夕方からは北西の風が強くなった一日でした。

鳩舎の中は孵化したばかりのヒナ鳩の声がかすかに聞こえるようになってきました。今週末はレース鳩協会の表彰式&懇親会に出席することになったので、脚環を入れる頃とぶつかりますから、危うい鳩には脚環を入れてセロテープで止めて出発となります^_^;

例年のことですが、一番仔目は思うように孵化しないペアもいますから、チョットがっかりしますね^_^;

まだまだ未熟といった感は否めません

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
オス鳩は羽数×17gの量を与えました。
         メス鳩は羽数×17gを計量しましたが、結局、羽数×15gしか食べませんでした。

餌の内容・・・大麦30%、配合70%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・オス鳩は羽数×17gの量を与えました。
           メス鳩は羽数×15gを計量しましたが、羽数×11.5gしか食べませんでした。

餌の内容・・・
大麦30%、配合70%の内容です。


鳩には白系鳩、白系に近い中間色鳩、中間色鳩、黒系に近い中間色鳩、黒系鳩がいることは以前にもアップした事があります。

この理論を知っているのと、知らないのとでは作出時におけるレース鳩としての資質、種鳩作出の際の資質に大きくかかわってきます。

近親交配を繰り返して無記録で種鳩に卸す場合等はこの理論を知っておくと、とても便利なので、参考にしてください。
後ほどアップします。
            
2月5日
(月曜日)


昨日の嵐のような風と雪は何だったのでしょう??静かに晴れた穏やかな一日となりました。

3日目帰りを期待しつつ仕事がひと段落付いた頃に鳩舎へ行って見たのですが、帰還鳩はありませんでした。昨日の風で何処かへ吹き飛ばされてしまったのか?

悔やんでいても悩んでいても仕方ありませんから残った鳩で勝負!!勝負!です。

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×17gの9割の量を与えました。

餌の内容・・・小粒飼料100%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・羽数×17gの9割の量を与えました。

餌の内容・・・小粒飼料100%の内容です。

64羽参加して20羽帰還していない仲間もおりましたが、その次に帰還の悪いのが私でしょう。自分にあった管理、調整法をあみ出すまでは頑張りますよ〜〜〜〜(*^。^*)


今週末は東京で行われる協会の表彰式に行くことになりましたので、宮城北部連盟のテーブルにいますから参加される方は声をかけてくださいね。(^^♪
2月4日
(日曜日)

昨日の訓練で帰還していない鳩の翌日帰りを期待して早起きして外に出てみると、な!ん!と!!
ではないですか〜〜^_^天気予報では;マークがでていたはずなのに^_^;^_^;^_^;でした。7時頃より太陽が顔を出し始めたので、今日の帰還に期待して宮城北部連盟の表彰式へ・・・・・

千厩町まで車で約1時間30分かかりますが、時間が経つにつれ雪が道路に積もっていて千厩町は吹雪いているではありませんか!!嫌な予感がして!!・・・・・・もしかして、この天気はやばい???

役員会が終了し、懇親会へ・・・後は酩酊状態になるまでらぁ〜〜らぁ〜〜らぁ〜〜の状態で大船渡へ戻ってきたのが、5時頃でしたかねぇ〜〜鳩舎へ行ってヴィクトリー訓練モードを確認すると2羽が8:29、8:59に帰還していただけでした。
舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×17gの8割の量を与えました。

餌の内容・・・小粒飼料100%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・羽数×17gの8割の量を与えました。

餌の内容・・・小粒飼料100%の内容です。
夜は6:30よりニュー三陸連合会の表彰式がありました。参加はしたもののお酒が全然飲む気がしません^_^;昼間飲み過ぎたせいでしょう。ボンボンと共に早々と帰宅し就寝でした。

帰還の悪い原因は舎外をしないから!!と簡単に割り切れるものではありませんが、猛禽に追われてパニックに陥りやすいのは舎外をしていない鳩舎なのは間違いありません。

でも、今シーズンは舎外はしないと決めたので、今回のようにインターバルがあきすぎたような場合には近場から訓練をかける事にします。

2月3日
(土曜日)
80K最終訓練
鹿島台


朝から風はやや強いものの、放鳩地もていると言う担当者からの電話で「9:00を目安に飛ばします」と言う報告!!順調に帰還すれば10時頃からだろうと待っていたところ10羽がまとまって帰還し(^^♪でしたが、その後、帰還ゼロ<m(__)m>「あらぁ〜〜〜〜〜<m(__)m>」です。

配達を終わらせて自宅に戻ったのが2時半頃で、急いで鳩舎へ・・・・ところがぁ〜〜〜〜〜〜<m(__)m>増えていたのは1羽だけ!!


