本文へスキップ

東京洋装雑貨工業協同組合のあゆみ

はじめに

人間の“衣、食、住”は、いま世界的にその地域差をせばめ、より良いもの、よりファッショナブルに、よりクリエイトにといった方向性のもとに大きな広がりをみせている。その“衣”に属するファッション産業 は、戦後のめざましい繁栄から消費革命なるものを生み出し、めまぐるしい発展をとげた。
1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代
東京洋装雑貨工業協同組合の歴史 ファッションの流れ 社会情勢
 1940年代 昭和15年〜昭和24年代
敗戦後、経済は復興期に入る。
ファッションは軍事調からアメリカンスタイルへ移行し、パリモード の影響も受けるようになった。
 

1944年(昭和19年)

東京ズボン吊りガーター布バンド製造施設組合設立。

このころ、ほとんどの男性がサスペンダーを身につけていた。

女性はワンピースに洋服メーカーが共布で造った布ベルトをするのが流行していた。

男性も女性もガーター(靴下止メ)を身に着けていた。婦人用は人絹とゴム糸で組紐をつくり、これに皮と金具を縫い付けたもので非常に多くの女性に愛用された。
 パリモードが発表される。

日本ではパーマ禁止令が出たが、ヨーロッパではかつらが流行。

女学生の戦時型の制服が決められ、下衣の膝と足首を皮ひもでしめた。

モンペ

学童疎開始まる。

戦況悪化、東京に雑炊食堂出現
1945年(昭和20年)

軍部から放出されたラッカサンの紐をつかったグリーンベルトが市販された。
軍国調ファッション。(女性はモンペ、男性は国民服) 第二次大戦終結街頭にはヤミ市が氾濫。

第一回の宝くじが売り出された。
1947年(昭和22年)

東京ズボン吊りガーター布バンド工業協同組合に改称。

ロングワンピースに合わせたレザーベルトの登場。
 ディオールが第一回コレクションでニュールックを発表。ロングのフレアースカートに人気が集中した。

ニュールック
社会党の連立政権

石坂洋次郎「青い 山脈」を発表。
1948年(昭和23年)

ビニールベルトの登場。
 アロハシャツが大流行。

リーゼントヘアが人気を呼ぶ。

日本デザイナーズクラブ結成。
プロ野球ナイター開始。

東京ブギウギが流行。

1949年(昭和24年)

飛行機のガラスに使われた風防をバック
ルに用いたナイロンベルトが人気を集めた。
 ディオールの影響でロングスカートが流行した。

ディオールがプリーツスカートを発表した。
湯川秀樹ノーベル賞受賞。

ビヤホール復活。

バナースペース

東京洋装雑貨工業協同組合

〒111-0056
東京都台東区小島1-11-12

TEL 03-3851-3685
FAX 03-3863-4606