トップページ > 神戸港振興協会への協力

神戸港振興協会への協力

「神戸港振興協会」は,神戸ポートタワーや神戸海洋博物館等を運営している一般社団法人です。
  詳しくは,振興協会の ホームページ をご覧ください


  神戸港振興協会は,2008年に創立50周年迎え,その記念行事の一環として「大帆船展」が開催されました。 当会に協力方依頼があり,2008年8月5日〜9月15日,神戸海洋博物館エントランスホールに会員の帆船模型が展示されました。
  その折,当会の25周年記念事業で製作した「74門艦アルフレッド」を神戸海洋博物館に寄贈しました。
  ページ「帆船模型へのいざない」の写真は,当会15周年記念事業で製作した大作「カットモデル」の寄贈品です。

  また,メリケンパークに展示されている「サンタマリア」の実物大レプリカのペンキ塗り替えにも協力しました。 2009年3月15日に会員17名が参加,振興協会森田参与の指導のもと,無事作業を終了しました。是非ご覧になってください。


   
作業中             作業後

帆船模型教室の運営協力


  帆船模型教室は,「神戸港振興協会」の主催で,当会「神戸帆船模型の会」が協力して運営しており,帆船模型愛好家の拡大を目的とする非営利事業です。
  教室は好評につき,2015年度で16期となり,20名の方が自慢の作品を製作されます。
受講生の作品は,受講翌年2月頃に神戸海洋博物館で展示し,多くの方に見て頂いております。
教室の詳細は,メニュー「帆船模型教室の運営」   「帆船模型教室(2015)」を参照ください。