まずい!!^_^;^_^;^_^;

結局、夕方16:57に帰還した鳩が最後で当日15羽の帰還でした。まぁ〜明日があるさ!!と言う感じですね(*^。^*)

80K訓練(鹿島台)・・・・・25羽参加当日15羽

帰還時の餌・・・・・今日は与えないで帰還鳩を待ってから夕方だけに与えました。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・羽数×17gの7割の量を与えました。

餌の内容・・・・・小粒飼料100%


当日15羽しか帰還していませんが、帰ってきた鳩で勝負するしかないと心に決めている今シーズンなので、ちょっとだけ落ち込んで頭を切り替えます(*^。^*)

明日も何羽かは帰還してくれるでしょう(*^。^*)

今夜は明日の表彰式に備えてボンボンが泊まりに来ているのでラァ〜〜ラァ〜〜ラァ〜〜に軽くなってから早めに寝ます。

2月2日
(金曜日)


最終訓練持ちより日となった今日は、朝の給餌時の与え方がレース時の与え方に変わります。

朝の給餌時は羽数×17gの5割を与え午後の2時頃に羽数×17gの8割を与えて夕方5:30より籠に詰め持ち寄りました。

会員全員がチップリングの最終登録を済ませ、いよいよ来週から春季レースの開幕です。無事に最終訓練から帰還することを祈りつついえに帰ってきました。


舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×17gの5割の量を与えました。

餌の内容・・・大麦50%、配合50%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

午後2時頃・・・・羽数×17gの8割の量を与えました。

餌の内容・・・大麦50%、配合50%の内容です。


種鳩小屋の孵化ラッシュが始まりました(^^♪老齢のメス鳩を使用しているペアが2箇所あり、どちらも1個しか卵を産みませんでしたし、GNサミット、道下エースの両雄ペアも無精卵でしたから前途多難な配合ですが、その他は順調に孵化していますから楽しみでもあります。

白系鳩、中間色鳩、黒系鳩の孵化時の写真を後でアップしますので、楽しみにしていてください。

孵化時のチェックは作出簿に記載しておくと、無記録で種鳩にする際に役に立ちます。

2月1日
(木曜日)


今度の日曜日2月4日は宮城北部連盟の表彰式&役員会があるということで、一日早く最終訓練となる鹿島台80Kを行うことに決まりました。持ちよりは明日、2月2日(金曜日)です。

鳩は状態もよろし、くすこぶる順調です。



                             

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×20gのの量を与えました。

餌の内容・・・大麦50%、配合50%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

※夕方の給餌時※

オス鳩・・・・・羽数×20gを後半は遅喰いでしたが全量食べきりました。
メス鳩・・・・・羽数×20gを計り与えようと思いましたが、羽数×15.5gの量を食べたところでストップ!!でした。

餌の内容・・・
大麦50%、配合50%の内容です。

昨日夜に南三陸4連合合同会の競翔委員長より電話があり、「大船渡の最終訓練はいつおこなうの??」と言う話しの中で、以前、気仙沼で春季レース訓練から700Kまで無舎外でレースをやった方がいると言うことを聞きました。「ほぉ〜〜〜」と関してしまいましたが、帰還率や入賞率はどうだったのか?聞くのを忘れてしましました^_^;

連盟の表彰式でよく聞いてきます^_^;

微妙な匙加減は中々文章で説明するのが難しく、わからない事があった時にはメールで質問してくださいね。(^^♪
1月31日
(水曜日)


今日も一日暖かい日でしたねぇ〜〜(*^。^*)

鳩に水浴びをさせて、リラックスタイムを与えました。

日当たりの良い金網の前で羽根を広げてくつろいでいる姿はなんとものんびりした時間です。

猛禽に追われることもないので、ストレスを感じることもないでしょう(*^。^*)厩舎を出て上空を見上げると4羽の猛禽が気持ち良さそうに旋回していました。かなりの高度をとっていました。

温かい風のない穏やかな日でもこれですから^_^;舎外をしたならストレス集団になること間違いなしです。

クワバラ!!クワバラ!!

