新   池

   (段平尾)


村人とともに時を刻んできた池



100-039.jpg

 段平尾西側の高台に新池があります。新池は明治35年(1902年)頃、水田に水を引くために作られました。もっこをかついでたくさんの人で何年もかけてつくりました。水田に水を引くためだけでなく、終戦直後は、池でコイを飼って、みんなで分けて食べたそうです。池の水がすきとおるようにきれいだったため、昔は水泳をしたり、洗濯をしたりしました。生活の泉としてなくてはならない大切な池でした。
 水神様といって池を守る神様がまつってあり、2年に1回、その隅田川神社におまいりしています。
 現在、新池の水は自治会で管理し、ようすを見て、増水を防ぐために水を抜く事があります。