関口隆吉屋敷あと

(月岡)


初代静岡県知事 関口隆吉が住んだ家は井上志摩守の陣屋敷のあと



100-101.jpg

関口綾子「奥様」のお墓

 初代静岡県知事関口隆吉が移り住んだ月岡(菊川町月岡)の地には、江戸時代の終わりごろ、旗本代官井上志摩守というお殿様の陣屋敷がありました。
 代官屋敷のなごりは、今も土地の形や名前に数多く残っています。たとえば、「ろう屋敷」「表門」「うら門」「馬場(馬を走らせた所)」「落葉堀」などです。
 明治3年(1870年)、この陣屋敷あとに関口隆吉が家族と共に移り住んだのでした。
 現在、一族が住んでいた家のあとに建物はありませんが、隆吉がまつっていた「関口神社」とも言える八穂神社にお参りすることができます。昭和63年(1988年)には、八穂神社のとなりに関口隆吉のりっぱな仕事をたたえる碑が建てられ、小公園の中心となっています。
 また、月岡の北にある小高い丘には、綾子夫人のお墓が建てられており、今もなお「奥様のお墓」として親しまれています。この丘に立ち、関口隆吉が愛した月岡の地をながめながら、先輩のすぐれた仕事や歴史に思いを向けてみてはどうでしょうか。

100-102.jpg

八穂神社から「馬場」の跡を見た様子

100-104.jpg

八穂神社