協会について

会則

豊中防火安全協会会則

第1章 総 則


(名 称)

第1条 本会は,豊中防火安全協会と称する。


(事務所)

第2条 本会の事務所は,豊中市岡上の町1丁目8番24号・豊中市消防局内に置く。


(目 的)

第3条 本会は,防火・防災に関する知識及び技術の普及啓発並びに事業所の自主防災体制の確立と会員相互の連絡調整を図り,もって安心して安全に暮らせる地域社会の実現に資することを目的とする。


(事 業)

第4条 本会は,前条の目的を達成するため,次の事業を行う。

(1) 防火・防災思想の普及啓発に関すること。

(2) 防火管理者及び危険物取扱者の養成及び指導研修に関すること。

(3) 防災担当者及び従業員等の教育及び訓練に関すること。

(4) 防火・防災における地域貢献に関すること。

(5) 事業推進に功績のあった者等に対する表彰に関すること。

(6) 消防局の行う防火・防災事業に対する協力に関すること。

(7) 会報及び防火図書の刊行に関すること。

(8) 消防防災施設及び災害視察に関すること。

(9) 前各号に掲げるもののほか,本会の目的を達成するために必要な事業に関すること。



第2章 会員の加入及び除名

(会 員)

第5条 会員は,本会の趣旨に賛同する事業所等で,市内に事務所又は事業所を有する事業主その他の団体をもって会員とする。


(入退会手続き)

第6条 第5条に掲げる資格者で,所定の申込書を持って届け出たものは会員として,本会の会員名簿に登録する。退会の場合も入会申し込みに準じて退会届を提出するものとし,退会届があった場合登録を抹消する。


(除 名)

第7条 本会則に違反しまたは,本会の名誉を棄損した会員は,これを除名することができる。



第3章 役員・顧問・参与

(役 員)

第8条 本会に次の役員を置く。

(1) 会 長     1名

(2) 副会長     5名以内

(3) 理 事    20名以内(内1名は会計理事とする)

(4) 監 事     2名

(5) 相談役     若干名


(役員の職務)

第9条 本会役員の職務は,次のとおりとする

(1) 会長は,本会を代表し,会務を総理し会議の議長となる。

(2) 副会長は,会長を補佐し,会長事故あるときはその職務を代行する。

(3) 理事は,本会の事業並びに運営についての重要事項を協議する。

(4) 監事は,本会の会計を監査する。

(5) 相談役は,会長の諮問に応ずるとともに役員会に出席して,重要事項の審議に参画することができる。


(役員の選出)

第10条 役員は,総会において会員の互選で決定する。


(役員の任期)

第11条 役員の任期は2年とする。ただし再任を妨げない。

2 役員の異動に伴い欠員が生じた場合は,前条の規定にかかわらず,役員会において承認を受けた当該役員の後任者が就任できるものとし,任期は前任者の残任期間とする。

3 前項に関して会長は,その異動を次の総会で報告するものとする。


(顧問及び参与)

第12条 本会に顧問及び参与を置くことができる。

2 顧問は消防局長,参与は予防課長とし,役員会の承認を経て会長が委嘱する。



第4章 会 議


(会 議)

第13条 本会の会議は,総会及び役員会とし,会長が招集する。


(総 会)

第14条 総会は,通常総会及び臨時総会とし,通常総会は毎年1回,臨時総会は,特に重要議事がある場合に開催する。


(審議事項)

第15条 次に掲げる事項は,総会の議決を経なければならない。

(1) 会則の改正に関すること。

(2) 役員の選任及び解任に関すること。

(3) 事業報告及び事業計画に関すること。

(4) 予算及び決算に関すること。

(5) その他特に重要な事項に関すること。


(総会の招集)

第16条 総会の招集は,会日の15日前までに通知しなければならない。


(議 決)

第17条 総会の議事は,出席した会員の過半数を以って決し,可否同数のときは、議長の決するところによる。


(書面表決等)

第18条 総会に出席できない会員は,議長を代理人として表決を委任することができる。この場合において,前条の規定の適用については、その会員は出席したものとみなす。


(役員会)

第19条 役員会は,会長・副会長・理事及び監事・相談役をもって構成する。

2 役員会は,毎年5回以内の開催とし,次の事項を議決する。

(1) 総会に提出する議案に関すること。

(2) 事業推進に関する重要な会務に関すること。

(3) その他会長が必要と認める事項に関すること。


(部会等)

第20条 本会の組織強化を図るため,役員会に次の事業推進部会を置く。

(1) 総務部会

(2) 会員拡張部会

(3) 表彰選考部会

(4) 広報部会

(5) 防災研修部会

2 前項の他、会長が必要と認める場合は,委員会を置くことができる。



第5章 事務局


(事務員)

第21条 本会の事務局には,所要の職員を置く。職員には,会長の定めるところにより,給与を支給することができる。


(備付け書類及び帳簿)

第22条 事務局には,常に次に掲げる書類及び帳簿を備えなければならない。

(1) 会則

(2) 会員名簿

(3) 金銭出納帳

(4) 議事録

(5) 収入支出伝票

(6) その他必要な帳簿及び書類



第6章 会 計

(会計年度)

第23条 本会の会計年度は,毎年4月1日に始まり,翌年3月31日に終わる。


(経 費)

第24条 本会の経費は,会費及び寄付金等をもってこれに充てる。


(会 費)

第25条 会費は年額1口4千円とし,事業所等の業態及び規模に応じ適当な口数を負担するものとする


(監 査)

第26条 会計理事は,毎年期末収支決算書を作成し監事の監査を受けたうえ,会長に提出しなければならない。



第7章 雑 則


(委 任)

第27条 この会則の施行について必要な事項は,役員会の承認を得て会長がこれを定める。




附 則

この会則は,昭和31年8月1日から施行する。

附 則

この会則は,昭和52年5月27日から施行する。

附 則

この会則は,平成18年6月23日から施行する。

附 則

この会則は,平成24年6月22日から施行する。

附 則

この会則は,平成27年6月26日から施行する。