浅羽平八・平九郎 兄弟

(森)


お茶の発展につくし、お茶の輸出のさきがけをした人たち



100-045.jpg

 明治時代のはじめまで、お茶は、大釜で蒸したものをいり、それを天日でかわかす、と言う方法が主な作り方でした。浅羽平八は、それを大釜で蒸気をおこし、セイロで蒸してから、葉うちし、ころがし、もみ切りして、仕上げたそうで、味と香りに力を入れた作り方を開発したと言われています。この方法は、マル共の『教開流』と呼ばれていました。その後、弟の平九郎によって、さらに改善され、『小笠揉切流』を開発されて、現在に至ったと言われています。
 明治27年、平八さんが私財を投じ築いた新池は、多くの水田を干害から救いました。
 明治16年(1883年)に、共益農事会(わが国、最初の協同組合)をつくり、お茶の品質を保つため、毎年、講習会や品評会を行ったそうです。その結果、好評となり、横浜の大谷さんと言う人を通して外国へ輸出すると言う大事業をなしとげる事ができたと言われています。
 明治24年(1891年)に、共益製茶販売組合と改め、明治31年(1898年)には、肥料購入組合をつくることを許可され、横浜から直接、肥料などを買ったと言われています。明治32年(1899年)に、肥料購入組合に信用部をつくりました。これが後に内田銀行になったそうです。
 そのほか、お茶だけでは生活が豊かにならないので、製糸工場を作り、お茶の時期でなくても仕事ができるようにしてくれたと言われています。
 明治37年(1904年)、日露戦争がはじまり、輸出はできなくなってしまったそうです。しかし、その志は確実に、次の時代へと引き継がれました。

100-046.jpg 輸出用茶箱にはられたラベル  森、浅羽儔氏蔵