塩の道


江戸時代 内田の道は、人や物を結ぶたいせつな道「塩の道」だった。



 塩は、私たちのくらしになくてはならないもの。大昔から海辺と内陸を結ぶ、「塩の道」が日本中に開かれていきました。戦国の武将たちは塩をめぐって激しい戦いをくり広げてきました。内田の里を通る「塩の道」は、榛原郡の相良から長野県糸魚川市(秋葉街道〜伊那街道〜千国街道)を結ぶ日本列島中央に位置し、歴史的に古く、350qに及ぶ距離の長いものです。
 江戸時代、相良から塩や海産物を、信州・北遠からは山の産物を運び、内田にも2か所の荷継ぎ場がありました。
 また、物の流れだけでなく信仰の道でもあったのです。常夜灯が5か所立っており、秋葉山信仰がさかんだったことがわかります。
 物や人の交流がさかんになり、旅籠(旅館のこと)やいろいろな店ができてきました。
 道は上小笠川に近く、湿地になりやすい所を通っていて、大雨が降ると行き来ができなくなるほどだったそうですが、昔の人の知恵で、一段高くもり土がされていたそうです。昭和30年(1955年)代まではそのままの姿で残っていました。
 今も「塩の道」をたどっていくことができるそうです。あなたも歩いてみませんか。