夕方の給餌時には最初は羽数×13gを与えたのですが、まだ食べたそうにガツガツ食べていたので、更に量をアップしました。結局、18.5gの量をペッロと食べました。

持ち寄りが近いこともありますし、距離が延びた80Kの訓練でもありますから舎外はしないものの、餌を食い込ませてみました。


舎外・・・・・ストップ!!

今日より餌の量が変わります。

朝の餌・・・・・
羽数×13gのの量を与えました。

餌の内容・・・大麦50%、配合50%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

水浴・・・・・・これからは1週間に一度必ず行います。

夕方の餌の量に注目してください。

夕方の餌・・・・
羽数×18.5gの量を与えました。

餌の内容・・・
大麦50%、配合50%の内容です。


前回の訓練から今回の訓練までは9日間ありますので、無舎外で80K訓練に参加させるのは本当のところ不安もあります。

しかし、今回、無舎外の鳩25羽がすべて帰還してくれれば、今シーズンを乗り切る自身になります。

今シーズンは新鳩舎に移り3度目となる春季レースですから、これまでのデータを元に自分なりに集大成のシーズンと位置付けています。


このシーズンを上手に乗り切り、翔暦を重ねることができたなら(*^。^*)(*^。^*)(*^。^*)です。

猛禽に悩まされ苦しめられたままレースを楽しめないのでは、つまりませんからね〜〜〜〜(*^。^*)

1月30日
(火曜日)


朝の冷え込みは厳しかったものの、日中は春を思わせる陽気となり、ちょっと動くと汗が出るほどの一日でした。

こんな日は鳩を舎外に出したくなりますねぇ〜〜〜〜・・・・・・でも!!我慢!!我慢!!です。おそらく舎外に出せば猛禽の集中攻撃にあうでしょうね<m(__)m>


                         

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・
羽数×15gのの量を与えました。

餌の内容・・・大麦50%、配合50%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の給餌時に・・・・・・オス鳩は全量食べきったものの、後半はちょっと遅喰いになりました。明日は羽数×13gに減じて与えます。メス鳩は途中で水を飲み始めた鳩がいたので、羽数×12.5gの量を食べさせ終了させました。

餌の内容・・・
大麦50%、配合50%の内容です。

いつもより多いペア数で早めに配合をした種鳩達の卵も、そろそろ孵化する日が近づいてきました(*^。^*)

早い鳩は2月3日に孵化します。脚環がまだ届いていないので、請求しなくては〜〜〜^_^;

※チョッとした鳩の変化を見逃さずに餌の微調整をすることが大切です。
前回の訓練から5日目ですから舎外をしていれば普通に食べてくれる餌も舎外をしていないので、そろそろ喰いが悪くなる頃だったのでしょう。明日からは若干餌の量を減らして与えます。

このままの量を食べ続けたなら鳩が太ってしまいます^_^;
1月29日
(月曜日)


鳩舎内をオフシーズンに改造し薄暗くしたので、午前中は晴れていましたから、選手鳩達は太陽の当たる窓越しに集まってきますが、今日のように午後から曇り空になると、それぞれの止まり木に止まり休息をしています。

以前は明るすぎたせいもあるのでしょうが、床に下りている鳩が多かったような気がします。

長距離に向けて鳩舎内を複雑に薄く楽した方が良いのでは?のアドバイスに従い改造しましたので、今年はなんとしてもGNレースを帰還させたいものです。

舎外を行わないので、今日も選手鳩達は餌をガツガツ常態で食べてくれました。(*^。^*)
舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・・
羽数×15gのの量を与えました。

餌の内容・・・大麦50%、配合50%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・
羽数×15gのの量を与えました。

