静岡実験動物研究会会則

第1条  本会は静岡実験動物研究会と称する。

第2条  本会は実験動物に直接関係のある業務に携わるものが、
     互いに実験動物・動物実験についての知識向上を図り、併せてこの領域の
     進展に寄与することを目的とする。

第3条  本会は前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
       1.講演会、研修会
       2.研究発表会
       3.会報の発行
       4.その他必要と認める事業

第4条  本会の事務局は、静岡県内におく。
       1.事務局は庶務・研修会・会報の3つに分けておくことができる
       2.事務局の担当者の任期は4カ年とする。

第5条  本会の会員は、次のとおりとする。
       1.正会員は、実験動物に直接関係のある業務に従事し、
        本会の目的に賛同し、入会申込書を提出した個人。   
        2.賛助会員は、本会の目的に賛同して、会長の承認を経て、
        入会申込書を提出した団体。
       3.特別会員、名誉会員をおくことができる。

第6条  年会費は会員1,500円、賛助会員の年会費は50,000円とする。
     いずれも会計年度当初に納入する。

第7条  退会しようとするものは、その旨を本会に通知する。ただし、当該当年度の会費
     を納入するべきものとする。

第8条   本会に次の役員をおく。
       1.会長1名、会を代表し、会務を統括する。任期は2カ年とし、幹事が正会員中
        より候補者を選出し、総会の承認を得るものとする。
       2.副会長2名、会長の会務を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代行
        する。任期は2カ年とし、幹事が正会員中より候補者を選出し、総会の承認
        を得るものとする。
       3.幹事若干名、会務を分担処理する。任期は2カ年とし、正会員の互選により
        選出する。
       4.監事2名、会計を監査する。任期は2カ年とし、幹事が正会員中より候補者を
        選出し、総会の承認を得るものとする。
       5.顧問若干名、会長の諮問に応じ、本会の目的達成に必要な助言を与える。
        任期は2カ年とし、会長がこれを委託する。
       6.名誉会長をおくことができる。

第9条  総会は毎年1回開催し、本会の運営につき協議する。

第10条  会計年度は総会から次年度の総会までとする。

第11条  会則の変更は総会の承認を得るものとする。

第12条  本会則は昭和46年10月30日より施行、昭和56年11月27日一部改正、昭和62年12月4日
     一部改正、平成2年12月7日一部改正、平成10年12月4日一部改正、平成21年10月16日
     一部改正する。