本文へスキップ

外国人支援ACTIVITIES

外国人の支援

1.日本語教室
2.HAND in HAND in たま
3.外国人のための生活相談
4.防災プロジェクト
5.外国籍の子ども及び帰国子女の日本語支援


1.日本語教室


5クラス開催、各クラス 年間33回(8月は夏休)の授業を実施。
各クラス全てにおいて学習者のレベル、ニーズに合わせた授業を行っています。
学習者の学習成果発表の場として「日本語スピーチ」、「日本語文集」の発行を1年おきに(交互に)行っています。


曜日  月曜日  木曜日   土曜日
 時間  10:00-12:00  11:00-12:50  10:00-12:00  19:00-21:00 14:00-16:00
 会場 東永山複合施設 302教室 他   ココリア多摩センター7階 ココリア ホール 他 ヴィータ・コミューネ7階 TIC活動室 

●年間開講日・時間等については、こちらをクリック(2017nihongoclass_sched)して下さい。



2.HAND in HAND in たま

「HAND in HAND in たま」外国人のための生活情報誌です。
主に多摩市の広報から、外国人に必要と思われる生活情報をピックアップしてのせている。
日本語と英語、中国語、ハングルそれぞれがペアとして書かれている。
緊急時の医療機関、子どもへの補助やケア、税金、ごみの扱い方又楽しいイベント情報なども織り交ぜて紙面を作っている。。

詳細を見る>




3.外国人のための生活相談

多摩市在住の外国人のために、地域で生活していく上での様々な相談に応じています。

・生活相談はすべて予約制です  
・外国語での相談も受けられます
・無料
    
場所:ヴィータ・コミューネ7階 TIC活動室
時間:第1・3木曜日 午後1時30分〜4時30分(除く祝祭日)

予約・問い合わせ:TIC事務局 042-355-2118




4.防災プロジェクト

多摩市主催の防災訓練に参加し外国人の防災意識の向上を図ります。
立川防災館で起震台での地震体験、煙体験、消火訓練等を行います。
防災ワークショップを開催し、災害時に国際交流センターのメンバーとして何が出来るかを話し合います。




5.外国籍の子ども及び帰国子女の日本語支援

教育委員会を通して市内の小中学校の外国出身及び帰国子女の児童生徒に対し日本語の支援を行っています。要請のあった学校には教職経験者を日本語の支援者として派遣しています。