餌の内容・・・
大麦50%、配合50%の内容です。
              午前10時に撮影した♀鳩鳩舎内です。

餌を食べさせてから約1時間経過しています。

下の画像は種鳩小屋の画像です。選手鳩鳩舎と種鳩鳩舎の明るさの違いがわかるでしょうか? どちらも同じ時間に撮影したものです。

それぞれの画像をクリックすると拡大されます。
1月28日
(日曜日)

低気圧の移動が思ったより早かったせいでしょう。朝から良い天気となりました。

風が強く吹くと言う予報も出ていたのですが、今日一日穏やかな日曜日となりました。7:45から鳩舎掃除を開始、いつもの時間に給餌を済ませ、お風呂に入り、朝ごはんを食べながらチョット濃い目のウィスキーを4杯飲んで午前中からお昼寝(*^。^*)(*^。^*)

目が覚めたのは午後2時でした〜〜〜〜(*^。^*)

そのご、鳩舎へ・・・・思うように産卵しない鳩を分離したり、新しい配合鳩を探したり・・・あっという間に夕方です。今日はどこにも出かける予定がなかったので、のんびりと休日を過ごしました。


舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・・
羽数×15gのの量を与えました。

餌の内容・・・大麦50%、配合50%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・
羽数×15gのの量を与えました。

餌の内容・・・
大麦50%、配合50%の内容です。

昨年友人に貸して一羽のヒナも作出できなかったGNサミット号でしたが、本家に戻り超期待していたのに<m(__)m>無精卵でした^_^;

雄のエースも無精卵と絶対に必要なラインが思うようにいっていません。とりあえず、有精卵のペアの卵を一個づつ抱卵させてホルモンを活発に分泌できるようにしておきました。

銘鳩の仔は早めに種鳩として残しておくべきですね。

交配しているメス鳩も良い鳩だけに厳しい〜〜〜〜デス。
1月27日
(土曜日)

今朝は1月の末だというのに朝から
でした。例年だと夜から雪が降るのが普通で、あたり一面の銀世界が広がるはずなのですが????この冬は異常です。

鳩舎内の鳩は疲れたという表情の鳩は一羽もいません。餌の喰いも上々です。ペロッと羽数×15gを平らげています。

午後の3時半頃に夜勤明けの平山師匠のところへ行き、酔うって寝ているかと思いきや珍しく起きていたので、鳩談義1時間(^^♪

「無舎外で訓練から400Kレースまで続けるから」と言ったなら、「鳩が帰ってこないぞ!!」と言われました〜〜〜^_^;

でも、今シーズンはやりますよ!!(*^。^*)(*^。^*)


舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・餌・・・・・
羽数×15gのの量を与えました。

今日より餌の内容が変わります。

餌の内容・・・
大麦50%、配合50%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・
羽数×15gのの量を与えました。

餌の内容・・・
大麦50%、配合50%の内容です。

私の鳩舎は標高756mの中腹に位置しますから、猛禽の巣と言っても良い場所に鳩舎があります。この冬は昨年以上に猛禽の出没が激しく、秋季レースが終了した時点で、遅生まれも含めて118羽の鳩が残っていたのですが、今日現在で67羽しかいません。

1月にはいってからの襲撃は更に激しさを増し、舎外はストップ!!近場からの訓練に切り替えました。

海抜0m地点の鳩舎は猛禽による被害は一年を通して5羽〜10羽といったところです。しかし、今冬は海抜0m地域の鳩舎も被害増大ということを聞いています。

猛禽類は保護鳥ですから益々増えることが予想されますから、この場所での勝ち方を会得するまでは試行錯誤の繰り返しが続きます^_^;


1月26日
(金曜日)


昨日帰還していないオス鳩一羽の帰還を期待していたのですが、残念ながら今日も帰還してはくれませんでした。^_^;ゥん〜〜〜〜残念^_^;

そのほかの鳩達は元気が良いみたいです。

来週の訓練予定日まで10日間と期間がありますから、舎外を行いたいところですが、お約束どおり検証するので、舎外はしません(^^♪

餌の与え方、内容でコントロールして鳩を太らせないように管理し続けます。

                       

舎外・・・・・ストップ!!

