小矢部市農業特産物推進協議会編集
宮島峡赤かぶ生産組合 赤かぶ漬け

中山間地宮島峡の気候と土質は農作物の栽培に適し、
とっても美味しい野菜やお米ができます。

特に『赤かぶ』は、きめ細やかで食感が良く、色鮮やかに染まります。


こんにちは(^^)/     インフォメーション      お知らせ      インフォメーション     
平成26年3月24日掲載 
赤かぶ漬けが小矢部ブランドに認定されました。
平成26年3月17日、
宮島峡赤かぶ漬けが小矢部市より小矢部ブランドの認定を受けました。
小矢部ブランドのマーク

  




 当生産組合の赤かぶ

 「小矢部市農業祭」農産物品評会で何度も表彰され、

 また、新聞各社からも取り上げられています。


【問い合わせ】

〒932-0025
住所:富山県小矢部市宮中115-2
電話:67-2593
FAX: 同上  
担当:水野光夫
農業生産物・加工品
赤かぶ漬け

 絶品です。
 味付けは、子供でも食べられるように甘めにし、着色料を使わず、赤かぶそのものの赤色を最大限に生かしています。

 写真の品は200g入り

富山県『ふるさと認証食品』認定商品です。






安心安全な商品を目指して!!

エコファーマーとなって赤かぶを生産しており、土壌消毒剤は使っていません。

赤かぶ漬け
竹の子の水煮

 茹で竹の子の缶詰です。
 柔らかく、心地良い歯触りが自慢です。
 いろいろな煮物にお使い下さい。

 写真の品は1s缶です(容器込み重量)。
 業務用1斗缶入りもあります。


全重約1kg弱の缶詰の中には、中〜小ぶりの竹の子が2個〜4個入っています。
裏山で採れた、柔らかくてとっても美味しい純国産竹の子です。
缶詰なので日持ちがして、価格が安い!!
 サツマイモとジャガイモ
 


当地のサツマイモ・ジャガイモは旨味が凝縮されており、生食用でも加工用でも最適です。
サツマイモは当地の和菓子
ジャガイモは当地のコロッケ
それぞれ使用されています。

平成24年11月13日
宮島峡の赤かぶがチューリップテレビの
おいしい元気で紹介されました!!


中山間地の段々畑で栽培しています。

赤かぶを撮影中。

日比アナが赤かぶを丸かじりしました。
 

実はこんな場所で撮影

紹介料理の打合せ中

簡単に作れる
塩昆布を使用した浅漬けと赤かぶのおろし
 
平成24年11月5日に撮影されました。
11月6日午後6時15分からのニュース6「おいしい元気」で放映。

平成24年5月9日掲載 小さな畑も有効利用

   

小さい畑を小型耕耘機で耕耘中!!
昔は田んぼだったんでしょうねー。
休耕田を利用して、生姜を植える計画です。
平成23年5月20日掲載 春の味覚タケノコの収穫風景

昨年(22年)は不作だったので、
その分今年は豊作かな(^^)。
土が良いので、宮島峡のタケノコは
うんまいよ〜(^^)/!!


道の駅「メルヘンおやべ」の地域農産物売り場やAコープおやべの旬感倶楽部等で販売していきますので、宜しくお願いします。
平成22年12月21日掲載  第12回 大歳の市に参加しました


12月12日:小矢部市『大歳の市』
会場:道の駅メルヘンおやべ

 天候は朝方は小雨模様でしたが10時頃から回復し、お客さんも多数こられました。
 
 今年は野菜の市況価格が高く、主力の赤かぶ・白カブの売れ行きが好調。早々に売り切れてしまいました。
   
平成22年8月28日撮影 第3回 親子学校給食サポート隊

畝立て


整地


上から見た所


播種機を使って播種作業


殺虫剤の散布

 小矢部市内の小学生とその親御さんが参加して、学校給食に使用される食材(赤かぶ)の種蒔き体験が行われました。
 関係者を含めると約50人程の参加、まだ残暑が厳しい中、みんな元気に種蒔きをしていました。

 この後は、地ソバのソバ打ち体験とソバ会食、ブドウの収穫体験も行われました。



 播種作業は播種機を使って、種の入ったシードテープを畝に埋め込んでいきます。





 農薬は播種前後に殺虫剤を1回だけ使用します。後は、除草剤や殺菌剤は原則的に使用ししていません

「除草剤を使わなくて、大丈夫ですか?」と聞いた所、
「カブは、雑草の中の方が良い物になるんだ」との事でした。
『越中とやま食の王国フェスタ』2009〜秋の陣〜に出店
平成21年10月31日〜11月1日
当初は焼き芋を売る予定でしたが、予定を変更。
赤かぶを中心とした野菜と、
赤かぶ漬けや竹の子の水煮等の加工品を販売しました。
31日は天候にも恵まれ、
10時の開幕前というのに、お客さんが訪れ、
『赤かぶ』が飛ぶように売れていきました。
1個100円と言う、お値打ち感もあったんでしょうね〜。
ほんの1時間程でほぼ完売でした。

ゆずと柿はチョット低調ぎみ。

全体的としてはよく売れた方でしょう。

二日目は、赤かぶの販売量を
      2倍にする指令が出たようです(^^;)。
『氷見きときとまつり』に出店
平成21年10月18日
朝から雨模様で、ご覧の通りの有様。
しかし、赤かぶは結構順調に売れました。
焼き芋は、他団体でも売っていたので、
チョット低調だったような感じです。
全体的には、もうチョット売れたら良かったのに〜(>_<)、といった感じ。
雨にやられましたね。
高岡開町400年記念祭『飛越能物産フェア』に出店
                 平成21年10月3日〜10月4日
お昼には行列が出来るくらいでした。
美味しいと評判に。
手打ちを実演しながらの販売に、
お客さんも感心しきり。
平成21年6月12日   市内小学校の生徒さんによる、赤かぶ収穫体験研修の風景です。

みんなで収穫作業だ!!


大きいのが採れたかな?


色鮮やかな赤かぶが採れました。


ちょっとブレーク (*^_^*)



しっかり説明を聞いてね。



まずは葉っぱを切り落として、


しっかり洗おう。


赤かぶ漬けをちょっと味見。
「美味しい、もっとちょうだい!!」
「はいはい、順番にね。」
とっても大好評でした。