法然山隧道(トンネル)

(御門)


内田と加茂・堀之内を結ぶためにみんなで掘ったトンネル



100-076.jpg

 明治30年(1897年)に、応声教院の北に50メートルほどのトンネルを開通させたのは山川辻松という人です。立っては歩けないほどの小さなトンネルでしたが、それまでは、隣村に行くにも細い山道を通って山を越えて行くしかなかった人たちにとっては、とてもうれしい夢のようなトンネルでした。
 そのトンネルをさらに安全なものにするために、辻松は自分でお金を出し、明治39年(1906年)に広くて大きなトンネルを完成させました。
 大正10年(1921年)には県道となり、レンガでできた立派なトンネルとなりました(上記写真)。今は、その場所は切り通しの広い道になっていて、法然山隧道はありませんが、その歴史を残すために、そこには小さな記念碑がたててあります。

 内田と加茂の両側から掘ったのですが、測量もせずに見当で掘り続けたので、トンネルは「くの字」に曲がってできあがったそうです。

 初めてトンネルが開通した時は、真ん中で1メートルぐらい食い違っていて奥に行くにしたがって穴が小さくなっていたそうです。  

 トンネルの名前を決める時、「内田の名前を付けよう」「いや、加茂の名前を」と言い合いもあったそうですが、ある人が、「応声教院の寺の裏山だから法然山隧道としたらどうか」といって名前が決まったそうです。     
100-075.jpg