朝の餌・・・・・・
羽数×15gのの量を与えました。

餌の内容・・・
小粒50%、配合50%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・
羽数×15gのの量を与えました。

餌の内容・・・
小粒50%、配合50%の内容です。

無舎外でインターバルを過ごす事の利点は猛禽に追われることがないので、貴重な鳩を失うことがない事が1つです。

それからこの時期に舎外をすれば間違いなく猛禽に追われますから飼育者もさることながら、鳩のストレスというのは計り知れないものがあるでしょう。

レースに行く前に自分の棲家である鳩舎に帰ってくるのが嫌になる事も考えられます。

また、舎外をしないことによって給餌時に疲れて餌を食べない、ストレスから餌を食べない等の問題は解決されます。
一定のコンデションを維持できるという利点もあると思っています。
1月25日
(木曜日)


ニュー三陸連合会3回目の訓練となった宮城県中田町からの50k訓練は、現地到着時点では雲量80%とと放鳩ができるかどうか心配でしたが、
1時間経過後太陽が顔を見せ放鳩されました。

放鳩地の中田町から大船渡まで車で2時間!!鳩談義をしながら鳩舎にたどり着いたのが、11時を過ぎていました。

その時点での帰還状況はオス鳩12羽、メス鳩12羽でしたが、給餌を済ませた後に一羽切り込んで帰還した鳩がいました。自鳩舎の参加鳩数26羽当日25羽帰還でした。


舎外・・・・・50k訓練(宮城県中田町)

帰還時の餌・・・・・
羽数×15gのの量を与えました。

餌の内容・・・
小粒50%、配合50%の内容です。

飲水器・・・・・パイロゲン投与

夕方の餌・・・・
羽数×15gのの量を与えました。

餌の内容・・・
小粒50%、配合50%の内容です。
仲間の話ではまとまって鳩が帰還したということでしたので、約1時間一生懸命飛んで帰還したと思われます。

帰還日と帰還日翌日は消費カロリーを考慮して濃い目の餌を与えます。

これまで秋季レースで活躍をしてくれた鳩を失ったのは痛手ではありますが、これからが本番となってきますから残っている鳩の能力を信じ日々精進しますよ〜〜(*^。^*)

お正月の元旦から近場からの訓練を繰り返し、オス鳩は5kまでを4回、メス鳩は4kまでを3回実施しました。

遅生まれの鳩も含めての訓練でした。

いよいよニュー三陸連合会での訓練が始めるということで遅生まれ鳩はストック!!

秋季レースで100K〜300Kまで飛んだ鳩、レジョナル400K、菊花賞500K、迄飛んだ鳩だけをエントリー34羽の参加となりました。

5kまでを4回訓練したオス鳩はニュー三陸連合会1回目の10K訓練(宮城県唐桑町)で翌日までに300k2位鳩以外は帰還しました。
しかし、
メス鳩は菊花賞優勝、2位鳩の他4羽合計で6羽が未帰還と残念な結果となってしまいました。

原因はオス鳩の場合4回目の訓練時に猛禽に襲われ、たったの5kの訓練で
翌日帰りも含め、一日がかりで帰還するという
「苦しい思いをして飛んだ事」が結果的に良い方向に向いたのだと思います。

メス鳩は4kまでを3回行っていたのですが、毎回すんなりと帰還していたので、
一回目の10k訓練では猛禽に襲われパニックに陥り、帰還する適応力が欠けていたと思われます。

5K程度の訓練で一度苦労し帰還するという経験をしていれば良かったのですが・・・・・・・^_^;

その結果から近場からといえども一度は鳩に苦労させていないと駄目である。
たとえ10k訓練といえども失踪の憂き目にあう確率が高いということが判明しました。

犠牲を恐れることなく秋季レース終了後はゆっくりと鳩を休ませ、新年を迎えたならバンバン訓練をこまめに行うことが大切だと気づかされました。

失敗は成功の元でありますが、毎年良い勉強をさせられます^_^; 

今年は訓練〜訓練の間は一度も舎外を行わないで参加させています。
「舎外不足で鳩が帰還しない」「スピードが出ない」など色々意見があるようですが、
その意見が本当か否かを検証する為にも400kレースが終了するまではこの方法を貫きます。


誰もやらない事をやりデータが蓄積された時に、更なる喜びを味わえる事を信じて頑張りたいと思いますので、今年の鳩バカ日誌を楽しみにしていてください。